ベイルはもっとリスペクトされるべき?レアルでの実績をレジェンドたちと比べてみた

2020.09.20 19:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7年を過ごしたレアル・マドリーを離れ、古巣トッテナムに復帰することが決定したウェールズ代表FWガレス・ベイル

直近の2シーズンは、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、週給60万ポンド(約8100万円)という高額な給与に加え、相次ぐケガによる稼働率の低さやクラブを軽視するような言動からサポーターからの信頼を完全に失っていた。

マドリディスタからはブーイングを受け、マドリーを追い出されるような形で退団が決まったベイルだが、果たしてここまでの扱いを受けるべき選手なのだろうか。

◆ベイルのマドリーでの活躍を改めて振り返る

数字の面で見ると、ベイルはマドリーに在籍した7シーズンで、公式戦251試合105ゴール68アシストを記録。これは今までマドリーの袖を通した多くのスター選手たちと比べても全く見劣りしない記録だ。

例えば、2000年代初頭、“銀河系軍団”と呼ばれていた頃のチームの顔の1人であった、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏は、マドリーでの5年間で公式戦245試合56ゴール93アシストを記録。また、同じく“銀河系軍団”のエースストライカーだった、元ブラジル代表FWロナウド氏は、5年間で公式戦177試合104ゴール35アシストという数字を残している。

ベイルは在籍7シーズンでの数字とは言え、105ゴール68アシストというゴール関与数は称賛されるべきだろう。

さらにベイルは、マドリーの選手として4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝と、2度のラ・リーガ優勝を含む、16個ものタイトルを勝ち取っているが、ここで特筆すべきはその勝負強さだ。

2017-18シーズンのリバプールとのCL決勝でのオーバーヘッドキックや2013-14シーズンのバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝でDFマルク・バルトラの大外から抜いたゴールは特に印象的だが、ベイルはこれまでマドリーで11試合の決勝戦でプレーし、そのうち8試合でゴール、もしくはアシストを記録している。

実際、2015-16シーズンからのCL3連覇はマドリーのクラブ史の中でも最も成功を収めた時期の1つであり、それはベイルなしでは成し得なかったと言っても過言ではないだろう。

ただ、2018年夏のクラブの大エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団以降、ベイルへの期待が高まった中でのこの2シーズンだっただけに、その分残念さも大きく、サポーターたちの反感も増大してしまったのではないだろうか。

トッテナム時代には、今ほど負傷も多くなく、圧倒的な身体能力を生かして理不尽なゴールを量産していたベイル。7年ぶりのノースロンドンで完全復活はなるか。

◆レアル・マドリーでの成績
ガレス・ベイル
試合:251
ゴール&アシスト:173(105ゴール68アシスト)
タイトル:16

ルイス・フィーゴ
試合:245
ゴール&アシスト:144(51ゴール93アシスト)
タイトル:7

ロナウド
試合:177
ゴール&アシスト:139(104ゴール35アシスト)
タイトル:4

コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルが不遇のウーデゴールにオファー、 レアルもレンタル移籍容認で争奪戦勃発へ

アーセナルがレアル・マドリーに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)の獲得に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 将来を有望視され2015年1月にマドリーの下部組織へ加わったウーデゴール。その後、伸び悩む期間もあった中で昨シーズンはレンタルで加入したレアル・ソシエダで公式戦36試合に出場して7ゴール9アシストをマークし、輝きを取り戻していた。 今シーズンは満を持してマドリー復帰を果たしたウーデゴールだが、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼は勝ち取れず。ここまで公式戦9試合で367分のプレー時間にとどまっており、出場機会を求めて再レンタルを希望していると報道されていた。 『スカイ・スポーツ』によると、そのウーデゴール獲得を巡って、すでにオファーに失敗していたというアーセナルが再度アプローチしている模様。さらに、ソシエダや他のプレミアリーグクラブも注視しているとのことで激しい争奪戦が予想されている。 マドリー側も出場機会を与えられていないウーデゴールに関してはレンタル移籍での放出を望んでおり、アーセナルからの再オファーを検討しているとのことだ。 アーセナルは元ドイツ代表MFメスト・エジルがフェネルバフチェへの移籍が間も無く完了。攻撃的な中盤の選手に焦点を当てて、今冬の移籍市場は動くことをスポーツ・ディレクターのエドゥ氏が語っていた。ウーデゴールを迎え入れることはできるだろうか。 2021.01.21 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「マドリーに戻ってきて」久保建英の活躍にヘタフェ、レアルサポーターから称賛の声「真の宝石」

ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英は20日にホームのコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われたラ・リーガ第19節のウエスカ戦に移籍後初先発を果たし、80分までプレーした。 [4-2-3-1]の2列目の右に入った久保は、2度のFKで相手ゴールを脅かし、ヘディングシュートで惜しい場面を作るなど、持ち前の技術を存分に発揮。積極的なプレーでチームの1-0勝利に貢献した。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 試合後、久保は自身のインスタグラムを更新。スペイン語で「ホームでの大きな勝利で勝ち点3!!!!」と勝利の喜びを露わにした。 久保の投稿には、ヘタフェのサポーターから「ナイスゲーム」「素晴らしい」「真の宝石」といった好意的な声が寄せられた。 さらに、久保の保有元であるレアル・マドリーがコパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するアルコヤーノに1-2で敗れたこともあり、マドリーサポーターから「マドリーに戻ってきて」「レアル・マドリーへようこそ」といった復帰を懇願するコメントも多くついている。 <div id="cws_ad">◆久保建英が勝利報告!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.21 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「責任は私にある」10人の3部相手に敗れたレアル、進退問われるジダン監督が語る「勝つべきだった」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、アルコヤーノ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは20日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)のアルコヤーノと対戦した。 14日に行われたスーペル・コパ準決勝のビルバオ戦を1-2で敗れたマドリーは、カゼミロ以外のスタメン10名を変更。試合は押し込む展開となると、前半終了間際にエデル・ミリトンがダイビングヘッドで先制点を記録した。 後半も主導権を握ったマドリーだったが、追加点を奪えず。すると80分に同点ゴールを許すと、延長戦に突入。さらに、アルコヤーノが数的不利となるも、追加点はアルコヤーノへ。結局1-2でアルコヤーノが勝利を収めた。 試合後、3部クラブに対して敗れたジダン監督は、責任は自分にあるとコメント。追加点を奪えなかったことで試合が変わってしまったと語った。 「我々はチャレンジし、選手はピッチで全てを出し切った。2つ目のゴールを決めるチャンスがあった。ゴールを決めなければ、何でも起こる可能性がある」 「思っていたのと別のゲームになってしまい、我々はコストがかかってしまった。カップ戦にも出場しているので、難しい時期だ。我々は何か他のことをしなければいけなかったが、それをしなかった」 「私は監督であり、責任は私にある。それを受け止めなければならない。選手はチャレンジしたが、ゴールを決めていれば別のゲームになっただろう」 「サッカーはチャンスがあるならば逃してはいけない。相手のGKは2つ、3つの良いセーブを見せた。2つ目のゴールは入らなかった」 また、スーペル・コパに続いての敗戦となったことで、風当たりが強くなっているジダン監督。責任を問われて回答した。 「これはサッカーだ。我々はセグンダBと対戦し、試合には勝つべきだった。ただ、恥ずべきことではない」 「選手のキャリアの中では起きることであり、私は責任を取るつもりだ。今後も続けていく」 「特に勝ちたい選手については、負けたくないのでまた別の辛い日となった。考えて働き続ける必要がある」 2021.01.21 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

10人の3部相手に逆転負けを喫したレアル・マドリーが5季ぶりの3回戦敗退…《コパ・デル・レイ》

レアル・マドリーは20日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するアルコヤーノと対戦し、1-2で逆転負けを喫した。 14日に行われたスーペル・コパ準決勝のビルバオ戦を1-2で敗れたマドリーは、その試合からカゼミロ以外のスタメン10名を変更。3トップにL・バスケス、マリアーノ、ヴィニシウスを据えた[4-3-3]の布陣を採用した。 試合序盤から押し込む展開が続いたマドリーだったが、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。14分にはショートコーナーの流れからL・バスケスの右クロスをミリトンが頭で合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチした。 膠着状態が続く中、マドリーは前半ラストプレーで先制に成功する。45分、左CKの二次攻撃からイスコのパスをボックス左手前で受けたマルセロがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだミリトンがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 後半も立ち上がりから主導権を握るも決定機を決め切れないマドリーは、67分にマリアーノを下げてベンゼマを投入。すると78分、スルーパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスが、ボックス外まで飛び出したGKの脇を抜くシュートを狙ったが、これはすべり込んだGKホセ・フアンが足でブロック。 追加点の遠いマドリーは、アルコヤーノにワンチャンスを生かされ追いつかれる。80分、ラモン・ロペスの左CKをファーサイドのソルベスに流し込まれた。 追い付かれたマドリーは、86分にマルセロの左クロスからL・バスケスがヘディングシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。 延長に入りマドリーは、アセンシオやアザール、クロースを投入。さらに延長後半5分には、アルコヤーノのラモン・ロペスが2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的優位となったマドリーだが、再びスコアを動かしたのはアルコヤーノ。延長後半10分、自陣からロングカウンターを仕掛けるとアントンのパスでボックス左深くに抜け出したディアキテのクロスをニアに走り込んだカサノバが右足で流し込んだ。 結局、これが決勝点となりマドリーは1-2で敗戦。10人の3部クラブ相手に屈辱的な逆転負けを喫したマドリーは、5シーズンぶりの3回戦敗退となった。 また。同日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のコルドバ(セグンダB)vsソシエダは、0-2でソシエダが勝利している。 ◆コパ・デル・レイ3回戦 ▽1/20(水) コルドバFC(3部) 0-2 レアル・ソシエダ アルコヤーノ(3部) 2-1 レアル・マドリー ▽1/21(木) UDイビサ(3部) vs アスレティック・ビルバオ コルネジャ(3部) vs バルセロナ ▽1/16(土) ペーニャ・デポルティバ(3部) 1-4 バジャドリー アルメリア(2部) 5-0 アラベス ジローナ(2部) 2-0 カディス フエンラブラダ(2部) 1-1(PK:2-4) レバンテ レガネス(2部) 0-1 セビージャ ラージョ(2部) 2-0 エルチェ ▽1/17(日) マラガ(2部) 1-2 グラナダ エスパニョール(2部) 0-2 オサスナ ナバルカルメロ(3部) 3-1 エイバル スポルティング・ヒホン(2部) 0-2 ベティス ADアルコルコン(3部) 0-2 バレンシア テネリフェ(2部) 0-1 ビジャレアル 2021.01.21 07:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ラウール監督が新型コロナウイルスに感染、レアル・カスティージャは1カ月試合なし

レアル・マドリーのカスティージャで指揮を執るラウール・ゴンサレス監督(43)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 スペインでは、改めて新型コロナウイルスが蔓延。1週間の感染者が8万人を超えてしまった。 感染予防の対策はなされている中でも感染者が収まらない中、マドリーの最後の感染者はラウール監督だった。 すでにチームからは離れ、プロトコルに従って行動しているとのこと。しかし、感染予防をしていても感染するウイルスの強さが心配されている。 マドリーのカンテラは、2020年3月以降ほとんどの公式戦を行えていない。カスティージャに関しても、2021年はまだ試合を行えておらず、昨年12月13日のアトレティコ・マドリー戦から1カ月以上プレーできていない状況だ。 2021.01.20 22:22 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly