リール、アヤックスの若手CBボトマン獲得…退団濃厚ガブリエウの後釜に

2020.07.31 20:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールは31日、アヤックスからU-20オランダ代表DFスヴェン・ボトマン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「5」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は800万ユーロ(約10億円)程度になったという。

アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。さらに、アヤックス仕込みの足元の技術、一定のスピードを兼ね備えるなど、伸びしろは十分だ。

2018年にエールステディビジ(オランダ2部)に所属するヨング・アヤックスでプロデビューを飾ると、今季はヘーレンフェーンへレンタル移籍。初挑戦のエールディビジでは、新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなるまで、リーグ戦26試合全てに出場し、2ゴール4アシストを記録していた。

海外リーグ初挑戦となる20歳の若武者はリールの公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「リールの選手になれたことをとても嬉しく思うよ。ここでのすべてが僕にとって初めての経験になる」

「元々、ビッグクラブに在籍していたけど、新たなビッグクラブへ加入することになった。すでに顔を合わせた人たち全員が、とても親切にしてくれて歓迎してくれているよ。僕はまだまだ若い選手だけど、新しいクラブをできる限り手助けできるように頑張るよ」

なお、リールではブラジル人DFガブリエウ(22)にビッグクラブ行きの可能性が盛んに報じられており、同じ左利きのセンターバックであるボトマンを獲得したことで、今後同選手の移籍にも動きがある模様だ。

◆リールがボトマン獲得!
コメント
関連ニュース
thumb

密集地帯をアヤックスオフェンスが切り裂く!細かいパス回しからJ・クライファートが決めた連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファートがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックスの美しいパス回しからクライファートがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJubXR5blI4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナなどで活躍したパトリック・クライファート氏を父に持つクライファートは名門アヤックスの下部組織で育つと、若くしてプロデビューを果たす。2018年にローマに引き抜かれるまで、公式戦56試合に出場し、13ゴール10アシストを記録した。 才能あふれる若手を多く抱えるアヤックスの中でもトップクラスの輝きを放ったクライファートだが、2018年3月18日に行われたエールディビジ第28節のスパルタ・ロッテルダム戦では、チームメイトとの連携から素晴らしいゴールを決めている。 先制を許しながらもアヤックスが逆転に成功し、2-1として迎えた59分、敵陣中央でボールを持ったFWクラース・ヤン・フンテラールがドリブルでボックス手前まで侵入すると、左サイドのスペースへ走り込んだ味方へパスを出す。 左サイドからの折り返しのパスを、ボックス内のMFドニー・ファン・デ・ベークが見事なターンで前を向きながら受けると、相手DFをかわしながら、ゴール前にパス。クライファートがこれを落ち着いてゴールに流し込み、見事な連携から追加点を奪った。 その後も得点を重ねたアヤックスは、大量5ゴールを奪い、5-2で勝利している。 2020.09.30 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックスSBデスト、バルサ移籍へ! 29日夜に現地到着

アヤックスに所属するアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)がバルセロナ移籍に向かっている。 スペイン『マルカ』によると、今夏にバイエルンの関心も取り沙汰されたものの、バルセロナが争奪戦を制したとされるデストは29日夜に現地到着。翌30日午前にメディカルチェックが予定され、順調に進めば今週中にも公式化されるという。 クラブ間交渉は現時点で最終合意に至っていないが、アヤックス側が許可したため、デストは先んじて現地入り。取引額は移籍金2000万ユーロ(約24億8000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億2000万円)で決着がつく様相だ。 ロナルド・クーマン新体制のバルセロナは今夏、公式戦通算124試合の出場実績を誇ったポルトガル代表DFネウソン・セメドをウォルバーハンプトンに放出。新たなサイドバックとして、進境著しいデストの名が浮上している状況だった。 アヤックス下部組織出身のデストは2019年7月にトップチームデビュー。昨季は公式戦36試合の出場で2得点6アシストをマークした。 2020.09.30 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

改革進めるバルサ、アヤックスSBデストの獲得秒読みか

バルセロナがアヤックスに所属するアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)の獲得をほぼ確実なものとしている模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)を通じて提供した情報によれば、取引額は基本移籍金2200〜2300万ユーロ(約27億〜28億4000万円)+ボーナス。デストとは2025年6月までの契約を結び、数時間以内にも公式発表に至る見通しだという。 今季から率いるロナルド・クーマン新監督の下で変革を進めるバルセロナは公式戦通算124試合の出場実績を誇ったポルトガル代表DFネウソン・セメドをウォルバーハンプトンに放出。そのセメドに代わる新たな右サイドバックとして、アヤックスで進境著しいデストの名が浮上している状況だった。 アヤックス下部組織出身のデストは2019年7月にトップチームデビューを飾り、昨季は公式戦36試合の出場で2得点6アシストをマーク。そうした活躍ぶりを受け、今夏の移籍市場でバイエルンの関心も取り沙汰されていたが、最終的にバルセロナが獲得に至ったとみられる。 2020.09.27 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

キャノン砲炸裂!ヴェルトンゲンがアヤックス時代に決めた強烈シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はベンフィカのオランダ代表DFヤン・ヴェルトンゲンがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のヴェルトンゲンが決めた強烈なシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0RGxoM2Q1aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のヴェルトンゲンは、2006年にファーストチームデビュー。守備の要としてブレイクし、2012年にトッテナムに引き抜かれた。 守備力もさることながら、正確なロングフィードや高いヘディングを活かして攻撃面での貢献も大きかったヴェルトンゲンだが、2011年3月20日に行われた、エールディビジ第28節のADOデン・ハーグ戦では豪快なスーパーゴールを決めている。 0-1とデン・ハーグのリードで迎えた70分、ボックス左でアヤックスがFKのチャンスを得る。するとキッカーのMFクリスティアン・エリクセンは、相手の裏をかきゴール前の少し下がった位置でフリーになっていたヴェルトンゲンにグラウンダーのパスを送る。 後方から走り込んできたヴェルトンゲンがこれを強烈なダイレクトシュート。近距離から放たれた強烈なシュートは、GKにセーブの隙を与えずにゴールネットに突き刺さった。 これで同点に追いついたアヤックスだったが、その後打ち合いになり、2-3で敗れている。 2020.09.23 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、オランダ出身19歳右SBデストを巡ってアヤックスとクラブ間合意か

バルセロナが、アメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)の移籍に関してアヤックスと合意に達したようだ。スペイン人ジャーナリストのアルフレッド・マルティネス氏が伝えている。 セルジニョ・デストはアヤックスの下部組織出身の右サイドバック。生まれも育ちもオランダだが、父親がアメリカ人であることから代表はアメリカを選び、昨年9月のデビューからここまで3試合に出場している。 アヤックスでは昨シーズンにトップチームデビューし、エールディビジ20試合で5アシストを記録。抜群の突破力と正確な右足のキックを備えており、スペイン『アス』はサイドバックながらストライカーとしての能力にも長けていると評価している。 伝えられるところによると、そんなデストに関して両クラブは移籍金2000万ユーロ(約24億5000万円)とボーナス500万ユーロ(約6億1300万円)という内容で合意。一方ではバイエルンからの関心も報じられているが、1000万ユーロのオファーは拒否されたと報告されている。 バルセロナはポルトガル代表DFネウソン・セメドのウォルバーハンプトン行きが迫っているとされ、その後釜を探している最中。デストの他にもノリッジ・シティでプレーするU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得にも動いているようだ。 2020.09.23 15:33 Wed
twitterfacebook