神戸がオファーを出したセルビア代表MFリャイッチにマルセイユが興味? 再び長友佑都と同僚になるか

2020.09.03 14:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸がオファーを出したと報じられたベシクタシュのセルビア代表MFアデム・リャイッチ(28)だが、行き先はフランスになるかもしれない。トルコ『Milliyet』など複数メディアが報じている。リャイッチは、ベシクタシュとの契約が2022年6月まで2年間残っている状況だが、神戸がオファーを出したと報じられ、その額は300万ユーロ(約3億8000万円)だったと報じられていた。

そんな中、新たな行き先候補が浮上。それは、日本代表DF長友佑都が加入したマルセイユとのことだ。

トルコ『Takvim』によれば、マルセイユはリャイッチ獲得に向け公式なオファーを出す準備をしている段階とのこと。ベシクタシュはリャイッチを売却することを考えており、マルセイユからのオファーを待っているとのことだ。

リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。

2019-20シーズンはスュペル・リグで24試合に出場し5ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し2ゴールを記録。セルビア代表としても45試合で9ゴールを記録していた。

長友とはインテル時代にチームメイトであり、移籍が実現すれば再びチームメイトになることに。新天地には神戸ではなくマルセイユを選ぶだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ時代のB・メンディが叩き込んだ豪快なロングシュートにスタンドも歓喜【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のメンディが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4QmVjSFJMVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・アーブルでデビューしたメンディは2013年夏にマルセイユに加入し、ブレイク。その後モナコでプレーした後、2017年夏にマンチェスター・シティに移籍した。 攻撃も得意とする現代的なサイドバックとして活躍するメンディだが、マルセイユ時代の2015年9月13日に行われた、リーグ・アン第5節のバスティア戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、マルセイユが左からのコーナーキックを得る。すると、ショートコーナーを受けたMFラサナ・ディアラがボックスの手前にパス。これにメンディが後方から走り込み、ダイレクトでシュートを放つ。左足のシュートはカーブしながらゴールに向かうと、クロスバーの下に跳ね返り見事にゴールインした。 美しいシュートにゴール裏のマルセイユサポーターは大騒ぎに。このゴールで先制に成功したマルセイユは、その後も得点を重ね、4-1で勝利している。 2020.10.24 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

天才ドリブラー、ベン・アルファが見せた相手の裏をかく絶妙ヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はボルドーの元フランス代表FWハテム・ベン・アルファがマルセイユ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のベン・アルファが見せた絶妙ヒールパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZGt4WXJHSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンでプロデビューを果たしたベン・アルファ。2004-05シーズンからのリーグ4連覇を経験するなど、若くして才能あふれるドリブラーとして頭角を現した。 しかし、パフォーマンスのムラの多さから、その後加入したマルセイユやニューカッスルでは厳しいキャリアが続き、様々なクラブを渡り歩いている。それでも、マルセイユ時代の2010年2月7日に行われた、リーグ・アン第23節のヴァランシエンヌ戦では、華麗なアシストを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイド深部のスローインから、オーバーヘッドキックで味方がボックス内に入れたクロスをベン・アルファがゴール前で受ける。このパスをゴールに背を向けた状態で受けたベン・アルファだったが、ここで相手の裏をかくヒールパス。後方から上がってきたFWルチョ・ゴンサレスの足元に華麗にパスを送ると、ゴンサレスがしっかりとシュートをボール左に流し込み、先制ゴールが生まれた。 このゴールで試合の主導権を握ったマルセイユは、その後も攻撃の手を緩めず、5-1の大勝を収めている。 2020.10.23 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ピンチを一瞬でチャンスに変えたマルセイユの高速カウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ピンチをチャンスに変えるマルセイユの高速カウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzalREUG9NYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランス2部リーグでデビューしたトヴァンは、バスティアをリーグ・アンに押し上げる活躍を見せると、2013年夏にマルセイユに加入し、ステップアップ。その後ニューカッスルへ移籍するが、プレミアリーグに馴染めず2016年1月にマルセイユに復帰した。 マルセイユ復帰後は安定した活躍を見せているトヴァンだが、2018年8月19日に行われた、リーグ・アン第2節のニーム戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 ニームに先制を許し、0-1で迎えた49分、ニームがマルセイユ陣内でFKのチャンスを得る。キッカーがボックス内にクロスを上げるも、マルセイユFWヴァレール・ジェルマンが頭でクリア。このボールを拾ったMFモルガン・サンソンがMFディミトリ・パイエとの華麗なパス交換で相手の裏を取り、カウンターを開始する。 サンソンがドリブルでボックス手前までボールを運ぶと、相手を引きつけたタイミングで右サイドから上がってきたトヴァンへパスを送る。飛び出してきたGKを見たトヴァンが、冷静にループシュートを決め、見事な同点ゴールとなった。 相手のFKというピンチを一瞬で自分たちのチャンスに変える、鮮やかなカウンターを披露したマルセイユだったが、試合は1-3でニームに敗れている。 2020.10.22 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹CLデビューも敵地で土壇場被弾のマルセイユは黒星スタート…《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、オリンピアコスvsマルセイユが21日に行われ、ホームのオリンピアコスが1-0で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュし、2013-14シーズン以来のCL参戦となるマルセイユ。ギリシャの強豪オリンピアコスのホームに乗り込んだ初戦では長友がベンチスタートになったものの、酒井が先発でCL初出場を飾った。 立ち上がりから集中した入りを見せたマルセイユは、開始6分にトヴァンがボックス手前から得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左へ外れる。 その後は攻め合うオープンな展開が続く中、互いにシュート数を増やしていくが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず、決定機には至らない。前半終盤にかけてはホームのオリンピアコスがカウンターからアウェイチームに脅威を与えるが、守護神マンダンダの落ち着いた対応もあって、前半は0-0で終了した。 迎えた後半、先にゴールへ迫ったのはオリンピアコス。52分、ボックス中央で酒井のクリアが短くなったところを拾ったヴァルブエナのシュートのこぼれ球をヨルゴス・マスラスが押し込む。だが、このゴールはVARの末にオフサイドの判定となり、ノーゴールに。 冷や汗をかいたマルセイユはその後も攻め切れない場面が目立ち、徐々に相手に押し込まれる状況が続く。 何とか流れを変えたいビラス=ボアス監督はルイス・エンリケやキュイザンスといった新戦力を続けてピッチに送りだしていくが、劣勢を撥ね返すまでには至らない。 すると、0-0で試合終了かに思われた試合終盤に先制点を奪われる。91分、右サイドのスペースに抜け出した古巣対戦のヴァルブエナからの正確なクロスをゴール前のコカに打点の高いヘディングで流し込まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、酒井のCLデビュー戦はほろ苦い0-1の敗戦となった。 オリンピアコス 1-0 マルセイユ 【オリンピアコス】 コカ(後46) 2020.10.22 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC展望】シティ突破濃厚な中、中島ポルト、酒井&長友マルセイユが残り1枠を懸けて激突!

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループCは優勝候補マンチェスター・シティの突破が濃厚な中、FW中島翔哉を擁するポルト、DF酒井宏樹、DF長友佑都を擁するマルセイユがオリンピアコスと共に残り1枠を懸けて激突する。 ◆編集部予想 ◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:ポルト △連下:マルセイユ ☆大穴:オリンピアコス ◆総合力で他を圧倒。文句なしの本命~マンチェスター・シティ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのベスト8チームが文句なしの首位通過の本命だ。昨季はEFLカップこそ制覇したものの、プレミアリーグ3連覇を逃がし、CLでも伏兵リヨンに敗れて厳しいシーズンとなったシティ。捲土重来を期す今シーズンでは最重要課題となっていたセンターバックにDFアケ、DFルベン・ジアスを迎え入れ、MFサネの抜けたウイングポジションにMFフェラン・トーレスを補強。世代交代を図りつつ、よりバランスの良いスカッド構築に成功している。 ここまでのプレミアリーグでは圧倒的な戦いは見せられていないが、直近のアーセナル戦ではグアルディオラ監督の真骨頂である難解な新布陣も採用しており、更なる進化の予感を漂わせている。他のメガクラブに比べて、比較的与しやすいグループに入った中、リーグ戦と並行しながらシーズン中盤、終盤に向けて新たなオプションを模索しながら首位通過を目指す。 ◆実績十分も大幅な刷新の影響懸念…中島に出番は?~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのポルトガル王者であり、シティを除き最もヨーロッパのコンペティションで実績があるポルトが2番手の扱いだ。セルジオ・コンセイソン監督の下、攻守の切り替えを徹底したソリッドなチームは各ポジションに実力者を揃ている。 ただ、今夏の移籍市場では主将MFダニーロを始め、DFアレックス・テレス、FWソアレス、FWゼ・ルイスら主力クラスがこぞって退団。代わって今夏の移籍市場終盤に、いずれもプレミアリーグからMFグルイッチ、DFサール、FWフェリペ・アンデルソンをレンタルで獲得したが、チームにフィットさせるにはある程度の時間を要するはずだ。 なお、そのポルトで10番を背負いながらもコロナ禍における様々な問題により、一時構想外となっていたFW中島翔哉だが、直近のスポルティング・リスボン戦で約7カ月ぶりのベンチ入りを果たしており、自身初となるCLの舞台でプレーする可能性は十分にあるはずだ。 ◆酒井が長友と共に初の大舞台へ! 突破のチャンスは十分あり~マルセイユ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュしたマルセイユは2013-14シーズン以来のCL参戦となる。智将ビラス=ボアス監督の下で復活を遂げたフランス屈指の名門は、今夏FFPの問題で主力流出も噂されたが、DFサール、MFマキシム・ロペスの2選手の退団に留まり、戦力維持に成功。また、ドルトムント、バイエルンから逸材DFバレルディ、MFキュイザンスをレンタルし、両サイドバックでプレー可能な百戦錬磨のDF長友佑都をフリーで獲得するなど、限られた予算の中でスカッドに厚みを加えている。 ここまでのリーグ戦ではパリ・サンジェルマンとの乱戦を制した一方、以降は攻守にチグハグな部分が目立ち取りこぼしが続いていたが、直近のボルドー戦では3-1の快勝を収め、ここに来て調子を上げている。なお、長友はインテル、ガラタサライで同大会を経験しているが、DF酒井宏樹にとっては30歳でのCLデビューとなる。 ◆2年連続出場で今季はよりチャンスあり?~オリンピアコス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予備予選を制して2年連続でグループステージ進出を果たしたギリシャ王者。昨シーズンはバイエルン、トッテナムと同居したことで3位敗退となったが、ヨーロッパリーグ(EL)ではアーセナルに金星を挙げるなど、その実力は本物だ。 今夏の移籍市場では元バイエルンDFラフィーニャ、古巣帰還のDFホレバス、MFエムビラ、FWブルマと積極的な補強も敢行しており、対戦相手のメンツを考えれば、昨季に比べて突破のチャンスはありそうだ。マルセイユと久々の古巣対戦となるMFヴァルブエナにも注目だ。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook