マディソンはレスターとの新契約にすでにサイン? ヴァーディ同等のチーム最高給に

2020.07.28 16:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(23)は、すでにクラブとの新契約にサインしたようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。

2018年夏にノリッジからレスターに加入したマディソンは、加入2年目となった今シーズンのプレミアリーグで31試合6ゴール3アシストを記録。最終的にチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位フィニッシュとなったものの、絶対的な司令塔としてレスターの躍進に貢献していた。

そのイングランド産プレーメーカーに対してはマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に国内のライバルクラブからの関心が伝えられていたが、今年に入ってレスターとの新契約に合意したとの見方が強まっていた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響や来季のCL出場権の有無などの影響もあって、長らくペンディング状態が続いていたが、イギリス『the Athletic』はマディソンがすでにレスターとの新たな4年契約にサインしたと主張している。

なお、マディソンは新契約にサインしたことにより、チーム最高給を受け取る元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとほぼ同等の週給11万ポンド(約1500万円)を受け取ることになるという。
コメント
関連ニュース
thumb

レスター、バーンリーDFタルコウスキに再関心 今季は全38試合にフル出場

レスター・シティが、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(27)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 プレミアリーグ最終節でマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、来季はヨーロッパ・リーグ(EL)に回ることになったレスター。今季はDFジョニー・エバンスとDFチャグラル・ソユンクにおんぶに抱っこだった守備陣の強化のため、昨年も関心を抱いていたタルコウスキに再び注目しているという。 しかし、プレミアリーグで中堅の位置を確保しているバーンリーにとってタルコウスキは欠かせない戦力だ。2015-16シーズンの冬に加入し、翌シーズンに自身にとって初挑戦だったプレミアの舞台で徐々に頭角を現し始めた同選手。今ではイングランド代表にも選ばれる選手となり、今季はリーグ戦全38試合にフル出場した。 その代わりとなる選手を見つけるのは困難で、バーンリーは5000万ポンド(約69億1000万円)のタグを付けてオファーを牽制。レスターが獲得するのは今夏も難しいと予想されている。 2020.08.05 18:08 Wed
twitterfacebook
thumb

今夏バルサ加入の逸材トリンコンにレスターが関心!

レスター・シティが、今冬にバルセロナ加入が決まったU-21ポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコン(20)に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 1月31日にブラガからバルセロナ移籍が発表されたトリンコン。ポルトガルの世代別代表の常連で、2018年に行われたU-19欧州選手権では得点王に輝く活躍を披露するなど、ヨーロッパ各国のスカウトに強烈なアピールを示していた。 7月1日付けでバルセロナ入りしたばかりの逸材には、さらなる引き抜きを狙うクラブが多数いるようで、あるクラブは6000万ユーロ(約74億8600万円)の移籍金を提示したとも。これはバルセロナがブラガに支払った移籍金のおよそ2倍にあたる金額だが、スペイン『スポルト』のレポートでは断ったと伝えられている。 一方『スカイ・スポーツ』によると、レスターは5000万ユーロ(約62億3700万円)の買い取り義務が付随した2年のレンタルを持ちかけている模様。バルセロナは契約解除金を5億ユーロ(約600億円)に設定していることから簡単に手放す気はそうそうないように思われるが、ブラジル代表MFアルトゥールの例もしかり、財政的に余裕がないバルセロナに付け入る隙はあるのかもしれない。 2020.08.05 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターコーチK・トゥーレが指南 “ベストDF”ファン・ダイクの狙いどころとは?

現役時代にアーセナルやリバプールなどプレミアリーグでも長らく活躍した元コートジボワール代表DFのコロ・トゥーレ氏がリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの狙いどころを指摘した。 ファン・ダイクは2018年1月に当時のDF史上最高額となる移籍金7500万ポンド(現レートで約103億9000万円)でサウサンプトンからリバプール入りすると、すぐさまDFリーダーの座を確立。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に続いて、今季も30年ぶりのリーグタイトルとなるプレミアリーグ初制覇に大きく寄与するなかで、個人もプレミアリーグ年間最優秀選手賞をはじめ、数々の賞に輝き、名実ともに現フットボール界におけるベストDFの仲間入りを果たしている。 近年のリバプールでほぼ狂いなしのパフォーマンスを継続するファン・ダイクだが、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ政権下でコーチを務めるK・トゥーレ氏は付け入る隙を感じているようだ。それは一対一だ。一対一の場面も脆い印象のないファン・ダイクだが、『Stats Perform』で能力に賛辞を贈りつつ、そうした局面に持ち込まれる回数が少ないが故、逆に狙い目になり得ると述べた。 「彼は信じられないプレーヤーだ。トッププレーヤーで、スピードも高さもあって、ジャンプ力も凄い。テクニックもあり、ロングパスで局面を打開できる。全てを兼備している」 「彼と一対一の場面に持ち込む選手をあまり見ない。そこが彼の突きどころだと思う。背丈のある彼にボールを持ったまま仕掛ければ、苦しめられるかもしれない」 「でも、彼は非常にクレバーな選手だ。賢い選手だけに、うまく後ろに下がって対応もできるが、一対一でアグレッシブに仕掛ければ、何かを得られると思う」 「とはいえ、ジョー・ゴメスが隣にいたりして、ヘルプしてくれる良い選手がいる。周りに良い選手がいるから、彼自身も簡単にプレーできる。でも、彼自身も多くのクオリティを持った選手だ」 2020.08.04 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

開幕戦でハットのセルティックFWエドゥアール、プレミアから引く手数多

セルティックのU-21フランス代表FWオドソンヌ・エドゥアール(22)に多くのクラブが関心を寄せている。 同選手はパリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2017年夏のレンタル移籍を経て、翌年に完全移籍加入。2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで27試合21ゴール12アシストを記録した逸材で、今月1日に新シーズンが開幕した同リーグでは、ハミルトン相手にハットトリックを達成した。 以前から移籍に関する噂は多く、イギリス『スカイ・スポーツ』はアーセナルやレスター・シティ、『リバプール・エコー』ではエバートンも関心を示していることが伝えられており、プレミアリーグのクラブを中心に大きな視線が注がれているようだ。 セルティックを率いるニール・レノン監督は、チームの得点源の慰留に全力を注ぐと宣言。「我々は彼を守りたいと思っている。少なくとも、次のシーズンも彼を留めておくためにできる限りのことをするつもりだ」と6月にコメントしていた。 クラブ史上最高額となる推定900万ポンド(約12億4700万円)の移籍金で加入したオドソンヌ・エドゥアール。契約は2022年までとなっている。 2020.08.03 14:48 Mon
twitterfacebook
thumb

チルウェル、近日中に移籍希望をクラブに提言

レスター・シティに所属するイングランド代表DFベン・チルウェル(23)は今夏の退団を望んでいるようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 チェルシーの補強候補の筆頭として連日のように名前が上がるチルウェル。12歳から在籍するレスターでイングランド屈指の左サイドバックと呼ばれるまでに至り、世界中からその去就が注目されている。 レスターが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで、チェルシー行きの可能性がさらに高まりつつある中、『ミラー』はチルウェルが近々クラブに退団の意向を伝えるとの情報をキャッチ。伝えられるところによると、理由はCL出場の可否ではなく、将来を見据えた決断のようだ。 2024年まで契約を残すチルウェルだが、ビッグクラブへのステップアップは今が適切なタイミングだと考えているのかもしれない。全盛期を迎えるであろう今後5~6年を考慮したうえでの判断なのだという。また、来夏に延期となったユーロ2020も影響していると『ミラー』は主張している。 しかしチェルシーにとっての問題はレスターを納得させるだけの移籍金を用意できるかどうか。とりわけレスターが財政難にあるわけではないため、交渉は簡単には進まないことが予想されている。 2020.07.29 16:10 Wed
twitterfacebook