インシーニェ、CLバルセロナ戦の出場に暗雲…最終節ラツィオ戦で負傷交代

2020.08.02 18:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、チャンピオンズリーグ(CL)バルセロナ戦の出場が危ぶまれている。

すでに消化試合となっていたセリエA最終節のラツィオ戦に先発出場し、勝ち越し点となるPKも決めていたインシーニェ。だが試合終盤、ドリブルを仕掛けようとしたところでプレーを止めてピッチに倒れ込んでいた。

インシーニェはこの時に左足の股関節から太もも辺りの筋肉を負傷。涙を浮かべながらピッチを後にしていた。

8日にはバルセロナとの重要な一戦を控えているが、現時点で出場の可否は不明な状況だ。
コメント
関連ニュース
thumb

レギロン争奪戦、ナポリ参戦で激化

ナポリが、セビージャでプレーするスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今季はレアル・マドリーからセビージャにレンタルしているレギロンは、手薄だった左サイドバックとして期待を超える活躍を披露。ラ・リーガでは31試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。来季のチャンピオンズリーグ出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。 この活躍から、買い取りを考慮するセビージャをはじめ、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーにエバートンといったクラブが興味。さらには保有元であるマドリーも評価を改めつつある中、ナポリもこの争奪戦に参戦する模様だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レギロンはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の左サイドバックの理想像に一致しているとのこと。 一方で、レギロン獲得を狙うナポリの課題は、同じ左サイドバックを担うアルジェリア代表DFファウジ・グラムの売却。同選手は年俸350万ユーロ(約4億3600万円)を稼いでおり、ナポリの中では高給取りに位置する。グラムは以前から放出候補に挙げられており、本人も退団の意思を示しているようで、こちらのオペレーションはさほど難しいものにはならないと予想されている。 2020.08.10 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクとのコンビネーション!相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eHpybzlBSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> メルテンスは、アンデルレヒト、ヘントの下部組織で育ち、オランダのユトレヒトやPSVでプレーした後、2013年7月にナポリへと加入。 加入当初は左ウイングでの起用も多かったが、コンスタントに得点を重ねると、2016-17シーズンはセリエAで28ゴール8アシストと大活躍。2020年6月にはクラブ通算122得点目を記録し、クラブ歴代最多得点の新記録を樹立した。 ドリブル突破や味方とのパス交換から多くのゴールを奪うメルテンスだが、時にはセットプレーでもゴールを奪う。 2017年2月4日に行われたセリエA第23節のボローニャ戦では、FKを含むハットトリックの活躍でチームの大勝に貢献している。 序盤からゴールを奪ったナポリは、2-0で迎えた33分にゴールほぼ正面のペナルティーアーク間際の絶好の位置でFKのチャンスを獲得する。 相手の壁の横にMFマレク・ハムシクが立ち、キッカーはメルテンスが務める。メルテンスがシュートモーションに入る直前でハムシクが避けると、メルテンスはそのコースへと蹴り込んだ。 この動きで相手GKが動揺したのか、メルテンスのシュートに完全に逆を突かれる形となり、シュートはゴール右上へと突き刺さった。 その後もゴールを量産したナポリは、メルテンスとハムシクがダブルでハットトリック達成し、7-1と大勝を収めている。 2020.08.09 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

1ゴールでナポリ撃破に貢献のスアレス、早くもバイエルン戦に目を向ける

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、早くも準々決勝に照準を向けた。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦。3-1で勝利を収め、ベスト8進出を果たした。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> スアレスは、2-0となった前半アディショナルタイムには、FWリオネル・メッシが得たPKを沈め1ゴールを記録。準々決勝進出に貢献したスアレスは、この勝利を喜び、バイエルン戦に目を向けた。 「それは僕たちが望んでいたことだね。ラ・リーガが終了してからの2週間、1stレグで僕たちを困難にした対戦相手の難しさを理解して、試合の準備をしてきた。重要なのは試合に勝ち、前進した今、次の対戦相手について考えることだ」 また、試合序盤はナポリの怖さがあったと語りながらも、3点を奪った前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「ナポリはリーグ戦でも多くのチャンスを作るチームで、チャンスを作られることは分かっていた。怖さは序盤にあったけど、チャンスを決めきれず、得点したのは僕らだったね」 「僕たちは勝ち進むことを考えていた。彼らが上向きになり、少しスペースがあった素晴らしい前半の内容に満足している」 2020.08.09 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサのセティエン監督、ナポリを抑え込んだ守備を評価「うまく状況に対応した」

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ナポリ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦したバルセロナは、10分に左CKからDFクレマン・ラングレが先制ゴール。23分にFWリオネル・メッシが加点すると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスが3点目を奪う。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> その後、FWロレンツォ・インシーニェに1点を返されたが、3-1で逃げ切り。2戦合計4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。 試合後、セティエン監督は2ndレグで勝利し、勝ち進めたことを喜んだ。 「我々はこの最初の一歩を踏み出し、この試合に臨んだものと同じ熱意を持って、残りの試合を楽しみたかった。チームは素晴らしく、勝利に値した」 「我々が行ったことは簡単ではなかった。優れた知性で守る必要があった。イタリアで最高のチームの1つだ。」 また、ナポリのポゼッションに苦しめられたと語ったセティエン監督。しかし、チームの守備の一貫性には満足感を示した。 「ナポリからボールを奪うのは難しい。彼らが我々のプレッシャーを掻い潜ったとき、多くの方向性を変化させ、犠牲を払った」 「ピッチ全体で一貫性を保つよう努めてきて、かなり順調にできたと思う。うまく状況に対応した。全てを完全にコントロールできたと思う。このチームとその記録はとても難しいチームになっていくだろう」 また、準々決勝で対戦することが決まったバイエルンについては「全ての対戦相手が強敵であり、全試合が難しくなるだろう。我々にとっても、彼らにとっても難しいだろう。素晴らしいチームだが、我々もそうだ」と、強敵であることを認めながらも、負けていないと意気込みを語った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ブラックアウトが発生したのはがっかり」ガットゥーゾ監督が敗戦の弁

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、選手達に喝を飛ばした。クラブ公式サイトが伝えている。 ナポリは8日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでバルセロナと対戦。10分に左CKからDFクレマン・ラングレに先制点を許すと、23分にFWリオネル・メッシ、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスと失点を重ねてしまう。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> 前半終了間際にFWドリエス・メルテンスが倒されて得たPKをFWロレンツォ・インシーニェが確実に決め反撃に出たナポリは、後半はバルセロナよりも多くのチャンスを作るも、ゴールネットを揺らせず。1-3で敗れ、2戦合計2-4でラウンド16で姿を決した。 試合後、ガットゥーゾ監督は「もっとうまくやれた」と選手たちのパフォーマンスに喝。勝ち進むことも不可能ではなかったと述べている。 「我々は本物の個性を見せてプレーしたことには満足している。しかし、試合全体で彼らを追えなかったという事実により、それほど満足していない。バルセロナに3点を許した時、突然ブラックアウトが発生したのはがっかりしている」 「私は相手にそういった機会を与えたので怒っている。スタッツを見れば我々はバルセロナよりも多くのチャンスを作っていた」 「我々は試合開始の10分と後半はとても良かった。バルセロナを敵陣でプレーさせていた。バルセロナは時々、彼らの陣内で立ち往生していた。我々がもう少し冷静だったら試合に勝てたと思う」 「先ほども言ったように、もっとうまくやれていたと思う。だから、ガッカリしているし、少し怒っている。2ndレグで我々がどのようにプレーしていたかをみると、我々が勝ち進むことは不可能ではなかった」 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook