インシーニェ、CLバルセロナ戦の出場に暗雲…最終節ラツィオ戦で負傷交代

2020.08.02 18:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、チャンピオンズリーグ(CL)バルセロナ戦の出場が危ぶまれている。すでに消化試合となっていたセリエA最終節のラツィオ戦に先発出場し、勝ち越し点となるPKも決めていたインシーニェ。だが試合終盤、ドリブルを仕掛けようとしたところでプレーを止めてピッチに倒れ込んでいた。

インシーニェはこの時に左足の股関節から太もも辺りの筋肉を負傷。涙を浮かべながらピッチを後にしていた。

8日にはバルセロナとの重要な一戦を控えているが、現時点で出場の可否は不明な状況だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、デウロフェウ獲りへ ワトフォードと交渉

ナポリがワトフォードから元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(26)の獲得を目指して、交渉に入った模様だ。 バルセロナ下部組織出身のデウロフェウは2018年1月からワトフォードでプレーしているが、チームは昨季のプレミアリーグで降格が決定。ワトフォードのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジャレッタ氏が先日、「イタリアやイングランド、スペイン、ドイツのクラブから関心がある」と語り、移籍の可能性を示唆している。 そんなデウロフェウに関心を抱くチームのひとつとして目されるのが元スペイン代表FWホセ・カジェホンが契約満了でいなくなり、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクにも移籍が取り沙汰されるナポリだ。イタリア『スカイ』によると、ナポリのSDを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏がワトフォードにコンタクト。選手本人もイングランドを去る準備ができているという。 ナポリは買い取りオプション付きのレンタルという条件で獲得の道を探っている様子。しかし、選手が一定の出場数をクリアすると、買い取りが義務化される条件になる可能性もあるとみられる。なお、2017年1月からの半年レンタルでミランに在籍した過去を持つデウロフェウにとって、ナポリ移籍の話がまとまれば、2度目のセリエA挑戦となる。 2020.09.15 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリクの新天地はローマ濃厚に! ジェコとの共存あるいは後釜に

ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の新天地がローマになる可能性が高まっている。イタリアの著名なジャーナリストであるニコロ・スキラ氏が主張している。 2016年夏からナポリでプレーするミリクはこれまでクラブ通算122試合に出場して48ゴールをマーク。現行契約は2021年夏までとなっているが、クラブからの新契約を固辞しており、先日にはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が構想外を言い渡している。 新天地に関してはユベントス、トッテナムなどの名前が挙がっているが、ここに来てローマ行きの可能性が高まっている。 現在、ローマはイタリア人代理人のパオロ・ブサルド氏を仲介役にミリク本人、ナポリと交渉を進めており、ミリクとは年俸450万ユーロ(約5億6500万円)+ボーナスの5年契約で個人間での合意に至っている模様だ。 また、ナポリとは移籍金2500万ユーロ(約31億4000万円)を5回の分割で支払うという条件で交渉を進めているようだ。 なお、ローマがミリクを獲得した場合、注目されるのはエースストライカーとカピターノを担うボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の去就だ。 ジェコに関してはユベントスとインテルのターゲットとされており、ミリク獲得のあかつきにいずれかのクラブに移籍する可能性が指摘される。 ただ、ローマでは元クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(32)がアトレティコ・マドリーにレンタルバックしており、元々本職のセンターフォワードがジェコのみという事情もあり、新オーナー以降で財政面も若干の改善が見られており、ジェコとミリクを共存させるプランも十分に考えられるところだ。 2020.09.14 16:17 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍市場の注目株 何でもできるミリクの左足スタニングFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ナポリ所属のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆何でもできるミリクの左足スタニングFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvTDVLZVRsQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ミリクは2016-17シーズンからナポリに加入。以降の2年間は何度かケガでの離脱を強いられ、苦悩の日々を送る。しかし、2018-19シーズンからストライカーとして本領を発揮すると、2019-20シーズンも公式戦35試合で14ゴールと着実に結果を残した。 2019年1月20日に行われたセリエA第20節のラツィオ戦では完璧なFKを決めている。 34分に先手を奪ったナポリは直後の37分にボックス手前やや左の好位置でFKを獲得。ここでキッカーを務めたのはこの試合2度の決定機を逃していたミリク。ポーランド代表FWは得意の左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。 ナポリとの契約が2021年夏までとなっているミリクについては、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も適切なオファーがあれば売却するつもりと明言。今夏の動向に注目が集まる。 2020.09.13 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ監督、契約延長拒否のミリクに構想外を言い渡す「使う余裕はない」

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、去就不透明のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2016年夏からナポリでプレーするミリクはこれまでクラブ通算122試合に出場して48ゴールをマーク。現行契約は2021年夏までとなっているが、クラブからの新契約を固辞しており、今夏に退団する可能性が高まっている。 そのミリクにはユベントスやトッテナムが関心を示していると報じられているが、ここまで具体的な動きはない。そうしたなか、ガットゥーゾ監督はイタリア『スカイ』でミリクが構想外となっていることを明かした。 「彼には契約更新の旨を伝えたが拒否されてしまった。我々の考えについて彼は知っているはずだ」 「もしアレクが新たなクラブを見つけられなかった場合、彼にとって非常に困難な状況になる。我々はすでに2人のFWを獲得しているため、彼を起用できる余裕はないのだ」 一方で、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が頻繁に報じられるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリについては「クリバリには明確なプライスタグがあり、クラブが求めている移籍金を得られなければ退団することはない」と、売却の意思がないことを強調している。 2020.09.12 16:39 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリがワトフォードFWデウロフェウに興味か…2部降格で多数クラブから関心集まる

ナポリが、ワトフォードのスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(26)に関心を持っているようだ。イギリス『ワトフォード・オブザーバー』が伝えている。 バルセロナの下部組織出身のデウロフェウは、これまでにエバートンやセビージャ、ミランでのプレーを経て、2018年1月にワトフォードに加入。半年後にレンタルから完全移籍へ移行し、在籍2年半で公式戦70試合17ゴール11アシストを記録している。 現行契約は2023年まで残っているものの、クラブが2部に降格したことからデウロフェウには多くのクラブから問い合わせがきている模様。スポーツ・ディレクターのクリスティアーノ・ジャレッタ氏が『Radio Kiss Kiss』のインタビューで「デウロフェウにはイタリア、スペイン、イギリス、そしてドイツからも関心が届いている」と明かしている。 そして、同氏はナポリもそのひとつだと認めた上で、新型コロナウイルス禍でも安売りは出来ないことを強調。推定市場価値は2000万ユーロ(約25億1500万円)となっている。 今夏に8100万ユーロ(約100億円)の移籍金でナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンを獲得したナポリだが、現在はウイングの補強を画策しているようで、デウロフェウの他にはブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァもターゲットと言われている。 2020.09.12 13:57 Sat
twitterfacebook