ユナイテッドはレアルFWベイル獲得を検討か、交渉難航のサンチョのバックアッププラン

2020.09.15 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の獲得を諦めていないマンチェスター・ユナイテッドだが、代役としてレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)を考慮する可能性があるようだ。サンチョは、昨夏からユナイテッドが獲得を目指しているイングランドの若き才能。シーズン開幕前に契約を延長した上、ドルトムントは1億2000万ユーロ(約150億円)の移籍金を設定し、売却に否定的な姿勢を見せている。

◆C・ロナウドとベイルの超高速カウンター! たった2人でアトレティコ守備陣を破壊

それでも諦めていないユナイテッドはサンチョ獲得の可能性を模索している状況だが、現実的な選択を考えているようだ。

その候補には、バイエルンからインテルへ復帰したクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)がいるとされる中、ベイルも候補に挙がっているという。

ベイルはマドリーへの滞在を希望している一方で、クラブとしては放出したい意向があるとのこと。給与を肩代わりしてでも手放したいとされており、レンタル移籍での放出は濃厚とみられている。

ベイルは9月に入り『スカイ・スポーツ』で、ユナイテッドへの移籍となるならマドリーを退団したい意向を示していたが、あくまでもサンチョのバックアッププランになるようだ。

レンタルという扱い、バックアッププランという扱いに不満を持ちそうなベイルだが、ユナイテッドのサンチョ獲得が現実的ではないことと、ベイルの飼い殺し状態を考えれば実現しそうな移籍だが、どのおような結末を迎えるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

G・ネビル「マグワイアとリンデロフのコンビじゃPL優勝は無理」 古巣にCB強化の必要性説く

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのセンターバック陣をぶった斬った。 マンチェスター・ユナイテッドは19日にホームで行われたプレミアリーグ第2節でクリスタル・パレスと対戦。ベスト4まで勝ち上がった昨季ヨーロッパリーグ(EL)の戦いが考慮され、開幕節が先送りとなり、このクリスタル・パレスが今季の初戦だったが、1-3の黒星スタートという結果に終わった。 この試合ではイングランド代表DFハリー・マグワイアとスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフがセンターバックとして先発。しかし、リンデロフは2失点目となるPKのチャンスを献上した挙句、1失点目、3失点目もスピードで振り切られ、全失点に絡む低調なパフォーマンスを露呈した。 G・ネビル氏は解説者を務めるイギリス『スカイ・スポーツ』で古巣のセンターバック事情に言及。今回の敗北がさらなる補強の必要性を高めるものだったと語り、マグワイアとリンデロフのセンターバックコンビに苦言を呈した。 「我々はジェイドン・サンチョに関する話題を好きなだけ話せるが、マンチェスター・ユナイテッドは良く走れ、一対一にも強いセンターバックを手にするまで、リーグ優勝なんて絶対にできないだろう。あのコンビだと、プレミアリーグで優勝できない」 また、「マンチェスター・ユナイテッドが強化しなければならないエリアはセンターバック。しかも、機動性があり、一対一にも強い選手だ」と主張すると、ユナイテッドの歴代センターバック陣を挙げ、マグワイアとリンデロフの機動力不足を指摘した。 「マンチェスター・ユナイテッド史で最高と評されるセンターバックのコンビには本当に機動力のある選手がひとりいた。ヤープ・スタムであれ、リオ・ファーディナンドであれ、ガリー・パリスターであれ、光のようなスピードで危機的な局面を凌ぎ切る力があった。リンデロフとマグワイアにはそれがない」 2020.09.20 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・デ・ベーク「次は絶対に勝つ」 ユナイテッドデビュー即ゴールも黒星

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークが自らのデビュー即ゴールを語りつつ、黒星発進に悔しさを滲ませた。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季のヨーロッパリーグ(EL)でベスト4まで進出したことが考慮され、前週のプレミアリーグ開幕節が先送りとなり、1週間遅れで今季の初戦を迎えたユナイテッド。その初戦は19日にホームで行われた第2節のクリスタル・パレス戦だったが、1-3のスコアで敗北を喫した。 67分からの出場でユナイテッドデビューを果たしたファン・デ・ベークは試合後、チームのリーグ戦黒星スタートに肩を落とした。 「今日は僕にとって、このクラブでの1stゲームだったわけだから勝ちたかった。勝ち方なんてどういう形でも構わなかったんだ。ホームで1-3の敗北を喫するなんて、本当に残念だ」 「先週のトレーニングは本当に順調そのもので、僕自身の感覚もすごくポジティブだった。でも、今日の僕らはスローで、ボールも長く持ち過ぎだったと思う」 「クリスタル・パレスのような相手からチャンスを作るのなら、スピードを上げていく必要がある。今日は十分じゃなかった」 自らのデビュー戦を白星で飾れなかったファン・デ・ベークだが、80分に移籍後初ゴールをマーク。しかし、上々のデビューに対する喜びをほどほどに次戦での挽回に集中した。 「あんなスタジアムでファンのためにプレーできたら、もっと素晴らしい。僕自身はゴールを決められたが、チームは負けた。勝利こそ何より重要なんだ」 「来週はステップアップして、勝たないといけない。すぐにステップアップしないと。負けてしまったが、こういうクラブでプレーできるのは本当に嬉しい。初出場できたから、次にはチームの力になりたい。次は絶対に勝つ」 2020.09.20 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

黒星スタートのユナイテッド、指揮官スールシャール「チームの目を覚まさせる試合に」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が今季プレミアリーグでの黒星発進に肩を落としつつ、その一戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季のヨーロッパリーグ(EL)でベスト4まで進出したことが考慮され、前週のプレミアリーグ開幕節が先送りとなり、19日にホームで行われた第2節のクリスタル・パレス戦が今季初戦だったユナイテッド。しかし、先制を許すと、追う展開のなかで追加点も奪われ、最終的に1-3のスコアで敗北を喫した。 試合前会見で白星スタートの重要性を説いたものの、それが叶わなかったスールシャール監。試合後、「チームの目を覚まさせる試合になった」と話した。 「非常にがっかりしている。不足を示す試合だったと思う」 「ゲームタイムやフィットネス、シャープネスが足りず、直ちに改善する必要がある。3ポイントは我々が求め、必要だったもの。あと37試合もあるが、チームの目を覚まさせる試合になった」 「ただ、ヨーロッパの戦いで勝ち進んだことで直面しなければならない現実でもあったと思う。準備期間が短かったのもあるが、これが現実。言い訳なんてない」 残念な形で今季の戦いがスタートしたユナイテッドだが、途中出場でデビューを果たした今夏加入のオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークがさっそくゴールを記録。ノルウェー人指揮官は新戦力の働きを評価した。 「彼は素晴らしい姿勢とエネルギーをもって、スペースを見つける動き、嗅ぎつける動きができる選手のひとり。我々には彼のような動きが必要だ。十分じゃないが、クロスを上げたときのボックス内に入り込む枚数が足りていなかった。彼はそういう動きでチームに変化をつけてくれた」 なお、黒星スタートのユナイテッドは26日に行われる次節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイ戦に挑む。 2020.09.20 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ユナイテッド、V・デ・ベークデビュー弾もホームでパレスに3失点完敗スタート…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが19日にオールド・トラフォードで行われ、アウェイのパレスが3-1で勝利した。 昨シーズン、救世主ブルーノ・フェルナンデスを迎え入れた後半戦で破竹の快進撃をみせ、最終的に逆転での3位フィニッシュを果たしたユナイテッド。宿敵マンチェスター・シティ、リバプールの2強に割って入ることが期待される新シーズンに向けては大型補強が見込まれたが、ここまでの新戦力はアヤックスMFファン・デ・ベークただ1人と、移籍市場での苦戦が目立つ。 そういった雑音を振り払う上で必勝が求められる今季のプレミア初陣では、開幕戦でサウサンプトンを破って白星スタートのパレスを夢の劇場で迎え撃った。注目のスタメンではGKにヘンダーソンではなくデ・ヘアが起用されたほか、コンディションの問題などの問題でワン=ビサカ、グリーンウッド、マティッチら昨季主力がスタメンを外れ、フォス=メンサー、マクトミネイ、ダニエル・ジェームズが開幕スタメンに抜擢された。 相性の良い開幕戦、相手に対して圧倒する入りが期待されたユナイテッドだが、いきなり出ばなを挫かれる。7分、左サイドのスペースに抜け出したシュラップに簡単に折り返しを許すと、ファーサイドでフリーのタウンゼントに難なくワンタッチシュートを決められ、いきなり先制点を奪われた。 すぐさま反撃に転じたユナイテッドはトップ下のB・フェルナンデスを起点に相手を押し込んでいくが、引いた相手に対して、ややキレを欠くマルシャルやラッシュフォードが個で局面を打開できない。20分にはポグバのミドルシュートで相手ゴールに迫るが、その後はセットプレー以外になかなか攻め手を見いだせない。 40分にはボックス内での接触でポグバが倒されてPK獲得の可能性があったものの、VARのレビューの結果、最終的にノーファウルの判定に。逆に、フォス=メンサー、リンデロフのサイドをシュラップ、2トップに狙われた中、前半終了間際にはボックス内でザハのパスを受けたアイェウに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKデ・ヘアのワンハンドセーブで辛くも難を逃れた。 迎えた後半、スールシャール監督はイングランド代表での愚行で評判を落とした渦中のグリーンウッドをD・ジェームズに代えてハーフタイム明けに投入。立ち上がりからギアを上げて攻勢に打って出る。60分にはフォス=メンサーの右サイドからのクロスに反応したゴール前のグリーンウッドに決定機も、ヘディングシュートを枠に飛ばせない。 その後も堅い相手の守備ブロックに手を焼くユナイテッドは、前がかりなところを引っ掛けられてロングカウンターを浴びる悪循環に陥る。流れを変えたいベンチは67分にポグバを下げて、プレミアデビューのファン・デ・ベークを投入。だが、69分にVARの介入でリンデロフのボックス内でのハンドを取られてしまい、痛恨のPK献上。アイェウのPKをGKデ・ヘアが一度はストップするも、PKの際にゴールラインに足がかかっていなかったとの判定で蹴り直しに。これをザハに決められて追加点を奪われた。 その後、80分にはゴール前で相手のクリアミスに抜け目なく反応したファン・デ・ベークのデビューゴールで点差を縮めるも、85分にはボックス付近での緩い対応からザハに3点目を決められ、すぐさまビハインドを2点に戻されてしまう。 試合終盤にかけては後ろの枚数を減らして投入したイガロをターゲットとしたパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、猛攻も虚しく試合はこのままタイムアップ。パレスにプレミアリーグ初の開幕連勝をプレゼントしたユナイテッドは、遅々として進まぬ新戦力補強と共にピッチ内でのパフォーマンスでも不興を買う厳しい船出となった。 2020.09.20 04:19 Sun
twitterfacebook
thumb

いよいよ今季初戦のユナイテッド、指揮官スールシャールが意気込み 「次のステップはトップ2に近づくこと」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が今季に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となる3位フィニッシュを果たして、今季に挑むユナイテッド。今季のプレミアリーグは前週から開幕したが、昨季のヨーロッパリーグ(EL)でベスト4まで勝ち上がったユナイテッドは第1節が先送りされ、今週末の19日にホームで行われるクリスタル・パレス戦が初戦となる。 ユナイテッドを率いて3年目のシーズンとなるスールシャール監督は今季初戦に先駆けたプレスカンファレンスで白星スタートを目指した。 「昨季は開幕から7、8試合まで苦しみ、十分なスタートが切れなかった。開幕戦こそ素晴らしかったが、パレスとの試合で少し壁にぶち当たり、それから苦戦した。だから、今回の初戦は難しいとわかっているチームが相手だ。良いスタートを切るための良い機会になる」 クリスタル・パレスに警戒心を抱きつつ、白星発進の重要性を説いたノルウェー人指揮官は今季の目標にも言及。昨季王者のリバプール、そして2位のマンチェスター・シティに迫り、追い越す戦いに意欲を示した。 「次のステップはトップ2に近づくことであり、実際にどれだけ差を縮められるのかを見てみよう。上の2チームは他のチームよりも遥か優れている。我々は追走集団のトップでありたい。そして、周知のとおり、フットボールだと、不思議なことが起こり得るものだ」 「だから、リーグ戦で良いスタートを切らなければならず、一貫性も必要だ。ディーン(・ヘンダーソン)やドニー(・ファン・デ・ベーク)が加わり、今やポール(・ポグバ)もフィットした。ブルーノ(・フェルナンデス)もここに来て、日が浅い。エリック・バイリーも戻ってきている」 「我々は前進できると思う。それは誰も否定できない」 2020.09.19 16:55 Sat
twitterfacebook