カバーニがPSGで決めた200ゴールのベスト!“ル・クラスィク”での劇的FK【ビューティフル・フリーキック】

2020.09.15 09:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたフリーキックだ。

◆カバーニがPSGで決めた200ゴールのベスト!

2013年夏にナポリからPSGに加入したカバーニは、今夏に退団するまで、公式戦301試合に出場し、クラブ歴代最多の200ゴールを決めてきた。

PSGでは度々直接FKでのゴールを決めたカバーニだが、2017年10月22日に行われたリーグ・アン第10節、マルセイユとのフランス・ダービーでは、チームを救う素晴らしいFKを決めている。

この試合まで公式戦無敗を誇っていたPSGだが、ダービー14戦未勝利中だったマルセイユが善戦し、2-1とマルセイユリードで終盤を迎える。さらに87分にPSGのFWネイマールが退場となり、絶体絶命の中、頼れるエースストライカーが最後の最後にチームを救う。

3分が与えられた後半アディショナルタイム3分、ボックス左手前でカバーニが相手DFのB・サールに倒されてFKを獲得。これをカバーニ自ら右足で狙うとクロスバーの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。

クラブ通算200ゴールを記録した際のインタビューで、最も印象深いゴールを問われたカバーニは、このマルセイユ戦でのFKを挙げており、記憶に残るスーパーゴールであった。
コメント
関連ニュース
thumb

イブラヒモビッチの威力が勝る!壁に当たりながらもゴールにねじ込んだPSG時代の強烈シュート【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがゴールにねじ込んだ強烈シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQU1V2cWhlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 行く先々でゴールを積み重ねてきたイブラヒモビッチ。38歳になってもなお衰えを知らない。イブラヒモビッチと言えば強烈なキックも武器の一つだが、2013年12月22日に行われたリーグ・アン第19節のリール戦では、破壊力満点のFKも決めている。 スコアレスで迎えた36分、PSGはバイタルエリア右でFKを獲得する。キッカーのイブラヒモビッチは味方FWのルーカス・モウラが空けたコースを狙うが、わずかに逸れたシュートは相手の壁にぶつかってしまう。 しかし、イブラヒモビッチが振り切ったシュートは少し軌道を変えたままゴールへと一直線に向かい、相手GKも反応できない魔球となってネットを揺らした。 ややラッキーな面もあったものの、イブラヒモビッチの弾丸シュートが中途半端な壁では止められないと分かった瞬間であった。 2020.09.28 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

“FKの魔術師”ジュニーニョが本領発揮!角度のない位置からの急転直下FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏がリヨン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆GKバルデスのリアクションにも注目!ジュニーニョの急転直下FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmRGRXRVNGaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> かつて世界最高のフリーキッカーとまで言われたジュニーニョ氏。キャリア通算で70本以上もの直接FKを沈め、相手GKに恐怖を与えてきた。 ヨーロッパの舞台でもその右足は健在で、2009年2月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16、バルセロナとの1stレグでも見事な直接FKを決めている。 7分、リヨンはボックス左外でFKを獲得する。角度のない位置からのキックに、リヨンの選手たちはゴール前で合わせようと中へ入っていくが、ジュニーニョはまさかのシュートを選択。バルセロナGKビクトル・バルデスの頭上を越えたキックは、急激に落ちるとゴール右のサイドネットへと突き刺さった。 完全に逆を突かれたビクトル・バルデスは足をもつれさせ、自身が守るゴールにまさかのゴールイン。そのリアクションからもジュニーニョの一撃のスゴさが分かるだろう。 2020.09.28 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

GKノーチャンス シャキリが空いたコースに狙いすました一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リバプールのスイス代表FWジェルダン・シャキリがストーク・シティ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆シャキリが空いたコースに狙いすました一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJT0lIbldGYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バーゼルでブレイクを果たしたシャキリは、バイエルン、インテルと渡り歩いた後、2015年夏にストークへと加入した。2018年夏にリバプールに移籍するまで、公式戦93試合に出場し15ゴール15アシストを記録したシャキリだが、2016年10月22日に行われたプレミアリーグ第9節のハル・シティ戦では見事な直接FKも決めている。 シャキリのゴールでリードを奪っていたストークは、50分にゴール正面やや右の好位置でFKを獲得する。右利きのFWマルコ・アルナウトビッチと左利きのシャキリがキッカーを務める中、シャキリが味方が空けたコースへとしっかり蹴り込む。 低い弾道のままゴール右へ伸びたシュートに相手GKは全くのノーチャンス。そのままゴールネットを揺らした。 リバプールでは強力なアタッカー陣の中で出場機会を得ることに苦労しているシャキリだが、その左足がチームの助けになる日が来るはずだ。 2020.09.28 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ時代のハメス・ロドリゲス 相手全員を騙すアイデアFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ハメス・ロドリゲスが見せた相手全員を騙すアイデアFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQUDM4RnJ5RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今夏加入したエバートンでレアル・マドリー時代に鬱憤を晴らすかのように活躍を見せているハメス。その左足の能力に疑いの余地はなく、これまでに幾度もスーパーゴールを決めてきた。2013年11月30日に行われたリーグ・アン第15節のスタッド・レンヌ戦では、得意の左足で見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた20分、モナコはペナルティーアーク右外の位置でFKを獲得。すると、キッカーのハメスは壁を越えるシュートではなく、壁の外側を通すシュートを選択する。完全に相手DFとGKの逆を突いたシュートは、そのままゴール左へと突き刺さり、見事な先制点となった。 アイデアの時点で相手に勝利していたハメス。それを完璧に遂行する左足の技術にも感服だ。 2020.09.27 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“ピントゥリッキオ” デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1dzV2NkdtayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスで栄光の背番号「10」を長年着用し、その美しくも繊細で芸術的なプレーからイタリアの画家である“ピントゥリッキオ”の異名を取ったデル・ピエロ氏。2008年2月16日に行われたセリエA第23節のローマ戦では、見事な直接FKも決めている。 スコアレスで迎えた前半終了間際の45分、ユベントスはゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得する。キッカーのデル・ピエロは、MFパベル・ネドベドとFWヴィンチェンツォ・ヤクインタが空けたコースに向けて右足を一閃。豪快な弾丸シュートが相手GKドニの手をかすめてゴール右へと突き刺さった。 当時33歳ながらシーズンを通して好調を維持したデル・ピエロはリーグ戦で21ゴールを記録。自身初のセリエA得点王に輝いている。 2020.09.27 16:00 Sun
twitterfacebook