リバプールDFロブレンのゼニト移籍が決定! 3年契約を締結

2020.07.27 21:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは27日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間となる。

ディナモ・ザグレブやリヨンでプレーしたロブレンは、2014年7月にサウサンプトンからリバプールへと加入。これまで公式戦185試合に出場し8ゴール5アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し1アシストを記録。チャンピオンズリーグでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。

◆ロブレン、CKに飛び込むリバプール初ゴール!

加入当初は主力CBとしてプレーしていたが、徐々に出場機会が減少。それでも貴重なバックアッパーとしてチームを支え、2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ優勝、2019-20シーズンはプレミアリーグ優勝に貢献していた。

また、クロアチア代表としても2018年のロシア・ワールドカップで準優勝を収めるなど、57試合に出場している。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると移籍金1100万ポンド(約14億9000万円)が支払われるとのことだ。

関連ニュース
thumb

ピルロ監督就任のファティ・カラギュムリュクがゼニトからロシア代表MFオズドエフを完全移籍で獲得

アンドレア・ピルロ監督が就任したファティ・カラギュムリュクは28日、ゼニトのロシア代表MFマゴメド・オズドエフ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 オズドエフはテレク・グロズヌイ、ディナモ・キーウ、ロコモティフ・モスクワのセカンドチームでプレー。2011年1月にロコモティフ・モスクワのファーストチームに昇格した。 その後、ルビン・カザンへとレンタル移籍すると、2015年7月に完全移籍。2017年2月にはテレクへとレンタル移籍を経験。2018年2月にゼニトへと完全移籍した。 ゼニトでは公式戦116試合に出場し8ゴール13アシストを記録。ロシア・プレミアリーグでは通算245試合に出場し16ゴール22アシストを記録していた。 なお、ゼニトでリーグ優勝4回、カップ優勝1回を経験している。 また、ロシア代表としては35試合に出場し4ゴールを記録。ユーロ2020でも3試合に出場していた。 2022.07.29 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ロシアの訴えをスポーツ仲裁裁判所が却下、ウクライナへの軍事侵攻による大会からの締め出し処分に6件の訴え

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は15日、ロシアサッカー連盟(FUR)と一部クラブからの上訴を却下したことを発表した。 事の発端は、今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今もなお続いている状況ではあるが、この軍事侵攻によりサッカー界も大きな影響を受けた。 多くのウクライナ国民が避難するなか、ウクライナの国内サッカーは停止。カタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指していたウクライナ代表もプレーオフが残っていたものの延期となっていた。 この件を受け、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、ロシア代表、そしてロシアのサッカークラブをあらゆる大会から締め出すことを決定していた。 ロシアもカタールW杯の欧州予選プレーオフに残っていたが失格。UEFAの大会にもロシアのクラブが参加できないことが決定し、それは新シーズンも継続されることとなった。 この件に関し、FURがFIFAとUEFAにそれぞれ1件ずつ、さらにゼニト、ソチ、CSKAモスクワ、ディナモ・モスクワの4クラブがUEFAに対して上訴しており、合計6件の訴えがあったが、全てが却下されることとなった。 CASは7月5日、11日に関係者たちとビデオでヒアリングを実施。CASは声明で「全てのケースにおいて、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の激化、及び世界中の国民と政府の反応が、FIFAとUEFAが対応しなければならない不測かつ、前例のない状況を作り出したと判断した」とし、「そのような状況が続く間、ロシア代表とクラブは、彼らの支援の下で大会に参加すべきではないと判断した上で、パネルは当事者がそれぞれの規約と規則の下で与えられた裁量の範囲内で行動したと判断した」と説明している。 また、責任はFURやクラブにはないとしながらも、世界中で行われるサッカーイベントの安全性を守るためには仕方ないものだとまとめた。 「このように判断した上で、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の性質を特徴付ける必要はなく、影響を受ける競技に対するこのような紛争の影響にのみ焦点を当てることにしました」 「パネルは、ロシアのサッカーチーム、クラブ、選手には何の責任もないウクライナでの現在の軍事行動が、FIFAとUEFAの決定により、彼らやロシアサッカー全体にこのような悪影響を及ぼしたことは残念であります。しかし、パネルの見解では、こうした影響は、世界の他の国々のために、安全かつ秩序あるサッカー競技を行う必要性によって、相殺されるものでありました」 2022.07.15 22:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガルの重鎮DFブルーノ・アウベスが現役引退を発表、C・ロナウドも反応「ロッカーを共にできて幸せでした」

アポロン・スミルニに所属する元ポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(40)が現役引退を発表した。 ブルーノ・アウベスはポルトガル代表通算96キャップを誇る百戦錬磨のセンターバック。キャリアを通じて、さまざまなクラブを渡り歩いてきた。 キャリアの最後はギリシャ・スーパーリーグのアポロン・スミルニ。今シーズンはプレーオフを含めて19試合に出場していた。 そのブルーノ・アウベスは6日に自身のインスタグラムを更新。キャリアの終了を伝えた。 「今日、僕はサッカー選手としてのキャリアに全て感謝していることを伝えたいと思う」 「全てのクラブの監督、チームメイト、コーチ陣、そしてキャリアに関わった人々、家族や友人にも感謝している」 「旅はこれで終わるが、他の機会が訪れれば、またすぐに会えるだろう。ありがとう」 ポルトでプロキャリアをスタートさせたブルーノ・アウベスは、ファレンセやヴィトーリア・ギマランイス、AEKアテネへのレンタル移籍を経験。2010年8月にゼニトへと完全移籍する。 その後は、フェネルバフチェ、カリアリ、レンジャーズ、パルマ、ファマリカンとクラブを転々とすると、2021年9月からアポロン・スミルニでプレーしていた。 キャリアを通じては、ポルトで公式戦172試合に出場し17ゴール11アシスト、フェネルバフチェで101試合4ゴール3アシスト、ゼニトで100試合3ゴール1アシストを記録していた。 ポルトでは4度のリーグ制覇、2度のカップ制覇を経験。2008-09シーズンはクラブの年間最優秀選手にも選出された。 また、ゼニトではロシア・プレミアリーグで2度優勝。フェネルバフチェでもスュペル・リグを制していた。 ポルトガル代表としても2016年のユーロを制しており、ポルトガルの重鎮として知られていた。 この引退発表には、ポルトガル代表でも共にプレーしたFWクリスティアーノ・ロナウドが反応。「ロッカールームを共有できて幸せでした。あなたが成し遂げたことを誇りに思います」と大先輩への賛辞を送っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】ブルーノ・アウベスと妻、3人の子供の幸せショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdVZUAsIrZG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdVZUAsIrZG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdVZUAsIrZG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bruno Alves Regufe Eduardo(@brunoralves2oficiall)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.06 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

37歳DFシュクルテルが今季限りで現役引退…リバプールやゼニトで活躍

かつてリバプールやゼニト、フェネルバフチェで活躍した元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(37)が現役引退を発表した。 昨夏、イスタンブール・バシャクシェヒルを退団し、母国のスパルタク・トルナヴァに加入したシュクルテル。今シーズンは公式戦20試合に出場し1ゴールの数字を残していた。 しかし、長年腰痛に悩まされてきた37歳DFは21日に行われるFCドゥナイスカー・ストレダ戦が、自身にとってキャリア最後の一戦となることを公式インスタグラムを通じて明かした。 「20年のキャリアを経て、FC DACドゥナイスカー・ストレダ)との試合が僕にとっての最後の試合となり、自分のキャリアが終わることをお伝えせざるを得ない」 「長年の腰痛のため、これ以上プレーを続けることは不可能であり、そのためこのような決断を下さなければならなくなった」 「これまでプレーしたすべての国のすべてのフットボールクラブ、コーチ、チームメイト、そしてファンの皆さんに感謝したい」 「同時に、すべての友人、とりわけ家族に感謝するよ。妻、息子、両親、親戚、この数年間、僕のそばにいて支えてくれた人たちに感謝する。これまで本当にありがとうございました」 母国のトレンチーンでプロキャリアをスタートしたシュクルテルは、2004年にゼニトへ完全移籍。2007シーズンのロシア・プレミアリーグ制覇に貢献した後、2008年1月にリバプールへステップアップを果たした。 2010-11シーズンからレギュラーセンターバックに定着すると、2011-12のEFLカップ制覇などにも貢献。リバプールでは在籍8年半で公式戦320試合18ゴールの数字を残したが、在籍ラストシーズンに就任したユルゲン・クロップ監督の下で構想外となり、2016年夏にフェネルバフチェへ新天地を求めた。その後、プレー機会が一度もなかったアタランタを経て、前述のイスタンブール・バシャクシェヒル、スパルタク・トルナヴァを渡り歩いた。 また、2004年7月にデビューを飾ったスロバキア代表ではユーロ2016、2010年南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、同国歴代4位の104試合に出場。長らく頼れるディフェンスリーダーに君臨していた。 2022.05.17 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

緊張続くロシアでゼニトがリーグ4連覇達成! 8度目の王者に輝く《ロシア・プレミアリーグ》

ウクライナへの軍事侵攻が続いている中、ロシア・プレミアリーグのチャンピオンが決定した。 4月30日、ロシア・プレミアリーグ第27節が開催。首位に立つゼニトは、ホームにロコモティフ・モスクワを迎えた。 同日に行われた2位のディナモ・モスクワと降格圏の15位ウラルとの試合は、2-3でウラルが勝利。ゼニトは勝利すれば優勝が決まる試合だった。 試合は開始4分にバックパスの処理をGKがミハイル・ケルジャコフが誤ると、相手に奪われ先制を許してしまう。 しかし、27分には右サイドからのクロスをファーサイドでユーリ・アウベルトがヘディングで折り返すと、イバン・セルゲーフがヘディングで合わせて同点に追いつく。 さらに42分には、左CKからショートコーナーを仕掛けると、クラウジーニョからのパスを受けたマウコムがボックス内左からシュート。これがそのまま決まり、ゼニトが逆転に成功する。 試合をひっくり返したゼニとは77分にもゴール。セルゲーフのスルーパスに抜け出した、アンドレイ・モストヴォイがGKとの一対一をしっかりと決めて3点目。そのままタイムアップを迎え、ゼニトが見事に優勝を決めた。 ゼニトは4シーズン連続、8度目の優勝を果たした。 <span class="paragraph-title">【動画】ゼニトの選手たちがリーグ4連覇を喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkTWg0MDlxZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.01 11:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly