岡崎vs香川の日本人対決はハビ・ガランの土壇場弾で岡崎のウエスカに軍配!《ラ・リーガ2部》

2020.06.30 06:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ2部(スペイン2部)の第36節のサラゴサvsウエスカが29日に行われ、0-1でウエスカが勝利した。サラゴサのMF香川真司は72分までプレー、ウエスカのFW岡崎慎司も72分までプレーした。

前節エストレマドゥーラに勝利した2位のサラゴサ(勝ち点61)が、リーグ戦3試合勝利のない4位ウエスカ(勝ち点56)をホームに迎えた一戦。サラゴサの香川は第34節のアルメリア戦以来2試合ぶりの先発出場。一方の岡崎は、今季9ゴール目を記録した前節のカディス戦に続き、3試合連続の先発となった。

来季の昇格を争う両チームの一戦は、立ち上がりにウエスカがチャンスを迎える。8分、フェレイロの左クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、岡崎が体を倒しながらボレーシュート。これがDFのブロックに阻まれるとこぼれ球を再び岡崎が狙ったが、これも相手DFにブロックされた。

その後は膠着状態が続いたが、徐々にボールを持てる展開としていったウエスカが35分に決定機を迎える。味方のサイドチェンジを右サイドで受けたペドロ・ロペスの右クロスをゴール前のビンセントがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。

対するサラゴサは、44分に反撃。味方とのパス交換でボックス右から侵入したルイス・スアレスの折り返しを中央の香川がワントラップから左足を振り抜いたが、シュートはゴール左に外れた。

ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはサラゴサ。59分、香川のパスで抜け出したスアレスがボックス右から強烈なシュートでゴールを狙ったが、これは相手GKが正面で弾き出す。

さらにサラゴサは、63分に中盤でのボール奪取からショートカウンター。ダニエル・トーレスのラストパスをボックス左で受けたスアレスがフリーでシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。

主導権を握るサラゴサは72分、香川を下げてプアドを投入。対するウエスカも72分に岡崎を下げてクリストを投入した。すると82分、左サイド高い位置でFKを獲得したサラゴサはエグアラスの供給したクロスをアティエンサがヘディングシュート。しかし、これはわずかにゴール右に逸れた。

このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにウエスカに歓喜の瞬間が訪れる。95分、中盤からのロングボールをボックス手前のビンセントが胸トラップからゴール前に侵入。これは飛び出したGKが弾かれたが、こぼれ球を拾ったハビ・ガランがシュートをゴール中央に突き刺した。

結局、これが決勝点となり0-1でタイムアップ。劇的弾で日本人対決を制したウエスカは、3位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

前節9カ月ぶりゴールの香川真司、1部昇格に改めて意気込む「自信を持って準備すること」

レアル・サラゴサの日本代表MF香川真司が、昇格に向けての意気込みを語った。スペイン『カデナ・セル』が伝えた。 サラゴサは、ラ・リーガ2部で自動昇格圏の2位に位置した状態で、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間に入った。 再開初戦となったアルコルコン戦で1-3と敗れ、再開のスタートに失敗したものの、2戦目のルーゴ戦で3-1で勝利し、再開後初勝利を挙げた。 このルーゴ戦では、香川は約9カ月ぶりとなるゴールを記録し、チームの勝利に貢献。昇格に向けて再び脚光を浴びることとなった。 香川は『カデナ・セル』の取材に応じ、ルーゴ戦での勝利が重要だったと語り、自身のゴールでチームに貢献できたことを喜んだ。 「勝利からスタートすることはできませんでしたが、ルーゴに対する勝利が僕たちにとって、とてもポジティブであるように、早く取り戻すことが重要でした」 「僕はとても幸せですし、自信を持って改善していることを感じていますし、僕のゴールでチームをサポートできたことを嬉しく思います。次の試合でも改善したいです」 また、無観客での試合については「難しい」としながらも、すでに目線は次節へと向いている。 サラゴサは20日に3位のアルメリアをホームに迎える。勝ち点差は「5」と開いているものの、勝って昇格争いをリードしたいところ。香川は自信を持つことが大事だと語った。 「試合は少しずつ違いますが、ロマレダ(サラゴサの本拠地)での試合に向けて順調に準備しています。アルメリア戦での勝利を目指して戦っています」 「僕たちは精神的に強くなければなりません。自分自身でしっかりと自信を持って準備すれば、目標を達成することができます」 2020.06.19 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司が昨年9月以来となる3ゴール目を記録! サラゴサは暫定首位に《ラ・リーガ2部》

ラ・リーガ2部(スペイン2部)の第33節、ルーゴvsレアル・サラゴサが16日に行われ、1-3でサラゴサが勝利。MF香川真司が昨年9月以来のゴールを記録した。 1部同様に先週から再開しているラ・リーガ2部。自動昇格を目指すサラゴサは、13日に行われた再開初戦でアルコルコンに敗れていた。 2戦目となったこの試合、香川は先発出場を果たすと19分、ボックス手前での混戦からイニゴ・エガラスのパスを受けると、オフサイドラインぎりぎりでパスを受けそのままゴール左に蹴り込んだ。 このゴールにはオフサイドの疑いがかけられ、その後VAR(ビデオ・アシスタント)が介入。しかし、相手選手が残っていたこともあり無事に得点が認められていた。 その後サラゴサはラウール・グティ、ミゲル・リナレスがゴールを奪い、相手の反撃を1点に抑えて1-3で勝利。首位のカディスがラージョ・バジェカーノと引き分けたため、勝ち点差1で暫定首位に立った。 ルーゴ 1-3 レアル・サラゴサ 【ルーゴ】 ジョセテ・マラゴン(後45+2) 【サラゴサ】 香川真司(前19) ラウール・グティ(後19) ミゲル・リナレス(後41) 2020.06.17 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司に再びトルコから関心? サラゴサは自動昇格を懸けて再開に臨む

レアル・サラゴサでプレーする日本代表MF香川真司(31)が再びトルコに向かう可能性があるようだ。スペイン『エル・デスマルケ』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けストップしていたラ・リーガ。しかし、徐々に感染が収まりを見せはじめたことで11日からリーグ戦が再開。残りの11試合を行うことが決定した。 2部も同様に再開している中、香川が所属するサラゴサは現在2位につけており、1部への自動昇格をかけて残りのシーズンを戦う事になる。 ドルトムントから今シーズン加入した香川は、ここまでリーグ戦23試合に出場し2ゴール1アシストを記録。本来の輝きを見せているとは言いがたい状況だ。 サラゴサとの契約は2021年6月までとなっているものの、サラゴサは今年昇格を達成したとしても、香川の契約を延長するつもりはない様子。昇格した後も簡単なシーズンにならないことを予測しての考えのようだ。 一方で、その香川に興味を示しているクラブがある。それが、トルコのギョズペテだ。昨シーズンの半年間を香川はベシクタシュで過ごし、スュペル・リグで14試合4ゴール2アシストを記録するなど、まずまずの結果を残していた。 一部では、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)やカタール・スターズリーグへの移籍も噂される中、トルコからのオファーは香川の去就にも大きな影響を与える可能性があるとのこと。シーズン終了後の移籍市場で動きを見せる可能性があるようだ。 自動昇格を掴むことができれば、念願のスペイン1部でプレーする夢が叶う香川。その場合に移籍を選ぶことは考えにくいが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2020.06.13 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司が力添え? ラ・リーガのマスコット選手権、日本版はサラゴサが優勝、本家は久保建英のマジョルカが1位に

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてストップしているラ・リーガ。再開に向けて動いている中、裏で意外なトーナメントが行われいた。 それは、ラ・リーガのクラブのマスコットが集う「ラ・リーガ、マスコットトーナメント」というもの。20以上のクラブから参加したマスコットが、SNS上での投票で1位を目指すというものだった。 これはすでに終了しているが、優勝したのは「ブランキージョ」と名付けられたライオンのマスコットで、2部のレアル・サラゴサのマスコットだった。 決勝はレアル・ソシエダのクレストをモチーフとした「チュルディン」との対決となったが、「ブランキージョ」の優勝には思わぬ影響があったとスペイン『エル・デスマルケ』が報じた。 サラゴサといえば、今シーズンから日本代表MF香川真司が所属していることでも知られているだろう。『エル・デスマルケ』によると、香川の日本での影響力が優勝に大きな力添えをしたとされ、ラ・リーガの日本語版のツイッターアカウント上で「ブランキージョ」が優勝を果たしていたのだ。 なお、本家のアカウントで優勝したのは、日本代表MF久保建英が所属するマジョルカのマスコットである「ディモニオ」だった。いずれも日本人選手が所属するクラブのマスコットが優勝しているが、この2体ならどっちに投票する? <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ラリーガマスコット選手権</a><br><br>サラゴサのブランキージョ君が優勝マスコットに輝きました!<br><br>誠におめでとうございます!<a href="https://t.co/vf5Xf746S2">https://t.co/vf5Xf746S2</a> <a href="https://t.co/hkPEOklEYq">pic.twitter.com/hkPEOklEYq</a></p>&mdash; ラ・リーガ (@LaLigaJP) <a href="https://twitter.com/LaLigaJP/status/1263776445425307650?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Tras el recuento TOTAL de votos se convierte en el GANADOR del TORNEO de MASCOTAS de <a href="https://twitter.com/hashtag/LaLiga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaLiga</a>...<br><br> DIMONIÓ <br><br>¡Enhorabuena a la afición del <a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca?ref_src=twsrc%5Etfw">@RCD_Mallorca</a>! <a href="https://t.co/hStHqmT4A4">https://t.co/hStHqmT4A4</a> <a href="https://t.co/N0g4lqVASG">pic.twitter.com/N0g4lqVASG</a></p>&mdash; LaLiga (@LaLiga) <a href="https://twitter.com/LaLiga/status/1263774546131369984?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.05.25 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

香川サラゴサ、給与削減に加え一時解雇条例提出へ

MF香川真司の所属するサラゴサは2日、トップチームの選手たちの給与を削減することで合意したことを発表した。スペイン『マルカ』によれば20~30%の削減とのことだ。また、一時解雇条例(ERTE)の適用を余儀なくされたことも併せて発表している。 新型コロナウイルス(Covid-19)による非常事態が続く中、サッカー界では多くのリーグやクラブが活動中止を余儀なくされており、財政面における深刻なダメージを受けている。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiMXBUb2k5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ラ・リーガではプリメーラ(1部)のバルセロナやベティス、アトレティコ・マドリーなどがトップチームの選手たちの給与を削減することで合意し、ERTE対象者の給与をカバーすることができたが、財政的に厳しいセグンダ(2部)のサラゴサでは前例のない緊急事態を乗り越えるだけの経営基盤を有しておらず、給与の補填ができないことが想定される。 2020.04.03 01:00 Fri
twitterfacebook