セビージャ復帰のラキティッチがクロアチア代表引退を発表…「最も難しい決断だった」

2020.09.22 01:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー連盟(HNS)は21日、セビージャに所属するMFイバン・ラキティッチ(32)がクロアチア代表からの引退を申し入れたことを発表した。HNSによれば、ラキティッチは今回の代表引退についてHNSのダヴォール・シューケル会長やズラトコ・ダリッチ監督、クロアチア代表で主将を務めるMFルカ・モドリッチとの話し合いを行い決断したとのことだ。

世代別代表ではスイス代表としてプレーしたが、2007年に自らのルーツを持つクロアチア代表を選択することを発表したラキティッチ。同年9月のエストニア代表戦でクロアチア代表デビューを飾ると、ユーロは2008年、2012年、2016年の3大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場していた。

2018年行われたロシア・ワールドカップでは、全試合に出場しチームの準優勝に大きく貢献。ユーロでも通算10試合に出場。クロアチア代表としては歴代4位となる通算106試合に出場していた。

代表引退を決断したラキティッチは、クロアチアサッカー連盟の公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

「クロアチア代表に別れを告げることは、僕のキャリアの中で最も難しい決断だった。だけど、僕は今がその瞬間だと思ったんだ。僕は母国のために多くの試合でプレーしてきたけど、ワールドカップのことは忘れられないね。あの時のことは僕のお気に入りとして残り続けているよ」

バーゼルの下部組織で育ったラキティッチは、2005年にプロデビュー。その後、シャルケやセビージャでのプレーを経て、2014年にバルセロナへ加入。バルセロナでは公式戦310試合に出場し35ゴール42アシストを記録。ラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ1回など、合計13個のタイトルを獲得。

しかし、ロナルド・クーマン監督の新体制では構想外となっていたため、契約を1年残しながらも退団を決意。1日に古巣セビージャへの6年ぶりの復帰が発表されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

クロアチア代表が発表! 主将モドリッチら主力が順当に選出《UEFAネーションズリーグ》

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、11月のUEFAネーションズリーグに臨むクロアチア代表メンバーを発表した。 2020年最後となるインターナショナルマッチウィークに向けてズラトコ・ダリッチ監督は、23名の招集メンバーと共に予備メンバー8名を選出。 23名のメンバーにはキャプテンを務めるMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)、DFデヤン・ロブレンといったお馴染みのメンバーが揃った。 一方、予備メンバーではFWアンテ・レビッチ(ミラン)らに加え、MFトマ・バシッチ(ボルドー)が初選出されている。 クロアチアは、11月11日にアウェイでトルコ代表との国際親善試合を戦った後、同14日に同じくアウェイでUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3のスウェーデン代表戦、同17日にホームでポルトガル代表戦を戦う予定だ。 ◆クロアチア代表メンバー23名 GK イヴォ・グルビッチ(アトレティコ・マドリー/スペイン) シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) DF ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼスポル/トルコ) ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ) ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス) ドマゴイ・ブラダリッチ(リール/フランス) ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン/ロシア) デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア) MF ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア) マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) ミラン・バデリ(ジェノア/イタリア) マルコ・ログ(カリアリ/イタリア) マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン) ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ) ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) ◆予備メンバー8名 GK ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド) DF ミレ・シュコリッチ(オシエク) ヨシップ・ユラノビッチ(レギア・ワルシャワ/ポーランド) マリン・ポングラチッチ(ヴォルフスブルク/ドイツ) ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ) MF トマ・バシッチ(ボルドー/フランス) FW アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア) アントニオ=ミルコ・チョラク(PAOK/ギリシャ) 2020.10.27 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

「10億ユーロの価値があるチームと対戦した」チーム再構築中のクロアチア代表監督が敗戦を語る

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、フランス代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 クロアチアは、14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節でフランスと対戦。グループ2位のフランスと3位のクロアチアの一戦は、互いに多くの選手を入れ替えての戦いとなった。 8分にアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制を許したものの、64分にMFニコラ・ヴラシッチのゴールで同点に。しかし、79分にキリアン・ムバッペに決勝ゴールを許し、1-2で敗れた。 ダリッチ監督は試合後に敗戦を振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価。チームを作っている途中であると強調した。 「残念ながら負けてしまったが、全てを与えてくれた選手たちを誇りに思う。我々は可能性を持っていたが、最後には彼らが我々より1つ多くゴールを決めた」 「我々は10億ユーロの価値があり、あらゆるミスを突いて来るチームと対戦した」 「クロアチアは、ユーロと次のワールドカップ予選に向けて、新しいチームを作っている」 2020.10.15 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン&ムバッペ弾のフランスがクロアチアに競り勝ちポルトガルを追走《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節のクロアチア代表vsフランス代表が14日に行われ、1-2でフランスが競り勝った。 3日前に行われた前節スウェーデン代表戦を2-1と競り勝って初勝利とした3位クロアチアは、スウェーデン戦のスタメンから5選手を変更。コバチッチがベンチスタートとなってパシャリッチやバデリ、ヴィダらがスタメンとなった。 一方、ポルトガル代表戦をゴールレスドローで終え、2勝1分けとした2位フランスは、ポルトガル戦のスタメンから6選手を変更。ポグバやカマヴィンガ、ジルーらがベンチスタートとなってマルシャルやトリソ、ラングレらがスタメンとなった。 [4-1-4-1]で臨んだクロアチアに対し、グリーズマンがトップ下に入り、2トップにムバッペとマルシャルが構える中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだフランスが圧力をかける入りとなると、8分に先制する。右サイドバックに入ったF・メンディがクロスを上げた流れから、ルーズボールをボックス右で拾ったグリーズマンがゴール左上に蹴り込んだ。 さらに15分、マルシャルとムバッペのパス交換からボックス左のムバッペが決定的なシュートに持ち込むも、わずかに枠の右に外れた。 プレスがハマらないクロアチアは30分にようやくチャンス。ペリシッチの突破からパシャリッチがシュートに持ち込んだが、相手DFのブロックに阻まれた。 前半はフランスが主導権を握って迎えた後半、クロアチアはパシャリッチとバデリに代えてコバチッチとブレカロを投入する。 そのクロアチアが前がかる展開で立ち上がっていくと、65分に追いつく。ブレカロのラストパスを受けたボックス中央のヴラシッチがゴール左へ蹴り込んだ。 1-1となって以降は膠着状態が続いたものの、79分にフランスが勝ち越す。途中出場のポグバのロングフィードを、左サイド高い位置に走り込んだディーニュがダイレクトで折り返し、最後はムバッペが押し込んだ。 これが決勝点となってフランスが勝利。首位ポルトガルを同勝ち点で追走している。 2020.10.15 05:56 Thu
twitterfacebook
thumb

スウェーデンとの連敗スタート対決を制したクロアチアが初勝利《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21 リーグA グループ3第3節のクロアチア代表vsスウェーデン代表が11日に行われ、2-1でクロアチアが勝利した。 ポルトガル代表、フランス代表が同居しているグループ3で、2連敗スタートのクロアチアとスウェーデンの一戦。 モドリッチやブロゾビッチ、ペリシッチらがスタメンとなったクロアチアと、フォルスベリやクルゼフスキがスタメンとなったスウェーデンの試合は、クロアチアがポゼッションする展開で推移していく。 2トップにペリシッチとブレカロ、トップ下にモドリッチを据える[4-4-2]で臨んだクロアチアは、10分にCKの流れからブレカロがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。さらに18分にはモドリッチがボックス左からGK強襲のシュートを浴びせた。 すると31分にゴールを奪いきった。モドリッチのパスカットを起点に、ペリシッチが左サイドを持ち上がってクロス。これを受けたブレカロが落とし、最後はボックス右のヴラシッチが蹴り込んだ。 クロアチアが1点をリードして迎えた後半もクロアチアが押し込むと、53分にブレカロが、62分にペリシッチがそれぞれミドルシュートでゴールに迫っていく。 しかし66分、スウェーデンがワンチャンスで追いつく。右サイドからの崩しでルスティグ、フォルスベリと繫ぎ、最後はボックス左のベリが蹴り込んだ。 追い付かれたクロアチアは75分にクラマリッチを投入。すると84分にクロアチアが勝ち越した。ペリシッチがロングフィードに抜け出してボックス左からクロスを送り、フリーのクラマリッチが難なく押し込んだ。 これが決勝点となってクロアチアが初勝利を飾っている。 2020.10.12 03:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯決勝再現カードはフランスが制して連勝発進!クロアチアに4発《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、フランス代表vsクロアチア代表が8日に行われ、4-2でフランスが勝利した。 3日前に行われた初戦のスウェーデン代表戦を1-0と制したフランスは、スウェーデン戦のスタメンから6選手を変更。ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場となった中、[3-4-1-2]を継続し2トップはマルシャルとベン・イェデルが形成、トップ下にグリーズマンが入った。 一方、モドリッチ招集外のクロアチアはポルトガルに1-4と完敗した中、5選手を変更。ブロゾビッチやペリシッチがスタメンに名を連ねた。 ロシア・ワールドカップ決勝再現カードとなった一戦は、締まった攻防で立ち上がった中、16分にクロアチアが先制する。CKの流れからボックス左のロブレンが見事なトラップで浮き球を処理し、左足でゴール右サイドネットに突き刺した。 2トップにボールが入らず苦戦していたフランスだったが、33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、マルシャルのラストパスを受けたボックス左のグリーズマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると43分に前線3枚のコンビネーションで追いつく。ベン・イェデルのダイレクトパスをボックス左で受けたマルシャルが中に折り返し、最後はゴール前に飛び込んだグリーズマンが押し込んだ。 さらに追加タイム1分、右サイドをベン・イェデルが持ち上がってクロスを上げると、ファーサイドのマルシャルがプッシュ。左ポストに直撃したシュートがGKに当たってゴールに吸い込まれ、フランスが逆転して前半を終えた。 後半からレビッチに代えてブレカロを投入したクロアチアが前がかる中、55分に追いついた。コバチッチのスルーパスに抜け出したブレカロがDF3人に対応されながらもドリブルでかわしてシュートを決めきった。 それでも65分、フランスが勝ち越す。グリーズマンの左CKからウパメカノが打点の高いヘッドでゴールに押し込んだ。 そして76分、ボックス内でのハンドがあったとしてPKを獲得したフランスは、これをジルーが決めて勝負を決定付けた。 結局、89分のコバチッチのミドルシュートは左ポストに直撃し、フランスが4-2で勝利。ロシアW杯決勝再現カードを制し、2連勝としている。 2020.09.09 05:42 Wed
twitterfacebook