久保裕也がPKで今季3点目、FCシンシナティの勝利に貢献《MLS》

2020.10.15 16:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FCシンシナティは15日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の第18節でコロンバス・クルーと対戦。久保は先発出場を果たしチームの先制点を記録した。試合は立ち上がりからシンシナティが攻めると14分、スローインの流れからアルバロ・バレアルがボックス右からクロスをあげると、ボックス中央でせったアラン・クルスがGKアンドリュー・ターベルと激突。これがファウルとなり、シンシナティがPKを獲得。このPKで久保がキッカーを務めると、GKの動きをよく見て逆を突き、右隅に冷静に沈めて先制ゴールを記録した。

久保裕也が今季3点目を決める!

コロンバス・クルーは45分にPKを獲得すると、ペドロ・サントスが冷静に沈めて同点に。しかし、49分にシンシナティが勝ち越しに成功する。

左サイドからのFKを得ると、6がゴール前にクロス。大きくカーブしたクロスにニック・ハグランドがしっかりとヘディングで合わせ、シンシナティが勝ち越し。2-1で勝利を収めた。

FCシンシナティ 2-1 コロンバス・クルー
【シンシナティ】
久保裕也(前17)
ニック・ハグランド(後4)
【コロンバス・クルー】
ペドロ・サントス(前45)
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表監督のアギーレ氏、新天地について語る「日本とアメリカでは私の名前が挙がっている」

かつて日本代表を指揮し、現在はフリーとなっているハビエル・アギーレ氏(61)が、新天地についてコメントした。『ESPN』が伝えた。 これまで、オサスナ、アトレティコ・マドリー、レアル・サラゴサ、エスパニョールなどスペインクラブで指揮を執った他、メキシコ代表や日本代表、エジプト代表など代表チームでも経験があるアギーレ監督。 2019-20シーズン途中にレガネスの監督に就任するも、チームを立て直しきれず。リーグ戦26戦7勝10分け9敗の成績で、チームはあと一歩のところで降格し、その責任をとって退任していた。 そのアギーレ監督には、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブや日本のクラブが招へいに興味を持っているとされる中、『ESPN』でその件について言及。アメリカと日本での指揮の可能性を語った。 「MLSに惹かれるか?そうだね。連絡は取った。アメリカには何人か知り合いがいて、可能性もあり、私の名前も挙がっていた。彼らは他の選択肢を選んだが、日本とアメリカでは私の名前がまだ挙がっている」 一方で、母国のメキシコに戻る気は無いと改めてコメント。若手指揮官に道を譲るべきだと見解を示した。 「私の決断は固い。今ではその資格があると思わない。マザトランの試合を観ていたが、22人の選手を誰も知らないし、リーグ戦を毎日フォローしているわけではないので、申し訳ないと思う」 「私よりも良い準備をしている若い監督に道を譲らなければいけないし、それも人生の一部だ。オファーもないし、10月や11月になれば、どこかのチームで調子が悪いという人は多くいるものだ」 2020.10.22 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川雅也所属のザルツブルク、19歳の米国代表の逸材MFブレンデン・アーロンソンを獲得!

日本人MF奥川雅也が所属するザルツブルクは16日、アメリカ代表MFブレンデン・アーロンソン(19)をMLSのフィラデルフィア・ユニオンから獲得したことを発表した。契約は2025年6月30日まで。 アーロンソンは、アメリカでは「最も優れた才能を持つ若手の一人」と称される攻撃的MF。今年2月にはアメリカ代表デビューもしている。 移籍金は非公開だが、クラブは「アメリカ人選手としてはMLS史上最高額の移籍金」と伝えている。一方、『The Philadelphia Inquirer』によると、600万ドル(≒510万ユーロ/約6億3200万円)で、最大300万ドル(≒256万ユーロ/約3億1600万円)のボーナスが付くという。なお、正式加入はMLSが終了する12月以降になるようだ。 今季はここまで15試合に出場し、4ゴール2アシストを記録。MLS通算では、43試合で7ゴール3アシストという成績となっている。 2020.10.17 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

止まらないアメリカの17歳新星MFクラーク! MLS史上最年少のデビュー2戦連発!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズに所属するアメリカ人MFケイデン・クラーク(17)の勢いが止まらない。 アメリカにあるバルセロナのアカデミー出身の180cmの攻撃的MFは、今年2月にNYレッドブルズのリザーブチームであるNYレッドブルズⅡに加入すると、リーグ戦12試合3ゴール5アシストの活躍を披露。 ここでのパフォーマンスが評価され、今月11日に行われたアトランタ・ユナイテッド戦ではいきなりスタメンでMLSデビューし、チームを1-0の勝利に導く決勝点を決める鮮烈なデビューを飾った。 さらに、そのデビュー戦から3日後のトロントFC戦で途中出場を果たしたクラークは、再び躍動を見せる。0-1のビハインドの後半序盤投入された17歳は、77分にボックス手前の密集で足元にボールを受けると、すかさず左足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜き、チームに勝ち点1をもたらす同点ゴールを挙げた。 なお、アメリカ『OptaJack』が伝えるところによれば、17歳4カ月18日でのMLSデビュー戦からの2試合連続ゴールは、歴代最年少記録になったという。 デビュー戦と今回のゴールはいずれもスーパーゴールであり、アメリカ国内では、ドルトムントで活躍するアメリカ代表MFジョバンニ・レイナ(17)に続く新星の登場に早くも沸いている。 ちなみにアメリカ『MLSSoccer.com』によると、クラークに関してはNYレッドブルズと系列クラブにあるRBライプツィヒとの間で2022年までに移籍可能な契約条項が存在するという。そのため、レイナに続きブンデスリーガ参戦も近いかもしれない。 <div id="cws_ad">◆圧巻ゴラッソでデビューから2戦連発!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GOLAZO FOR THE KID! <a href="https://twitter.com/iamcadenclark?ref_src=twsrc%5Etfw">@iamcadenclark</a> did it again! <a href="https://t.co/gwH26yfM5H">pic.twitter.com/gwH26yfM5H</a></p>&mdash; Red Bull New York (@NewYorkRedBulls) <a href="https://twitter.com/NewYorkRedBulls/status/1316548288204603394?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.15 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏のインテル・マイアミがユベントス退団のイグアイン獲得を発表!特別指定選手制度を利用

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは18日、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)の加入を発表した。 背番号は「9」に決まり、サラリーキャップ(年俸総額の上限)の範囲外となる特別指定選手制度を利用しての獲得となるとのこと。国際移籍証明書とビザ、さらには新型コロナウイルス(COVID-19)に関して地方自治体とMLSのプロトコルに基づく検査を受けての合流となる。 <div id="cws_ad">◆乗ったら止まらないイグアイン!わずか20分で三発の乱れ撃ち<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4OFo5NkxlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> イグアインはインテル・マイアミへの移籍に関して、「まず第一に、僕がサインするために尽力してくれたインテル・マイアミに感謝する。僕の人生で素晴らしい経験になると思う」とコメント。「ここは僕が探していたもの、新しい経験、新しいリーグ、そして美しい街があります。本当にここに来て良かった」と加入を喜んだ。 また、「僕の目標は、ヨーロッパで得た全ての経験を伝え、チームの成長をサポートすることだ」とチームを牽引する意気込みも語った。 イグアインは、リーベル・プレートから2007年1月にレアル・マドリーへと完全移籍。その後、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーでプレーした。なお、インテル・マイアミの共同オーナーであるデイビッド・ベッカム氏とは入れ替わりでマドリーに加入していた。 クラブキャリアでは合計306ゴールを記録。ユベントスでセリエAを3度制したほか、マドリーでもラ・リーガを3回優勝するなど数々のタイトルも獲得してきた。 しかし、アンドレア・ピルロ監督の下で構想買いが通達。両者合意の下、17日に契約を解除していた。 インテル・マイアミには、2019-20シーズンまでユベントスでチームメイトだったフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)が所属しており、再びチームメイトに。また、実兄であるMFフェデリコ・イグアイン(35)はMSLのDCユナイテッドでプレーしており、兄弟対決も見られそうだ。 2020.09.18 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ポートランド・ティンバーズが特別開催のMLSイズ・バック・トーナメントで優勝!

11日、MLSイズ・バック・トーナメントの決勝が行われた。 ポートランド・ティンバーズとオーランド・シティのカードとなった決勝。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断し、開幕までの間に行われるトーナメントで、ポートランド・ティンバーズが優勝した。 試合は27分、ディエゴ・バレリのFKからのクロスをラリス・マビアラがボックス内に飛び込んでファーサイドでダイビングヘッド。これがGKの手を弾いて決まり、先制に成功する。 先制を許したオーランド・シティあ39分、左サイドをナニが仕掛けると、相手を抜ききる前にグラウンダーのクロス。これを後方から走りこんだマウリシオ・ペレイラがDFと競り合いながらも強引に決めきり、オーランド・シティが同点に追いつく。 1-1で後半に入ると64分にポートランド・ティンバーズがチャンス。ボックス手前中央でFKを得ると、バレリが直接狙うも、ゴール左を狙ったシュートはGKペドロ・ガジェセがセーブする。 さらにこれで得たCKからポートランド・ティンバーズがチャンス。クロスのクリアボールをボックス内でジェレミー・エボビスがダイレクトシュート。しかし、これもGKが再びセーブする。 それでも66分、右CKの流れから、ボックス左からのシュートをGKの前でダリオ・ズパリッチが合わせて勝ち越しに成功する。 オーランド・シティはその後もゴールを目指して攻勢をかけるが、結局そのまま試合は終了。ポートランド・ティンバーズが2-1で勝利した。 ポートランド・ティンバーズ 2-1 オーランド・シティ 【ポートランド】 ラリス・マビアラ(前27) ダリオ・ズパリッチ(後21) 【オーランド】 マウリシオ・ペレイラ(前39) 2020.08.12 20:20 Wed
twitterfacebook