柴崎岳がレガネス入団会見で移籍の経緯や意気込みを語る、自身のゴールの歌は「ドラえもんの歌でも(笑)」

2020.09.07 19:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©CDLEGANES
レガネスは7日、今夏新加入の日本代表MF柴崎岳(28)の入団会見を行った。柴崎は、2019-20シーズンはデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーしたものの、チームはセグンダB(スペイン3部)に降格。契約が残っていることからデポルティボでのプレーを続けると見られていたが、一転してレガネスへと完全移籍を果たした。

レガネスは、2019-20シーズンのラ・リーガで18位に終わりセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。柴崎は2シーズン連続で2部で戦うこととなった。

背番号は「8」、3年契約を結んだ柴崎は入団会見に臨み、スペインに渡ったテネリフェ時代のジョゼップ・マルティ監督と再会することが、移籍への決め手にもなったと語った。

「彼の存在はこのチームに加入する上で非常に大きなカギだったと思います。彼は僕のスタイルとかパーソナリティもよくわかってくれているので、このチームで共に成功できることを願っています」

プレースタイル、監督のサッカーを知ることは大きなアドバンテージとなる柴崎。自身のポジションについては「僕にできることは、中盤のどこのポジションでもやれると思いますし、ボランチ、サイドだろうと監督の求めるプレーができればと思っています」と語った。

まだマルティ監督とはあまりな話していないものの「今シーズン一緒に頑張ろうと話をしました」と語った柴崎。昨シーズンはチームが3部に降格したが「デポルティボに関しては、非常に残念なシーズンだったと思いますし、特に最後の方は公平な試合がなされていなかったという思いもあるので、複雑な気持ちもあります。ただ、今はここにいるので、色々な思いをしっかりと切り替えて、シーズンに臨みたいと思います」と気持ちをレガネスに切り替えていると語った。

様々なポジションでプレーしている柴崎だが、自分では「ダブルボランチであればナンバー8のようにプレーしたいですし、自分のスタイルが生きるところはより攻撃的なボランチだと思っています」と攻撃的なポジションをやりたいと希望を語った。

2017年1月に鹿島アントラーズからテネリフェに加入し、ヘタフェ、デポルティボと渡りスペインで5シーズン目となる柴崎。スペインのサッカーのギャップについて、そして昇格に必要なことについても語った。

「来る前よりも非常にフィジカルとして優れているリーグだと思いますし、日本ではスペインリーグだとテクニカルなイメージが強いと思いますが、そうではない面、競争面が重視されていると思います」

「今では理解していますし、競争力も保ちつつ、少しのディテールが勝負を分けると思っているので、些細な部分まで気を配って、試合を進めていくこと、集中力を高めて戦うことが、1部に戻るカギになると思います」

また、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、新シーズンも無観客での試合が行われることになる。観客については「観客がいるのといないのとでは、いつもと変わらないプレーを心掛けようとしているものの、100%から120%に行くためのパワーが欠けるかなと思います。彼らの力はどのチームにとっても重要なものだと思います」と、ファンの後押しは重要であるとの見解を示した。

レガネスからのオファー時期については、「リーグがしっかりと終わってからだったと思います。レガネスが一番最初に興味を持ってくれていると連絡をくれました」と明かした柴崎。デポルティボとの契約が残っていたものの「デポルティボとの契約の問題も残っていたので、代理人を通して問題を解決して、レガネスに来ることを決めました」と移籍の経緯を語った。

レガネスに決めた理由については「レガネスのプロジェクトに賛同しましたし、自分をよく知る監督がいること、野心あるクラブで自分を表現することが自分にとって良い道だと思って決断しました」とコメント。また日本代表についても「僕はスペインのリーグに慣れていますし、代表に呼ばれる助けになるかどうかは分かりませんが、しっかりと自分がこのレガネスでプレーしていればまたその機会が得られると思います」とチームでしっかりと結果を出すことが代表選出に繋がると語った。

また、ゴールを決めた時の自身の歌を歌ってほしいという無茶ぶりについては、「『ドラえもんの歌』でも歌っておけば良いのではないでしょうか(笑)」と返し、ビジャレアルの日本代表MF久保建英がチームメイトの前で歌った『ドラえもんの歌』を引き合いに出して回避。会見場で歌わずに済んでいた。

その久保に対しては、「カテゴリーは違いますが、彼は友人というか、代表でも一緒にプレーしています。彼と同じ代理人ですが、彼自身も彼の周りも将来について落ち着いた判断ができていると思います。苦しいこともあると思いますが、選手として成長していってほしいと思います」とエールを送っている。

レガネスは12日にセグンダ・ディビシオンの開幕戦でラス・パルマスと対戦。柴崎の出番はあるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍後初ゴールのレガネス柴崎岳がゴールと試合を振り返る「ハードワークを約束」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、加入後の初ゴールについて語った。 レガネスは25日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の第8節でレアル・オビエドと対戦。柴崎は0-0で迎えた61分にボックス内右を仕掛けたミチャエル・サントスからのマイナスのクロスを左足でコントロールし、右足でゴールを奪った。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCcDlJZDlsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームもそのまま2-1で勝利。柴崎も勝利に貢献したが、試合後のインタビューではスペイン語でゴールの感想を語った。 「最初のゴールを決められて嬉しいです。僕は僕たちの仕事に満足していますし、僕たちはこの勝利に値した」 また、チームの勝利についてもコメント。アウェイでの勝率を上げることが重要だと語った。 「このような仕事を続ける必要があります。そしてうまくいけば、僕たちはより連勝できると思います」 「ホームで強いチームになることが重要です。しかし、より多くの勝利を得るためには、アウェイでもっと強くならなければなりません」 「僕はハードワークを約束します。チームとしても、個人としてもです。努力を続けて、今日の様なプレーをしなければなりません」 2020.10.27 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメンFW大迫勇也は重傷を免れるも、チーム得点王・フュルクルクは1カ月程度離脱へ

ブレーメンは26日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を報告した。 大迫は25日に行われたブンデスリーガ第5節のホッフェンハイム戦でベンチスタート。37分にニクラス・フュルクルクに代わって出場したものの、87分にタヒス・チョンと交代していた。 試合中、相手選手と接触した際に右ヒザに相手選手のスパイクがヒット。ピッチを一旦出て治療し戻ったものの、プレー続行が不可能となっていた。 ブレーメンは26日に検査を実施したとし重傷ではないと報告。それでも早期復帰は難しいとフロリアン・コーフェルト監督が明かした。 「検査の結果、ヒザの内部の損傷はなかった。しかし、痛みを伴う打撲だった。数日は様子を見たいと思う。今週中にユウヤがトレーニングを再開するのは不可能ではないだろう」 一方で大迫と交代したフュルクルクに関しては「MRI検査でニクラスはふくらはぎの筋肉を損傷していることがわかった。インターナショナルブレイクが終わるまではチームに合流できないだろう。もしかしたら、11月の終わりまでかかるかもしれない」と語り、こちらはしばらく離脱する事になってしまったようだ。 ブレーメンはここまでブンデスリーガで5試合を戦い、2勝2分け1敗の7位に位置。大迫はここまで3試合、フュルクルクは5試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録していた。 2020.10.27 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

デュエル勝利数ブンデス2位の遠藤航、チームの窮地を救うためにCB起用も?

シュツットガルトで好調を維持する日本代表MF遠藤航だが、チームの窮地を救うためセンターバックで起用される可能性もあるかもしれない。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 ブンデスリーガ1部に今シーズンから昇格したシュツットガルト。ここまで5試合を終えて2勝2分1敗と好調を維持し4位につけている。 しかし、最終ラインにケガ人が続出。アーセナルからレンタル移籍中のDFコンスタンティノス・マヴロパノスはヒザの半月板を損傷する重傷。またここまで5試合に出場しているマルク=オリヴァー・ケンプフが足首の靭帯を負傷している。 スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は現在のケンプフの状況について「シャルケ戦に向けては十分ではないが、微かな希望がある」とプレーできる可能性を示唆。「できるだけ早く復帰するため、信じられないほどハードワークをしている」とコメントしていた。 4〜6週間の離脱とみられているが「4週間なら良いだろう」と語っており、早期の復帰に期待を寄せた。 しかし、最終ラインにケガ人を多く抱える事態は変わらず。セカンドチームでプレーしている元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーの昇格も考えられる中、ミスリンタートSDはその可能性を否定した。 「そのアイデアはかなり遠い。ホルガーは常にファーストチームのメンバーだ。しかし、彼はセカンドチームでプレーする」 また、バトシュトゥバーを昇格させない理由として代役がいると語り、ブンデスリーガで2位のデュエル勝利数(82回)を誇る遠藤もその1人として考えられているようだ。 「アントニス・アイドニスや遠藤航を下げることだってできる。3人負傷者がいたとしても、このグループ内で問題を解決する方法はまだたくさんあるよ」 2020.10.26 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国で飛躍を続ける邦本宜裕、Jリーグで2度の契約解除を経験も全北現代監督が称賛「ステップアップできると強く思っている」

全北現代モータースのジョゼ・モライス監督が、日本人FW邦本宜裕についてインタビューに応え、絶賛している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたもの、素行の悪さなどから、浦和レッズやその後に所属したアビスパ福岡から2度に渡って契約解除されるという異色の経歴を持つ選手であり、“問題児”として知られている。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと、実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている邦本。今シーズンここまで公式戦28試合で3ゴール1アシストを記録しているが、チームを率いるモライス監督はインタビューの中で、邦本の選手としての成長を称賛した。 「彼は今成長している選手で、ここ数週間で特にパフォーマンスを上げている」 「彼はまだ若い。私は(彼に)よくビッグゲームでプレーする時に必要な(精神的な)成熟を示せない選手はまだ未熟だと言ってきた。邦本は23歳。もう若い選手ではなく、成熟した選手になるべきなんだとね」 「彼は素晴らしい選手で、テクニックにおいても高いレベルにあると思う」 「私は今シーズン、自分個人の考えは常にチームが求めることに繋がっていなければならないということを彼に理解させる手助けをした」 「そして彼が個人の力で違いを生み出そうとすることが、チームの利益に繋がらなければならないということを理解させたんだ。ドリブルをするとき、パスをするとき、ボールをコントロールするとき、これは個人がチームの掲げる目的のために成すことなんだ」 「これは若い選手に説明するのは簡単なコンセプトではない。特に『君は優れたクオリティを持っている、高い技術を持っている』と誰もが言っている時にはね」 「次のレベルに進むためには、改善が必要な部分があるということを、若い選手に理解させることは簡単ではないが、私は彼なら次のレベルにステップアップできると強く思っている」 「彼は練習を続け、謙虚さを持ち、そして優れたコーチから学ぶことができれば良い」 2020.10.26 21:15 Mon
twitterfacebook