ストライカー確保に動くスパーズ、長谷部&鎌田同僚FW獲得に着手か

2020.09.15 16:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがフランクフルトの元オランダ代表FWバス・ドスト(31)を注視しているようだ。トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は先日、イングランド代表FWハリー・ケインや韓国代表FWソン・フンミンらのバックアッパーとなり得る新たなストライカー獲得希望を公言。残る移籍期間で前線強化に動いていることが明らかになっている。

その候補として、サウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングスやナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクに対する関心も取り沙汰されているが、イギリス『デイリー・メール』によれば、選択肢にドストの名前も挙がっているという。

ドストは2年前にもトッテナムが獲得に乗り出したが、契約に至らなかった大型ストライカー。昨夏に移籍金650万ポンド(現レートで約8億8000万円)でスポルティング・リスボンから獲得したフランクフルトは550万ポンド(約7億4000万円)を要求しているようだ。

オランダ代表通算18キャップ1ゴールのドストは昨季、ブンデスリーガ24試合に出場して8ゴール2アシストを記録。今季は初の公式戦だったDFBポカールの1860ミュンヘン戦で1ゴールを決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。 今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴ・モレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。 特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。 そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。 ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。 また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。 一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。 とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。 2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムに打撃…今季プレミア4発の韓国代表FWソン・フンミンがハムストリングの負傷で離脱へ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が韓国代表FWソン・フンミンの負傷状況を説明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ソン・フンミンは27日に行われたプレミアリーグ第3節のニューカッスル戦にスタメン出場。ブラジル代表FWルーカス・モウラの先制ゴールの起点となっていたが、ハーフタイム明けにオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインとの交代を余儀なくされていた。 試合後、モウリーニョ監督はソン・フンミンの交代理由について問われると、「ケガだ。しばらくの試合を欠場するだろう。ハムストリングを痛めた」と負傷を報告した。なお、この試合では試合終了間際にFWカラム・ウィルソンのPKによる同点ゴールを許して引き分けに終わっていた。 4シーズン連続でプレミアリーグ二桁ゴールを達成しているソン・フンミン。今シーズンは第2節のサウサンプトン戦で4ゴールを記録するなど、ここまでの公式戦5試合5ゴールと好調をキープしていただけにトッテナムにとっては大きな痛手となった。 2020.09.28 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

相手GK躍動で2点目遠かったスパーズ、試合終了間際の1st枠内シュートとなったPK被弾で痛恨ドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、トッテナムvsニューカッスルが27日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、ソン・フンミンとケインの圧巻の活躍でサウサンプトン相手に今季初勝利を手にしたトッテナム。ミッドウィークに行われたEL予選でもシュケンディヤ(北マケドニア)を破り、プレーオフ進出を決定した。 2日後にEFLカップのチェルシー戦、4日後にELプレーオフ、来週末にマンチェスター・ユナイテッドという重要な連戦を控える中、リーグ連勝を目指す今節ではシュケンディヤ戦から先発6人を変更。ドハーティ、ケイン、ロ・チェルソ、ホイビュルクらが復帰した。 開始直後から攻勢を見せたトッテナムは3分、ボックス手前で得たFKの場面でキッカーのロ・チェルソが枠の右上隅に際どいシュートを飛ばす。さらに、こぼれ球に反応したケインが続けてシュートもGKの好守に遭う。 その後も相手を押し込んでケインらに再三のシュートチャンスが訪れる中、前半半ばにゴールをこじ開ける。ボックス左に抜け出したケインがGKとDFの間に絶妙な折り返しを入れると、ファーから中に絞ったルーカス・モウラが左足ワンタッチで流し込んだ。 さらに、畳みかけるホームチームは27分にケインがボックス左45度の得意の角度からファーポストを狙ったシュートを放つが、GKのファインセーブに遭う。すると、今度は前節4ゴールのソン・フンミンが積極的に足を振っていくが、左ポストとクロスバーに阻まれ、前半のうちに追加点を奪うことはできない。 迎えた後半、フル稼働が続くソン・フンミンに休養を与え、ハーフタイム明けにベルフワインを投入したトッテナム。やや前がかりなニューカッスルにボールを持たれる時間が続くが、効率よい攻めからケインやロ・チェルソが枠内シュートを浴びせていく。 その後、ロ・チェルソ、ルーカス・モウラを下げてエンドンベレ、ラメラを投入して試合を締めにかかるトッテナム。これに対してニューカッスルはキャロルを投入し、試合終盤にかけてはパワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 すると、試合終了間際にトッテナムは再三の追加点のチャンスを逸したツケを払うことに。95分、ニューカッスルのセットプレーの場面でキャロルのヘディングしたボールがダイアーの腕に当たる。そして、VARのレビューの結果、キャロルのオンサイドと共にハンドとジャッジされ、アウェイチームにPKが与えられる。これをキッカーのカラム・ウィルソンがきっちり決めて、ここまで枠内シュート0のニューカッスルが土壇場で追いついた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、躍動したGKダーローを相手に2点目を奪えず、試合を殺せなかったトッテナムは痛恨の勝ち点逸となった。 2020.09.28 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、再デビュー待たれるベイルに言及 「もう少し時間がかかる」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がウェールズ代表FWガレス・ベイルの現状にコメントした。 今夏にレアル・マドリーから1年間のレンタル移籍で古巣に復帰したベイルだが、代表活動中の負傷により、10月の代表ウィーク明けまで再デビューを果たせない見込みだ。 7年ぶりに復帰したベイルの再デビュー戦が待たれるなか、モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)3回戦のシュケンディヤ戦後、クラブ公式チャンネル『スパーズTV』で最新情報を提供した。 同じく今夏加入でまだ新天地デビューに至っていないスペイン代表DFセルヒオ・レギロンとともに、ベイルの状況を訊かれると、スタッフからの情報として、こう話した。 「(ロンドンに)残ったスタッフたちから聞いた情報だと、セルヒオは今日(24日)、完璧なセッションをこなして、翌日からグループに合流できるそうだ。だから、試合には出られないかもしれないが、ケガもなく、チームとのトレーニングに向けて準備できている。ガレスはもう少し時間がかかりそうだから、週末はノーチャンスだ」 2020.09.27 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、復調の兆しを見せるエンドンベレに「正しい方向に向かっている」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFタンギ・エンドンベレの立ち直りに感銘を受けている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨夏にクラブ史上最高額の5400万ポンド(現レートで約72億7000万円)でリヨンから加入したエンドンベレ。しかし、期待されたほどのパフォーマンスが出せれず、途中就任したモウリーニョ監督から公の場でプレー内容を叱責されるなど適応に苦しんだ。新型コロナウイルスによる中断以降の出場は途中出場の2試合のみとなっていた。 スパーズでの将来に陰りが見えていたエンドンベレだが、20日に行われたプレミアリーグ第2節のサウサンプトン戦でリーグ戦では3月以来の先発出場。さらに、24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦のシュケンディヤ戦ではフル出場を果たし、勝利に貢献していた。 モウリーニョ監督は決してエンドンベレを特別扱いしていたわけではないと主張。全選手たちにかくあるべきという持論を説くとともに、同選手が復調の兆しを見せた殊に満足感を示した。 「彼はその方向性が正しいものでないと感じていたんだと思う。我々のプレーヤーはタダでポジションが与えられるなんて考えていない。選手たちは競争しなければならないし、最高のパフォーマンスを発揮しなければならない。私は彼の移籍金が高かったから、重要な選手だからという理由だけでチームに居場所を与えることはしない」 「彼は自分の力で勝ち取らなければならない。おそらくチームメイトの助けもあったのだろう。正しい方向に向かっているよ。待ってみようじゃないか。プレミアリーグの試合はシュケンディヤ戦よりも遥かに難しいゲームになる。激しさが桁違いだし、クオリティも高い。だが、サウサンプトン戦では45分間でもポジティブな反応を示してくれた」 「とても満足している。いつも言っていることだが、選手が改善する時、それは選手の問題であって、奇跡を起こすのは監督じゃない。それは自分の力で起こすものだ。理解しなければならないことを理解するために、向かわなければならない正しい方向に向かうためにね」 2020.09.26 19:45 Sat
twitterfacebook