リバプール、南野が2G1Aの躍動で3部相手に7発圧勝! 4回戦はアーセナルとの対戦に《EFLカップ》

2020.09.25 05:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。なお、FW南野拓実はフル出場し、2ゴール1アシストを記録した。

プレミアリーグの前節でチェルシーを破り、開幕連勝スタートのリバプール。28日にアーセナルとのビッグマッチを控える中、今季のEFLカップ初戦ではファン・ダイクを除く先発10人を変更。

GKにアドリアン、最終ラインはネコ・ウィリアムズとファン・ダイクと共に、いずれもデビュー戦となったリース・ウィリアムズ、ツィミカスを起用。中盤はカーティス・ジョーンズ、グルイッチ、シャキリの3センターハーフ、トップ下の南野、2トップにエリオット、オリジが並んだ。

中盤ダイヤモンドの[4-3-1-2]の布陣で臨んだリバプールは、立ち上がりから圧倒的にボールを握る。すると、開始9分にはボックス手前右の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのシャキリが得意の左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールがゴール右隅に決まり、幸先よく先制に成功した。

さらに、畳みかける攻めを見せるリバプールは18分、前線からのプレッシャーで相手DFのパスミスを誘うと、シャキリがブロックしたボールがDFに当たってこぼれたところに反応した南野がボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、コミュニティー・シールド以来の今季2点目とした。

これで完全に乗ったプレミアリーグ王者は、23分にもセットプレーの流れから南野が枠内シュートを飛ばすと、30分過ぎに立て続けにゴールを奪う。

まずは32分、最後尾のリース・ウィリアムズからの正確なフィードをボックス左のオリジが頭で落とす。これを拾ったC・ジョーンズが冷静に対面のDFを外して右足のコントロールシュートを右隅に突き刺す。さらに、36分には右CKの二次攻撃からこぼれ球をエリオットが回収し、中央のC・ジョーンズに繋ぐと、19歳の生え抜きMFが鮮やかなターンから放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトし、ゴール右隅の完璧なコースに決まった。

前半に4点を奪って試合を決めたリバプールは、ハーフタイムでファン・ダイクを下げてファビーニョを投入。だが、後半もエンジン全開のチームは、キックオフ直後の攻めでGKと一対一となったエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込み、開始早々にゴールをこじ開ける。

57分にエリオットを下げて新加入のジョタをデビューさせたアウェイチームは、61分に一瞬の隙を突かれてエドゥンにゴールを奪われるが、直後の65分にはグルイッチのグラウンダーのミドルシュートが決まり、長らく武者修行が続いたセルビア代表MFに待望の初ゴールが生まれた。

その後、セットプレーから2点目を奪われるなど、点差もあってか、試合はやや大味な展開となったが、89分にはロングカウンターから南野のラストパスに抜け出したオリジがこの日のゴールショーを締めくくる7点目を奪い、試合はタイムアップ。

2ゴール1アシストを記録した南野の活躍などで、3部相手に圧勝のリバプールが順当に4回戦進出を決めた。なお、その4回戦では28日にリーグ戦で対戦するアーセナルとの対戦となる。

関連ニュース
thumb

EFLカップ3回戦の対戦カード決定! 王者シティは3部ウィコム! 4つのプレミア勢対決も

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦の組み合わせ抽選会が25日に行われ、全16カードが決定した。 今ラウンドは2回戦を勝ち抜いた25チームに加え、UEFAコンペティションに参戦する昨シーズンのプレミアリーグ上位7チームが新たに参加する。 大会4連覇中の絶対王者であるマンチェスター・シティは、フットボールリーグ1(イングランド3部)に属するウィコムとの対戦が決定した。 また、今ラウンドから参戦するマンチェスター・ユナイテッドはウェストハム、チェルシーはアストン・ビラ、リバプールはノリッジ、トッテナムはウォルバーハンプトンとのプレミアリーグ勢との対戦となった。 その他では2回戦を突破したアーセナルが3部のウィンブルドン、レスター・シティがチャンピオンシップ(イングランド2部)勢のミルウォール、エバートンが同じく2部のQPRと対戦する。 なお、3回戦は9月の第4週のミッドウィークに開催予定だ。今回決定した3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆EFLカップ3回戦組み合わせ マンチェスター・ユナイテッド vs ウェストハム ウォルバーハンプトン vs トッテナム チェルシー vs アストン・ビラ ノリッジ vs リバプール マンチェスター・シティ vs ウィコム(3) アーセナル vs ウィンブルドン(3) ミルウォール(2) vs レスター QPR(2) vs エバートン ブレントフォード vs オールダム(4) ブライトン vs スウォンジー(2) バーンリー vs ロッチデール(4) フルアム(2) vs リーズ シェフィールド・ユナイテッド(2) vs サウサンプトン ワトフォード vs ストーク(2) ウィガン(3) vs サンダーランド(3) プレストン(2) vs チェルトナム(3) ※()内は所属カテゴリー 2021.08.26 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバのハットで“U-23”WBAに6発圧勝! セインツとバーンリーも3回戦へ《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)2回戦の3試合が25日に行われた。 プレミアリーグ開幕から無得点の2連敗という厳しいスタートとなったアーセナルは、チャンピオンシップ(イングランド2部)に属するWBAと対戦。 今週末にマンチェスター・シティ戦を控える中、アルテタ監督は0-2で敗れたチェルシー戦からホールディング、ジャカ、サカ、ペペを除く先発7人を変更。GKに新加入のラムズデール、4バックは右からチャンバース、ホールディング、コラシナツ、ヌーノ・タヴァレス。中盤はエルネニーとジャカの2セントラルに、2列目は再デビューのウーデゴールとペペ、サカが並び、最前線にオーバメヤンが入った。 最終ラインを除きほぼ主力を起用したアーセナルだが、直近のリーグ戦から全員を入れ替えた上、6選手をトップチームデビューさせたWBAを相手に後手を踏む立ち上がりとなる。 可変式の布陣によるビルドアップが嵌らず、中盤でのボールロストが目立つ中で相手の鋭い縦への攻めに苦戦。比較的容易に自陣深くまでボールを運ばれると、10分過ぎには波状攻撃を受ける。そして、11分にはボックス手前右からカットインしたフェローズに枠の左隅を捉えたシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 何とか失点を免れたアーセナルは、頼れる若武者の個人技でファーストチャンスをモノにする。17分、高い位置でルーズボールの競り合いを制したサカが相手に寄せられてバランスを崩しながらもそのままボックス左に持ち込んでシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球に反応したオーバメヤンが難なく流し込んだ。 公式戦3試合目にして待望の今季初ゴールを挙げたアーセナルは、以降もサカの個人技を突破口に追加点を狙う。23分にはサカがボックス手前で放ったシュートのこぼれ球に反応したウーデゴールに決定機も、ゴール左角度のないところから放ったシュートは惜しくもポストを叩いた。 以降はしばらく膠着状態が続くも、時間の経過と共にゲームをきっちりコントロールするアーセナルは、前半終了間際に畳みかける攻めを見せる。 まずは45分、エルネニーのスルーパスに反応したペペが完璧に相手の背後を取ってボックス右からシュートを放つ。これは惜しくも左ポストを叩いたが、跳ね返りをドフリーのオーバメヤンが難なく流し込む。さらに、前半アディショナルタイム1分には左サイドで持ち上がったサカからラストパスを受けたオーバメヤンの決定機はGKの好守に阻まれるも、こぼれ球をオーバメヤンがアクロバティックな形で折り返すと、今度はペペが押し込んだ。 前半終了間際の連続ゴールによって余裕を持って後半に入ったアーセナルは、立ち上がりに追加点を挙げる。ボックス手前左で仕掛けたサカがウーデゴールにボールを預けてゴール前に走り出すと、ノルウェー代表MFから足裏を使った見事なリターンパスが戻ってくる。これをサカが難なく流し込んだ。 これで勝利を確実としたアーセナルは再デビュー戦でアシストを記録したウーデゴールを下げてメイトランド=ナイルズを投入。その直後にはボックス手前左でメイトランド=ナイルズからパスを受けたオーバメヤンが得意の角度から右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、ハットトリックを達成。 さらに、ジャカに替えて新型コロナウイルスから快復したラカゼットを投入すると、69分にはホールディングからのロングフィードに抜け出した左サイドのペペからの斜めのマイナスパスをボックス中央に走り込んだラカゼットが冷静に右隅へ流し込んだ。 その後、相手の反撃をGKラムズデールを中心に危なげなく凌ぎ切ったアーセナルが、“U-23チーム”で臨んだWBAに6-0の圧勝。今季の公式戦初勝利を挙げ、週末のシティ戦に弾みを付けた。 また、今シーズンのプレミアリーグで2戦未勝利が続くニューカッスルとバーンリーによるプレミア勢同士の一戦は、互いにゴールをこじ開けられずに0-0のまま90分の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したバーンリーが3回戦に進出。 同じく今シーズンの公式戦初勝利を目指すサウサンプトンは、フットボールリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティと対戦し、エルユヌシのハットトリックの活躍などで8-0の圧勝を収めた。 ◆EFLカップ2回戦結果 ◆南部 ▽8/25(水) WBA(2) 0-6 <span style="color:#cc3300"><b>アーセナル</b></span> 【アーセナル】 オーバメヤン(17分) オーバメヤン(45分) ペペ(45分+1) サカ(50分) オーバメヤン(62分) ラカゼット(69分) ニューポート・カウンティ(4) 0-8 <span style="color:#cc3300"><b>サウサンプトン</b></span> ◆北部 ▽8/25(水) ニューカッスル 0-0(PK:3-4) <span style="color:#cc3300"><b>バーンリー</b></span> ◆南部 ▽8/24(火) <span style="color:#cc3300"><b>ワトフォード</b></span> 1-0 クリスタル・パレス <span style="color:#cc3300"><b>ノリッジ</b></span> 6-0 ボーンマス(2) カーディフ(2) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>ブライトン</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>ブレントフォード</b></span> 3-1 フォレスト・グリーン(4) <span style="color:#cc3300"><b>ミルウォール(2)</b></span> 3-1 ケンブリッジ・ユナイテッド(3) バーミンガム(2) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>フルアム(2)</b></span> ジリンガム(3) 1-1(PK:4-5) <span style="color:#cc3300"><b>チェルトナム(3)</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>QPR(2)</b></span> 2-0 オックスフォード・ユナイテッド(3) <span style="color:#cc3300"><b>スウォンジー(2)</b></span> 4-1 プリマス・アーガイル(3) スティヴネイジ(4) 2-2(PK:3-5) <span style="color:#cc3300"><b>ウィコム(3)</b></span> ノーサンプトン(4) 0-1 <span style="color:#cc3300"><b>ウィンブルドン(3)</b></span> ◆北部 ▽8/24(火) ハダースフィールド(2) 1-2 <span style="color:#cc3300"><b>エバートン</b></span> ノッティンガム・フォレスト(2) 0-4 <span style="color:#cc3300"><b>ウォルバーハンプトン</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>リーズ</b></span> 3-0 クルー・アレクサンドラ(3) バロー(4) 0-6 <span style="color:#cc3300"><b>アストン・ビラ</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>オールダム(4)</b></span> 0-0(PK:5-4) アクリントン・スタンリー(3) <span style="color:#cc3300"><b>ウィガン(3)</b></span> 0-0(PK:5-4) ボルトン(3) <span style="color:#cc3300"><b>シェフィールド・ユナイテッド(2)</b></span> 2-1 ダービー(2) <span style="color:#cc3300"><b>ストーク(2)</b></span> 2-0 ドンカスター(3) シュールズベリー(3) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>ロッチデール(4)</b></span> モアカム(3) 2-4 <span style="color:#cc3300"><b>プレストン(2)</b></span> ブラックプール(2) 2-3 <span style="color:#cc3300"><b>サンダーランド(3)</b></span> ※()内は所属カテゴリー 2021.08.26 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンやビラ、リーズらプレミア勢が順当に2回戦突破《EFLカップ》

24日、イングランド各地でEFLカップ2回戦が行われた。プレミアリーグ勢ではエバートンやアストン・ビラ、リーズ、ウォルバーハンプトンらが順当に勝ち上がっている。 プレミアリーグ勢対決となったワトフォードvsクリスタル・パレスは1-0でワトフォードに軍配が上がった。その他のプレミアリーグ勢の試合結果は以下の通り。 ◆EFLカップ2回戦 <span style="color:#cc3300"><b>ノリッジ</b></span> 6-0 ボーンマス バロウ 0-6 <span style="color:#cc3300"><b>アストン・ビラ</b></span> ハダースフィールド 1-2 <span style="color:#cc3300"><b>エバートン リーズ</b></span> 3-0 クルー ノッティンガム・フォレスト 0-4 <span style="color:#cc3300"><b>ウォルバーハンプトン</b></span> カーディフ 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>ブライトン&ホーヴ・アルビオン</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>ワトフォード</b></span> 1-0 クリスタル・パレス 2021.08.25 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

EFLカップ2回戦の対戦カード決定! アーセナルはWBA、2つのプレミア勢対決も

2021-22シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)2回戦の対戦カードが決定した。 今ラウンドは1回戦を制した35クラブに加え、チャンピオンシップ(イングランド2部)の2クラブと、ヨーロッパのコンペティションに参加しないプレミアリーグの13クラブの合計50クラブで争われる。 また、1回戦に続き今ラウンドは南部と北部の2つの地域に分割する形での開催となる。 プレミアリーグ勢ではアーセナルがチャンピオンシップのWBA、エバートンが同じくチャンピオンシップ勢のハダースフィールドと対戦。また、ニューカッスルvsバーンリー、ワトフォードvsクリスタル・パレスがプレミア勢同士の対戦カードとなる。 なお、EFLカップ2回戦は8月24日、25日の日程で、シングルマッチ形式での開催となる。 ◆南部 WBA(2) vs アーセナル ワトフォード vs クリスタル・パレス ニューポート・カウンティ(4) vs サウサンプトン ノリッジ vs ボーンマス(2) カーディフ(2) vs ブライトン ブレントフォード vs フォレスト・グリーン(4) ミルウォール(2) vs ケンブリッジ・ユナイテッド(3) バーミンガム(2) vs フルアム(2) ジリンガム(3) vs チェルトナム(3) QPR(2) vs オックスフォード・ユナイテッド(3) スウォンジー(2) vs プリマス・アーガイル(3) スティヴネイジ(4) vs ウィコム(3) ノーサンプトン(4) vs ウィンブルドン(3) ◆北部 ニューカッスル vs バーンリー ハダースフィールド(2) vs エバートン ノッティンガム・フォレスト(2) vs ウォルバーハンプトン リーズ vs クルー・アレクサンドラ(3) バロー(4) vs アストン・ビラ オールダム(4) vs アクリントン・スタンリー(3) ウィガン(3) vs ボルトン(3) シェフィールド・ユナイテッド(2) vs ダービー(2) ストーク(2) vs ドンカスター(3) シュールズベリー(3) vs ロッチデール(4) モアカム(3) vs プレストン(2) ブラックプール(2) vs サンダーランド(3) ※()内は所属カテゴリー 2021.08.12 20:54 Thu
twitterfacebook
thumb

モリソンが漢気を見せた!加入後、即先発でルーニー監督の期待にこたえるスーパーミドルをたたき込む

ダービー・カウンティのジャマイカ代表MFラベル・モリソン(28)が加入後のデビュー戦で鮮烈なゴールを決めた。 モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年10月にU-18チームに所属しながらファーストチームデビュー。EFLカップのウォルバーハンプトン戦でプロデビューを果たした。 各年代のイングランド代表に名を連ねていた逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続だ。レンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とし、直近ではオランダのADOデン・ハーグと2020年9月に1年契約を結んだものの、今年1月に契約を解除。5試合の出場にとどまり、以降はフリーの状態が続いていた。 そんなモリソンに手を差し伸べたのが、ユナイテッドで短期間ながらチームメイトだったダービーのウェイン・ルーニー監督だった。トライアウトに招待し、7日には来年夏までの1年契約を締結。すると、モリソンはその恩義にすぐさま結果でこたえた。 10日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)1回戦のサルフォード・シティ(イングランド4部)戦に先発起用されると、2-3と1点のビハインドで迎えた82分に見せ場を作る。ダービーはゴール正面でFKを得ると、モリソンが直接狙う。これは壁に当たるも、セカンドボールに自ら反応。凄まじい弾丸ミドルを右隅に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 試合はその後PK戦までもつれ込み、5-3でダービーが勝利。土壇場でチームを救ったモリソンには、ファンからも今後に向けて多くの期待の声が寄せられている。開幕2週間前にはファーストチーム登録が9名という状況だったダービーだが、モリソンは今後もチームの救世主となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ルーニー監督の期待にこたえたモリソンの漢気弾丸ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHUU9GUHhLcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.12 19:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly