幻ゴールのヘンダーソン「無情な判定だね」 ファン・ダイクと交錯した相手守護神からの謝罪も明らかに

2020.10.18 13:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦後、自身の幻ゴールに対する心境を語り、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを負傷交代に追い込んでしまった相手選手の謝罪を明かした。プレミアリーグ連覇を目指すリバプールは代表ウィーク明けの初戦で開幕から無傷の4連勝で首位を走る宿敵エバートンと激突。2-7の衝撃的なスコアで敗北したアストン・ビラとの前節を払拭する結果が求められたが、2度のリードを守り切れず、2-2のドローに終わった。

この試合にフル出場した主将のヘンダーソンは2-2の後半アディショナルタイムにゴールネットを揺らしたが、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)判定でセネガル代表FWサディオ・マネのオフサイドを取られ、幻に。際どい判定に賛否の声が挙がっている。

ヘンダーソンは試合後、イギリス『BT Sport』で自身のゴール取り消し判定に肩を落としつつ、来週からスタートするチャンピオンズリーグ(CL)の戦いに目を向ける姿勢を示した。

「(判定は)無情だね。僕らは勝利に値した。パフォーマンスに関してはすごく満足している。3ポイントを手にできなかったのは残念だが、ポジティブにとらえて、前に進む。常に何が大事なのかを意識する僕らは次の試合、アヤックス戦のことを考えている」

また、ファン・ダイクと交錯したエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードとの試合後におけるやりとりの一部を明らかに。「ジョーダンは試合後に詫びに来た。ヴィルヒルへの伝達を頼まれたよ」と話している。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、重傷ファン・ダイクの代役にトルコ代表カバクをリストアップか

リバプールが、シャルケのトルコ代表DFオザン・カバク(20)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 リバプールでは、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが先日のエバートン戦でヒザを負傷。右ヒザ前十字靭帯の損傷で手術が決定しており、半年以上の離脱も覚悟しなければならない状況だ。 ファン・ダイクを欠くセンターバックでは本職としている選手がDFジョエル・マティプとDFジョー・ゴメスのみ。MFファビーニョを起用する手段もあるが、それでも極めて手薄となっている。 今冬の補強は必須とみられる中、今回名前が挙がったのはトルコ代表で4キャップを持つカバク。ガラタサライの下部組織出身で、昨年1月にシュツットガルトに移籍、その半年後の昨夏にシャルケと5年契約を結んだ。 『ミラー』によると、元々4000万ポンド(約54億6000万円)の値札を付けていたシャルケだが、現在は新型コロナウイルスによる財政状況の悪化もあり、3000万ポンド(約41億円)まで評価額を下げているという。しかし、リバプールが用意する移籍金は2000万ポンド(約27億3000万円)と見られており、この小さくな差額は今後にも影響しそうだ。 なお、昨夏のシャルケ加入後は主力としてリーグ戦26試合に出場。今季は第2節のブレーメン戦での唾吐き行為で5試合の出場停止処分を受けている。 2020.10.26 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

デパイ、重傷の戦友ファン・ダイクに「強くあれ」の激励メッセージ

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが、大ケガを負ったリバプールのDFヴィルヒル・ファン・ダイクにメッセージを送っている。 ファン・ダイクは17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦でヒザを負傷。右ヒザ前十字靭帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる事態となった。 半年以上の離脱も見込まれている同選手に、デパイから激励のメッセージが送られた。25日に行われたリーグ・アン第8節のモナコ戦。12分に先制点を挙げたデパイはカメラの前でユニフォームをたくし上げた。 そのアンダーウェアには「ヴィルヒルへ、強くあれ、兄弟」とメッセージが。2人はオランダ代表で長らく共闘してきた戦友。試合後にはオランダ『テレフット』の取材で「(彼のケガは)とても悲しいよ。僕らのキャプテンなんだ。特に辛いのは彼自身だろう。でも、戻ってくる時はきっと今より強くなっているはずだ」と激励している。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/Memphis?ref_src=twsrc%5Etfw">@Memphis</a> <a href="https://twitter.com/VirgilvDijk?ref_src=twsrc%5Etfw">@VirgilvDijk</a> <a href="https://t.co/VTjSZpApPE">pic.twitter.com/VTjSZpApPE</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1320488099881910275?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.26 14:43 Mon
twitterfacebook
thumb

アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。   前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。   リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。   試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。   開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。   すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。   その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。   フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。   それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。   前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。   この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。   苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

親善試合でワイナルドゥムが見せた、仕上がり抜群の華麗な連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ワイナルドゥムがPSMで見せた見事な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5Y2Y5VW1YaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フェイエノールトでキャリアをスタートさせたワイナルドゥムは、PSVで頭角を現すと、2015年夏にニューカッスルへ加入しプレミアリーグデビュー。同クラブで降格の憂き目に遭うも、孤軍奮闘の活躍が評価され、2016年夏にリバプールに移籍した。 豊富な運動量とキープ力で、攻守に存在感を見せているワイナルドゥムだが、2018年8月7日に行われた、プレシーズンマッチのトリノ戦では、味方との見事な連携からゴールを決めている。 1-0とリバプールリードの24分、最終ラインからのロングパスを最前線で受けたFWモハメド・サラーがFWロベルト・フィルミーノに落とす。ドリブルでボールを運びながらチャンスを伺うフィルミーノは、右サイドから上がってくるワイナルドゥムを見て、絶妙なスルーパスをボックス内に送る。これを相手DFの裏で受けたワイナルドゥムがGKのニアポストを抜くゴールを決め、追加点を奪った。 このワイナルドゥムのゴールなどもあり、3-1と危なげなく勝利したリバプール。プレシーズン最終戦となった試合で仕上がりの良さを見せつけた。 2020.10.23 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に申し訳ない」ファン・ダイクの重傷にアンチェロッティ監督が謝罪、ピックフォードは「本当に落ち込んでいる」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、注目を集めてしまった“マージーサイド・ダービー”で起こった事故について語った。エバートン公式サイトが伝えた。 17日のプレミアリーグ第5節で激突したエバートンとリバプール。試合はダービーらしい白熱した展開となり、リバプールの先制から始まったシーソーゲームは2-2という結果に終わった。 今季初のダービーだったが、最も話題をさらったのは開始5分の出来事。セットプレーの流れからクロスに合わせにいったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと、エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが激突。この接触でファン・ダイクは途中交代となると、試合後の検査で右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 このシーンでは、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたことから、ファウルを取られることはなかったものの、アフターチャージであること、そして結果的に重傷に繋がったことでピックフォードへ非難の声が多く浴びせられることとなった。 アンチェロッティ監督は、この件について口を開き、まずはファン・ダイクに謝罪。一方で、ピックフォードにケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こることが起こってしまったと弁解した。 「まず、明確にしておきたいことは、ヴィルヒル・ファン・ダイクのケガについては本当に申し訳ないと思っている。我々1人1人が、彼がすぐに、そしてしっかりと回復できることを望んでいる」 「ジョーダン・ピックフォードとの接触があった。それはタイミングが悪いものだった。しかし、プレミアリーグはとてもスピーディで、少しだけ遅れてしまうことはよく起こる事ではある」 「ジョーダンは少し遅れてしまったが、彼の意図はボールに届こうというものであった。ヴィルヒル・ファン・ダイクを傷つけるということではなかった」 「計画的だったとか、あれやこれや言うことは、私の中ではやり過ぎだと感じている。ファン・ダイクもこのことを知っている」 「ジョーダンは本当に悲しんでおり、(ファン・ダイクが負傷したことを知り)本当に落ち込んでいた」 「それは強い接触であり、タイミングがズレてしまったかもしれないが、サッカーでは時々そういったことが起こる可能性はある」 2020.10.22 21:45 Thu
twitterfacebook