フランク・デ・ブール監督が退任、アトランタ・ユナイテッドと双方合意の下で契約解除

2020.07.25 17:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは24日、フランク・デ・ブール監督(50)の退任を発表した。双方合意の下での契約解除とのことだ。現役時代はアヤックスやバルセロナなどでプレーし、オランダ代表としても活躍したデ・ブール氏。引退後は指導者の道へ進み、オランダ代表のアシスタントコーチを務めた後、アヤックス、インテル、クリスタル・パレスで監督を務めていた。

◆デ・ブール監督、現役時代の華麗FK

ヘラルド・マルティーノ監督の後任として、2018年12月にアトランタ・ユナイテッドの史上2人目の監督に就任したデ・ブール監督は、2019シーズンは18勝4分け12敗でイースタンカンファレンスで2位の成績を収めていた。

2020シーズンは開幕から2連勝と好スタートを切るも、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。中断明けに開催されているMLSイズ・バック・トーナメントでは3連敗を喫しグループ最下位に終わっていた。

デ・ブール監督は「アトランタ・ユナイテッドとの出会いに感謝している。MLSでのコーチングと、アトランタでの生活は素晴らしい経験であり、歓迎すべき新しい挑戦だった。アトランタの素晴らしいサポーターを決して忘れません。彼らは本当に特別だ。選手、コーチ、スタッフ、すべてのサポートに感謝したい。一緒に仕事ができて光栄だった」と別れのコメントを残している。

MLSはオーランドで行われているMLSイズ・バック・トーナメントの終了後、シーズンが再開することとなっている。MLSイズ・バック・トーナメントは8月11日に決勝戦を迎え、優勝クラブには来季のCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権が与えられる。
コメント
関連ニュース
thumb

ベッカム氏のインテル・マイアミがユベントス退団のイグアイン獲得を発表!特別指定選手制度を利用

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは18日、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)の加入を発表した。 背番号は「9」に決まり、サラリーキャップ(年俸総額の上限)の範囲外となる特別指定選手制度を利用しての獲得となるとのこと。国際移籍証明書とビザ、さらには新型コロナウイルス(COVID-19)に関して地方自治体とMLSのプロトコルに基づく検査を受けての合流となる。 <div id="cws_ad">◆乗ったら止まらないイグアイン!わずか20分で三発の乱れ撃ち<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4OFo5NkxlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> イグアインはインテル・マイアミへの移籍に関して、「まず第一に、僕がサインするために尽力してくれたインテル・マイアミに感謝する。僕の人生で素晴らしい経験になると思う」とコメント。「ここは僕が探していたもの、新しい経験、新しいリーグ、そして美しい街があります。本当にここに来て良かった」と加入を喜んだ。 また、「僕の目標は、ヨーロッパで得た全ての経験を伝え、チームの成長をサポートすることだ」とチームを牽引する意気込みも語った。 イグアインは、リーベル・プレートから2007年1月にレアル・マドリーへと完全移籍。その後、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーでプレーした。なお、インテル・マイアミの共同オーナーであるデイビッド・ベッカム氏とは入れ替わりでマドリーに加入していた。 クラブキャリアでは合計306ゴールを記録。ユベントスでセリエAを3度制したほか、マドリーでもラ・リーガを3回優勝するなど数々のタイトルも獲得してきた。 しかし、アンドレア・ピルロ監督の下で構想買いが通達。両者合意の下、17日に契約を解除していた。 インテル・マイアミには、2019-20シーズンまでユベントスでチームメイトだったフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)が所属しており、再びチームメイトに。また、実兄であるMFフェデリコ・イグアイン(35)はMSLのDCユナイテッドでプレーしており、兄弟対決も見られそうだ。 2020.09.18 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ポートランド・ティンバーズが特別開催のMLSイズ・バック・トーナメントで優勝!

11日、MLSイズ・バック・トーナメントの決勝が行われた。 ポートランド・ティンバーズとオーランド・シティのカードとなった決勝。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断し、開幕までの間に行われるトーナメントで、ポートランド・ティンバーズが優勝した。 試合は27分、ディエゴ・バレリのFKからのクロスをラリス・マビアラがボックス内に飛び込んでファーサイドでダイビングヘッド。これがGKの手を弾いて決まり、先制に成功する。 先制を許したオーランド・シティあ39分、左サイドをナニが仕掛けると、相手を抜ききる前にグラウンダーのクロス。これを後方から走りこんだマウリシオ・ペレイラがDFと競り合いながらも強引に決めきり、オーランド・シティが同点に追いつく。 1-1で後半に入ると64分にポートランド・ティンバーズがチャンス。ボックス手前中央でFKを得ると、バレリが直接狙うも、ゴール左を狙ったシュートはGKペドロ・ガジェセがセーブする。 さらにこれで得たCKからポートランド・ティンバーズがチャンス。クロスのクリアボールをボックス内でジェレミー・エボビスがダイレクトシュート。しかし、これもGKが再びセーブする。 それでも66分、右CKの流れから、ボックス左からのシュートをGKの前でダリオ・ズパリッチが合わせて勝ち越しに成功する。 オーランド・シティはその後もゴールを目指して攻勢をかけるが、結局そのまま試合は終了。ポートランド・ティンバーズが2-1で勝利した。 ポートランド・ティンバーズ 2-1 オーランド・シティ 【ポートランド】 ラリス・マビアラ(前27) ダリオ・ズパリッチ(後21) 【オーランド】 マウリシオ・ペレイラ(前39) 2020.08.12 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月21日は、“貴公子”ベッカムがLAギャラクシーデビュー!アメリカの地で新たな挑戦が始まる/2007年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月21日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2007年7月21日。元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆ベッカム、アメリカでの新たな挑戦<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuTEJ6ZUtjayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆世界を驚かせたアメリカ移籍 世界的ビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッドのユースで育ち、1992年のデビュー以来、フットボーラーとしての優れた能力と端正なルックスから、世界中でアイドル的人気を誇ったスーパースター・ベッカム。ユナイテッドで活躍した後、2003年には当時“銀河系軍団”として大型補強を繰り返していたレアル・マドリーの一員となった。 2007年マドリーを退団した際、ベッカムが次なる活躍の場として選んだのは、長く「サッカー不毛の地」と呼ばれたアメリカ、MLSだった。ベッカムのほどの選手が、当時人気、レベル共にまだまだ低かったMLSに移籍を決めたことは、サッカーファンのみならず人々を驚かせた。 ◆ヨーロッパのスーパースターたちの新たなキャリアパスの先駆者に ベッカムが移籍したことでMLSへの注目度は大きく上がることに。また国内での注目度も大きく変化し、選手、そしてリーグの親善大使であったベッカムがアメリカのサッカーにもたらした影響は計り知れないものとなった。 さらにベッカムは、ヨーロッパで活躍し、全盛期を終えたスーパースターたちが引退前の数年を過ごすリーグとしてのMLS移籍というオプションを開拓した最初の選手たちの1人となった。例を挙げれば、FWティエリ・アンリやMFフランク・ランパード、そしてMFスティーブン・ジェラードなど、多くのスーパースターたちがベッカムの後を追う形でキャリアの晩年をMLSで過ごすという選択をするきっかけにもなった 現在は今シーズンからMLSへの参入が正式に認められたインテル・マイアミのオーナーとして、また別の形でのアメリカサッカー界に貢献しているベッカム。サッカーの歴史を大きく変えた選手と言ってよいだろう。 2020.07.21 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

MLSが約4カ月ぶりに再開! 開幕戦ではオーランド主将FWナニが1G1Aの躍動!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)が現地時間8日に122日ぶりの再開に漕ぎ着けた。 今年3月1日に開幕を迎えたMLSだが、新型コロナウイルスの影響によって第2節を消化した3月12日から長期の中断に入っている。 その後、通常通りのシーズン消化が困難と判断したMLSは、オールスターゲームを含む3つのカップ戦の開催中止と共に、7月8日からフロリダ州のオーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに全26チーム(25チームに)を集結させ、6つのグループに組み分けした無観客でのサマートーナメントを開催することを決定した。 『MLS is Back Tournament』と冠された今回のトーナメント開催に向けては全所属選手、スタッフに対する再三に渡るPCR検査、厳正なプロトコルに則り、細心の注意を払った中で再開に漕ぎ着けたが、選手とスタッフ11名に陽性反応が確認されたFCダラスの不参加、健康上のリスクを懸念する一部選手の不参加が発表されるなど、多くの課題も表面化していた。 それでも、8日に行われたトーナメント初戦のオーランド・シティvsインテル・マイアミは白熱の一戦に。 ゴールレスで折り返した中、後半立ち上がりの47分にインテル・マイアミが右サイドでの見事な連係から最後はコロンビア人FWフアン・アグデロが記念すべき最初のゴールを奪取。 しかし、ここから反撃に転じたオーランドではキャプテンを務める元ポルトガル代表FWナニが魅せる。まずは70分、左サイドをドリブルで突破してからの正確なクロスでアメリカ人FWクリス・ミューラーの同点ゴールをお膳立て。さらに、10分が加えられた後半アディショナルタイムの97分にはゴール前の混戦から冷静にゴールへ流し込み、劇的な逆転ゴールを奪い、2-1の勝利に大きく貢献した。 なお、同試合前にはジョージ・フロイドさんの死去を受けて、抗議活動が盛んとなっている人種差別撲滅キャンペーンの一環で、100人以上の黒人プレーヤーが同じブラックカラーのTシャツに袖を通してピッチ上に集結し、改めて人種差別撲滅を訴えた。 2020.07.09 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

絶体絶命のピンチをチャンスに! 別格のルーニーが全力スライディングから絶妙ロングフィード【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWで現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで選手兼コーチとしてプレーするウェイン・ルーニーがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド時代に見せたプレーだ。 <div id="cws_ad">◆まさに救世主!ルーニーの猛追からのスーパークロス!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxazBDaktteiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年8月13日に行われたMLS第24節のオーランド・シティ戦、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにルーニーが魅せる。 DCユナイテッドは左CKのチャンスを掴むと、勝ち越しを狙いGKデイビッド・オーステッドまで前線へと上がる。しかし、ボールは相手DFに大きくクリアされ、ボックス外にいた相手MFウィル・ジョンソンへと渡ってしまう。 DCユナイテッド陣内にはGK含めて1人の選手もおらず、絶体絶命と思われたが、ルーニーだけは諦めていなかった。クリアされた瞬間に切り替え、相手を猛追。衝撃のスプリントでハーフウェイライン付近で追いつくと、ジョンソンがやや迷ったところを詰めてスライディングタックルを決める。 笛はならず、ボールはルーニーが拾うと、ドリブルで持ち上がりゴール前の様子を確認。かなりの距離があったものの、右足で正確なクロスを供給すると、これをFWルチアーノ・アコスタが頭で決め、DCユナイテッドは逆転に成功した。 本来ならば、失点のピンチを救っただけでも救世主もののスーパープレーだったが、そこからアシストまで決めてしまうルーニーの破格ぶりが分かるゴールだった。 2020.07.03 18:45 Fri
twitterfacebook