現役復帰のロッベンが先制弾! 板倉滉vs堂安律の対決は1-1のドロー《フレンドリーマッチ》

2020.09.07 08:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6日、日本代表DF板倉滉が所属するフローニンヘンと日本代表MF堂安律が加入したアルミニア・ビーレフェルトがフレンドリーマッチを実施。1-1の引き分けに終わった。試合はフローニンヘンで行われ、1年間のブランクを経て現役に復帰した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがキャプテンとして先発出場。また、板倉も先発出場した。一方、前日にビーレフェルトへ加入したばかりの堂安は後半から早速ピッチに立ち、古巣との対戦となった。

試合は立ち上がりからフローニンヘンが積極的なプレー。すると17分、左サイドからのマイナスのパスをボックス手前中央で待ち受けたロッベンがダイレクトシュート。左足で放たれたシュートは、ゴール右に決まり、フローニンヘンが先制する。

ビーレフェルトは22分、セビオ・スクのスルーパスを受けたヨマイネ・コンスブルフがボックス右からシュート。これが決まり1-1の同点に追いつく。

1-1となったフローニンヘンはロッベンを中心に攻め立てる。29分にはロッベンがドリブルでボックス内に侵入。DFに囲まれ倒れるもファウルはなし。

30分にはGKと一対一となるが、浮き球のシュートはGKに防がれてしまう。

1-1で迎えた後半は互いにチャンス。66分には、ロングフィードからビーレフェルトがチャンス。ボックス内で堂安がフリーで待つも、パスが来ず。ファビアン・クロスのシュートは枠を外れていった。

結局その後はゴールが生まれず試合終了。1-1で引き分けに終わった。

フローニンヘン 1-1 ビーレフェルト

1-0 17分:アリエン・ロッベン(フローニンヘン)
1-1 22分:ヨマイネ・コンスブルフ(ビーレフェルト)
コメント
関連ニュース
thumb

オーストラリア代表MFフルスティッチがフランクフルトに完全移籍で加入

フランクフルトは28日、フローニンヘンのオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月までの3年間、背番号は「7」に決まった。 フルスティッチは、シャルケやフローニンヘンの下部組織出身で、2017年7月にフローニンヘンでファーストチームに昇格。右サイドを主戦場としている。 フローニンヘンでは公式戦75試合に出場し6ゴール5アシストを記録。2019-20シーズンのエールディビジでは25試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 また、オーストラリア代表としても3試合に出場。2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選では2試合に出場していた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏は「変化をつけられる中盤の選手のアルディン・フルスティッチを歓迎する。これによりサイドと中央の可能性が広がる。アルディンは、オランダリーグで3年間継続したパフォーマンスを見せ、説得力がある。24歳だから、成長の終わりはまだまだ先だ。国際舞台で戦える才能、柔軟性、テクニックを備えている。アイントラハト・フランクフルトととてもマッチし、次のステップを一緒に踏み出せることを願っている」と期待を寄せている。 2020.09.29 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

現役復帰戦で負傷のロッベン、軽傷に胸を撫で下ろす

フローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが軽傷に胸を撫で下ろしている。 2018-19シーズンを最後にバイエルンで現役に幕を下ろしたロッベンだが、今夏に古巣フローニンヘンで電撃リターン。今月13日に行われたエールディビジ開幕節の古巣PSV戦で1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たした。 しかし、長期ブランクの影響からか開始30分足らずでそ径部を負傷。ピッチに座り込み自ら交代を要求した。 引退の可能性も指摘されたが、15日に行われた検査の結果、軽傷であることが判明。『フローニンヘンTV』のインタビューで、ロッベンは胸を撫で下ろし、再スタートに向けて気持ちを入れ直した。 「ケガはそれほど悪いものではなかった。すごく安心したよ。もっと悪いものになるかと心配だったけど、幸運なことに筋肉は無事で、裂傷はなかったみたいだ。本当に良かったよ」 「試合は負けてしまったけど、絆創膏はもう固まった。すぐに涙を拭いて進み続けよう。僕はもう切り替えたよ。いつものように一生懸命頑張るだけだ。本当に良い一歩を踏み出せたと思う」 2020.09.17 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ロッベン「諦めは僕の辞書にない」 “最悪のシナリオ”に直面も現役続行に前向き

フローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役続行に意欲的な発言をした。 バイエルン時代の2018-19シーズン限りで現役を引退したロッベンだが、1年間のブランクを経て、今夏に古巣フローニンヘンで電撃的にカムバック。13日に行われた古巣PSVとのエールディビジ開幕節で約1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たしたが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。 無念の負傷交代を受けて、試合後のダニー・バイス監督に引退の可能性を問う質問が飛ぶなど、今後に懸念の声も挙がったが、ロッベン本人はオランダ『de Volkskrant』のインタビューで「諦めるという言葉は僕の辞書にない」と語り、ケガが完治次第のさらなる現役続行に前向きな姿勢を示した。 「一瞬たりとも頭のなかになかった最悪のシナリオだった。でも、起きてしまったわけだから、どうしようもない。今はふて腐れるんじゃなく、自虐的に笑い、前向きな気持ちで進むことが大切。(チームは)まだ僕を失ったわけじゃない」 なお、『de Volkskrant』によると、ロッベンは15日にも検査を受け、程度がわかる模様。再びピッチに戻ってくる日が待たれるところだ。 2020.09.15 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

現役復帰のロッベン、初公式戦で負傷交代 フローニンヘン指揮官「このまま引退? わからない」

元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの現役復帰戦は前半途中の負傷交代という形で幕を下ろした。 ロッベンを擁するフローニンヘンは13日に行われたエールディビジ開幕節でPSVと対戦。1年間のブランクを経て、今夏に古巣フローニンヘンで電撃的な現役復帰を果たしたロッベンはスタートから出場したが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。 約1年4カ月ぶりとなる公式戦出場の喜びも束の間、その復帰戦で無念の負傷交代を強いられ、チームも1-3の黒星発進という結果に終わったロッベン。ダニー・バイス監督は試合後、『FOX Sports』で36歳の元オランダ代表ウィンガーについて、こう話した。 「彼と話せていないから、ケガの程度を言うわけにいかない。彼はすぐに帰宅した。わかっているのはそ径部の問題で交代したことだけ。ハーフタイムにはもういなかったから、それ以上のことは何も。ああいう形でピッチを去ったわけだから、最後までここに残らなかったのは理解できる」 また、「非常に悔しい思いをしている」と本人の気持ちを察したダニー・バイス監督は「このまま現役終了か?」と問いただされると、「そうなるかもしれないが、わからない」と返答している。 2020.09.14 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣で18年ぶりのゴールとなったフローニンヘンFWロッベン「まだまだ改善の余地がある」

フローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが、フレンドリーマッチを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フローニンヘンは6日、ドイツのアルミニア・ビーレフェルトとフレンドリーマッチを実施。日本代表DF板倉滉が先発フル出場、また5日にPSVからレンタル移籍でビーレフェルトに加入した日本代表MF堂安律も後半からピッチに立った。 試合は1年間のブランクを経て現役復帰したロッベンが先制ゴールを記録。その後も、何度か決定機を迎えたが、2ゴール目は決められず。試合はビーレフェルトに追いつかれ1-1の引き分けに終わっていた。 18年ぶりにフローニンヘンでのゴールを記録したロッベンは、かつての本拠地でプレーしたことを振り返った。 「久しぶりだね。それはいつも素晴らしいことだ。僕たちのスタジアムで最初の時を楽しみにしているよ」 「もちろん、そこが満員になることを望んでいるけど、今の状況だ。でも、とにかく素晴らしいよ」 また、ゴールについては多くを語らず、ブランクがありながらも45分間プレーできたことを喜び、まだまだ改善していくと意気込みを語った。 「ゴールを決めるということは、今日最も重要なことではなかった。僕は前進し、45分間プレーできたことが嬉しい。試合の中で、いくつか大丈夫だと感じられる瞬間があった。でも、まだまだ改善の余地があるよ」 2020.09.07 12:11 Mon
twitterfacebook