昨年に続きドロー発進のコンテ監督「ミスを修正するために改善できる」

2020.10.22 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのアントニオ・コンテ監督が、2-2の引き分けに終わったボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でボルシアMGと対戦したインテルは、後半立ち上がりの49分にFWロメル・ルカクのゴールで先制。PKとセットプレーのリスタートから逆転を許したが、試合終了間際にルカクが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。

昨年のCLに続いてドロー発進となったコンテ監督。失点シーン以外に決定機を作られていないことに言及し、改善の余地があると言及した。

「今日の試合は昨年の(初戦)スラビア・プラハ戦と比較はできないと思う。その試合で我々は良いパフォーマンスができなかったけど、今日の試合はパフォーマンスが良かったし、非常に優れたチームと対戦した」

「我々は試合の中で多くのチャンスを作っていたから、(失点シーン以外)サミール(・ハンダノビッチ)のセーブを覚えていない。私は選手を責めることはないが、ミスを修正するために改善できるのは明白だ」

また、インテルに加入以降、本来のパフォーマンスを披露できていないMFクリスティアン・エリクセンについて言及。他の選手と同様に一定の評価を与えた。

「チーム全体と同じようにクリスティアンは素晴らしいプレーを試合で見せた。良い責任と義務を果たした。私は彼にボールを保持するときにもっと決定的なプレーに絡むように要求した。彼のパフォーマンスはチームメイトと同様にポジティブだった」
コメント
関連ニュース
thumb

三冠達成チームのインテルが華麗なパス回しでミランディフェンスを鮮やかに切り裂く!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トレブル達成のインテルがダービーで見せた美しい連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIybDJxejZxNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏にジェノアからインテルに加入したモッタ氏。ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられたチームは、モッタ氏の加入初シーズンから、多くのタイトルを勝ち取った。 セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ(CL)の三冠を達成することになる2009-10シーズンは、序盤からチーム状態の良さを見せていたインテルだが、2009年8月29日に行われたセリエA第2節、ミランとのミラノ・ダービーでは、連携の良さを物語る素晴らしいゴールをモッタが決めている。 0-0で迎えた30分、右サイドでDFマイコンがボールを持つと、FWサミュエル・エトーとDFハビエル・サネッティの3人でパス交換をしながらボールを運び、中央のモッタにパスを出す。 モッタがワンタッチでエトーへパスすると、エトーもワンタッチでボックス手前のFWディエゴ・ミリートへショートパス。すると、ミリートがエトーに釣られた相手DFが空けたスペースに走り込んだモッタに見事なパスを通す。ゴール前でボールを受けたモッタが、ゴール左上にしっかりとシュートを決め、華麗な連携から先制ゴールを挙げた。 このゴールで勢いに乗ったインテルはダービーマッチで4-0の快勝を収めている。 2020.11.27 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“凡庸”なマドリーに屈したインテル、カペッロが酷評 「前半は常に苦境だった」

かつてレアル・マドリーやユベントスの指揮を執ったファビオ・カペッロ氏がチャンピオンズリーグ(CL)で苦しむインテルを批判している。スペイン『アス』が伝えた。 インテルは25日に行われたCLグループB第4節でマドリーと対戦。前半にMFアルトゥーロ・ビダルが退場したこともあり、0-2のスコアで力なく敗れている。インテルは今季のCLで4試合を消化していまだに勝ちがなく、決勝トーナメント進出は非常に難しい状況だ。 こうした状況を受け、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたカペッロ氏は勝利したマドリーを「凡庸」と評しつつ、そのチームに負けたインテルを酷評している。 「インテルはスタートから悪いパフォーマンスで決定力もなく、前半は常に苦戦を強いられていた。インテルは1人のアタッカーに対して3人の選手が守備についていたせいで、中盤が劣勢に陥っていたと思う」 「後半4バックに変更してからのインテルの方が、私は好きだね。ただ、この凡庸だったマドリーに対して、インテルはもっと多くのことをできたはずだ」 カペッロ氏はチームを率いるアントニオ・コンテ監督の戦術についても言及しており、結果が出ない以上、何かを変える必要があると語った。 「(ロメル・)ルカクは推進力を発揮できていなかったし、ビダルのミスは許されないものだ。チームが思うように機能しないのであれば、戦術やシステムを変える時がきたのかもしれない」 2020.11.27 16:56 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル時代のズラタンのエレガントなボールコントロール&技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがインテル時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ズラタンが見せたエレガントなアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIc0NMcm9VOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2006年夏にユベントスからインテルに移籍したイブラヒモビッチは、エースとして活躍。3度のスクデット獲得など、多くのタイトルを勝ち取った。 恵まれたフィジカルに加え、抜群のテクニックを備えたストライカーとして攻撃陣を牽引するイブラヒモビッチだが、2007年8月26日に行われたセリエA開幕節のウディネーゼ戦では、素晴らしいアシストを決めている。 開始早々の9分、相手陣内中央でパスを受けたイブラヒモビッチは、距離を詰めてきた相手DFに対し、ファーストタッチでボールを空中に上げ、リフティング。空中でボールをコントロールすると、ボールがハーフバウンドしたところでボックス内に鋭いパスを入れる。このパスをフリーで受けたMFデヤン・スタンコビッチがGKとの1対1を冷静に決め、見事な先制ゴールを挙げた。 早々に先制したインテルだったが、試合終了間際に同点に追いつかれ、試合は1-1のドローとなった。 2020.11.26 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「差を痛感させられた」CL未勝利が続くコンテ監督、マドリー戦完敗に落胆

インテルのアントニオ・コンテ監督が、レアル・マドリーとの差を痛感したと嘆いた。クラブ公式サイトが伝えた。 インテルは25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節でマドリーと対戦。7分にMFニコロ・バレッラが与えたPKをMFエデン・アザールに決められて先制を許すと、33分にMFアルトゥーロ・ビダルが立て続けにイエローカードを貰い退場に。59分にもオウンゴールから失点して0-2の完敗を喫した。 マドリーに2連敗を喫して開幕からグループ未勝利が続くインテル。試合後のインタビューに応じたコンテ監督は序盤の失点を悔やみ、ビダルの退場で試合が難しくなったとコメント。そして、マドリーとの差を痛感したと述べている。 「レアル・マドリーと対戦するのは難しいし、この2試合で我々は不運だったと言うしかない。すぐに失点をして、数的不利になったら難しくなる。残念ながらこの試合で我々と彼らの違いを痛感させられた」 「落胆してはいけない。我々の道を進むなら、謙虚に対応しなければいけない。進むべき道があるんだ。両チームは違ったレベルにあるから、色々な面で成長する必要がある」 「彼らはチャンピオンズリーグで何回も優勝している。我々もこのステージに戻らなければいけないし、周りの声に耳を貸してはダメだ。我々はこの差を埋めて、再び主人公になるために努力しなければいけない」 2020.11.26 11:23 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーが10人のインテル撃破で2位浮上! PK弾のアザールがCL3年ぶりのゴール《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第4節、インテルvsレアル・マドリーが25日に行われ、アウェイのマドリーが0-2で勝利した。 グループ本命に挙げられながらも、ここまで最下位に沈むインテル(勝ち点2)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点4)の両チームによる重要な一戦。 敵地で行われた前回対戦を2-3で競り負けて未勝利が続くインテルだが、直近のトリノ戦では4-2の逆転勝利を収め、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。勝ち点3必須の一戦ではそのトリノ戦で全ゴールに絡み、前回対戦を負傷で欠場していたルカクが復帰を果たした。 一方、インテル戦で今季CL初白星を手にしたマドリーだが、以降のリーグ戦ではバレンシア、ビジャレアルを相手に1敗1分けの未勝利が続く。加えて、多くの負傷者に悩まされており、セルヒオ・ラモスやベンゼマ不在の中で直近のビジャレアル戦と同じ11人で臨んだ。 試合は前回対戦と同様に早い時間帯に動く。ボックス内でシュートモーションに入ったナチョをバレッラが不用意に倒してマドリーにPKが与えられる。これをキッカーのアザールが冷静に流し込み、開始7分の先制点とした。 アザールの3年ぶりとなるCLでのゴールで先手を奪ったマドリーは直後の13分にもボックス右に持ち込んだルーカス・バスケスが左ポスト直撃のシュートを放つなど、押し込んでいく。 一方、序盤から守勢が続くインテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップに効果的なボール入らず、なかなか攻め手を見いだせない。26分にはボックス手前で得たFKをルカクが直接狙うが、これは枠を捉え切れない。 すると、30分過ぎには試合の行方を大きく左右するアクシデントが発生。33分、ボックス内でシュートモーションに入ったビダルがルーカス・バスケスとの交錯で倒れ込む。だが、ややオーバーリアクションで倒れたことで、主審のアンソニー・テイラーはシミュレーションと判断し、イエローカードを掲示。さらに、猛抗議を行ったビダルに2枚目のカードまで掲示し、元バルセロナMFは退場処分となった。 1点ビハインドに加えて数的不利を背負って試合を折り返したインテルはハーフタイム明けにラウタロとバストーニを下げてダンブロージオ、ペリシッチを同時投入。 一方、マドリーは59分にウーデゴールとマリアーノを下げてカゼミロ、ロドリゴをピッチに送り込むと、この直後に2点目が生まれる。ボックス右に抜け出したルーカス・バスケスのクロスにファーサイドのロドリゴが反応すると、その手前でクリアを試みたアクラフ・ハキミの足に当たったボールがゴールネットを揺らした。 前回対戦でバックパスから失点に絡んだハキミの2試合連続恩返しによって余裕の試合運びとなったマドリーは、ここからきっちりゲームをコントロール。 一方、敗色濃厚のインテルは何とか一矢報いようと、途中出場のペリシッチらが積極的な仕掛けでフィニッシュまで持ち込むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。その後は週末のサッスオーロ戦を睨んでか、試合終盤にはルカクを下げてエリクセンを投入するなど、やや消極的な戦い方で試合を終えることになった。 そして、10人のインテルを2-0で破って2連勝のマドリーがグループ2位に浮上。一方、敗れたインテルは4戦未勝利で2年連続での敗退が濃厚となった。 インテル 0-2 レアル・マドリー 【レアル・マドリー】 アザール(前7[PK]) OG(後14) 2020.11.26 07:04 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly