ブンデスリーガに挑戦する堂安律、ドイツを知る監督の勧めで移籍を決断

2020.09.08 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍で加入した日本代表MF堂安律が、移籍の裏側を語った。ドイツ『ヴェストファーレン・ブラット』が伝えた。堂安は2019年夏にフローニンヘンから移籍金750万ユーロ(約9億4000万円)の5年契約でオランダの強豪PSVに加入。シーズン序盤こそマルク・ファン・ボメル監督の下でレギュラーとして活躍したものの、監督交代後は出番が減り、最終的に公式戦27試合で3ゴールという成績に終わっていた。

PSVは2020-21シーズンからかつてレバークーゼンでも指揮を執ったロジャー・シュミット監督を招へい。しかし、監督が目指すスタイルに合わないと見られ移籍話が浮上。そして、ビーレフェルトに加入することとなった。

堂安は移籍の経緯について明かし、シュミット監督からの勧めがあったとコメント。監督と相談の上でのビーレフェルト加入だとした。

「僕はロジャー・シュミット監督とたくさん話をしました。彼はビーレフェルトが僕にとって、とても良い選択肢だと言いました。僕はここに来られて嬉しいです」

6日に行われた古巣のフローニンヘン戦では後半の45分間をプレーした堂安。自身がプレーしたいポジションについても語った。

「僕が好きなポジションは右のウイングです。でも、監督が僕に望むのであれば、10番としてプレーすることもできます。左ウイングはあまり好きではないです。でも、監督がそこで使うと言われれば、僕はそこでプレーします」

ビーレフェルトは、ブンデスリーガ開幕の前の14日にDFBポカールでロートヴァイス・エッセン(3部)と対戦。堂安のデビューはあるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

エドムンドソン弾で逃げ切ったビーレフェルトが今季初勝利!堂安は73分までプレー《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するビーレフェルトは26日、ブンデスリーガ第2節でケルンとホームで対戦し、1-0で勝利した。堂安は73分までプレーした。 12シーズンぶりのブンデスリーガ初戦となった前節のフランクフルト戦をドローで終えたビーレフェルトは、その試合の先発からデ・メディナに代えてC・ブルナーを起用。堂安は公式戦3試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、最初の決定機はビーレフェルトに生まれる。39分、右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったルコキがロングシュートでゴールを狙ったが、これはGKホルンが左手で弾き出した。 対するケルンは42分、左サイドで獲得したFKからドゥダがボックス内に高速クロスを供給すると、ゴール右手前のチホスが左足で合わせたが、これはGKオルテガが正面でキャッチした。 後半に入っても互いにアタッキングサードまでボールを運ぶものの、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない時間が続く。 そんな中、ビーレフェルトは68分にS・コルドバを下げてエドムンドソン、73分に堂安を下げてシプロックを投入。すると79分、自陣中盤でボールを受けたGKオルテガのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したエドムンドソンがボックス右深くまで侵入。やや角度の厳しい位置からGKのニアを抜く巧みなシュートを突き刺した。 その後、ケルンの猛攻を受けたビーレフェルトだったが、粘りの守りでこれをシャットアウト。エドムンドソンの決勝点を守り抜いたビーレフェルトが、今季初勝利を飾った。 2020.09.27 00:32 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部先発フランクフルトと堂安先発ビーレフェルトの日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、フランクフルトvsビーレフェルトが19日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は88分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場。ビーレフェルトのMF堂安律は72分までプレーしている。 新シーズンの公式戦初戦となった先週のDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を2-1で勝利したフランクフルト。この試合で先発した鎌田が引き続きスタメンとなり、ベンチ入りも出場機会のなかった長谷部が先発となった。 一方、昨季2部優勝で12シーズンぶりに1部復帰となったビーレフェルトは、DFBポカールでは4部相手にまさかの敗戦。堂安はこの試合で先発デビューを飾ったものの、見せ場を作れずチームも敗れてしまった中、堂安は引き続きスタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだフランクフルトは、鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。一方、ビーレフェルトは[4-1-4-1]で臨み、堂安は右インサイドMFに入った。 ビーレフェルトが良い入りを見せた中、徐々に圧力を強めていったフランクフルトは、21分にローデがミドルシュートでオンターゲットを記録。すると1分後に決定機。コスティッチの左クロスをダ・コスタがボレーで合わせたが、わずかに枠の左に外れた。 さらに32分にも決定機。GKのミスパスを鎌田がカットした流れから、アンドレ・シウバがヒールでシュートに持ち込むも、GKにセーブされる。 ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはダ・コスタに代えて新戦力のツバーを投入した中、開始5分に堂安がゴール正面の位置から際どいミドルシュートを浴びせたビーレフェルトが、51分に先制する。 スルーパスに反応したスクがディフェンスライン裏を取り、ボックス右に侵入しシュートを蹴り込んだ。 追う展開となったフランクフルトが前がかる中、62分に追いつく。コスティッチの左クロスをニアサイドのドストがヘッドで逸らすと、最後はアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。 そして78分には逆転のチャンスが訪れるも、2度にわたる決定的なシュートはゴールライン上の相手DFの好クリアに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが押し込む展開が続いたが、ビーレフェルトが粘りの守備を見せ1-1でタイムアップ。日本人対決は勝ち点1を分け合っている。 2020.09.20 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安が先発デビューもビーレフェルトは4部に痛恨敗戦《DFBポカール》

ビーレフェルトは14日、DFBポカール1回戦でエッセンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ビーレフェルトのMF堂安律は78分までプレーしている。 1部昇格を果たしたビーレフェルトの新シーズン公式戦初戦。PSVからレンタルで加入の堂安が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。 4部のエッセンに対し、立ち上がりのピンチを凌いだビーレフェルトは、なかなか攻撃のギアが上がらない状況を強いられる。 堂安を左ウイングに回すなど変化を加えていたビーレフェルトだったが、33分に失点した。ロングボール1本でディフェンスライン裏を取られ、最後はエンゲルマンに決められた。 良いところなく前半を終えて迎えた後半、ビーレフェルトは2選手を変更して圧力をかけていくと、57分に堂安がボックス手前右からミドルシュートを放つ。 しかし、徐々に勢いは減退し、攻め手がなくなってきたところで78分に堂安がピッチを退いた。結局、チームはこのまま敗戦。4部に敗れる波乱を起こされてしまった。 2020.09.15 03:36 Tue
twitterfacebook
thumb

「いつも90分間ピッチに立ちたい」堂安律が来週開幕のDFBポカール出場に意気込み

PSVからアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍で加入した日本代表MF堂安律が、フローニンヘン戦を振り返った。 堂安は5日にビーレフェルトに加入。すると、翌日に行われた古巣であるフローニンヘン戦に後半から出場。合流2日目で45分間プレーした。 試合後、インタビューに応じた堂安は、全て英語で対応。チームの印象について「今日はまだ2日目ですけど、それでも45分間プレーできて嬉しいです。良いチームメイト、良いスタッフに囲まれて、とても良い感触です」と、いきなりの試合出場となったものの、チームに良い感触を持っていると語った。 2020-21シーズンのブンデスリーガは18日に開幕を迎え、リーグ戦開幕前の14日にはDFBポカールが開幕する。 リーグの開幕戦でビーレフェルトは、日本代表MF鎌田大地、MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。DFBぽカールではロートヴァイス・エッセン(3部)と対戦する。 後半の45分間ではゴールを奪えなかったビーレフェルト。試合を受け、開幕戦に向けてチームの改善ポイントを聞かれた堂安は、「僕自身については、まだ2日しかいないので、まずはチームの戦術的なことを理解する必要があります。チームについては、リーグ戦が近づいているということで、コンディションを気遣っていかないといけないですし、そこまで多くの練習をこなすわけではないと思います」とコメント。「コンディションが良くなれば、チーム自体も良くなっていくとは思います」と語り、DFBぽカールまでに仕上げる必要があると語った。 また、自身は出場するチャンスがあるかと聞かれた堂安は「もちろん、僕はいつも90分間ピッチに立ちたいと思っています。みんなに自分のパフォーマンスを見せないといけないと思っています。他の選手とも、上手くコミュニケーションを取ることが重要なことだと思います」と語り、公式戦の出場に意欲を見せた。 2020.09.07 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

加入翌日に古巣相手で実戦デビューのMF堂安律、今後に意気込み「みんなを知る必要がある」

PSVからのレンタル移籍でアルミニア・ビーレフェルトに加入した日本代表MF堂安律が、早速デビューを果たした。 ビーレフェルトは6日、フローニンヘンとフレンドリーマッチを実施。堂安にとっての古巣となる相手が、デビュー戦の相手となった。 5日にPSVからのレンタル移籍で加入した堂安。ベンチスタートとなったが、古巣との一戦で後半からいきなり登場する。 古巣対戦ということもあり、試合前のウォーミングアップ時には日本代表DF板倉滉や関係者との談笑もあった堂安。加入3日目ということもあり決定的なプレーはできなかったが、精力的な動きを見せた。 堂安は試合後にクラブを通じてデビュー戦を回想。いきなりの試合出場となったが、今後のパフォーマンスアップに意気込みを見せた。 「僕は最初の数分間をプレーできて嬉しいです。ここに来てまだ2日しかたっていないのに」 「僕はまだみんなを知る必要がありますし、それはとても重要です。他の全てのことは、それ次第でやってくるでしょう」 なお、試合は1年間のブランクを経て現役復帰を果たした元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが先制ゴールを記録。その後、ヨマイネ・コンスブルフのゴールでビーレフェルトが追いつき、1-1の引き分けに終わった。 フローニンヘン 1-1 ビーレフェルト 1-0 17分:アリエン・ロッベン(フローニンヘン) 1-1 22分:ヨマイネ・コンスブルフ(ビーレフェルト) 2020.09.07 08:55 Mon
twitterfacebook