スカッとゴール! 時間が止まった…観客が釘付けになったジブリル・シセの豪快ミドル

2020.10.08 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月7日にご紹介するのは、元フランス代表FWジブリル・シセ氏(39)がマルセイユ時代に決めたゴールです。

◆シセが突き刺した豪快なミドルシュートでスッキリ!

◆ここがスカッと!
斬新な髪型や全身に入れたタトゥーといったイカついルックス。ピッチに立てばゴールを決めるクールな活躍で、フランスで絶大な人気を誇ったシセ氏。そんなシセ氏が見せた豪快なミドルシュートに、観客は釘付け。人生で一度はこれだけの人を沸かせてみたい!

◆身体能力の高さが垣間見える捻りミドル
2006-07シーズンのリーグ・アン第37節サンテチェンヌ戦。0-0で迎えた54分に、シセがボックス外左でMFサミル・ナスリからパスを受けると、ゴールから少し逃げるような角度で中央にカットインする。

すると、そのまま体をひねりミドルシュート。その体勢からは考えられない弾丸シュートがゴール右上に突き刺さった。

シセ氏は、2007年に日本でも公開されたフランス映画『TAXi4』に本人役としてカメオ出演を果たしており、サッカー好きの方以外でも知っている方は多いのではないだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユが誇る名手パイエが絶妙のタイミングで出した極上スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パイエがベネデットに送った絶妙スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKdXdtN2VMNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンテチェンヌでブレイクを果たしたパイエは、その後のリールやマルセイユで活躍し、リーグ屈指のMFとしての評価を得て2015年夏にウェストハムに加入。プレミアリーグでも素晴らしい活躍を見せ、2017年1月にマルセイユに復帰している。 優れたテクニックと相手の脅威になるFKを武器に名手として知られるパイエだが、2019年11月24日に行われたリーグ・アン第14節のトゥールーズ戦では、美しいアシストを記録している。 0-0と膠着状態が続く中で迎えた76分、ボックス前の混戦からパイエにボールが渡る。すると、パイエは相手のプレスをかわしながら、裏へ走り出したFWダリオ・ベネデットの動きを見て、絶妙のタイミングでスルーパスを出す。 このパスをボックス内でフリーで受けたベネデットが、冷静にGKをかわした後にゴールを決め、見事な先制点となった。このゴールで均衡が破れると、直後にマルセイユが追加点。2-0で勝利している。 2020.10.26 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ時代のB・メンディが叩き込んだ豪快なロングシュートにスタンドも歓喜【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のメンディが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4QmVjSFJMVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・アーブルでデビューしたメンディは2013年夏にマルセイユに加入し、ブレイク。その後モナコでプレーした後、2017年夏にマンチェスター・シティに移籍した。 攻撃も得意とする現代的なサイドバックとして活躍するメンディだが、マルセイユ時代の2015年9月13日に行われた、リーグ・アン第5節のバスティア戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、マルセイユが左からのコーナーキックを得る。すると、ショートコーナーを受けたMFラサナ・ディアラがボックスの手前にパス。これにメンディが後方から走り込み、ダイレクトでシュートを放つ。左足のシュートはカーブしながらゴールに向かうと、クロスバーの下に跳ね返り見事にゴールインした。 美しいシュートにゴール裏のマルセイユサポーターは大騒ぎに。このゴールで先制に成功したマルセイユは、その後も得点を重ね、4-1で勝利している。 2020.10.24 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

天才ドリブラー、ベン・アルファが見せた相手の裏をかく絶妙ヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はボルドーの元フランス代表FWハテム・ベン・アルファがマルセイユ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のベン・アルファが見せた絶妙ヒールパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZGt4WXJHSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンでプロデビューを果たしたベン・アルファ。2004-05シーズンからのリーグ4連覇を経験するなど、若くして才能あふれるドリブラーとして頭角を現した。 しかし、パフォーマンスのムラの多さから、その後加入したマルセイユやニューカッスルでは厳しいキャリアが続き、様々なクラブを渡り歩いている。それでも、マルセイユ時代の2010年2月7日に行われた、リーグ・アン第23節のヴァランシエンヌ戦では、華麗なアシストを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイド深部のスローインから、オーバーヘッドキックで味方がボックス内に入れたクロスをベン・アルファがゴール前で受ける。このパスをゴールに背を向けた状態で受けたベン・アルファだったが、ここで相手の裏をかくヒールパス。後方から上がってきたFWルチョ・ゴンサレスの足元に華麗にパスを送ると、ゴンサレスがしっかりとシュートをボール左に流し込み、先制ゴールが生まれた。 このゴールで試合の主導権を握ったマルセイユは、その後も攻撃の手を緩めず、5-1の大勝を収めている。 2020.10.23 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ピンチを一瞬でチャンスに変えたマルセイユの高速カウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ピンチをチャンスに変えるマルセイユの高速カウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzalREUG9NYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランス2部リーグでデビューしたトヴァンは、バスティアをリーグ・アンに押し上げる活躍を見せると、2013年夏にマルセイユに加入し、ステップアップ。その後ニューカッスルへ移籍するが、プレミアリーグに馴染めず2016年1月にマルセイユに復帰した。 マルセイユ復帰後は安定した活躍を見せているトヴァンだが、2018年8月19日に行われた、リーグ・アン第2節のニーム戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 ニームに先制を許し、0-1で迎えた49分、ニームがマルセイユ陣内でFKのチャンスを得る。キッカーがボックス内にクロスを上げるも、マルセイユFWヴァレール・ジェルマンが頭でクリア。このボールを拾ったMFモルガン・サンソンがMFディミトリ・パイエとの華麗なパス交換で相手の裏を取り、カウンターを開始する。 サンソンがドリブルでボックス手前までボールを運ぶと、相手を引きつけたタイミングで右サイドから上がってきたトヴァンへパスを送る。飛び出してきたGKを見たトヴァンが、冷静にループシュートを決め、見事な同点ゴールとなった。 相手のFKというピンチを一瞬で自分たちのチャンスに変える、鮮やかなカウンターを披露したマルセイユだったが、試合は1-3でニームに敗れている。 2020.10.22 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹CLデビューも敵地で土壇場被弾のマルセイユは黒星スタート…《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、オリンピアコスvsマルセイユが21日に行われ、ホームのオリンピアコスが1-0で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュし、2013-14シーズン以来のCL参戦となるマルセイユ。ギリシャの強豪オリンピアコスのホームに乗り込んだ初戦では長友がベンチスタートになったものの、酒井が先発でCL初出場を飾った。 立ち上がりから集中した入りを見せたマルセイユは、開始6分にトヴァンがボックス手前から得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左へ外れる。 その後は攻め合うオープンな展開が続く中、互いにシュート数を増やしていくが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず、決定機には至らない。前半終盤にかけてはホームのオリンピアコスがカウンターからアウェイチームに脅威を与えるが、守護神マンダンダの落ち着いた対応もあって、前半は0-0で終了した。 迎えた後半、先にゴールへ迫ったのはオリンピアコス。52分、ボックス中央で酒井のクリアが短くなったところを拾ったヴァルブエナのシュートのこぼれ球をヨルゴス・マスラスが押し込む。だが、このゴールはVARの末にオフサイドの判定となり、ノーゴールに。 冷や汗をかいたマルセイユはその後も攻め切れない場面が目立ち、徐々に相手に押し込まれる状況が続く。 何とか流れを変えたいビラス=ボアス監督はルイス・エンリケやキュイザンスといった新戦力を続けてピッチに送りだしていくが、劣勢を撥ね返すまでには至らない。 すると、0-0で試合終了かに思われた試合終盤に先制点を奪われる。91分、右サイドのスペースに抜け出した古巣対戦のヴァルブエナからの正確なクロスをゴール前のコカに打点の高いヘディングで流し込まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、酒井のCLデビュー戦はほろ苦い0-1の敗戦となった。 オリンピアコス 1-0 マルセイユ 【オリンピアコス】 コカ(後46) 2020.10.22 06:18 Thu
twitterfacebook