リバプールDFロブレンのゼニト移籍が決定! 3年契約を締結

2020.07.27 21:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは27日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間となる。ディナモ・ザグレブやリヨンでプレーしたロブレンは、2014年7月にサウサンプトンからリバプールへと加入。これまで公式戦185試合に出場し8ゴール5アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し1アシストを記録。チャンピオンズリーグでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。

◆ロブレン、CKに飛び込むリバプール初ゴール!

加入当初は主力CBとしてプレーしていたが、徐々に出場機会が減少。それでも貴重なバックアッパーとしてチームを支え、2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ優勝、2019-20シーズンはプレミアリーグ優勝に貢献していた。

また、クロアチア代表としても2018年のロシア・ワールドカップで準優勝を収めるなど、57試合に出場している。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると移籍金1100万ポンド(約14億9000万円)が支払われるとのことだ。

関連ニュース
thumb

イランのエースFWアズムンが来季レバークーゼン加入! 「ブンデスでのプレーはエキサイティング」

レバークーゼンは22日、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムン(27)が来シーズンから加入することを発表した。今シーズン限りでゼニトとの契約が満了し、フリートランスファーとなるアズムンは2027年6月30日までの5年契約にサインしている。 ヨーロッパ各国の強豪からオファーが舞い込んだ中、ドイツでの挑戦を選択したアズムンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「ロシアで最高のクラブからヨーロッパで最高のリーグの1つへの一歩になる。レバークーゼンは本当に素晴らしいチームを持っている。僕は長い間このクラブをフォローしてきたんだ。このチームのプレースタイルにもワクワクしているよ」 「ブンデスリーガですぐにプレーできることは、僕にとって非常にエキサイティングなことだ。そして、自分のフットボールのクオリティがこのチームを強化すると確信しているよ」 イラン代表として通算60試合39ゴールを誇るアジア屈指のストライカーとして知られるアズムン。これまでルビン・カザン、FCロストフ、ゼニトとロシア一筋のキャリアを歩んできた27歳FWは、通算104試合62ゴールの数字を残してきたゼニトからの契約延長オファーを固辞し、ヨーロッパ5大リーグへの挑戦を明言していた。 昨夏にはトッテナムやローマ、リヨンといったクラブからオファーが届き、今冬にはユベントス、リヨン行きの可能性も報じられていたが、昨夏の段階から関心を示していたレバークーゼン行きを決断した。 卓越したアスリート能力とテクニックを生かした個での打開力に加え、決定力にも優れる186cmの実力派ストライカーは、来シーズンのブンデスリーガで大暴れを見せることになるのか。 2022.01.23 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンの控えGKルニョフが右足首じん帯断裂で近日中に手術へ

レバークーゼンは18日、ロシア代表GKアンドレイ・ルニョフが近日中に右足首の手術を受けることを発表した。 クラブの発表によれば、ルニョフは日曜日に行われたトレーニングで足首を負傷。検査の結果、右足首のじん帯断裂と診断され、数日中に手術を受けるとのこと。 なお、離脱期間については3カ月と発表しており、手術後のリハビリはバイ・アレーナの施設内にて行われるとのことだ。 ロシアの強豪ゼニトで正守護神として公式戦118試合に出場したルニョフは、昨夏にレバークーゼンに加入。しかし、レバークーゼンではフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの前に控えGKの立ち位置に甘んじ、ここまでヨーロッパリーグ1試合の出場にとどまっていた。 2022.01.18 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ゼニト退団の元アルゼンチン代表DFマンマナが古巣リーベルに復帰

リーベル・プレートは10日、元アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(25)の加入を発表した。 先日にゼニトとの契約を双方合意の下で解消したマンマナは、リーベルと1年間の契約を結んでいる。 2017年にリヨンから5年契約でゼニトへ加入したマンマナは、公式戦41試合に出場。在籍期間に2度のリーグ優勝と、国内カップ戦制覇を経験した。しかし、ここ2シーズンは完全に構想外となっており、昨シーズンと今シーズンの前半はソチへレンタルに出されていた。 なお、アルゼンチン代表として3試合に出場した経験を持つ25歳DFは、2016年6月以来の古巣帰還となった。 2022.01.11 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFマンマナがゼニト退団…古巣リーベル復帰へ

ゼニトは7日、元アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(25)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 2017年にリヨンから5年契約で加入したマンマナは、ここまで公式戦41試合に出場。在籍期間に2度のリーグ優勝と、国内カップ戦制覇を経験した。しかし、ここ2シーズンは完全に構想外となっており、昨シーズンと今シーズンの前半はソチへレンタルに出されていた。 なお、アルゼンチン代表として3試合に出場した経験を持つ25歳DFは、古巣であるリーベル・プレートに復帰することが決定的となっている。 2022.01.07 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが2021年のアジア版バロンドールに! 5年連続7度目

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがアジア最優秀選手賞を受賞した。 中国のスポーツ紙『タイタン・スポーツ』が主催する同賞はベスト・フットボーラー・イン・アジアと冠され、2013年に創設。アジア版のバロンドールにも位置づけられ、2013年のスタートからFW本田圭佑やFW岡崎慎司の元日本代表勢も歴代受賞者に名を連ねる。 そんな栄誉ある賞にソン・フンミンが5年連続で輝いた。2021年は公式戦51試合の出場で30得点13アシストの数字をマーク。2位のイラン代表FWサルダール・アズムン(ゼニト)、3位のイラン代表FWメフディ・タレミ(ポルト)を抑え込み、通算7度目の受賞となる。 なお、日本人ではアーセナルの日本代表DF冨安健洋が5位。セルティックの日本代表FW古橋亨梧が6位に入り、マジョルカの日本代表MF久保建英が11位にランクインしている。 2022.01.05 09:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly