“天才”ドリブラー、ベン・アルファが雨の中異次元の長距離弾【ビューティフル・フリーキック】

2020.07.21 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回はバジャドリーの元フランス代表FWハテム・ベン・アルファがマルセイユ時代に決めたフリーキックだ。

◆異次元のロング・フリーキック

2008-09シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のラウンド32でマルセイユはトゥベンテと対戦する。ホームでの1stレグを0-1で落としていたマルセイユは、2009年2月26日に行われた2ndレグでアウェイの地へと乗り込む。

大雨が降りしきる中、前半24分にマルセイユは敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得するが、ゴールまでの距離があり、直接狙える位置ではなかった。

しかし、キッカーを務めたベン・アルファは、小刻みなステップから左足のインサイドで蹴り込むと、少しカーブがかかったシュートは、相手GKの頭上を越え、ファーサイドのゴールポストに当たってゴールネットを揺らした。

信じられないゴールに雨中の観客は大盛り上がり。マルセイユはこの1点を死守すると、120分の戦いの末にPK戦へともつれ込み、PK戦ではベン・アルファもしっかりと決め、ラウンド16へと駒を進めている。
コメント
関連ニュース
thumb

イタリアダービーでネドベド砲炸裂!ジュリオ・セーザルの牙城を破る【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネドベド砲がジュリオ・セーザルの牙城を破る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXRjNlVmhjaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代、無尽蔵のスタミナやチェコの大砲と呼ばれる強烈なシュートを武器に大活躍したネドベド氏だが、キック精度の高さにも定評があった。 2005年10月2日に行われたセリエA第6節のインテル戦では、ライバルであるインテル相手に直接FKを沈めている。 FWダビド・トレゼゲのゴールで先制したユベントスは34分、ゴールやや左、ペナルティーアーク手前の位置でFKのチャンスを獲得する。 雨が降りしきる中、FWズラタン・イブラヒモビッチとともにボールの近くに立ったネドベドは、助走から右足を一閃。巻いて落とすシュートを選択した。 壁をギリギリ超える低弾道のシュートは、スピードを落とすことなくゴールへと向かい、ゴール左に突き刺さった。 ネドベドの直接FKで貴重な追加点を獲得したインテルはそのまま2-0で勝利。イタリアダービーで勝ち点3を獲得している。 2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

聖地ウェンブリーでスパーズ相手にマルコス・アロンソの左足が炸裂【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回はチェルシーのスペイン人DFマルコス・アロンソが聖地ウェンブリーで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆聖地ウェンブリーでマルコス・アロンソの左足が炸裂<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJISVNSZjkxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーのレジェンドであるマルキートス氏を祖父に、アトレティコ・マドリーやバルセロナで活躍した名サイドアタッカーのペーニャ氏を父親に持つサラブレッドのマルコス・アロンソ。 2016年夏に加入したチェルシーではここまで公式戦148試合に出場。プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップの3つのタイトル獲得に貢献してきた。 2017年8月20日に行われたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦では、見事なFKを含む2ゴールでチームの勝利に貢献している。 マルコス・アロンソは左のウィングバックで先発出場すると、24分、ボックス手前右でDFダビド・ルイスが得たFKを完璧な軌道を描いたシュートでゴール右上に流し込んだ。 その後チェルシーは同点に追いつかれたものの、88分にFWペドロのスルーパスでボックス左に抜け出したマルコス・アロンソがシュートを流し込み、2-1で勝利している。 このシーズンのマルコス・アロンソは、トッテナム戦含め4本の直接FKを沈めている。 2020.08.05 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

名手ハンダノビッチも混乱!エトー、パロンボ、エデルの幻惑FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に所属する元イタリア代表FWエデルがサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆サンプのトリックPKでハンダノビッチの牙城を崩す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4cG0xdERxaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した後、2018年から中国でプレーしている。 サンプドリア時代の2015年3月22日に行われたセリエA第28節のインテル戦では、後の移籍先から圧巻のFKを決めている。 両者ともに惜しいシュートはありながらも、スコアレスで迎えた65分、サンプドリアはバイタルエリア左手前でFKのチャンスを獲得する。 ボールの周りにFWサミュエル・エトー、MFアンジェロ・パロンボ、エデルの3人が集まると、エトーがわずかにボールを動かし、それをパロンボが止める。そこに走り込んだエデルが思い切り右足を振り抜いた。 このFKに相手GKサミル・ハンダノビッチがやや虚を突かれた格好となり、少し前に出てきたハンダノビッチの手が届かないゴール右へと突き刺さった。 連携したキックで名手ハンダノビッチから貴重な先制点を奪ったサンプドリアがそのまま1-0で勝利し、勝ち点3を獲得している。 2020.08.05 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今季はボーンマスへレンタル!リバプールの逸材ハリー・ウィルソンがオールド・トラフォードで沈めた長距離無回転FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボーンマスのウェールズ代表FWハリー・ウィルソンがダービー・カウンティ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジャイキリ呼び込むウィルソンのブレ球シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrZ0V1RU9ZSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールの下部組織育ちのウィルソンは、これまでローン移籍を繰り返して経験を積んできた若手アタッカーだ。昨シーズンはダービー・カウンティでプレーし、チャンピオンシップ(イングランド2部)で40試合に出場。15得点3アシストを記録し、チームの中心として活躍した。 中でも2018年9月25日に行われたEFLカップ3回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦ではチームのジャイアントキリングを呼び込む圧巻のFKを決めている。 オールド・トラフォードで行われたこの試合、1点ビハインドで迎えた59分にダービーがバイタルエリア右手前の位置でFKを獲得する。 ゴールまでやや距離はあったものの、ハリー・ウィルソンが思い切り左足を振り抜くと、無回転のシュートは想像もつかない軌道で、ユナイテッドのGKセルヒオ・ロメロが一歩も動けないまま、ゴール左上へと突き刺さった。 同点に追いつかれたユナイテッドはここから主力を投入するも、2-2で90分間の戦いを終える。 その後のPK戦ではユナイテッドの8人目のキッカーを務めたDFフィル・ジョーンズが失敗し、フランク・ランパード率いるダービーが恩師ジョゼ・モウリーニョ率いるユナイテッド相手にジャイアントキリングを達成した。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

異名は”天使の足”元G大阪マルセリーニョ・カリオカの重力を無視した30mFK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWマルセリーニョ・カリオカ氏がコリンチャンス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆元G大阪マルセリーニョ・カリオカの重力を無視した30mFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRajhjQk9oOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセリーニョ氏は現役時代ブラジルの複数クラブでプレー。コリンチャンスでの活躍が長かったが、2002年にはJリーグのガンバ大阪でもプレーした。 プレースキックの精度が非常に高く”天使の足”の異名を取ったマルセリーニョ氏だが、1995年に行われたカンピオナート・パウリスタのサンパウロ戦では、その異名にふさわしい見事なFKを決めている。 ゴールまで30mはありそうな位置だったものの、マルセリーニョは迷うことなく右足を一閃。重力を無視するようなノビのあるシュートがゴール右上へと突き刺さった。 このゴールに、マルセリーニョは喜びのあまりセレブレーションでコーナーフラッグを破壊。観客も信じられない一撃に大盛り上がりであった。 2020.08.04 15:00 Tue
twitterfacebook