驚愕の長距離直接FK弾!史上最高SBの1人、D・アウベスが決めたバルセロナ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.09.30 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回はサンパウロに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスがバルセロナで決めた最初のゴールだ。

◆アウベスが決めたバルセロナ初ゴール

母国でのデビューを経て、セビージャで頭角を現したアウベスは、2008年バルセロナに加入。黄金期のバルセロナの主力として活躍し、数多くのタイトルを勝ち取った。

攻撃的なSBとして大きく存在感を発揮し、公式戦391試合21ゴール101アシストという数字を残したアウベス。その記念すべき初ゴールは、2008年10月25日に行われたラ・リーガ第8節のアルメリア戦で決めたスーパーゴールだった。

前半から得点を重ねたバルセロナは、4-0と大量リードで迎えた36分、敵陣中央でFKを得る。ゴールまでかなり距離のあるFKであったが、キッカーのアウベスは、直接ゴールを狙う。低くコントロールされた強烈なシュートは矢のような弾道で壁の間を抜け、ゴール左に突き刺さった。

試合は、豪快なアウベスのロングシュートでさらにリードを広げたバルセロナが、そのまま5-0で大勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

チームのプレミア戴冠に花を添えた、史上最高の守備的MFマケレレのチェルシー初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFのクロード・マケレレ氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆史上最高DMFマケレレが決めたチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZSVMzMTJQNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ナントでのデビュー後、マルセイユやセルタ、レアル・マドリーでプレーしたマケレレ氏は、2003年夏にチェルシーに加入。積極補強で急速に力を付けていたチームを中盤の底から支えた。 史上最高の守備的MFと呼び声高いマケレレ氏だが、その記念すべきチェルシー初ゴールは、2005年5月7日に行われたプレミアリーグ第37節のチャールトン・アスレティック戦で決めたゴールだった。 残り2試合を残し、既にリーグ優勝を決めていたチェルシー。この試合の結果に関わらず、試合後にトロフィーリフトとセレブレーションが行われることが決まっていた。 試合は拮抗した展開になると、0-0と膠着状態のまま迎えた90分、MFフランク・ランパードがボックス内で倒され、土壇場でチェルシーがPKを得る。するとキッカーとなったのはマケレレ。ペナルティはセーブされてしまうものの、跳ね返りに反応するとこぼれ球をしっかりと詰めて、先制点を挙げた。 このゴールが決勝点となり、1-0で勝利したチェルシー。優勝を祝うセレブレーションを、土壇場での勝利という最高の形で迎えることに成功した。 2020.10.24 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラキティッチのプロ初ゴールは豪快ボレー!14年前にスイスで記録【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチがバーゼルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バーゼル時代のラキティッチが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaTUN3dUtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスで生まれたラキティッチは、母国の強豪バーゼルのユースで育ちプロデビュー。その後シャルケやセビージャ、バルセロナで活躍を見せている。 プロデビューを果たしたバーゼルでは公式戦50試合に出場し11ゴールを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2006年10月22日に行われたスイス・スーパーリーグ第12節のザンクト・ガレン戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた30分、左サイドを攻めたバーゼルは、中央にクロスを上げる。クロスは中央では味方に合わずファーサイドに流れるが、ボックス内に上がってきたラキティッチがこれをボレーシュート。右足で完璧にミートされたシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットを揺らした。 ラキティッチにとってはこれがプロ初ゴール。試合も2-1とバーゼルが勝利している。 2020.10.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

下部組織出身のマリアーノ ICCで決めた嬉しいレアル初ゴールは豪快ミドル【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーでプレーするドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが決めたクラブ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マリアーノのマドリー初ゴールは豪快な右足ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaHBrOVJVUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マドリーのユースで育ったマリアーノは、2016年夏にファーストチームに昇格。翌年出場機会を求めて移籍したリヨンでブレイクを果たし、2018年夏にマドリーに復帰した。 古巣復帰後も充分な出場機会を得るには至っていないマリアーノだが、2016年7月30日に行われた、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のチェルシー戦では、チャンスを掴むきっかけとなるゴールを決めている。 序盤から試合を優位に進めたマドリーが2点を先制して迎えた37分、左サイドを攻め上がったDFマルセロからのパスをマリアーノが受ける。すると、ボックスの外、ゴールまで30mはあろうかという位置からマリアーノがシュートを放つと、右足から放たれた強烈なシュートはGKの頭上を抜き、ゴールに突き刺さった。 このゴールで前半だけで3-0としたマドリー。終了間際にチェルシーの反撃にあうも3-2と逃げ切り、勝利している。 2020.10.17 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現Jリーガーの豪快な一撃!フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンがバルセロナで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴールは豪快なダイレクトボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5SVZjQnFSViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスユース出身のフェルマーレンは、アーセナルでリーグ屈指のDFとしてブレイク。2014年夏にバルセロナに引き抜かれた。 安定した守備力と足元の技術を兼ね備えた万能DFとして活躍したフェルマーレンだが、2015年8月29日のラ・リーガ第2節、マラガ戦では記念すべきバルセロナ初ゴールを決めている。 0-0と両チーム決め手を欠く展開のまま迎えた73分、右サイドで仕掛けたFWルイス・スアレスがボックス左深部からクロスを上げる。これは相手にクリアされるも、ボックス内にいたフェルマーレンがこれをダイレクトボレー。豪快な一撃をゴールネットに突き刺し、見事なクラブ初ゴールを決めた。 このゴールが決勝点となり、バルセロナが1-0で勝利。なお、これがフェルマーレンにとってバルセロナでの公式戦唯一のゴールとなっている。 2020.10.11 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランドの新星が大舞台で躍動!ライアン・セセニョンのトッテナム初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はホッフェンハイムのU-21イングランド代表DFライアン・セセニョンがトッテナムで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆セセニョンがCLバイエルン戦で決めたトッテナム初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZdzYzVHl2UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フルアムユース出身のセセニョンは、チャンピオンシップ(イングランド2部)にいたフルアムで躍動。期待の新星として名を上げ、2019年夏にトッテナムに引き抜かれた。 2019年12月11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのバイエルン戦では、記念すべきトッテナム初ゴールを決めている。 早い時間に先制を許し、0-1とトッテナムのビハインドで迎えた20分、バイエルンボックスの手前でトッテナムがボールを回す。すると、中央でボールを持ったMFジオバニ・ロ・チェルソのスルーパスが相手に跳ね返る。このこぼれ球をちょうどボックス左で拾ったセセニョンはすかさず左足でシュート。強烈なシュートは名手マヌエル・ノイアーのニアポストを抜き、見事なクラブ初ゴールとなった。 このゴールで同点に追いついたトッテナムだったが、その後勝ち越しを許し、1-3と敗れている。今シーズンからはホッフェンハイムにレンタルで移籍しているセセニョン。今後の成長に期待だ。 2020.10.10 17:00 Sat
twitterfacebook