アーセナルで出番失うエジル、フェネルバフチェからの誘いを拒否か

2020.07.21 13:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(31)がフェネルバフチェからの誘いを断ったようだ。ウナイ・エメリ前体制下での不遇を経て、昨年12月から誕生したミケル・アルテタ体制下で出番を増やしたエジル。しかし、新型コロナウイルスによる中断明け後は再び出番がなくなってしまった。

ドイツ『ビルト』によると、そんなエジルに対して、トルコの強豪フェネルバフチェから獲得の打診を受けたが、自らの高給要求が通らなかったため、拒否した模様だ。

なお、エジルはアーセナルから週給39万ユーロ(約4700万円)を受け取っているとされ、残り1年。以前からアーセナルとの現行契約を全うする意向とされ、選手の代理人もそれを示唆している。
コメント
関連ニュース
thumb

トリノ、トレイラ獲得に“複雑な”条件付きレンタルを打診か

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)を狙うトリノが複雑な条件を提示しているようだ。 昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はミケル・アルテタ監督の構想外となり、この夏の退団が確実視されている。12日に行われたプレミアリーグ開幕節のフルアム戦ではメンバー外だった。 アーセナルはトレイラの売却金を2400万ユーロ(約29億8000万円)に設定し、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)獲得費の一部に充てようと考えている模様。しかし、イタリア『トゥットスポルト』の情報によると、トリノはレンタル移籍を打診。買い取りオプションも付くようだが、その行使条件がかなり複雑なものとなっている。 ヨーロッパリーグ出場権や公式戦出場数、ここまではシンプルだが、ゴール数やアシスト数、さらには代表招集の回数まで条件に含め、それらが特定の数字に到達した場合にのみ、買い取り義務が発生する仕組みをトリノ側は提案しているとのこと。 さらにその買い取りにかかる移籍金は、条件達成度合いで上下するのだという。 非常に複雑なオファーだが、トリノはすでにロンドンに代理人を派遣し、残り2週間程となった移籍市場閉幕までに契約をまとめる意向のようだ。 トレイラ本人も移籍に前向きだと伝えられており、他にオファーがなければ取引が実現する可能性が高いと見られている。 2020.09.18 18:17 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがアイスランド代表GKルナルソン獲得へ! 移籍金は200万ユーロ程度に

アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 アーセナルでは昨シーズンのFAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が16日にアストン・ビラに完全移籍。 第3GKにはイングランド人GKマット・メイシー(26)が控えているが、実力不足は否めず。有事に備えてセカンドGKの確保が急務となっている。 そういった中、クラブはディジョンのルナルソンの獲得に迫っており、両クラブは200万ユーロ(約2億4000万円)の条件で合意に至った模様。さらに、ディジョンとパリで行われるメディカルチェックを経て、2025年までの5年契約にサインする見込みだという。 KRレイキャヴィクの下部組織出身のルナルソンは、17歳でプロデビュー。デンマークのノアシェランを経て、2018年夏にディジョンへ完全移籍した。ここまでの在籍2シーズンでリーグ・アン36試合に出場し、60失点。クリーンシート6回を記録している。 ロングパスの精度に優れる一方、肝心のセービングスキルに関しては粗が目立ち、セネガル代表GKアルフレド・ゴミスに正GKの座を明け渡している。 それだけに、フランスメディアの間では今回のアーセナル移籍を疑問視する声も挙がっている。 2020.09.17 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「アーセナルのレジェンドになりたい」新契約締結のオーバメヤンのここまでの功績を振り返る

アーセナルは15日、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)と2024年夏まで契約を延長したことを発表した。 エース、そして主将としてチームを引っ張るオーバメヤンは契約延長にあたって「ティエリ(・アンリ)、ライティー(イアン・ライト)、(トニー・)アダムス、(デニス・)ベルカンプのようなアーセナルのレジェンドになりたい」とコメントしている。 そこで、今回はオーバメヤンがアーセナル加入以来成し遂げてきた功績を振り返っていく。 <div id="cws_ad">◆オーバメヤンが達成した数々の記録をチェック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjWlY2Q3lKeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆アーセナル史上最速でプレミアリーグ50ゴールを達成 オーバメヤンは2018年1月にドルトムントから移籍金5600万ポンド(約77億4000万円)でアーセナルに加入すると、即戦力としてすぐさま活躍し、ここまで公式戦111試合で72ゴールを記録している。 2020年7月1日には、プレミアリーグ第32節のノリッジ戦で2ゴールをマークし、通算79試合目でのプレミアリーグ50ゴール目を記録したが、これはアンリ氏の83試合やライト氏の87試合を上回るクラブ最速での記録達成となった。 (50ゴール達成に要した試合数) 1位:ピエール=エメリク・オーバメヤン(79試合) 2位:ティエリ・アンリ(83試合) 3位:イアン・ライト(87試合) 4位:アレクシス・サンチェス(101試合) 5位:オリヴィエ・ジルー(113試合) ◆FAカップを掲げたクラブ史上初のアフリカ出身キャプテン 2020年8月1日に行われたFAカップ決勝で、アーセナルはチェルシーを2-1で破って勝利。3年ぶりに歴代最多となる14度目の同大会優勝を勝ち取った。 クラブキャプテンとしてトロフィーを掲げたオーバメヤンだが、これはアフリカ出身のキャプテンとしてはクラブ史上初の偉業となった。また、優勝までの道のりでも、準決勝と決勝で2ゴールを記録。これは直近の30年で、同一シーズンのFAカップ準決勝と決勝で2ゴールを挙げた唯一の選手にもなっている。 ◆リーグ開幕戦後のゴール数でベルカンプに並ぶ 2019-20シーズンのプレミアリーグでオーバメヤンは、36試合22ゴールを記録。特に開幕戦からの7試合では、7ゴールをマーク。これは、偉大なレジェンドであるベルカンプ氏が記録した1997-98シーズンに並ぶスタートダッシュとなっている。 在籍わずか2年半で多くの偉業を達成してきたオーバメヤン。今回の契約延長により、さらに多くの記録を作り、クラブの歴史に名を刻むことにますます期待がかかる。今後の活躍に注目だ。 2020.09.16 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、アーセナルGKマルティネスを獲得! 昨季FAカップ制覇に貢献

アストン・ビラは16日、アーセナルからアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億2000万円)となったようだ。 ビラを率いるディーン・スミス監督は、クラブ公式サイトを通じて新守護神の獲得に満足感を示している。 「我々は新しいゴールキーパーのエミリアーノ・マルティネスとの契約に本当に満足している」 「我々はアーセナルが彼をどれだけ高く評価しているかを知っており、昨シーズンはトロフィーを獲得したトップサイドで彼の卓越したパフォーマンスを見てきた」 「まだピークの年齢に達していない、トップクラスのゴールキーパーを獲得することができるのは稀なケースであり、長期的に我々のクラブのキープレーヤーになることができると思い、このチャンスを得た際にエミの獲得のために動いた」 マルティネスは、母国のインデペンディエンテから2010年7月にアーセナルのリザーブチームへ入団。その後、オックスフォード・ユナイテッドやシェフィールド・ウェンズデイ、ロザラム・ユナイテッド、ウォルバーハンプトン、ヘタフェ、レディングへのレンタル移籍を経験していた。 控えGKとして長年苦労してきたマルティネスは、正守護神がケガをしたときに登場するにとどまっていた中、2019-20シーズンはヨーロッパリーグのグループステージ6試合を任されることに。また、ドイツ代表GKベルント・レノがケガをしたことで、中断明けのプレミアリーグ9試合に出場していた。 さらに、FAカップでは全ての試合に出場し見事優勝をたぐり寄せると、今シーズンのコミュニティ・シールドでもゴールを守り、リバプールを下す活躍。しかし、ミケル・アルテタ監督がレノをより高く評価していることもあり、出場機会を求めて今夏の移籍を決断した。 2020.09.16 18:29 Wed
twitterfacebook
thumb

GKマルティネス退団決定のアーセナル、アイスランド代表GKルナルソン獲得でディジョンと協議

アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得に向けてディジョンと協議しているようだ。 アーセナルでは2019-20シーズン、FAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が守護神を確約してもらえなかったことからアストン・ビラ移籍が近づいていると報じられている。 そんな中、15日には自身のインスタグラム(emi_martinez26)で「アーセナルファンが応援してくれたので玄関から出て行くのを幸せに感じる」と語り退団することを報告。今週中にもアストン・ビラ加入が発表されるとみられている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、アーセナルはドイツ代表GKベルント・レノ(28)、第2GKにイングランド人GKマット・メイシー(26)が控える状況だが、この競争に入ることが可能なルナルソンをリストアップしたようだ。 レイキャヴィクの下部組織出身で、17歳でプロデビューを果たしたルナルソンは、ノアシェラン(ノルウェー)への移籍を経て、2018年夏からディジョンでプレー。反射神経に優れているGKで、2019-20シーズンはリーグ・アンで11試合に出場していた。 また、アイスランド代表としても5試合出場。ディジョンとの契約は2年残っている状態だが、将来が期待されている守護神だけに、獲得となれば大きな戦力になりそうだ。 2020.09.16 10:55 Wed
twitterfacebook