バルトメウ会長のコメントに元会長や次期会長候補が反論

2020.08.15 15:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルンに大敗を喫したバルセロナ。試合直後のジョゼップ・マリア・バルトメウ会長のコメントに元会長や次期会長候補が反論している。

2-8という屈辱的な大敗の後、「決定を下す時が来た。すでに決まっている事もいくつかある」とコメントしていたバルトメウ会長。メディアの間では試合直後からキケ・セティエン監督の解任が取り沙汰されており、おそらく会長の言葉通り、今後数日で去就が発表されることになる。

一方で指揮官の進退とは別に、バルトメウ会長のコメントに嫌悪感を抱いた人物がいる。2003年から2010年の間に会長を務めていたジョアン・ラポルタ氏はツイッターで「バルトメウ会長の発言は臆病さと無能さの表れである。無能な彼とその役員は、バルサの将来を左右する決定を下す資格を失った」と怒りをあらわに。

また、次期会長候補のビクトル・フォント氏も「すでに悲しみと恥ずかしさに溢れた年月を過ごしてきたが、今夜に合う名前はたったひとつ、屈辱だ。これ以上苦悩を長引かせたり、貴重な時間を無駄にしないようにしよう。バルトメウが辞任し、出来るだけ早く選挙を望む。そして、我々が一丸となってバルセロナを再建し、ファンタジーを取り戻そうじゃないか」と、現体制に苦言を呈した。

バルトメウ会長の任期は来年6月まで。すでにクレからの信頼は地に落ちたと言っても過言ではないが、はたしてバルセロナの未来は…。

関連ニュース
thumb

代表戦で負傷のバルサDFアラウホ、FIFAが毎日285万円支払いへ

ウルグアイ代表の活動で重傷を負ったバルセロナのDFロナルド・アラウホだが、これにより国際サッカー連盟(FIFA)が補償金を支払うことになるようだ。スペン『アス』が伝えた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代となっていた。 バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いとされている。 ただ、代表戦で負傷したこともあり、欠場が28日以上続く場合は、FIFAが1日あたり2万458万ユーロ(約285万円)を支払うことが保証されている。 この金額は選手の固定給を考慮して算出されており、1年間もらい続ければ750万ユーロ(約10億4400万円)に達することに。年間では約8000万ユーロ(約111億3700万円)が割り当てられているという。 2022.09.26 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが来夏の獲得目指すベルナルド・シウバ、シティの要求額は約139億円?

マンチェスター・シティは、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を目指すバルセロナに対し、巨額の移籍金を要求する構えのようだ。 ベルナルド・シウバは今夏、バルセロナ行きが度々話題に。バルセロナ側はラ・リーガのサラリーキャップ問題もあり正式オファーを提示できなかったとされるが、選手にとってバルセロナは幼少期からの憧れのクラブであり、来夏こそ移籍が実現するのではと報じられている。 だが、バルセロナにとっては高いハードルがある模様。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、契約を2025年6月まで残すシティは8000万ユーロ(約111億円)以下で手放すつもりはなく、移籍金を1億ユーロ(約139億円)にまで設定しているという。 そのため、経営難のバルセロナがベルナルド・シウバを獲得するには、やはり選手の売却や「大幅な」人件費削減が不可欠とのこと。すでにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツや同代表DFジョルディ・アルバらの退団が囁かれているが、多額の移籍金収益も得る必要がありそうだ。 2022.09.26 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のアラウホ、手術の場合はW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホにワールドカップ出場逸の危機が迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いと主張している。 手術をせず保存療法での治療を選択した場合、復帰は早まるもののFWアンス・ファティのように再離脱を繰り返す可能性があり、難しい判断を迫られると記事は結んでいる。 2022.09.25 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ両CBが代表戦で負傷…クンデは大腿二頭筋損傷、アラウホは内転筋腱の剥離

バルセロナは24日、代表活動で負傷した2選手の状態を報告した。 9月のインターナショナル・マッチーデーでも多くの選手を代表活動に派遣しているバルセロナ。しかし、残念なニュースが続けた舞い込んだ。 フランス代表に招集されていたDFジュール・クンデとウルグアイ代表に招集されていたDFロナルド・アラウホが負傷してしまった。 両センターバックが代表活動でケガをして帰ってくるという不運に見舞われたバルセロナ。互いに24日に検査を行い、クンデは左大腿部の大腿二頭筋の負傷。アラウホは右大腿部の内転筋腱の剥離が確認されたという。 互いに全治は明かされていないが、プレーが可能になるまでクンデは3〜4週間、アラウホは6〜7週間と見られている。 2022.09.24 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「監督の解任は求めてない」ゴタゴタのスペイン女子代表、監督解任要求と協会が発表もキャプテンが反対声明「気まぐれや脅迫ですると思う?」

バルセロナに所属し、昨年の女子バロンドールを受賞したスペイン女子代表MFアレクシア・プテジャスが、スペインサッカー連盟(RFEF)の声明に対して反論した。 事の発端は23日、RFEFが15名の選手から、スペイン女子代表への招集を求めないというメッセージを受け取ったことを公開したことで明るみに出た。 RFEFによれば、スペイン女子代表としての活動に15名の選手が招集を辞退する旨のメッセージをプライベートなやり取りで送っていたが、その内容を問題視して公開。さらに、ホルヘ・ヴィルダ監督の解任を要求するという内容があるとしていた。 近年大きな成長を遂げ、黄金世代とも言われる現在のスペイン女子代表。そのチームを火切るのがヴィルダ監督だ。 1981年にマドリードで誕生したヴィルダ監督は、2015年からスペイン女子代表を指揮している。父も指導者であり、ヨハン・クライフ監督時代のバルセロナではフィジカルトレーナーを務めていた。ヴィルダ監督もバルセロナのカンテラに所属し、ラージョ・バジェカーノ、レアル・マドリーとユースキャリアを積んでいた。 指導者としては、スペイン女子のU-17、U-19でアシスタントコーチを務め、2009年からU-17スペイン女子代表監督に就任していた。 RFEFによれば、15選手が脅迫のために招集を拒否していると発表している中、プテジャスが事実とは異なるとして反論の声明を発表。招集を辞退する旨を伝えたことは事実としながらも、それには理由があるとし、ヴィルダ監督の解任を求めたことなどはないと徹底抗戦に出ている。 「選手たちはまず第一に、RFEFが部分的かつ興味本位で、プライベートな通信を公開したことを残念に思います。それは、プライバシーの一部である私たちの健康に影響する情報を、RFEFが「誰が招集されることを望まないか」を知りたいという要求に応じて送られました。ちなみに、この連絡に対する正式な回答はもらっていません」 「第二に、RFEFが公式声明で指摘しているように、スペイン代表チームを引退したいわけではありません。プライベートなやり取りで述べたように、私たちはスペイン代表への揺るぎないコミットメントを継続しています」 「このような理由から、私たちはRFEFに送った文書で、感情や個人の状態、パフォーマンス、ひいては代表の結果に影響を与え、望ましくないケガにつながる可能性がある状況が変わるまで、招集されないように要請していまる。これが今回の決断に至った理由です」 「私たちは、より多くの、より良い目標を達成できると信じている選手たちから、最高のパフォーマンスを引き出すために、あらゆる面で配慮されたプロフェッショナルなプロジェクトにしっかりと取り組みたいと考えています」 「RFEFのため、女子代表のため、そして特に私たちのために、公の戦争に巻き込まれることなく、最善を尽くしてほしいと思っています」 「言われているような監督の解任を求めたこともありません。私たちは、決してそのポジションを選ぶことが仕事でないことを理解しています。グループのパフォーマンスを向上させることができると考えることを、建設的かつ誠実に表現することが大切です」 「ワールドカップの8カ月前に、トップレベルの選手のグループが、公に暗示されているように、気まぐれや脅迫としてこの決定をすると誰が考えますか?」 「招集されないことを望むことは、プロとしてのキャリアや経済的な負担、そしてもちろん、女子サッカー界で重要なものを築き続けることへのペナルティになります。なぜなら、今に至るまでには、多くの人の長年の努力があったからです。そして、最近実証されたように、まだまだ改善すべき点があります」 「選手として、ファイターとして、勝者としての私たちの野心から、プロとして、そして個人として最大の成功を収めるために戻って来られることを願うだけです。最後になりマイsたが、RFEFが声明の最後に述べている幼稚化したトーンは、決して許されるものではありません」 「私たちは、他の代表チームや歴史的に世界中の他のスポーツで起こったように、現在および将来の世代のための強力で野心的なプロのプロジェクトを前進させるため、女子スポーツの文脈では、極端なことを行わなければならないことを残念に思います」 <span class="paragraph-title">【写真】バロンドール授賞式でドレッシーな姿を見せるプテジャス、メッシやペドリとも2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW73W3Go7fq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW73W3Go7fq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW73W3Go7fq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Alexia Putellas(@alexiaputellas)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.24 17:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly