岡崎慎司所属のウエスカが元バルサのFWサンドロ・ラミレスをフリーで獲得

2020.10.06 09:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
岡崎慎司が所属するウエスカは5日、エバートンのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。


サンドロは、バルセロナのカンテラ出身で2015年7月にファーストチーム昇格。2016年7月にマラガへ完全移籍すると、2017年7月にはエバートンへ完全移籍していた。

エバートン加入後は、セビージャ、レアル・ソシエダ、レアル・バジャドリーへとレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはラ・リーガで24試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。

エバートンでは公式戦16試合の出場に止まり、1ゴール2アシストを記録するに終わった。

トップのほか、両ウイングでもプレーできるサンドロは、ラ・リーガ通算で108試合に出場し19ゴール9アシストを記録。昇格組のウエスカにとっては大きな補強となった。

関連ニュース
thumb

岡崎途中出場のウエスカが前半のリードで逃げ切り今季3勝目を飾る!《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは21日、ラ・リーガ第24節でグラナダと対戦し、3-2で勝利した。岡崎は67分からプレーした。 3試合ぶりの勝利を目指すの最下位ウエスカ(勝ち点16)が、リーグ戦6試合ぶりの勝利を目指す9位グラナダ(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。ウエスカの岡崎は5試合ぶりのベンチスタートとなった。 ウエスカは立ち上がりの8分に失点する。左サイド高い位置でボールキープしたアルベルト・ソロのパスをボックス左横でクイナが受けると、カットインから右足一閃。強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。 先制を許したウエスカは、13分に反撃。プリードの右クロスをゴール前で競り合ったエスクリチェが飛び出したGKと接触し倒されると、VARの末にPKを獲得。しかし、ラファ・ミルのPKは左ポストに弾かれた。 同点のチャンスを逃したウエスカだったが31分、ボックス右でパスを受けたフェレイロが反転から左足を振り抜くと、相手DFに当たったボールが絶妙なループパスとなり、ゴール前に抜け出したエスクリチェがボレーシュート。地面に叩きつけたボールはGKの上を抜きゴールネットを揺らした。 待望の同点弾を奪ったウエスカは、39分にもガランの右CKをニアのミケル・リコがフリックするとゴール前のプリードが頭で叩き込み、逆転。さらに44分には、ショートコーナーの流れから左クロスを上げると、これがフルキエのオウンゴールを誘い、ウエスカが3-1で前半を終えた。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは2点を追うグラナダだった。59分、左サイドから仕掛けたマチスのクロスをファーサイドのアルベルト・ソロが右足で流し込んだ。 1点を返されたウエスカは、67分にエスクリチェとミケル・リコを下げて岡崎とドゥンビアを投入。その後は膠着状態が続いたが、ウエスカは85分にボックス右手前からカットインしたマフェオがミドルシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 後半アディショナルタイムにヘルマンが一発退場したことで数的有利となったウエスカは、そのまま逃げ切りに成功し今季3勝目を飾った。 2021.02.22 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ムニル弾で逃げ切ったセビージャが7戦連続のクリーンシート達成!岡崎先発のウエスカはリーグ戦連敗…《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは13日、ラ・リーガ第23節でセビージャとアウェイで対戦し、0-1で敗戦した。岡崎は60分までプレーした。 前節、レアル・マドリーに惜敗した最下位ウエスカ(勝ち点16)が、公式戦8連勝中の4位セビージャ(勝ち点42)のホームに乗り込んだ一戦。ウエスカは2トップの一角に岡崎を起用した[3-5-2]で試合に臨んだ。 一方、ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝1stレグでバルセロナと対戦したセビージャは、その試合から先発を6人変更。スソやエン=ネシリ、エスクデロらに代えてL・デ・ヨングやムニル、グデリらが先発に名を連ねた。 ホームチームのビルドアップに対して、アウェイチームが前から圧力をかける形でスタートした一戦。立ち上がりはウエスカの出足の良さもあり、ボールを握るセビージャはなかなか効果的にボールを前へ運ぶことができない。 それでもセビージャは、17分にチャンス。ボックス左でパスを受けたムニルが縦に切り込みマイナスへクロスを供給。これを走り込んだオリベル・トレースが右足ボレーで合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 さらにセビージャは19分、パプ・ゴメスがボックス外から強烈なミドルシュートを放つと、27分にもカウンターで持ち上がったムニルがミドルシュートでゴールに迫ったが、共にシュートはGKアルバロ・フェルナンデスのセーブに阻まれた。 膠着状態の続く中、ウエスカは前半アディショナルタイムにピンチ。バイタルエリア左でパスを受けたラキティッチがゴール前にクロスを上げると、これを対応したプリードのクリアミスがあわやオウンゴールになりそうになるが、GKアルバロ・フェルナンデスの好セーブで難を逃れた。 迎えた後半も主導権を握るセビージャは、57分にA・ビダルのスルーパスでボックス右深くまでインナーラップしたオリベル・トーレスがクロスを供給。これをゴール左手前のムニルが頭で叩き込んだ。 先制を許したウエスカは、60分に岡崎とドゥンビアを下げてエスクリチェとフェレイロを投入。すると76分、右サイドから仕掛けたマフェオのクロスをファーサイドのラファ・ミルがヘディングシュート。しかし、これはGKブヌのファインセーブに防がれた。 さらにウエスカは、88分にもフェレイロの右クロスをファーサイドのセルヒオ・ゴメスがボレーシュート。さらに相手GKの弾いたボールにラファ・ミルが反応したが、シュートは再びGKブヌのセーブに阻まれた。 結局、試合は0-1のままタイムアップ。ムニル弾に沈んだウエスカはリーグ戦連敗。一方、7試合連続のクリーンシートのセビージャは公式戦9連勝を飾った。 2021.02.14 02:20 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎アシストのウエスカ、ヴァランにドブレーテ許してマドリーに逆転負け…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、ウエスカvsレアル・マドリーが6日にエスタディオ・エル・アルコラスで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は62分までプレーした。 前節、ラファ・ミルのトリプレッタの活躍でバジャドリーを3-1で下し、パチェタ新体制で初白星を手にした最下位のウエスカ(勝ち点16)。格上マドリー相手に勝ち点奪取を目指すこの一戦では岡崎が3試合連続でスタメンを飾った。 一方、前節のレバンテ戦では前半序盤のミリトンの一発退場が響き痛恨の逆転負けとなった3位のマドリー(勝ち点40)。さらに、今週に入ってアザール、カピタンのセルヒオ・ラモスがいずれも1カ月程度の離脱を強いられるアクシデントに見舞われた。逆境の中で迎えた最下位相手のアウェイゲームでは出場停止のミリトン、負傷のアザールの代役にナチョ、ヴィニシウスを起用した以外、レバンテ戦と同じメンバーで臨んだ。 コロナウイルスから回復したジダン監督がベンチに復帰したマドリーに対して、ホームのウエスカがアグレッシブな入りを見せる。 岡崎とラファ・ミルの2トップから激しく圧力をかけていくと、3分には右サイドを突破したラファ・ミルのグラウンダーのクロスに反応した岡崎がニアに飛び込んでワンタッチシュート。直後の4分にはセオアネのボール奪取から岡崎を経由したボールがボックス左のラファ・ミルに繋がり左足のシュートを放つ。しかし、いずれのシュートも枠を捉え切れない。 立ち上がりの劣勢を凌いだマドリーは時間の経過と共に相手陣内でのプレータイムを増やしていき、左サイドのヴィニシウスの個人技から良い形の攻めを繰り出していく。25分にはクロースの浮き球のパスに抜け出したヴィニシウスが飛び出したGKと一対一となり、ループシュートでゴールを狙う。だが、このシュートはわずかに枠の右に外れた上、オフサイドとなった。 前半半ばから終盤にかけてはマドリーが一方的に押し込む展開の中で、34分にはマドリーに最大の決定機。ボックス手前左でモドリッチからパスを受けたベンゼマが得意の形からゴール右隅を狙った右足のシュートを放つが、これはGKアルバロの好守に阻まれた。 何とか耐えて0-0で試合を折り返したウエスカは、後半開始直後にミケル・リコのおしゃれなフリックシュートがクロスバーを叩く決定機を作り出すと、直後に先制点を奪う。 48分、右サイドのスペースに飛び出した岡崎がゴール前に走り込んだラファ・ミルを使わずに逆サイドでフリーのガランにパスを通す。これを受けたガランが得意の左足を振り抜くと、鋭いシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らすスーペルゴラッソとなった。 岡崎の今季初アシストで先制に成功したウエスカは動揺の見えるマドリー相手に畳みかける。50分、左サイドのセオアネが入れた絶妙なクロスをボックス右に走り込んだラファ・ミルが右足ボレーで合わすが、これはクロスバーを叩いて2点目とはならず。 一方、難しい立ち上がりとなったアウェイチームだが、幸運な形から同点に追いつく。54分、ボックス手前左で得たFKの場面でベンゼマが直接狙ったシュートがクロスバーを2度叩いてゴール前にこぼれると、ヴァランが混戦を制してバックヘッドで押し込んだ。 その後、マドリーが押し返す状況が続く中、ウエスカは前半から飛ばしていた岡崎を下げてエスクリチェを62分に投入する。すると、直後の63分には左サイドのガランからの絶妙なクロスをラファ・ミルがドンピシャのヘディングで合わすが、ここはGKクルトワの驚異的な反応に阻まれる。 一方、最下位相手に勝ち点逸は許されないマドリーは負傷したオドリオソラに代えてマルセロ、78分にはメンディとヴィニシウスを下げてマルビン、マリアーノと続けて交代カードを切っていく。 ベンゼマやマルセロらの決定機がGKアルバロの好守に阻まれてなかなか押し切れない状況が続くが、再び得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。84分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのクロースがファーサイドに正確なボールを入れると、これをカゼミロが頭で折り返す。GKアルバロが何とかボールを触るも、ゴール前に詰めていたヴァランが冷静に押し込んだ。 伏兵ヴァランのドブレーテで試合を引っくり返したマドリーはここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。試合終盤にかけてアタッカーを続けて投入したウエスカの反撃をきっちり凌ぎ切った。 そして、最下位相手に苦戦を強いられながらも逆転で勝ち切ったマドリーが2試合ぶりの白星を手にした。一方、惜敗のウエスカは連勝のチャンスを逃した。 2021.02.07 02:17 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】岡崎ウエスカvsレアル・マドリー! 久保は好調セビージャに挑む

先週末に行われた第21節ではアトレティコ・マドリー、バルセロナ、セビージャが勝利を飾った一方、レアル・マドリーがレバンテに逆転負けで上位陣唯一の取りこぼしとなった。 今冬の移籍市場閉幕後、最初に開催される今節では2人の日本人選手が強豪に挑む2つのカードに注目したい。 FW岡崎慎司を擁する最下位のウエスカ(勝ち点16)は、3位のレアル・マドリー(勝ち点40)とホームで対戦する。 前節、FWラファ・ミルのトリプレッタの活躍でバジャドリーを3-1で下し、パチェタ新体制で初白星を手にしたウエスカ。それでも、ここまでわずかに2勝と残留に向けては厳しい戦いが続いており、格上マドリーとの一戦でも何とか勝ち点を獲得したいところだ。直近2試合でスタメンを飾っている岡崎は決定的な仕事こそないものの、その献身性で勝ち点獲得に繋がる貢献を見せており、前回対戦をケガで欠場したマドリー相手に再びチャンスを与える可能性が高い。最終ラインに不安を抱える相手に対して持ち味の駆け引きの妙で勝負したい。 一方、前節のレバンテ戦では前半序盤のDFミリトンの一発退場が響き痛恨の逆転負けとなったマドリーはバルセロナに勝ち点で並ばれ、現時点では得失点差の関係で3位に転落。また、復調の兆しを見せていたFWアザールが再び1カ月程度の離脱を強いられることに。これにより、元々手薄な前線はFWベンゼマ、FWアセンシオへの依存度が高まりそうだが、最終ラインではDFセルヒオ・ラモスの復帰が見込まれており、こちらはひとまず危機を脱した印象だ。前回対戦で大勝したウエスカ相手にきっちり勝ち点3を取り戻したい。 MF久保建英を擁する12位のヘタフェ(勝ち点24)は4位のセビージャ(勝ち点39)と対戦する。前節のアラベス戦ではフィニッシュの数よりもファウルの数が多いクローズな肉弾戦を0-0のドローで終え、5失点を喫したアスレティック・ビルバオ戦の大敗を払しょくしたが、久保にとっては持ち味が生かしづらい試合に。それでも、守備面で見せたハードワークには一定の評価が下されていた。 公式戦6連勝と絶好調のセビージャとの一戦ではチーム全体が守勢に回ることになるが、引き続き守備面での強度を保ちながらリーグ屈指の堅守を誇る難敵を相手に攻撃面でも決定的な仕事を見せたい。 リーグ8連勝で首位を快走するアトレティコ(勝ち点50)は、月曜開催のナイトゲームで10位のセルタ(勝ち点25)と対戦。前節のカディス戦ではFWネグレドに2ゴールを決められ今季リーグ最多タイの失点を喫したが、FWスアレスのドブレーテと生え抜きMFコケ、MFサウールのゴールによって4ゴールを奪って4-2の勝利を飾った。直近3試合連続で失点が続いており、リーグ屈指のアタッカーであるFWアスパスを擁する曲者との対戦では4試合ぶりのクリーンシートを目指したい。また、FWフェリックスとFWデンベレと2人のストライカーがコロナウイルスの陽性判定で起用できないため、再びスアレスの奮闘が求められるところだ。 アトレティコには及ばずも、ラ・リーガ5連勝で一気に2位に浮上してきた好調のバルセロナ(勝ち点40)は、直近5戦無敗と好調を維持する7位のベティス(勝ち点30)と対戦する。 前節、アスレティック・ビルバオにスーペル・コパのリベンジを果たしたバルセロナは、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準々決勝でもグラナダを延長戦の末に5-3で破った。同試合では88分まで2点のビハインドを背負うも、そこから驚異の粘りで同点に追いついて延長戦で相手を引き離す劇的な勝利を手にした。とりわけ、FWグリーズマン、FWメッシ、DFジョルディ・アルバのレフティートリオの活躍は圧巻で、今回のベティス戦でもその3選手のパフォーマンスが勝利に鍵を握ることになるはずだ。 また、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する15位のエイバル(勝ち点20)は、17位のオサスナ(勝ち点19)と残留争い直接対決に臨む。前節のセビージャ戦では乾が前半終了時、武藤が後半の早い段階でベンチに下げられ、武藤は交代時にベンチの屋根を叩き不満を露わにする一幕もあった。その悔しい思いを今節での5戦ぶりの白星に繋げることはできるか。 《ラ・リーガ第22節》 ▽2/5(金) 《29:00》 アラベス vs バジャドリー ▽2/6(土) 《22:00》 レバンテ vs グラナダ 《24:15》 ウエスカ vs レアル・マドリー 《26:30》 エルチェ vs ビジャレアル 《29:00》 セビージャ vs ヘタフェ ▽2/7(日) 《22:00》 レアル・ソシエダ vs カディス 《24:15》 アスレティック・ビルバオ vs バレンシア 《26:30》 オサスナ vs エイバル 《29:00》 ベティス vs バルセロナ ▽2/8(月) 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs セルタ 2021.02.05 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のウエスカ、ラファ・ミルのハットで今季2勝目、パチェタ体制3戦目で初勝利《ラ・リーガ》

ウエスカは29日、ラ・リーガ第21節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ウエスカのFW岡崎慎司は54分までプレーしている。 パチェタ体制2戦目となった最下位ウエスカ(勝ち点13)は前節、ビジャレアル相手にゴールレスドローとした。そのビジャレアル戦で先発したもののシュート0本に終わった岡崎が[3-5-2]の2トップの一角で2試合連続スタメンとなった。 16位バジャドリー(勝ち点20)に対し、開始2分にラファ・ミルが際どいコントロールシュートを浴びせたウエスカが良い入りを見せる。 自陣に引くバジャドリー相手にウエスカが押し込む展開とした中、22分には右CKからラファ・ミルがヘディングシュートを放つと、28分にもラファ・ミルが右クロスにヘッドで合わせたが、枠を捉えていたシュートはGKにセーブされた。 それでも37分、再三チャンスが来ていたラファ・ミルがゴールをこじ開ける。右サイドからのマフェオのクロスをファーサイドのラファ・ミルがヘッドで押し込んだ。 さらに45分にはルーズボールに反応した岡崎がボレーシュートで牽制したウエスカが前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、開始5分にウエスカがリードを広げる。マフェオの浮き球パスに抜け出したラファ・ミルがボックス内に侵入し、DF2人をブロックしつつシュートを決めきった。 54分に岡崎がピッチを後にした中、3分後にラファ・ミルがハットトリックを達成する。ロングボールをラファ・ミルがヘッドで逸らし、これを受けたエスクリチェのリターンパスをボックス手前右で受け直したラファ・ミルが絶妙なコントロールシュートを蹴り込んだ。 ラファ・ミルの大活躍で試合の大勢を決めたウエスカは、終盤にかけても危なげなく試合を進める。追加タイムに失点したものの、3-1で快勝。パチェタ体制3戦目で初勝利とし、今季2勝目を挙げている。 2021.01.30 06:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly