長友佑都、PSG戦でのマルセイユデビューはお預け、ビラス=ボアス監督「彼にとっては早過ぎる」

2020.09.12 10:52 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本代表DF長友佑都のデビューはまだ先になると明言した。すでに2020-21シーズンが開幕しているリーグ・アン。今週末は第3節を迎える中、開幕戦が延期となっているマルセイユはシーズンの2試合目で王者パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。13日に、シーズン最初の重要な一戦を迎える。

マルセイユは今夏の移籍市場で、長友を獲得。日本代表DF酒井宏樹との両サイドバック共演が期待される中、PSG戦の前日会見で長友の起用はないと明言した。

◆マルセイユ加入の長友佑都、ファーストインタビュー

「長友はまだデビューしない。それは確かだ。彼がグループに参加するかどうかについて、まだ考えている」

「彼は我々の元に、わずかな拘縮(関節可動域が制限された状態)があった状態でやってきた。今週はとても良いトレーニングを行なっていたが、彼にとっては早過ぎるだろう」

長友は今年に入りガラタサライでメンバー外になったこともあって公式戦を1度も戦っていない状況。さらに、万全の状態ではないことから起用を見送ることにしたようだ。

一方で、すでにチーム内では溶け込んでいることを明かし、チームメイトとも上手くやっているようだ

「彼はグループ全体にとてもうまく入り、アルバロ(・ゴンサレス)とダリオ(・ベネデット)とともにいつも笑っていた」

「とても良いキャラクターを持っているが、それはもう我々も知っている」

シーズン初戦で黒星を喫したPSGとマルセイユの一戦は、13日(日)の28時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

フランスの小さき名手ヴァルブエナが決めた美しいピンポイントロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスの元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナが決めた美しいロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYdDJzTUl2SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表のタレントひしめく中盤でも、主力の1人としてプレーした。 抜群のテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、攻撃面で違いを生み出すヴァルブエナだが、2008年1月26日に行われたリーグ・アン第23節のカーンでは、見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた41分、相手陣内左でヴァルブエナがボールを持つと、中央へ向けてややカットインし、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。カーブのかかったシュートは、大外から美しい弧を描きながらゴール右上に決まり、素晴らしい勝ち越しゴールとなった。 ヴァルブエナはこの試合で、このロングシュートを含む2ゴールをマーク。それ以外にもFWジブリル・シセがハットトリックを達成するなど、大量6ゴールを奪ったマルセイユが6-1で大勝を収めている。 2021.01.18 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ニースのクラスター発生受け、延期となったマルセイユvsニースの代替日程が決定

フランス・プロリーグ機構(LFP)は15日、ニースの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、延期されていたリーグ・アン第11節、マルセイユvsニースの代替日程を発表した。 同カードは当初、昨年11月21日に開催予定だったが、ニースのスカッド30人の内、コロナウイルスに感染した10名以上が起用不可能となったことで、延期となっていた。 そして、今回新たに決定した日程では、2月17日の現地時間21時(日本時間29時)にマルセイユの本拠地ベロドロームで行われることになった。 2021.01.16 03:03 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹を巻き込んで人種差別騒動を起こした2人が再びバトル!ツイッターで舌戦を繰り広げる

パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールとマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが再びバトルを繰り広げた。 両者は、2020年9月に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”でそれぞれに人種差別発言があったという疑惑がかけられ、証拠不十分で処分無しとなったものの、禍根を残していた。 その2人は、13日に行われたトロフェ・デ・シャンピオン2020で再戦。負傷明けのネイマールが65分から途中出場すると、アルバロ・ゴンサレスとの激しいマッチアップの末、82分に決勝点となるPKを決め、2-1でPSGが勝利していた。 すると、ネイマールは試合後に自身のインスタグラムを更新。過去にマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエがやった煽りをお返しと言わんばかりに模倣すると、さらに自身のツイッターで「アルバロは?」とトロフィーの絵文字をつけて、倍返しした。 アルバロ・ゴンサレスはこのツイートにリプライする形で、ネイマールの頭を掴んでいる画像とともに、「僕の両親はゴミをちゃんと出すように教えてくれた。がんばれマルセイユ」と反撃に出た。 今度はネイマールが「お前はトロフィーを持ち上げる方法を忘れた」と切り返すと、アルバロ・ゴンサレスは「お前は永遠に王(ペレ)の影だ」とサッカーの王様ペレ氏を引き合いに出してさらに反撃に出る。 最後はネイマールが「お前は一生影だ。君を有名にしてやったんだ。どういたしまして」とやり返している。 どちらも幼稚なことに間違いはないが、今回の“バトル”はタイトルを勝ち取ったネイマールの完勝と言えるだろう。 <div id="cws_ad">◆ネイマールとゴンサレスのやり取りの一部始終<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Roi, Álvaro né? <a href="https://t.co/oUFEdzY6qo">pic.twitter.com/oUFEdzY6qo</a></p>&mdash; Neymar Jr (@neymarjr) <a href="https://twitter.com/neymarjr/status/1349497108257251335?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">L&#39;ombre éternelle du roi <a href="https://t.co/VjbObGR1mh">pic.twitter.com/VjbObGR1mh</a></p>&mdash; Álvaro González (@AlvaroGonzalez_) <a href="https://twitter.com/AlvaroGonzalez_/status/1349529464250773504?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></script></div> 2021.01.15 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア、マルセイユからMFストロートマンをレンタル! ローマ時代以来2年半ぶりのセリエA復帰

ジェノアは14日、マルセイユからオランダ代表MFケビン・ストロートマン(30)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、今回の契約には買い取りオプションは付かず、給与の一部をマルセイユが支払うという。 ストロートマンは2018年夏にローマから推定2500万ユーロ(約31億5000万円)の移籍金でマルセイユに移籍。以降2シーズンは主力としてプレーしていたが、今季はここまで公式戦13試合の出場で、先発はリーグ開幕戦の1試合のみとなっていた。 一方、現在セリエAで17位に低迷するジェノアは、昨年末にロランド・マラン前監督を解任し、ダビデ・バッラルディーニ氏を招へい。また、戦力外となっていた元デンマーク代表MFラッセ・シェーネと双方合意の下で契約解除していた。 ローマ時代にはセリエA通算100試合以上に出場した経験豊富なオランダ代表MFは、2年半ぶりのイタリアでジェノアを残留に導く働きが期待される。 2021.01.15 01:39 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユで輝いたセネガルの星、ニアンが決めた豪快ミドルにGKも棒立ち…!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元セネガル代表FWママドゥ・ニアン氏がマルセイユで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ニアンが決めた圧巻のミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzSzV3ZlVIaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トロワでのプロデビューを経て、フランスのクラブを渡り歩いたニアン氏は2005年夏に強豪マルセイユに加入。移籍初シーズンからチーム得点王に輝くなど、得点源として活躍し、2010年夏に退団するまでの5シーズンで公式戦227試合で100ゴールという数字を残した。 マルセイユでのキャリア終盤には主将も務めたニアン氏だが、2006年9月24日に行われたリーグ・アン第7節のナント戦では、圧巻のゴールを決めている。 0-2とマルセイユ2点ビハインドの78分、相手陣内でボールを受けたニアンがドリブルで中央突破を図る。スピードに乗ったドリブルからの鋭い切り返しでスペースを得ると、右足を一振り。トップスピンのかかった豪快なシュートは、GKに反応の隙を与えずにゴール左上に決まった。 このゴールで1点差に詰め寄ったマルセイユだったが、反撃もここまで。試合には1-2で敗れている。 2021.01.14 20:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly