リバプールDFロブレンのゼニト移籍が決定! 3年契約を締結

2020.07.27 21:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは27日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間となる。

ディナモ・ザグレブやリヨンでプレーしたロブレンは、2014年7月にサウサンプトンからリバプールへと加入。これまで公式戦185試合に出場し8ゴール5アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し1アシストを記録。チャンピオンズリーグでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。

◆ロブレン、CKに飛び込むリバプール初ゴール!

加入当初は主力CBとしてプレーしていたが、徐々に出場機会が減少。それでも貴重なバックアッパーとしてチームを支え、2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ優勝、2019-20シーズンはプレミアリーグ優勝に貢献していた。

また、クロアチア代表としても2018年のロシア・ワールドカップで準優勝を収めるなど、57試合に出場している。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると移籍金1100万ポンド(約14億9000万円)が支払われるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

イバノビッチがゼニトを退団…新天地は恩師率いるエバートンか

ゼニトは29日、元セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(36)が退団することを発表した。 2017年2月に加入したイバノビッチは、在籍2年半で公式戦125試合に出場し12ゴール4アシストを記録。当初から主力として活躍し、ロシア・プレミアリーグでは昨季と今季で連覇を達成。今季はまた、ロシア・カップも制覇し10年ぶりの二冠に貢献した。 そのロシア・カップ優勝の際には、持ち上げたトロフィーをうっかり落とし破壊してしまうお茶目な姿が同選手の最後の姿となった。 ゼニト加入前は長らくチェルシーで活躍したイバノビッチ。チャンピオンズリーグ優勝や、3度のプレミアリーグ制覇も成し遂げたが、フリーとなった同選手に関心を示しているのは、そのチェルシーでプレミアリーグを共に制したカルロ・アンチェロッティ監督率いるエバートンだ。 セルビアメディアによれば、すでに大筋合意に近づいているとも言われている。 2020.07.30 20:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ロブレンにゼニト移籍目前報道 移籍金14億超で実現か

リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)がロシア行きに近づいているようだ。 2014年にサウサンプトンからリバプールに加わり、公式戦通算185試合の出場数を誇るものの、昨季あたりから出番を減らすロブレン。今季もオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、カメルーン代表DFジョエル・マティプに次ぐ4番手に甘んじて、公式戦15試合の出場にとどまる。 そんなクロアチア人センターバックは今夏、ゼニト移籍の可能性が高まっているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ロブレンのゼニト行きはもはや選手の決断にかかり、個人合意に至れば1年間の延長オプションを除いて来季まで契約を残すリバプールに移籍金1100万ポンド(約14億9000万円)が支払われるという。 なお、ユルゲン・クロップ監督は26日に行われるプレミアリーグ最終節のニューカッスル戦に先駆けた会見でロブレンの去就を訊かれ、「何も決まっていない限り、そのような話はしない」と言及。ロシアはロブレンにとって、クロアチア代表として2018年のロシア・ワールドカップで準優勝した所縁ある地だが、果たして。 2020.07.25 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

まるでピンポン玉!フッキがあえて狭いコースに強烈キックを叩き込む【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキがゼニト時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆放たれたシュートはまるでピンポン玉のよう<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZUjB2QzBBaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> かつて、川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでもプレーしたフッキは、2012年9月にポルトから移籍金4000万ユーロ(現在のレートで約49億円)でゼニトへと加入。強靭なフィジカルとパワフルなキックを武器に4シーズンで公式戦147試合に出場し74得点を記録していた。 その中でも2015年9月26日に行われたロシア・プレミアリーグ第10節のスパルタク・モスクワ戦では圧巻のFKを決めている。 26分、ゼニトはペナルティアーク後方の絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのフッキが思い切り左足を振り抜いた。 放たれたシュートは、味方が空けたコースを抜け、GKが構えていたゴール左の上部へと突き刺さった。 その威力とスピードに目が行きがちだが、しっかりと狙ったコースに蹴り込んだフッキのキック精度の高さも見事だった。 2020.07.20 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシアの新皇帝、アンドレイ・アルシャビン【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン氏だ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ゴールの後は口に人差し指を当てるお決まりのパフォーマンス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5ajQ4cXhlcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ソビエト連邦のレニングラードで生まれたアルシャビン氏は、7歳の頃からサッカーを始め、国内屈指の強豪ゼニトの下部組織へと加入する。 172cmと小柄ながら、テクニックを武器に2000年8月にトップチームデビューを果たすと、2001-02シーズンからレギュラーとしての地位を確立し、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、UEFAカップ(現・ヨーロッパリーグ)優勝に貢献した。 アルシャビン氏がその名を一気に知らしめたのはロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍だ。特に準々決勝のオランダ戦では、アルシャビン氏の力で勝利したといっても過言ではない。 それを受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むと、シーズン後半だけの出場、またプレミアリーグ初挑戦ながら公式戦15試合で6得点9アシストという驚異的な数字を残した。 その後、出場機会を失ったアルシャビン氏はゼニトに復帰を果たすも、私生活の乱れもあり、2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。クバン・クラスノダールでのプレーを経て、2016年に加入したカザフスタンリーグのカイラトで現役を引退した。 アルシャビン氏は、ゼニト時代からバルセロナへの憧れを口にしており、移籍の噂もあったが、結局実現することはなかった。しかし、アルシャビン氏の息子アーセニー君が現在モスクワにあるバルセロナのアカデミーに所属しており、父の夢を息子が叶えようとしている。 ちなみに、「アーセニー(Arseny)」という名前はアーセナル時代の恩師であるアーセン・ヴェンゲル氏からつけているそうだ。 2020.07.10 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニト優勝の立役者イラン代表FWアズムンのキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムンが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イラン代表FWアズムンのキャリア初ハットトリック<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzMEhCcnVwZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年3月14日に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のウラル戦でアズムン含むゼニト攻撃陣が爆発する。 口火を切ったのはやはりアズムン。8分にMFマゴメド・オズドエフのシュート性のボールをボックス内でトラップすると、反転し、GKの逆を突いたシュートをゴール左へ決めた。 さらに15分、相手GKのキャッチミスを逃さずボールを奪うと、無人のゴールに決めきる。 そして61分、MFマウコムが相手守備陣を切り裂くと、アズムンへお膳立て。これをしっかりと決めきり、アズムンにとってプロキャリア初となるハットトリックを達成した。 さらにゴールを重ねたゼニトはこの試合を7-1と圧勝。シーズンでは、一時は5位に転落するなど調子を落とした時期はあったものの、2年連続7度目のリーグ優勝を果たした。 2020.07.09 21:00 Thu
twitterfacebook