ベイルに古巣トッテナム復帰の可能性が浮上! すでに交渉中と『BBC』報道

2020.09.16 09:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)にトッテナムへの復帰の可能性が浮上した。2013年夏にトッテナムから当時の市場最高額となる8500万ポンド(約115億3000万円)でマドリーに加入したベイル。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝などタイトル獲得に貢献しているが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、退団の可能性が常に噂されている。

◆“トップ下”ベイルがプレミアで初のハットトリック

ベイル自身は2022年夏までの契約を満了することを望んでいると以前からコメントをしていたが、代理人を務めるジョナサン・バーネット氏がイギリス『BBC』に対して、「ガレスは今でもスパーズを愛している。彼が望んでいる場所だ」とコメント。復帰に向けて交渉を行っているとみられている。

現時点でレンタル移籍の可能性が高いとみられているが、マドリーが高給取りであるベイルの放出を望んでいるため、完全移籍も除外していない模様。ただ、週給60万ポンド(約8100万円)が大きな障壁になるとみられている。

なお、ベイルに関して、ドルトムントのイングランド代表ジェイドン・サンチョの獲得に動いているマンチェスター・ユナイテッドが代替案として獲得を検討していると報じられている。

しかし、17歳時にサウサンプトンから獲得し、トップ選手になるまで成長を支えた古巣のトッテナムへの想いがあるとのこと。条件面を含めてどちらへの移籍を望むのか。それとも、マドリーに残留するのか。注目が集まる。
コメント
関連ニュース
thumb

ソン・フンミンの圧巻4発にケインが1G4A! スパーズが今季初勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、サウサンプトンvsトッテナムが20日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが5-2で快勝した。 エバートンとの開幕戦を0-1で落としたトッテナムは、ミッドウィークに行われたEL予選のロコモティフ・プロヴディフ戦を辛勝し今季の公式戦初勝利。その一戦から中2日での一戦に向けては先発3人を変更。ムサ・シソコ、ロ・チェルソ、ベルフワインに代わってウィンクス、エンドンベレ、ルーカス・モウラを起用。前日にレアル・マドリーから加入したベイル、レギロンはベンチ外となり、ここ最近去就問題が伝えられるデレ・アリが公式戦2試合連続でメンバー外に。 共に今季リーグ戦初勝利を目指す両者は積極的な入りを見せる。まずは3分、左サイドのスペースに抜け出したソン・フンミンからのクロスを、ボックス右のドハーティが頭で折り返す。これをゴール前のケインが見事なボレーシュートで叩き込む。だが、VARの介入の結果、ソン・フンミンの抜け出しの場面でオフサイドを取られ、電光石火の先制点は認められず。 すると、10分にはサウサンプトンに決定機。相手陣内左サイドで得たFKの流れからゴール前でルーズボールに反応したチェ・アダムズが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKロリスが圧巻のワンハンドセーブで阻止した。 その後、互いに相手の背後のスペースを取り合う攻防を見せる中、ホームチームが立て続けに決定機を創出。16分にはオフサイドラインをかいくぐったイングスがGKとの一対一を制すが、ここはトラップ際のハンドを取られてノーゴール。20分にはボックス左ゴールライン際でのジェネポの見事な仕掛けからゴール前のアダムスに絶好機も、ここはDFベン・デイビスの決死のブロックに阻まれた。さらに、26分にはセットプレーの二次攻撃からジェネポが左ポストを掠める場面も。 前半半ばを過ぎてもシュートを1本も打てない苦しい展開が続くトッテナムは、ついに耐え切れずに先制点を奪われる。32分、右サイドバックのウォーカー=ピータースからのフィードに絶妙なタイミングで抜け出したイングスがボックス右で右足アウトを使った巧みなファーストタッチからすかさず右足を振り抜き、ゴール左下隅の完璧なコースに流し込んだ。 その後もサウサンプトンに攻守両面で圧倒される低調なアウェイチームだったが、1点ビハインドで折り返し目前の前半終了間際に個の力でゴールをこじ開ける。前半アディショナルタイム2分、ハーフウェイライン付近で見事なボールキープを見せたエンドンベレから左サイドでフリーのケインへ斜めのパスが通る。ここでケインがすかさず中央をスプリントするソン・フンミンへワンタッチのラストパス。これはやや右サイドに流れるもボックス右で回収した韓国代表FWがニアを消しにきたGKの逆を突くファーポストへのシュートを決め切り、この試合最初のシュートを同点ゴールに結び付けた。 迎えた後半、最後に大きな仕事を果たしたエンドンベレを下げてロ・チェルソをハーフタイム明けに投入すると、この交代がいきなりハマる。立ち上がりの47分、ロ・チェルソからの縦パスを収めたケインがすかさず背後のスペースを狙うソン・フンミンにラストパスを通すと、相手DFを振り切った韓国代表FWが左足のシュートを流し込み、トッテナムが後半最初のシュートをいきなり逆転ゴールに結びつける。 その後は前半同様にオープンな攻防が続くが、ハーフタイムの修正、ロ・チェルソの投入で相手の守備網をかいくぐれるようになったアウェイチームは、ここから世界最高峰のストライカー2人が圧巻の働きを見せる。 まずは64分、ダビンソン・サンチェスからの縦パスをハーフウェイライン付近で収めたケインが絶妙なスルーパスを中央のスペースで送ると、左サイドから斜めのランニングで抜け出したソン・フンミンがGKとの一対一を制してプレミアで初のハットトリックを達成。さらに、73分にはロ・チェルソからの縦パスを受けて右サイドに流れたケインからのクロスに反応した背番号7が冷静にシュートを流し込み、ケインの4つのお膳立てをすべてゴールに変えてみせた。 その後、82分にはラメラのシュートのこぼれ球をケインが冷静にタップインし、試合を決定付ける5点目とした。そして、今季初ゴールに4アシストと全ゴールに絡む活躍を見せたエースをベンチに下げたアウェイチームは、ハンドで与えたPKをイングスに決められたものの、敵地で5-2の大勝。 前半の不出来からは想像だにできない見事な逆転勝利で待望の今季リーグ戦初勝利を手にした。 2020.09.20 22:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン監督がトッテナム移籍のベイルに言及「私とベイルに問題があったことはない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、トッテナムへとレンタル移籍したウェールズ代表FWガレス・ベイルについてコメントした。 ベイルは19日、古巣であるトッテナムへ1年間のレンタル移籍で加入。7年ぶりの古巣復帰となった。 2013年9月にトッテナムからマドリーへ完全移籍で加入したベイルは、公式戦251試合に出場し105ゴール68アシストを記録。ラ・リーガで2度、チャンピオンズリーグで4度優勝を経験するも、近年はケガでの稼働率の低さに加え、趣味であるゴルフに興じることなどピッチ外でも問題を抱えていた。 ジダン監督とも確執が噂され、構想外になったことも2人の間にある問題が要因とされてきた。 ジダン監督は、シーズン初戦となるレアル・ソシエダ戦に向けた会見に出席。ベイルへの質問が飛ぶ中、マドリーでの功績を称え、問題はないことを強調した。 「私は彼と話をしなかった。彼がここで行ってきたことは驚異的であり、これらについて議論する必要はない。彼はレアル・マドリーで多くのタイトルを獲得してきた」 「マドリーで過ごす全ての選手は、彼らがプレーするクラブについて知っており、彼らは自分のクオリティを示していると思う」 「我々は選手としての彼と、彼がレアル・マドリーでの7年間で何をしたかを知っている」 「そして、選手が求めていることも全てだと思う。私はこの問題に介入しない。いつも言って来たことと反対のことを言うつもりはない。選手が驚くべきことをしたのだ」 「最も重要なことは、選手がやりたいことを選ぶことだ。だから、私の意見は同じだ。クラブや選手と一緒に行い、最後に選ぶのは選手だ」 「私とベイルに問題があったことはないし、彼は重荷ではなかった。でも、そういった立場なので、このことによって重荷が減るわけではない。もし、今年がガレスでなければ、別のことがあったはずだ。私が求めるのは選手の競争だ」 2020.09.20 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイル、10月中旬まで再デビューお預け トッテナムが代表戦でのヒザ故障を明らかに

トッテナム復帰を果たしたウェールズ代表MFガレス・ベイルだが、再デビューはやはりもう少し先になるようだ。 ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、今夏の移籍が取り沙汰されたベイルは19日、シーズンローンという形で7年ぶりのトッテナム復帰が決定。背番号「9」の着用も明らかになった。 新天地が決まった今、再デビューの時期が新たな関心事となるベイルだが、事前の報道で指摘されたメディカルチェック時の故障発覚はどうやら事実だったようだ。 クラブ公式サイトを通じて、ベイルの復帰を正式発表したトッテナムはそのなかで、故障の事実を次のように認めた。 「ガレスは今月上旬、ウェールズ代表の一員として試合に出場した際にヒザを故障した。そして、ラ・リーガの開幕がプレミアリーグよりも遅かったため、プレシーズンも限定的な期間しかなかった。現在のところ、10月の代表ウィーク後にプレーの準備が整うと予想している」 この見立てどおりなら、ベイルはプレミアリーグだけでも10月3日に敵地で予定する第4節のマンチェスター・ユナイテッド戦を含む3試合を最低でも欠場することになりそうだ。 2020.09.20 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイル、トッテナム復帰後の第一声 「このシャツを再び着れてハッピー」

トッテナム復帰のウェールズ代表MFガレス・ベイルが心境を明かした。クラブの公式サイトが伝えている。 ベイルは2013年にトッテナムからレアル・マドリー入りして、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇などに貢献。しかし、近年は相次ぐ故障で稼働率も低く、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、今夏も移籍が取り沙汰された末に7年ぶりのトッテナム復帰を決断した。 19日にシーズンローンでの加入が正式発表され、背番号も「9」の着用が明らかにされたベイル。移籍完了後の1stインタビューで「このシャツを再び着れて、すごくハッピー」と古巣復帰を喜び、意気込みも語った。 <div id="cws_ad">◆トッテナム復帰のガレス・ベイル、ファーストインタビュー(英語字幕)<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNDdWb3NsTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「戻れて嬉しい! ここは僕にとって、特別なクラブだ。自分の名を上げた場所だからだ。アメージングなクラブ、アメージングなファンがいるここに戻って来られたなんて、インクレディブル。願わくば、試合に出て、チームを助け、トロフィーを獲りたい」 「一度は出て行ったが、いつか戻りたい思いは常々あった。で、その機会がこのたびあったというわけだ。ちょうど良いタイミングだったと感じている。今の僕はハングリーで、モチベーションもあって、良い働きがしたい思いだ。スタートを切るのが待ち切れない」 また、今季でジョゼ・モウリーニョ体制2年目のトッテナムにプレーだけでなく、レアル・マドリーで培った“勝者のメンタリティ”を広める役割も果たしていく意欲を示した。 「レアル・マドリーで数々のトロフィーを勝ち獲り、代表チームでも多くの経験がある。そこで、トロフィーを勝ち獲る勝者のメンタリティが培われたと感じている」 「決勝戦のような状況に身を投じていないとなかなか気づけないことだが、ナーバスな感じだったり、プレッシャーにどう対処していくかはすべての経験に基づくものだ」 「そうした経験をドレッシングルームに持ち込み、トロフィーを勝ち獲る自信に繋げていきたい。そのメンタリティをトッテナムに伝えていきたいんだ」 2020.09.20 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、マドリーからDFレギロンを完全移籍で獲得! 背番号は「3」に決定

トッテナムは19日、レアル・マドリーからスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金の総額は各種インセンティブを含め3200万ポンド(約43億2000万円)程度になるという。また、イギリスとスペイン双方のメディアの情報をまとめると、マドリー側は買い戻しオプションとリセール時の移籍金の一部を受け取れる契約になっているようだ。 マドリーのカンテラ出身のレギロンは、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦でトップチームデビュー。サンティアゴ・ソラーリ体制では、ブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うなど台頭を見せた。 だが、ジネディーヌ・ジダン監督の再任、昨夏マドリーがフランス代表DFフェルラン・メンディを獲得した影響もあり、昨シーズンはセビージャへ1年間の武者修行に出ることに。 すると、そのセビージャでは左サイドバックとウイングバックを主戦場に公式戦38試合3ゴール5アシストの活躍を披露。攻守両面で質と量を兼ね備えたプレーをみせ、ヨーロッパリーグ優勝とラ・リーガ4位フィニッシュに大きく貢献し、昨季のラ・リーガ最優秀左サイドバックの評価を得ていた。 だが、新シーズンに向けてもジダン監督の構想に入るまでには至らず、クラブがコロナ禍で資金を得るための換金対象と見なされた中、インテルやマンチェスター・ユナイテッドなど幾つかの候補が出ていたものの、同僚ウェールズ代表FWガレス・ベイルと共にノースロンドンを新天地に選んだ。 <div id="cws_ad">◆昨季ラ・リーガ最高の左SBがプレミア初参戦<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> We are delighted to announce the signing of Sergio Reguilón from Real Madrid!<a href="https://twitter.com/hashtag/HolaReguil%C3%B3n?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HolaReguilón</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/XYBxS4w4Sd">pic.twitter.com/XYBxS4w4Sd</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1307362707469934594?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.20 03:10 Sun
twitterfacebook