インテル3冠の一員、”黒豹”エトーの類稀なスピードと決定力【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.10.05 18:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、元カメルーン代表FWのサミュエル・エトー氏がインテル時代に決めたハットトリックだ。

◆エトーのスピードと決定力は圧倒的!カメラを奪うゴールパフォーマンスも健在

バルセロナでゴールを量産していたエトー氏だが、クラブとの関係悪化もあり、2009年にFWズラタン・イブラヒモビッチとのトレードでインテルに加入。

優れた身体能力と得点力の高さを活かし、インテルでも得点を量産すると、いきなりの三冠達成に貢献するなど、イタリアでも見事な活躍を見せた。

2010年9月29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ、ブレーメン戦では

まずは21分、インテルが相手のミスからボールを奪うと、MFエステバン・カンビアッソがエトーにパスを出す。相手DFラインの裏へと抜け出したエトーは、ボックス左からアウトサイドシュートで相手GKの股を抜き、見事な先制点を奪ってみせる。

さらに27分には、最終ラインのDFルッシオからのフィードを、エトーが絶妙なトラップで受けると、そのままボックス右に侵入し、右足でゴールへと沈め、追加点を奪う。

インテルは前半の内にもう1点を加え、3-0で後半を迎えると、試合終盤の81分にはカウンターのチャンスからMFヴェスレイ・スナイデルのスルーパスにエトーが抜け出し、最後は相手GKもかわして無人のゴールへと流し込んだ。

抜群のスピードと決定力でハットトリックを達成したエトー氏。インテルでの3シーズンで102試合53ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

ペップのバルサ指揮官としての200試合目に花を添えた、メッシの華麗なハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシが、ペップの200試合目で決めた華麗なハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZThxM0swdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 13歳からバルセロナに所属するメッシは、2005年にファーストチームに昇格すると、クラブの象徴的存在へと成長。絶対的エースとしてチームを引っ張り、多くの栄冠に導いた。 これまでバルセロナで数多くのゴールを決めてきたメッシだが、2011年11月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのヴィクトリア・プルゼニ戦では、華麗なハットトリックを記録している。 0-0で迎えた24分、自らが獲得したPKを冷静に決め、まずは1点目を決める。 続く前半アディショナルタイムの47分、ドリブルで中央に切り込んだメッシは、ボックス内のDFアドリアーノと鮮やかなワンツーからゴール前で抜け出すと、低く鋭いシュートをゴール右下に決め、2点目を挙げる。 最後は3-0と試合を決めて迎えた終了間際の92分、DFジェラール・ピケのスルーパスに抜け出したメッシが飛び出してきたGKも華麗にかわし、無人のゴールにシュートを流し込んで、見事なハットトリックを決めた。 メッシのハットトリックなど、大量4ゴールを挙げたバルセロナ。この試合は、名将ジョゼップ・グアルディオラ監督の同クラブ指揮官としての200試合目となった試合だったが、指揮官の節目の試合に花を添えるハットトリックとなった。 2020.12.03 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシが自らの大記録達成に花を添えた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシの大記録達成に花を添えるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0cFRBT0NRciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてバルセロナの下部組織に入団したメッシは、2005年にファーストチームデビューを飾ると、天才的なパフォーマンスを続け、チームの象徴へと成長。世界屈指の人気と実力を誇るバルセロナの顔として活躍を続けている。 これまでも数々の記録を打ち立ててきたメッシだが、2014年11月22日に行われたラ・リーガ第12節のセビージャ戦では、リーグ歴代得点記録を塗り替えた試合でハットトリックを決めている。 まずは0-0の21分、バルセロナがペナルティーアーク手前の絶好の位置でFKを得ると、キッカーのメッシがゴール左上の完璧なコースに直接FKを叩き込み、先制ゴールを記録する。 続いて3-1とバルセロナリードの73分、メッシのボックス内へのスルーパスに抜け出したFWネイマールのリターンパスに、ゴール前で滑り込みながら合わせて2ゴール目。このゴールでリーガ記録を塗り替えたメッシをチームメイトが胴上げで祝福した。 すると直後の78分、メッシが右サイドからドリブルで中央へ侵入すると、ネイマールとの細かいパス交換の後に、ボックス内から左足の強烈なシュート。ゴール左下にゴールを決め、自らの大記録に花を添えるハットトリックを決めている。 試合はメッシのハットトリックなど、大量5ゴールを挙げたバルセロナが5-1で勝利している。 2020.11.29 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

得点王の座は譲らない!ケインがリーグ最終節に見せた連続得点王を決定づけるハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ケインが決めた連続得点王を決定づけるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzSjdRMDNtUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナム下部組織出身のケインは、複数のレンタル移籍を経て2015年にトップチームに定着すると、ストライカーとして大ブレイク。2015-16シーズンにはリーグ得点王に輝く活躍を見せた。 続く2016-17シーズンも得点を量産したケイン。得点ランキング単独首位の状態で迎えた2017年5月21日のプレミアリーグ最終節、ハル・シティ戦では連続得点王を決める見事なハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた11分、MFクリスティアン・エリクセンからのパスをペナルティーアークの手前で受けると、素早いシュートモーションから鋭いシュート。左足のシュートはゴール右下に突き刺さり、先制ゴールとなった。 さらに直後の13分、浮き球のパスで右サイドを抜け出したDFキーラン・トリッピアーのクロスをゴール前で合わせ、あっさり2点目を決める。 最後は4-1とトッテナムの大量リードで迎えた72分、カウンターからMFデレ・アリのスルーパスに抜け出し、GKとの1対1の場面を作ったケインは、冷静にゴール左下にシュートを流し込み、ハットトリックを決めてみせた。 このゴールで得点ランキング2位に付けていた当時マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカクを突き放し、見事2シーズン連続でのリーグ得点王に輝いている。 2020.11.27 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

生粋のゴールハンター、アンリがバルセロナで見せたワンタッチゴール3つ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆アンリがバルセロナで見せた華麗なハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzUmlVeXAzQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルでレジェンドとしてのステータスを築いたアンリ氏は、2007年夏にバルセロナに加入。チャンピオンズリーグ(CL)を果たすなど、多くのタイトルを勝ち取った。 ゴール前での冷静かつ正確無比な動きでバルセロナでも活しっかりと活躍したアンリ氏だが、2008年12月6日に行われたラ・リーガ第14節のバレンシア戦では、華麗なハットトリックを決めている。 まずは0-0の19分、MFヤヤ・トゥーレのロングボールに反応し、裏に抜け出したアンリは、飛び出してきたGKの頭上を超えるループシュートを沈め、先制ゴールを挙げる。 続いて27分、MFアレクサンドル・フレブのパスをボックス内で受けると、右足でダイレクトシュート。ゴール右へ正確なシュートを流し込み、前半だけで2ゴールを決めた。 最後は3-0とリードを広げて迎えた80分、ボックス内に侵入し、右サイド深部をえぐったFWボージャン・クルキッチのパスをゴール前で受けると、冷静にシュートをゴール左に決め、ハットトリックを決めてみせた。 全てワンタッチゴールで3点を奪い、ストライカーらしいハットトリックを奪ったアンリ。試合はそのまま4-0でバルセロナが完勝した。 2020.11.25 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スアレスが10人のビルバオ相手に大暴れのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスが10人のビルバオ相手に決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEcWNiN1ZGVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、貴重な得点源としてゴールを量産。FWリオネル・メッシと共に相手守備陣を翻弄した。 抜群の得点センスと優れたテクニックで華麗なプレーを見せてきたスアレスだが、2016年1月17日に行われたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事なハットトリックを決めている。 開始4分で相手GKが1発レッドカードで退場となったこの試合。10人の相手に対して、バルセロナが一方的に攻め、2-0で迎えた47分、ネイマールの絶妙スルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したスアレスが、GKとの1vs1を冷静に流し込み、3点目を決める。 続いて4-0とリードを広げて迎えた69分、右サイドのMFアルダ・トゥランのふわりとしたクロスをボックス内で受けたスアレスは、走りながらの胸トラップで見事にボールをコントロールし、至近距離からゴールを決める。 最後は82分、メッシの右サイドからのクロスに頭で合わせ、ゴールショーをハットトリックで締めくくった。 試合は、終始攻撃の手を緩めなかったバルセロナがそのまま6-0で勝利している。 2020.11.23 22:00 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly