カカが初めてのマドリッド・ダービーで決めた、相手の一瞬の隙を突く美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元ブラジル代表MFのカカ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。

◆カカが初めてのダービーマッチで決めた美しいゴール

ブラジルの名門サンパウロでキャリアをスタートさせたカカ氏は、ミランで大ブレイク。世界最高峰のアタッカーとしての評価を受けると、2009年夏にレアル・マドリーに加入した。

4シーズンを過ごしたマドリーでは、公式戦120試合に出場し29ゴール39アシストを記録したカカ氏だが、2009年11月7日に行われたラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”では、見事なゴールを決めている。

開始早々の4分、MFラサナ・ディアラが相手陣内中央でボールを持つと、右サイドのDFセルヒオ・ラモスとのパス交換で中央突破を図る。ラモスへのパスは相手に奪われてしまうものの、すぐさまプレスをかけ、ボールを取り返すことに成功する。

相手へのタックルがそのままパスになり、カカにボールが渡ると、カカがボックスの外から鋭いロングシュート。右足から放たれたシュートは滑らかな弧を描き、カーブしながらゴール左に決まった。

カカの美しいゴールで早々に先制点を奪ったマドリー。その後も攻勢を強み、一時は3-0でリードするも、66分にラモスが一発レッドを受け、数的不利の中3-2と1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切りに成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

ロッベンが得意の位置から決めたアンストッパブルな強烈ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンが得意の位置から叩き込んだゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1UUIyQ1FsbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、世界屈指のウインガーとしてバイエルン攻撃陣の一角を長年に渡り担い、チームを多くのタイトル獲得に導いた。 絶対的な縦への速さと、分かっていても止められない切れ味抜群のカットインとミドルシュートで得点を量産したロッベンだが、2018年2月6日に行われたDFBポカール準々決勝のパーダーボルン戦では、得意の位置からゴールを決めている。 4-0とバイエルン大量リードで迎えた86分、ロッベンが右サイドにドリブルで攻め入ると、相手からのタックルを受けながらも大外のMFコランタン・トリソにパスを送る。トリソがドリブルでボールを運び、中央のMFセバスティアン・ルディにパスを送ると、ルディがダイレクトでボールをロッベンに落とす。 このパスをペナルティーアーク内の絶好の位置で受けたロッベンが左足で強烈なシュートを放つと、左上の完璧なコースに美しいゴールが決まった。 試合を決めたバイエルンはさらに1点を加え、6-0の大勝を収めている。 2020.11.26 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴァルブエナがCLドルトムント戦で決めた劇的豪快ミドルにデシャン監督も歓喜!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスに所属する元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナがドルトムント戦で決めた劇的ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEV0xBdE1vMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表でも主力の1人としてプレーした。 高いテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、前線で違いを生み出すヴァルブエナだが、2011年12月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのドルトムント戦では、劇的なゴールを決めている。 前半に先制を許し、1-2とビハインドで折り返したマルセイユ。後半に入り反撃に出ると、2-2と同点に追いついて迎えた87分、左サイドでヴァルブエナがボールを持つ。すると、細かいタッチで相手をかわしながらボックス内左に侵入し、右足を豪快に振りぬく。パワフルなシュートは、GKにセーブする隙を与えずにゴールに突き刺さり、劇的な逆転ゴールを決めた。 試合はヴァルブエナの終了間際のゴールで逆転したマルセイユが3-2で勝利している。 2020.11.26 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロンドンを渡り歩いた名CBギャラスがチェルシー時代に叩き込んだロケットシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表DFウィリアム・ギャラス氏がチェルシーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギャラスが決めた火を噴くような強烈ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWZFRSZkJvWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したギャラス氏は、主力DFの1人として第一次ジョゼ・モウリーニョ政権での黄金期のリーグタイトル2連覇などに貢献した。 その後アーセナルやトッテナムなど、ロンドンのビッグクラブを渡り歩いたギャラス氏だが、チェルシー時代の2006年3月11日に行われたプレミアリーグ第29節のトッテナム戦では、圧巻のゴールを決めている。 1-1と同点のまま迎えた93分、相手ボックス前左サイドでボールを持ったギャラスは、鋭いターンで相手DFをはがし、ドリブルで中央へボールを運ぶと、ボックスの外から思い切りシュートを放つ。右足から放たれた豪快なシュートは、圧倒的なパワーとスピードでゴール右に突き刺さり、劇的な勝ち越しゴールとなった。 試合はチェルシーがそのまま2-1で勝利している。 2020.11.25 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックス時代のミリクが放った美しいコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のミリクが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtNGFTVlJxMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にレバークーゼンからアヤックスにレンタル移籍で加入したミリクは、頭角を現し、翌年同クラブに完全移籍。2016年夏にはナポリに加入し、ステップアップを果たした。 セリエA屈指のストライカーとして活躍するミリクだが、アヤックス時代の2015年2月19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32、レギア・ワルシャワとの1stレグでは、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた34分、右サイド深部のアヤックスのスローインから、FWリカルド・キシュナがボールを得ると、ドリブルで中央へ仕掛けてから、ボックス手前のミリクにパスを送る。 ペナルティーアーク付近でボールを受けたミリクは、素早いターンで前を向くと、左足でシュート。カーブのかかったシュートは、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左の完璧なコースに決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はこのゴールを守りぬいたアヤックスが1-0で逃げ切り、勝利している。 2020.11.25 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リベリが名手チェフのニアポストをぶち抜いた、浮き上がるような弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆リベリがチェフのニアポストを抜いて決めた強烈ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsWEdETUFobCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年夏にマルセイユからバイエルンに加入したリベリは、王者バイエルンの両ウイングの一角を担い、長年に渡って活躍。攻撃陣を牽引し、数多くのタイトルを勝ち取った。 突破力抜群のドリブルと、パワフルなシュートで高い決定力を見せるリベリだが、2013年8月30日に行われたUEFAスーパーカップ、チェルシーとの決勝では、見事なゴールを決めている。 0-1とバイエルンビハインドの47分、左サイドをドリブルで上がったMFトニ・クロースからのパスを、相手陣内中央辺りで受けたリベリは、ドリブルで前進すると、ボックス外から強烈なシュートを放つ。 低い弾道ながら、物凄いスピードでゴールに飛んでいったボールは、名GKペトル・チェフが守るニアポストを抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで同点に追いついたバイエルン。試合はPK戦までもつれたがバイエルンが勝利している。 2020.11.24 19:00 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly