バルサ下部組織出身のMFメリダ、同じ街のライバル・エスパニョールに完全移籍

2020.08.20 13:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは19日、オサスナのMFフラン・メリダ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2年間で延長オプションが付いている。メリダはバルセロナのカンテラ出身。その後、ファーストチームに昇格する前にアーセナルの下部組織へ移籍していた。

その後はレアル・ソシエダ、アトレティコ・マドリー、ブラガ、エルクレス、アトレチコ・パラナエンセ、ウエスカと様々なクラブを渡り歩き、2016年7月からオサスナでプレーしていた。

オサスナでは公式戦通算110試合に出場し11ゴール7アシストを記録していた。

エスパニョールは、2019-20シーズンのラ・リーガで最下位となりセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。メリダが新シーズンに向けた最初の補強となった。

なお、メリダはセグンダ・ディ醤んで138試合に出場し17ゴール11アシストを記録している。

メリダはバルセロナ出身で、同じ街のライバルクラブに加入することになったが「素晴らしい挑戦だ」とコメント。1年での復帰に意欲を見せた。

「これはとても素晴らしい挑戦だ。僕は明確な目的を持つ素晴らしいクラブに来た。それを理解している」

「早くスタートしたいし、グループに会い、トレーニングしたい。これを可能にしてくれた人々に感謝したい」

「僕は大きな熱意を持って、新たな道を歩んでいる」
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、昨夏も狙ったエスパニョールMFマルク・ロカを獲得!

バイエルンは4日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へと降格したエスパニョールのスペイン人MFマルク・ロカ(23)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間で、ドイツ『キッカー』によると、移籍金は900万ユーロ(約11億1000万円)とのことだ。背番号は22を付ける。 エスパニョールの下部組織で育ったセントラルMFのロカは、2015年1月にトップチームデビュー後、公式戦121試合に出場して3ゴール6アシストを記録。昨夏にもバイエルン移籍が取り沙汰されていたものの、獲得は見送られていた。 今夏にはレアル・マドリーがブラジル代表MFカゼミロのバックアッパーとして興味を示すなどしていたが、バイエルン入りとなった。 2020.10.05 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、昨夏も狙ったエスパニョールMFマルク・ロカの獲得が確実に

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へと降格したエスパニョールのスペイン人MFマルク・ロカ(23)だが、バイエルン移籍がほぼ確実となった。 昨夏にもバイエルン移籍が取り沙汰されていたものの獲得が見送られたロカ。今夏はレアル・マドリーがブラジル代表MFカゼミロのバックアッパーとして興味を示すなどしていたが、バイエルン入りが確実となった。 スペイン『アス』によると、バイエルンは移籍金総額1500万ユーロ(約18億5100万円)でエスパニョールと合意したとのこと。一部では900万ユーロ(約11億1100万円)が移籍金だとされ、残りはボーナスになるようだ。なお、契約期間は4年間で1年間の延長オプションがつくという。 ロカに対しては、昨夏の時点で2000万ユーロ(約24億6800万円)のオファーがバイエルンから届いていたものの、エスパニョールは契約解除条項の4000万ユーロ(約49億3700万円)を要求したとのことだ。しかし、チームが2部に降格したこともあり、今夏の移籍を認めることになったようだ。 なお、ロカはドイツへ渡りメディカルチェックを受ける予定。問題がなければ正式契約を結ぶようだ。 エスパニョールは2部に降格したことによりサラリー制限に抵触。しかし、ロカはチームで最も高いサラリーを受け取っていたため、今回の移籍で制限内に収まることに。さらに、アルバニア代表MFケイディ・バレの登録も可能となるようだ。 2020.10.03 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

新しい練習方法が話題! 中国代表FWウー・レイらエスパニョールの選手たちがコントロール五番勝負に悪戦苦闘!

2019-20シーズンのラ・リーガをリーグ最下位で終え、27年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)降格を喫したエスパニョール。それでも、今シーズン開幕節のアルバセテ戦を3-0で完勝するなど、1年での1部復帰に向け、歩を進めている。 そんな中、エスパニョールが公開したチーム練習の様子が話題となっている。 <div id="cws_ad">◆バー当てチャレンジにバケツチャレンジ!エスパニョールの練習の様子<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaSUVHaE1NciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その練習はパスやシュートの精度に特化したものとなっており、5種類のメニューを順番にこなすサーキットトレーニングのような形で行われている。 メニューも独特のものになっており、10m程度離れた位置から枠内にパスを入れるメニューや、ペナルティアーク付近からクロスバーをめがけてシュートを放つメニュー、さらにはコーナーアークから上手く回転を掛けてゴールに入れるメニューなど、エンターテインメント性あふれるメニューが課されている。 中でもワンバウンドさせたボールをバケツに一発で入れるメニューには選手たちも苦戦。何度も往復しながらやっとの思いで成功させる選手の姿もあった。 ともあれ、チームメイトたちと競いながらの練習の雰囲気はとても良く、第2節以降のエスパニョールにも期待を持てそうだ。 エスパニョールは20日に行われる第2節で、同じ降格組のマジョルカと対戦する。 2020.09.17 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

MFビクトル・サンチェスが8年半在籍したエスパニョールを退団、双方合意の下で契約解除

エスパニョールは18日、スペイン人MFビクトル・サンチェス(32)の退団を発表した。 サンチェスは、エスパニョールと2021年6月30日まで1年間契約が残っていたものの、双方合意の下で契約解除となり、退団することが決まった。 バルセロナのカンテラ出身のサンチェスは、2009年7月にファーストチームへ昇格。その後は、シェレスやヘタフェへとレンタル移籍を経験。2011年7月にスイスのヌーシャテル・ザマックスへ完全移籍していた。 2012年1月にはエスパニョールへと加入し、自身が育ったバルセロナのライバルクラブへ加入。当時指揮を執っていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督が獲得した。 加入後は主軸としてエスパニョールを支え、8年半プレー。公式戦通算270試合に出場し11ゴール23アシストを記録。ボランチを主戦場に、サイドバックやセンターバック、サイドハーフでもプレーした。 サンチェスはクラブを通じて「このクラブでプレーできたことをとても誇りに思っています。いつも感謝し、僕も誇りに思っている。僕の子供たちも、 ペリキートス(エスパニョールの愛称)の一員となり、僕のキャリアの中で最高の時期をここで過ごせました」とコメント。長年在籍したクラブへ別れを告げた。 2020.08.19 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

降格エスパニョール、守護神ディエゴ・ロペスや中国代表FWウー・レイと契約更新

ラ・リーガ2部に降格したエスパニョールは17日、主力3選手と契約更新したことを発表した。 契約更新したのは元スペイン代表GKディエゴ・ロペス(38)、中国代表FWウー・レイ(28)、スペイン人DFディダック・ビラ(31)の3選手。 ディエゴ・ロペスは1年の契約更新、ウー・レイは2024年6月まで、ディダックは2022年6月まで、それぞれ契約を更新している。 2016年夏からエスパニョールでプレーするディエゴ・ロペスは、エスパニョールで公式戦135試合に出場。今季はラ・リーガで36試合に出場していた。 2019年冬にエスパニョールに加入したウー・レイは、エスパニョールで公式戦65試合に出場して11ゴールを記録。今季はラ・リーガで33試合に出場し4ゴールを挙げていた。 2017年夏に5年ぶりにエスパニョールに復帰したディダックは、今季のラ・リーガで30試合に出場していた。 主力との契約更新に成功したエスパニョールは1年での1部復帰を目指す。 2020.08.17 23:30 Mon
twitterfacebook