長友佑都、PSG戦でのマルセイユデビューはお預け、ビラス=ボアス監督「彼にとっては早過ぎる」

2020.09.12 10:52 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本代表DF長友佑都のデビューはまだ先になると明言した。すでに2020-21シーズンが開幕しているリーグ・アン。今週末は第3節を迎える中、開幕戦が延期となっているマルセイユはシーズンの2試合目で王者パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。13日に、シーズン最初の重要な一戦を迎える。

マルセイユは今夏の移籍市場で、長友を獲得。日本代表DF酒井宏樹との両サイドバック共演が期待される中、PSG戦の前日会見で長友の起用はないと明言した。

◆マルセイユ加入の長友佑都、ファーストインタビュー

「長友はまだデビューしない。それは確かだ。彼がグループに参加するかどうかについて、まだ考えている」

「彼は我々の元に、わずかな拘縮(関節可動域が制限された状態)があった状態でやってきた。今週はとても良いトレーニングを行なっていたが、彼にとっては早過ぎるだろう」

長友は今年に入りガラタサライでメンバー外になったこともあって公式戦を1度も戦っていない状況。さらに、万全の状態ではないことから起用を見送ることにしたようだ。

一方で、すでにチーム内では溶け込んでいることを明かし、チームメイトとも上手くやっているようだ

「彼はグループ全体にとてもうまく入り、アルバロ(・ゴンサレス)とダリオ(・ベネデット)とともにいつも笑っていた」

「とても良いキャラクターを持っているが、それはもう我々も知っている」

シーズン初戦で黒星を喫したPSGとマルセイユの一戦は、13日(日)の28時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

CLグループステージの組み合わせが決定!GSで初めてメッシvsロナウド実現! 死の組は?

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会が1日、スイスのニヨンで行われた。 昨季王者バイエルンはグループAに入り、アトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也の所属するザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと対戦する。 また、グループGではユベントスとバルセロナが同居し、グループステージでは初めてFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドの対決が実現。 最激戦区となったのはグループHで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン、ベスト4のRBライプツィヒがマンチェスター・ユナイテッドと、初出場のイスタンブール・バシャクシェヒルと2枠を争うことに。 そして、FW中島翔哉の所属するポルトガル王者のポルトと、DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユはグループCに入り、マンチェスター・シティ、ギリシャ王者のオリンピアコスと対戦することが決まった。 FW南野拓実の所属するイングランド王者リバプールはグループDに入り、オランダ王者のアヤックス、昨季ベスト8のアタランタ、ミッティランと対戦する。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆グループA バイエルン(CL王者/ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) ザルツブルク(オーストリア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ◆グループB レアル・マドリー(スペイン) シャフタール(ウクライナ) インテル(イタリア) ボルシアMG(ドイツ) ◆グループC ポルト(ポルトガル) マンチェスター・シティ(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) マルセイユ(フランス) ◆グループD リバプール(イングランド) アヤックス(オランダ) アタランタ(イタリア) ミッティラン(デンマーク) ◆グループE セビージャ(EL王者/スペイン) チェルシー(イングランド) FCクラスノダール(ロシア) スタッド・レンヌ(フランス) ◆グループF ゼニト(ロシア) ドルトムント(ドイツ) ラツィオ(イタリア) クラブ・ブルージュ(ベルギー) ◆グループG ユベントス(イタリア) バルセロナ(スペイン) ディナモ・キエフ(ウクライナ) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ◆グループH パリ・サンジェルマン(フランス) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) RBライプツィヒ(ドイツ) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) 2020.10.02 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

人種差別発言疑いも無実のアルバロ・ゴンサレスが声明「信頼してくれたクラブとサポーターに感謝」

人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが、不処分決定を受けてコメントを残した。 9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”において、両チーム合わせた5人の退場者のうちの1人だったアルバロ・ゴンサレス。試合中、PSGのFWネイマールに人種差別発言をしたとして衝突となり、共倒れで退場に。試合後、両選手には2試合の出場停止処分が下されたが、人種差別発言に関する調査は続いていた。 しかしフランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に、証拠不十分でアルバロ・ゴンサレスへの処分は見送ることを発表。同時に、マルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対する「クソ中国人」発言が疑われていたネイマールも処分なしという結末となった。 これを受けて、アルバロ・ゴンサレスは自身の公式ツイッターで安堵の胸をなでおろすとともに、無実を主張したクラブとサポーターに感謝の意を示した。 「当然の判決により、この悪夢は部分的に報われることになった。僕は決して人種差別主義者ではないし、これからも絶対にならない。マルセイユの信頼と忠誠に深く感謝する。そして、サポーターの多大なる支援と愛情にも感謝を。芝生の上で会おう」 2020.10.01 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

電話番号流出、殺人予告も受けたアルバロ・ゴンサレスの人種差別発言処分なしに声明「いかなる非難も不公平で根拠のないもの」

マルセイユは9月30日、人種差別発言が疑われていたスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスに処分が下らなかったことを受けて声明を発表した。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。 9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”では両チーム合わせて5名の退場者が出た乱戦に。すでに多くの選手が処分を受けている中、人種差別発言の問題だけが残っていた。 しかし、「人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とLFPが発表し、ネイマールとアルバロ・ゴンサレスは処分なしとなっていた。 アルバロ・ゴンサレスは、ネイマールの人種差別の訴えにより、自身とその親族の私的な電話番号がブラジルのメディアやソーシャルネットワークに一夜で広まり、殺害予告を含む不快な嫌がらせを受けていた。 この件に関して、アルバロ・ゴンサレスを支持していたマルセイユは声明を発表。潔白を証明できたことを喜んだ。 「マルセイユは、アルバロ・ゴンサレスに関する今夜の懲戒委員会の決定に満足している」 「アルバロは人種差別主義者ではありません。このテーマに関する彼に対するいかなる非難も不公平で根拠のないものです」 「マルセイユは、反人種差別のクラブであり、今後もそうあります。サポーターを率いて、いつでもスタジアム内外で、常に戦います」 2020.10.01 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹へのネイマールの人種差別発言は議論されず? 懲戒委員会の責任者がコメント

フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会の責任者を務めるセバスティアン・デヌー氏が、ネイマールが関わる人種差別発言の調査についてコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 LFPは9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。 両チーム合わせて5名の退場者を出していた9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”。すでに多くの選手に処分が下っている中、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言について追加調査が行われていた。 LFPは「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、両者への追加処分なしと発表していた。 事の発端は、試合後にネイマールがアルバロ・ゴンサレスから「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」と言われたと主張したところから始まった。 この件に対してアルバロ・ゴンサレスが人種差別発言はしていないと発表。一方で、ネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言を行なっていると報じられ、両者が人種差別を行なったことが大きく取り上げられていた。 今回の処分なしの決定について、デヌー氏がコメント。処分なしは言い分が異なっていたことが理由とし、証拠の信憑性が低かったとした。 「最初の調査では、レフェリー、クラブの代表からこれらの差別的な発言や侮辱に関連する要素は公式報告に含まれていなかった」 「2度目は、2人の選手の発言は、ほぼ全ての点で反対であるということだった。互いに交わされた発言の性質を明確かつ正確に立証することができる証拠は何もなかった」 「選手の発言と相関関係はなかった。さらに、専門家は、証拠そのものが30%しか信頼できないことを明確にした。これでは、どちらかの選手に利益を与えるには疑いの余地が残る」 また、酒井宏樹に対するネイマールの発言が問題視されなかったことについては、「委員会は、主にネイマールとアルバロ(・ゴンサレス)の間の発言にフォーカスしていた」と語り、酒井への発言に対しては十分な検証が行われていないことを明かした。 ネイマールの酒井への人種差別発言については、スペイン『カデナ・セル』のラジオ番組『El Larguero』がそのシーンの動画を公開。世界中で大きな話題を集め、重い処分が下されると予想されていた。 2020.10.01 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

証拠不十分でネイマールとアルバロ・ゴンサレスの人種差別疑いには処分なし、懲戒委員会は酒井宏樹の件には触れず

フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。 問題となっていたのは、9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”での出来事。この試合では試合序盤からイエローカードが連発すると、終了間際に乱闘事件に発展。両チーム合わせて5名が退場していた。 その中で特に問題視されたのが人種差別発言があったというもの。ネイマールが試合後にアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉をかけられたとアピールしたことから大きな問題に発展していた。 さらに、そのネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言をしていたとメディアが主張。その瞬間の動画が公開されるなどし、重い処分が下るものと予想されていた。 しかし、LFPの懲戒委員会は、両選手に浮上した人種差別問題について、「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言がないとした。 また、ネイマールからアルバロ・ゴンサレスに向かっての人種差別発言も十分な証拠がなかったと発表。ネイマールにも処分が下らなかった。この問題は酒井に対しての発言が問題視されているが、そのことには触れられていない。 この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。 2020.10.01 07:40 Thu
twitterfacebook