カソルラがACLデビューで初ゴール! 塩谷所属のアル・アインと壮絶ドロー

2020.09.16 13:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループD第3節のアル・アインvsアル・サッドが15日に行われ、3-3のドローに終わった。ビジャレアルから同胞チャビ・エルナンデス監督率いるカタールのアル・サッドに加入したMFサンティ・カソルラのACLデビューに注目が集まった中、その対戦相手はDF塩谷司を擁するアル・アインに。

試合は立ち上がりから激しい打ち合いの展開に。開始5分にホームのアル・アインがFWラバのゴールで早々に先制。35分にはFWアクラフ・アフィフのゴールで同点に追いつくも、その3分後にはMFイスラムハンの見事なミドルシュートでホームチームが勝ち越し。

迎えた後半、魅せたのがACLデビューのカソルラ。ペナルティアーク付近で左にいた味方から横パスを受けると、正確な右足のダイレクトシュートをゴール下隅に突き刺し、デビュー戦で早速ゴールを挙げた。

これで勢いに乗ったアル・サッドはFWブーンジャーのゴールで初めてリードを奪うことに成功したが、数分後にはオウンゴールで追いつかれてしまい、試合はこのまま3-3のドローで決着。

カソルラはこれで加入後4試合で5ゴール目と、さすがの存在感を放つ。一方、アル・アインでは塩谷がフル出場を飾っていた。

◆カソルラのゴールは1分50秒過ぎ!
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝開催地、カタールのドーハに決定 J1最終節と同じ日の12月19日に予定

アジアサッカー連盟(AFC)が16日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝の開催地決定を発表した。 開催地はカタールのドーハ。カタールサッカー協会(QFA)との共同開催となる。AFCはQFAの主催能力や医療インフラなどが条件を満たすとして、ドーハでの開催を決定したという。 新型コロナウイルスの感染拡大でスケジュールが乱れた今季のACLだが、西地区は9月中旬からカタールで再開され、イランのペルセポリスがひと足先に決勝進出を果たしている。 東地区の戦いは11月18日からドーハで集中開催で再開。Jリーグ勢から横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が出場する。 なお、決勝の開催日は12月19日。同日には明治安田生命J1リーグ最終節も予定されている。 2020.10.17 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLの残り試合はカタールで開催!Jリーグ3クラブが参戦《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区に関して、カタールのドーハで実施されることを発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(CPVID-19)の影響で日程変更が2度行われていた。 特に東地区に関しては、中国で新型コロナウイルスが発生したこと、韓国や日本でも感染が拡大したことでグループステージの2試合までを実施した段階で中断。2度の日程変更で、Jリーグも2度日程を変更することとなった。 AFCはカタールサッカー協会(QFA)と合意。東地区に関しては、11月18日から12月13日までにかけてカタールのドーハで集中開催することとなる。 東地区はグループステージから再開し、ラウンド16、準々決勝、準決勝と開催。12月19日に決勝が予定されている。 2020.10.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で前回王者アル・ヒラルが失格、ACLラウンド16進出決定も敗退に《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、サウジアラビアのアル・ヒラルがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から強制敗退となることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、変則的に行われている今シーズンのACL。Jリーグ勢が出場する東地区は、開催地が決定していない状況で日程だけが何度も変更。この先も開催が不透明な状況が続いている。 一方、試合が行われている西地区だが、アル・ヒラルがUAEのアル・アハリとの試合で規則違反を起こしたとのこと。これにより、今大会からの敗退が決定した。 AFCの発表によると、アル・ヒラルはアル・アハリ戦に向けて11人(GK2人、FP9人)の選手のみで臨んだとのこと。競技規則では、「COVID-19に関連するかどうかに関わらず、試合に参加できる選手が13名(GK1名を含む)未満の場合、関連するチームは試合を行えない」とsあれ、「そのチームは行われない試合に対して責任を負うものとし、関連する大会から敗退したとみなされる」とされている。 アル・ヒラルは、35人が登録可能な中30人を登録。そのうち27人だけがドーハへと渡っていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのこと。AFCは陽性反応を示したGKの代わりに2人のGKを追加することを許可。カタールサッカー協会と協力し、代わりのGK以外の2選手と2人のスタッフがドーハにすぐ来られるように手配したとのことだ。 しかし、アル・ヒラルとサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は今回の状況を受けて試合の延期を要求。規則では、代替日程がすでに決定している日程に影響を与えない場合は、例外が認められ別日程で試合を行えるはずだが、AFCはすでに決まっている試合日程に大きな悪影響を与えると判断し、例外を認めなかった。 アル・ヒラルはグループBに属しており、5試合を終えて勝ち点11で首位。ラウンド16への進出が決定していた状況にも関わらず、今回の決定を受けて敗退となった。なお、パフタコール(ウズベキスタン)とシャバブ・アル・アハリ(UAE)がラウンド16に進出した。 アル・ヒラルは、2019シーズンのACLで浦和レッズを決勝で破り優勝していた。なお、2017シーズンはその浦和に決勝で敗れていた。 2020.09.24 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J1過密日程を改めて考える/六川亨の日本サッカー見聞録

J1リーグは16日に4試合を行い、2位のC大阪はFW都倉が神戸GK前川の顔面をヒットする“勇み足"で一発退場になったものの、柿谷のヘッドによる1点を守りきって首位・川崎Fとの勝点差5をキープした。 神戸GK前川の父親は元日本代表で、広島や大分で活躍した前川和也氏である(日本が初優勝した92年のアジア杯準決勝の中国戦で交代出場し、トンネルで失点したプレーはいまも忘れられない)。 前川だけでなく、9日の第15節、FC東京対横浜FC戦では、横浜FCのボランチ安永がJ1デビューを飾った。彼の父・聡太郞氏は95年に横浜Mのリーグ優勝や、99年の清水のセカンドステージ優勝に貢献したFWである。こうした二世選手の活躍は、今後も増えることだろう。 ところで、C大阪対神戸戦はJ1リーグ第25節、FC東京対大分戦(2-3)と横浜FM対清水戦(3-0)は第24節、そして鳥栖対札幌戦(0-2)は第12節だったことをご存じだろうか。 鳥栖対札幌戦が第12節だったのは、鳥栖に新型コロナのクラスターが発生したため4試合が延期されたからだった。残りの3試合は、いずれも横浜FM、FC東京、神戸の3チームがACLに出場しているからだ。 そのACLだが、いま現在も東地区のグループステージがどこの都市で開催されるのか詳細は決まっていない。9月11日にはFC東京の長谷川監督が、質疑応答で「正式にJリーグから(日程変更などの)通達は来ていない。JFA(日本サッカー協会)からもきちんと来たわけではないので、なんとも言えない。正式に決まったら話をしたい」と、現状では対処しようのないお手上げ状態であることを明かした。 ACLの日程変更に関してJリーグの担当者は、「新しい日程だとJリーグの最終節とACLの決勝がかぶる(12月19日)。出場3チームと折衝中だが、Jリーグの最終節を後ろ倒しするのは天皇杯があって難しい」と答えていた。 彼の言う通り、12月20日の日曜日は天皇杯5回戦の2試合が、23日の水曜日には準々決勝2試合が組まれている。今年の天皇杯は変則スタイルで行われ、Jリーグ勢は23日の準々決勝にJ2とJ3の1位が出場し、J1の2チームは27日(日曜日)の準決勝から登場する。 Jリーグ勢が19日のACL決勝に出場したら、20日に最終節を移すことはできない。そこで23日に移すことは物理的に可能だ。実際、9月16日はJ1の4試合とJ2の1試合に加え、天皇杯の1回戦16試合も開催された。しかし、いくら可能とはいえJ1リーグの最終節と天皇杯の準々決勝を同日開催することは、常識的に考えても回避すべきだろう。 となるとJ1リーグの日程を前倒しするしか方法はない。現状では毎週末にリーグ戦が組まれていて、空いているのは水曜しかない。それも限られていて、10月は21日と28日、11月は11日と18日、そして12月は2日と9日だ。 恐らくJリーグはコロナの影響や自然災害などを想定して予備日を取っていたのだろう。これらに加えて「金J」を復活させるのか。 一番簡単な解決方法は、AFC(アジアサッカー連盟)が、「今シーズンのACLは中止になりました」と一言アナウンスすることだ。そうすれば、ACLのスポンサーと放映権を持っているテレビ局、そして代理店以外は諸手を挙げて喜ぶに違いない。 最後に、連戦における選手起用で監督はどんな苦労をしているのか。FC東京の長谷川監督のコメントを紹介しよう。 「基本的に3試合、4試合連チャンで出るとパフォーマンスは顕著に落ちてくる。2試合で落ちる選手もいる。そこらへんをトラッキングシステムで把握し、顔色を見ながら、普段の仕事(サッカー)を見ながら判断したり、ドクターやスタッフと話したりしながら判断している。ちょっとしたシグナルをどうキャッチするかが大事になる。選手は、誰もが(試合に)出たがるので、聞けば誰もが『大丈夫です』と言う。19連戦の、次(第16節の神戸戦)は9連戦目(2-2)でやっと半分。さらにACLを入れれば連戦が増えてくる。全試合フル出場は不可能なこと。どこかで見切りながら使うしかない」 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.18 10:30 Fri
twitterfacebook