マグワイアのホールディングディフェンス チェルシー主将&指揮官がノーファウル判定に疑問

2020.10.25 13:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシー陣営がマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアのファウルを主張した。チェルシーは24日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でユナイテッドと対戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わった。ただ、この試合の40分、マグワイアがチェルシーでプレーするスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの首回りに手を回しての守備対応が注目の的に。ビデオアシスタントレフェリー(VAR)によるフィールドレビューもないまま流され、賛否の声が挙がっている。


しかし、アスピリクエタからすれば、まずはモニターをチェックすべきシーンだったという。イギリス『talkSPORT』によると、アスピリクエタは試合後、物議を醸している場面をこう振り返り、疑問を呈した。

「ピッチ上ではPKだと思った。彼の腕が僕の首と肩に回っているのを感じてもいた。レフェリーは決定権があり、VARだってある。難しいが、僕としてはレフェリーにモニターでのチェックを勧めたい。補助のためにあるのだから、20秒でも良いから確認すべきじゃないのか? フットボールだと、コンタクトは起こり得る。すべての接触がPKとまでは言わない。でも、みんなで協力して、試合をより良いものにする必要がある」

また、チェルシーのフランク・ランパード監督も試合後、主将の主張に共鳴。「明らかなPKだった。明白にね。私の立ち位置からだと、目視できず、主審もピッチ上での判定が難しいものだったと思う。だが、VARはすぐにファウルを否定した。彼らは時間をかけてレフェリーにモニターを確認するよう助言すべきだった。モニターをチェックしても、見返したらPKを与えなければならなかった。だから、非常に困惑している」と話した。
コメント
関連ニュース
thumb

「チームが勝つためなら、喜んで手伝う」2度目の先発で4発大暴れのチェルシーFWジルーが歓喜

チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがチャンピオンズリーグ(CL)での活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 チェルシーは2日、CLグループE第5節でセビージャと対戦。この試合で今季2度目の先発出場を果たしたジルーは、8分に先制ゴールを奪うと、54分に2点目を記録。74分にハットトリックを達成すると、83分にはPKを決めて、自身1試合4ゴールを記録し、チームのグループステージ首位通過に大きく貢献していた。 <div id="cws_ad">◆ジルーが決めたチェルシーでのトップ5ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOQ2dkcU5PaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> CL史上最年長でのハットトリック達成となり、1965年9月にレアル・マドリーのフェレンツ・プスカシュが記録した38歳173日以来の年長記録となった。 偉大な記録を達成するとともに、今季2度目の先発出場で1試合4ゴールと大暴れしたジルーが試合を振り返り、チームメイトに感謝。チームの勝利のためにプレーすると語った。 「クラブの歴史の一部になることは常に素晴らしいことだ」 「素晴らしい物語を書くためにサッカーをしている。僕は誇りに思う。チームメイトからの素晴らしいサポートを受け、仕事をやり遂げようとした」 「僕がピッチにいる時、最も幸せな男になる。僕はただ辛抱強く、信じ続け、チームに何かをもたらせるように努力した」 「チャンピオンズリーグでプレーすることは常に特別なことであり、グループを首位で終えるには重要な試合だった。チームが勝つためなら、喜んで手伝う」 「時々、何かが起こる可能性があると感じるけど、今日はその1つだった」 2020.12.03 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーに大敗のセビージャ、ロペテギは完敗認める「2失点目が非常に痛かった」

セビージャのフレン・ロペテギ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での大敗を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 2日に行われたCLグループE第5節において、セビージャはホームでチェルシーと対戦。すでに決勝トーナメント進出は決まっているセビージャは、この試合に勝利すれば首位浮上となる一戦だった。 しかし、公式戦5連勝の勢いで臨んだはずのこの試合では、相手FWオリヴィエ・ジルーを止められず、4失点。攻撃でもボール支配率こそ優位に立ったものの、決定的なシーンをなかなか作り出せず、無得点のまま0-4のスコアで大敗した。 試合後のインタビューに応じたロペテギ監督は敗北を素直に認め、対戦相手のチェルシーを称えている。 「チェルシーは勝利に値するよ。このスコアは内容を反映していないと思うが、我々のスタートは悪かったと思う。相手は序盤に得点を奪ったことで、その後チームの状態が上がっていった。我々は同点のチャンスを活かせなかったことで、2失点目という罰を受けたね」 「何よりも2失点目が我々には非常に痛かった。選手を投入してチームを救わなければとベンチで考えていたが、その瞬間に2失点目が来てしまったんだ」 「チェルシーはCLで勝ち抜くことを目的として、設計されたチームなんだ。試合開始から走り続けていたし、我々は大きなダメージを与えられた」 この敗戦によりセビージャはグループ2位が確定したが、それでもロペテギ監督はチームが成し遂げたことを誇り、週末のリーグ戦に向け準備していくと語った。 「72時間以内に再び試合が控えている。勝ったときも負けたときも、言うことは変わらないさ。我々は既に決勝トーナメント進出を決めているんだ。CLベスト16の一角に入るのは、重要なことだと思うよ。ヨーロッパにおいてそれは容易ではなく、望んでも達成できないチームが数多くあるからね」 2020.12.03 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ相手に4ゴールのジルーを絶賛するランパード「究極のプロフェッショナル」

チェルシーのフランク・ランパード監督がチャンピオンズリーグ(CL)の勝利を喜ぶと共に、殊勲のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 2日に行われたCLグループE第5節において、チェルシーはアウェイでセビージャと対戦。すでに決勝トーナメント進出は決定しているチェルシーにとって、この試合は首位通過をかけた一戦となった。 試合はジルーのゴールで開始早々にチェルシーが先制したものの、その後は一進一退の攻防になる。しかし、54分にジルーが追加点を決めると、その後は一方的な展開に。74分に3点目をマークしてハットトリックを達成したジルーは83分にもPKを決める大活躍。試合は4-0のスコアでチェルシーの圧勝となっている。 この結果、チェルシーのグループステージ首位通過が決定。試合後の会見に臨んだランパード監督は、勝利に満足感を示しつつこの日全ゴールを叩き出したジルーを称えた。 「CLのレベルで、しかも本当に良い相手と対戦して4ゴールを決められたのだから、素晴らしいパフォーマンスだった。最後の1点はPKだったが、チームとして質の高いゴールと、ジルーの個人技はとても良かったと思う。彼がスタンディングオベーションを受けるのは当然のことだし、私も喜んでいるよ」 「ジルーは究極のプロフェッショナルだ。だからこそ、フランス代表でもCLでも結果を残せているんだと思う。私がここにやってきたとき、彼は常にスタメンというわけではなかったにもかかわらず、選手としてのポジティブさを感じることができた」 「彼は若い選手や、常時プレーできない選手、20人以上の選手たちにとっても素晴らしい存在だ。良いトレーニングを続け、試合に出たときには今夜のようなパフォーマンスを見せてくれる。今夜のような状況で、本当に、本当に完璧なパフォーマンスを見せてくれた」 また、ランパード監督はグループステージ首位通過に満足しつつ、ラウンド16で敗退した昨季の経験から、CL決勝トーナメントではレベルが跳ね上がることも理解していると語っている。そのうえで、今のチームは昨季より強くなっていると自信を見せた。 「今の状況には満足しているが、次のステージでレベルが上がるのは明らかだ。嬉しいことに決勝トーナメント進出が決定したし、早い段階でグループのトップに立つこともできた。これは自信につながるけど、レベルは上がり競争も激しくなるだろうね」 「去年の経験でそれを知ることができた。でも、我々は改善を感じているよ。シーズンの初めから、新加入の選手たちには慣れるまでの時間が必要で、若い選手は成熟していくとわかっていた。今、彼らの成熟が伝わってきているよ」 2020.12.03 12:21 Thu
twitterfacebook
thumb

今季2度目の先発となったチェルシーFWジルー、史上最年長でCLハットトリック達成!

チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チャンピオンズリーグ(CL)での最年長ハットトリック記録を樹立した。 チェルシーは2日、CLグループE第5節でセビージャと対戦。この試合で今季2度目の先発出場を果たしたジルーは、8分に先制ゴールを奪うと、54分に2点目を記録。74分にハットトリックを達成すると、83分にはPKを決めて、自身1試合4ゴールを記録し、チームのグループステージ首位通過に大きく貢献した。 <div id="cws_ad">◆ジルーが決めたチェルシーでのトップ5ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOQ2dkcU5PaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ジルーは34歳63日でのハットトリック達成となったが、これはCLの歴史上で最年長での達成となった。 ヨーロッパの大会での最年少ハットトリックは、1965年9月にレアル・マドリーのフェレンツ・プスカシュが記録した38歳173日となっている。 同日にキャリア通算750ゴールを達成しているユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの方が1年半ほど早く生まれているが、ハットトリックではジルーが上回ることとなった。 なお、今シーズンのチャンピオンズリーグでは5人目のハットトリック達成者となった。 ◆2020-21シーズン CLハットトリック達成者 2020年10月28日 vsRBライプツィヒ マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) 2020年11月3日 vsシャフタール・ドネツク アラサン・プレア(ボルシアMG) 2020年11月3日 vsアタランタ ジオゴ・ジョタ(リバプール) 2020年12月2日 vsRBライプツィヒ イルファン・ジャン・カフヴェジ(イスタンブール・バシャクシェヒル) 2020年12月2日 vsセビージャ オリヴィエ・ジルー(チェルシー) 2020.12.03 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャとの首位攻防戦でジルーが躍動! 敵地で4ゴールを奪ったチェルシーが首位通過を決める《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節のセビージャvsチェルシーが2日に行われ、0-4でチェルシーが勝利した。 CL3連勝中でグループEの首位に立つチェルシーは、スコアレスドローに終わった直近のトッテナム戦のスタメンからGKメンディとコバチッチ以外の9人を変更。[4-3-3]の布陣で3トップにはハドソン=オドイ、ジルー、プリシッチが並んだ。 一方、こちらもCL3連勝でグループ2位につけるセビージャは、辛勝した直近のウエスカ戦のスタメンから攻撃陣を中心に7人変更。エン=ネシリを最前線に置き、2列目に右からフランコ・バスケス、オスカル、イドリシと並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 首位攻防となった一戦は早い時間に動く。8分、中盤でパスを受けたハヴァーツがドリブルでボックス手前まで持ち上がりラストパス。これをボックス右で受けたジルーがトラップで相手マークを外し、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 その後は一進一退の展開が続く中、チェルシーは27分にドリブルでボックス左から侵入したプリシッチに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKヴァツリークのセーブに阻まれた。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはリードするチェルシー。54分、バイタルエリア中央で受けたコバチッチが素早く前線へラストパス。このパスでボックス中央から侵入したジルーが飛び出したGKの脇を抜く右足のチップキックでゴールネットを揺らした。 リードを広げたチェルシーは、74分にも右サイドをドリブルで持ち上がったカンテのクロスをニアのジルーが頭で流し込み、ハットトリックを達成。さらに83分には、ボックス内でジルーが倒されて獲得したPKをジルー本人が決め、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。ジルーの4発で首位攻防戦を快勝したチェルシーが、グループ首位通過を決めた。 また、同日に行われたグループE第5節のFCクラスノダールvsレンヌは、71分にベリの決めたゴールを守り抜いたFCクラスノダールが1-0で勝利。レンヌをかわして3位に浮上している。 2020.12.03 06:56 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly