サンチェスに負傷報道 ミラノ・ダービー出場は…?

2020.10.16 10:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスに負傷の疑いが浮上した。

サンチェスは今月の代表ウィークでチリ代表メンバーに選出され、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合にフル出場。いずれのゲームでもゴールを決め、上々の活躍を披露した。

しかし、イタリア『スカイ』が現地チリメディアの情報をもとに報じたところによると、13日に行われた2試合目のコロンビア代表戦で筋肉系のトラブルを抱えてしまったという。

渦中のサンチェスは15日夜、チームメートでもあるチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルと一緒にミラノに帰国。負傷程度は現時点で定かになっておらず、16日にも検査を受ける模様だ。

インテルは代表ウィーク明けの17日にホームで行われるセリエA第4節でミランとのダービーマッチを予定。現時点で筋肉疲労の可能性も視野に入れているというインテルだが、サンチェスの状態は果たして。

コメント
関連ニュース
thumb

長友佑都が目指すべき存在、衰え見せなかった“鉄人”ハビエル・サネッティ

長年トップレベルで変わりないパフォーマンスを披露し続けることが困難なサッカー界。しかし、中には次々と出てくる若き才能に負けず、そのポジションを守り続ける男もいる。 Jリーグでは、先日53歳でJ1出場を果たした三浦知良(横浜FC)という偉大なレジェンドがいる一方で、出場機会を求めてJ1の舞台からJ2へと40歳で移った遠藤保仁(ジュビロ磐田)もいる。 日本代表に目を向ければ、2010年の南アフリカ・ワールドカップから2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と3大会連続でレギュラーとしてプレーし、今なお日本代表に呼ばれているDF長友佑都(マルセイユ)が居る。後輩たちの突き上げにも負けない意欲を見せており、34歳にして新たなリーグに挑戦する。 その長友が尊敬してやまない男も、また長年ポジションを守り続けてきた。元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆ネッラズーリの永遠の背番号「4」 </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Zanetti5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 1995年に母国アルゼンチンのバンフィエルドからインテルに加入したサネッティは、2014年に現役を引退するまでの約20年間を「ネラッズーリ(青と黒)」に捧げ、クラブ歴代最多の公式戦出場858試合の記録を保持している。 1999年からはキャプテンを務めると、強烈なキャプテンシーでチームをまとめ上げ、インテルでは5回のセリエA制覇、4度のコッパ・イタリア優勝を経験。2009-10シーズンにはチャンピンズリーグ優勝も成し遂げ3冠を達成するなど、多くの功績を残してきた。 その功績はサポーターからも認められ、本拠地サン・シーロでのラストゲームでは、背番号「4」の下に「EVER」の文字をあしらった「サネッティは4ever(フォーエバー、永遠)」という意味の特製のユニフォームが用意。背番号「4」はインテルの永久欠番に指定された。 <div id="cws_ad">◆入団、三冠、引退試合…サネッティとインテルが歩んだ道<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZMjJvcWNhTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD/1fb76a70&c=sega_20201031_1">バティストゥータ、サネッティ、ベロンが<br />「サカつくRTW」に登場!</a><hr></div><div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆長友とサイドバックコンビを形成 </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Zanetti4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サネッティは、2014年に現役を引退するまでの3年間、長友ともチームメイトとしてプレーしている。右サイドのサネッティ、左サイドの長友と、インテルの両サイドバックをこの2人が担う時期もあった。 長友がセリエA初ゴールを決めた際には、サネッティとともに披露した「お辞儀」パフォーマンスがイタリアでも大きな話題となり、その後のインテル内で流行するほど。サネッティには長友の誠実さが伝わり、良い関係を築いていた。 長友自身もサネッティについて最も尊敬している選手だと明かしており、「サネッティのように30代後半まで活躍できる選手になりたい」と語っている。 実際、サネッティは現役最後のシーズンとなった2013-14シーズンも39歳ながら、公式戦48試合に出場するフル稼働。さらにそのほとんどすべてが先発での出場であり、衰えをみせることなくスパイクを脱いでいた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆重宝されるスキルとユーティリティ性 </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Zanetti3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サネッティがキャリアを長く続けられた理由の一つに、そのユーティリティ性が挙げられる。左右のサイドバックはもちろん、センターバックやボランチに加えサイドのアタッカーも務めることができた。上下動を繰り返す豊富な運動量に加え、馬力と闘志に溢れるディフェンス、アタッカー顔負けのドリブルで攻守問わずに活躍ができる選手だった。 その一流の能力に加え、チームをまとめる強烈なキャプテンシー、長年のキャリアにおいて大きなケガをしていないタフさ、さらにはプロキャリアを通して退場はわずか1回というフェアプレー精神までも併せ持っており、監督としては是が非でもチームに置いておきたい存在だったと言える。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆ベテランとして生きる道 </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Zanetti2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サネッティ然り、経験豊富なベテランというだけでは重宝はされない。当然ながら戦力として結果を残せることが、現役選手として生き残る道だ。 ケガなくプレーすることはもちろん、フィジカルレベルを保つこと、そしてチームに経験と安定感をもたらせることは何よりも必要なこと。ミランに復帰してから再びその才能を遺憾なく発揮しているFWズラタン・イブラヒモビッチも良い例だろう。 常に結果を残し続けてきた男は、そのキャラクターもさることながら、ピッチ上でのパフォーマンスで観るものをガッカリさせたことはない。 きっと、我々がガッカリすることなく、イブラヒモビッチはピッチから去っていくはずだ。そして、結果を残すだけでなく、チームメイトへ与える影響が大きいからこそ、ベテランでありながらも重宝される。 長友の後継者探しは日本代表にとっては解決しなければいけない問題であることは間違いない。一方で、長友が尊敬してやまないサネッティになることも、日本がワンランク上に上がるためには必要だろう。ベテランとはそういった存在にならなければならないのだ。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad"><hr>長友佑都も尊敬してやまないアルゼンチンの英雄サネッティが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br /><br />サネッティとともにアルゼンチン代表として1998年のフランスW杯で日本代表と戦った、FWガブリエル・バティストゥータとMFファン・セバスティアン・ベロンも同時に登場している。『サカつくRTW』で“鉄人”の姿を観たい方は是非一度チェックしよう。</div><hr> 2020.10.31 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタMFゴセンズが前日練習で負傷…CL含む3試合欠場の可能性

アタランタは30日、ドイツ代表MFロビン・ゴセンズが負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、ゴセンズは30日に行われたトレーニング中に左ふくらはぎを痛めてしまった模様。これを受けて、31日にアウェイで行われるセリエA第6節クロトーネ戦の招集メンバーからも外れた。 なお、アタランタは明確な離脱期間を明かしていないが、フランス『レキップ』は11月3日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のリバプール戦や同8日に行われるセリエA第7節のインテル戦も欠場する可能性があると伝えている。 2020.10.31 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル、最新検査でもコロナ陽性…パルマ戦の欠場が確定

インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが新型コロナウイルスの最新検査でも陽性反応を示したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 今月初旬の代表ウィーク中にコロナ陽性反応が出たシュクリニアルは、スロバキアの検疫所で2週間を過ごし、28日にイタリアへ帰国。その後、ミラノで新型コロナウイルスの再検査を受診したが、その検査でも陰性が出なかったとのことだ。 なお、シュクリニアルはウイルス量が少ない無症状とのことだが、陰性が確認されるまでは試合に出場することができず、31日のセリエA第6節パルマ戦の欠場が確定。今後は陰性が確認できるまで個別でのトレーニングを行う予定だという。 セリエAでは試合の48時間前、チャンピオンズリーグ(CL)では試合の24時間前までに陰性と診断された場合、試合に出場することができるとのことだ。 2020.10.30 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル主砲ルカクが左足大腿部負傷 最低でもCLレアル戦含む2試合欠場か

インテルが29日、ベルギー代表FWロメル・ルカクの負傷を報告した。 ルカクは27日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のシャフタール・ドネツク戦にフル出場したが、クラブによると、29日のMRI検査で試合後に違和感を覚えた箇所の状態を確認。左足大腿部の筋肉損傷が判明したという。 離脱期間などの詳細は現時点で不明だが、追って報じたイタリア『スカイ』によると、31日に本拠地で行われるセリエA第6節のパルマ戦だけでなく、11月3日に敵地で予定するCLグループB第3節のレアル・マドリー戦を少なくとも欠場する模様だ。 また、11月8日に敵地で行われるセリエA第8節のアタランタ戦出場も現時点で流動的。今季もここまで公式戦7試合の出場で7ゴールの活躍を披露するルカクの離脱は同選手の得点力を生かした攻撃を展開するインテルにとって、痛手になりそうだ。 2020.10.30 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル監督、決定機逸でシャフタールとドローも前向き「正しい軌道に乗っている」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、シャフタール戦のパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でシャフタールと対戦。今年8月に行われたヨーロッパリーグ(EL)での対戦に続いてインテルが攻勢をかけたものの、FWロメル・ルカクらがチャンスを決めきれず。0-0のゴールレスドローに終わった。 初戦のボルシアMG戦(2-2)に続いて2試合連続ドローとなったコンテ監督は、チャンスを決めきれないことを悔やんだものの、チームのパフォーマンスをポジティブに捉えていると語った。 「チームは正しいインテンシティと正しい姿勢でプレーしていたから感覚的にはポジティブだ。我々は素晴らしいチームとして試合をしたが、アンラッキーだった。前後半で非常に優れたパフォーマンスをしてシャフタールに大きな問題を引き起こさせていた」 「とても技術に優れて、素早いチームであり、とても上手かった。勝利に値したから残念に思うが、こういったパフォーマンスは我々が正しい軌道に乗っていると認識させてくれる。対戦相手のことを考えず、あらゆる相手にもこうした試合をしたい」 2020.10.28 10:45 Wed
twitterfacebook