ボルシアMG、ライプツィヒからローゼ監督の愛弟子ヴォルフ獲得へ!

2020.07.09 21:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGがRBライプツィヒに所属するオーストリア代表MFハンネス・ヴォルフ(21)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。2014年にレッドブル・ザルツブルクのユースチームに加入したヴォルフは2016-17シーズンにトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼を武器にボールのオン・オフに限らず決定機を演出する攻撃的なMFは、オーストリア代表の今後を担う逸材として大きな期待を集めていた。

しかし、昨夏に加入した兄弟クラブのライプツィヒでは、U-21欧州選手権で負った骨折の重傷によってシーズン前半戦をほぼ棒に振る不運もあり、一転して厳しい日々を過ごすことに。

昨年12月にようやく新天地デビューを飾ったものの、コンディションの問題やユリアン・ナーゲルスマン監督の求める戦術に適応し切れず、加入1年目はブンデスリーガでわずか5試合の途中出場にとどまった。

そういった事情もあり、今後もライプツィヒでの去就が不透明なヴォルフに対して、オファーを掲示したのが、ザルツブルク時代の恩師であるマルコ・ローゼ監督が率いる今シーズンのブンデスリーガ4位のボルシアMGだ。

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)参戦に向けて前線の新たな攻撃オプションを求めるローゼ監督は、自身の戦術を深く理解する教え子に白羽の矢を立てたようだ。

なお、今夏の補強資金が必要なライプツィヒは完全移籍での売却を望んでいるものの、財政面で余裕のボルシアMGが掲示した買い取りオプション付きのレンタル移籍という条件に応じる構えだという。
コメント
関連ニュース
thumb

衝撃の50ヤード弾!ドイツ代表期待の星が決めた超ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボルシアMGのドイツ人MFフロリアン・ノイハウス(23)が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ノイハウスが決めた衝撃の50ヤード弾!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEUlc4dzhlQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツ3部1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたノイハウスは2017年夏にボルシアMGに加入。デュッセルドルフでのレンタルを経て、ファーストチームに定着している。 期待の若手MFとしてここまで公式戦75試合10ゴール14アシストを記録しているノイハウスだが、2020年1月25日に行われたブンデスリーガ第19節のマインツ戦では、衝撃のロングシュートを決めている。 マインツに先制されながらも2-1とボルシアMGが逆転に成功して迎えた88分、ロングボールがマインツ陣内に放たれる。これをマインツGKがボックスから飛び出し、ヘディングでクリアする。 しかし、このボールをセンターサークル付近にいたノイハウスが拾うと、華麗なターンで相手をかわし、その位置から右足で直接ゴールを狙う。正確にゴールに向かって放たれたロングシュートは、懸命にゴールに戻るGKの頭上を越え、ゴールネットに吸い込まれた。 これで相手を突き放す3点目を奪ったボルシアMGが3-1で勝利している。 2020.10.05 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが好発進!レイナのブンデス初弾とハーランドのドッペルパックでボルシアMGに快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、ドルトムントvsボルシアMGが19日に行われ、3-0で快勝した。 昨季ブンデスリーガ2位のドルトムントと4位のボルシアMGによる好カード。 バイエルンと優勝を争うことが期待されるドルトムントは、先週行われたDFBポカールのデュイスブルク戦では期待の超新星ベリンガムが早速デビューゴールを挙げるなど、5-0の圧勝を飾った。そのドルトムントは、デュイスブルク戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 一方、4部相手のDFBポカール初戦を8-0と圧勝したボルシアMGは、ドルトムントに合わせて[3-5-2]を採用。シュティンドルとヴォルフの2トップで臨んだ。 2トップにハーランドとサンチョを据え、ベリンガムとレイナをインサイドMFに据えたドルトムントが仕掛ける入りとなった中、15分にアクシデント。左サイドのT・アザールが右足太ももを痛め、パスラックとの交代を強いられた。 それでも22分に最初のチャンス。パスラックの浮き球パスに抜け出したハーランドがボックス左に侵入し、決定的なシュートに持ち込んだ。 それでも35分にゴールをこじ開ける。ボックス中央でルーズとなったボールをベリンガムが拾い、スルーパス。これを受けたボックス右のレイナがゴール左に蹴り込んだ。 レイナのブンデス初弾で先制したドルトムントは続く40分にサンチョが際どいヘディングシュートを浴びせて追加点に迫ったのに対し、ボルシアMGは42分に同点のチャンス。だが、右サイドのライナーがカットインから放ったミドルシュートはGKビュルキにセーブされ、ドルトムントの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ドルトムントは52分にVARの末にPKを獲得する。ボックス内でレイナがベンセバイニに倒されたプレーがPKとなり、これをハーランドが決めて加点した。 2点を追う展開となったボルシアMGがテュラムとプレアを投入したのに対し、ドルトムントが78分に勝負を決定付ける。高速ロングカウンターからサンチョが持ち上がってスルーパスを送り、最後はハーランドが決めきった。 このままドルトムントが3-0で快勝。若手スター選手たちが躍動したドルトムントが好スタートを切っている。 2020.09.20 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがインテルからラザロをレンタル!

ボルシアMGは20日、インテルからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ザルツブルクの下部組織出身のラザロは昨夏にインテルに加入するも、熾烈なレギュラー争いに敗れ、冬の移籍市場でニューカッスルに移籍。公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。 2017年夏から2年間ヘルタ・ベルリンでプレーしていたラザロにとって1年ぶりのドイツ復帰。ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エバール氏は「彼は用途に富んだプレイヤーであり、チームに強さと厚みをもたらしてくれるだろう」と評価している。 なお、ドイツ『キッカー』によれば、レンタル料は推定120万ユーロ(約1億5000万円)で、1500万ユーロ(約18億8000万円)の買い取りオプションが付随するようだ。 2020.08.20 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アタッカー補強目論むレバークーゼン、ラザロ争奪戦参戦か!?

レバークーゼンがインテルに所属するオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)の獲得レースに参戦する可能性が浮上した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨夏にインテルに加入したラザロだったが、熾烈なレギュラー争いに敗れると出場機会を求め、今冬にニューカッスルへレンタル移籍。ニューカッスルでは、公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。 今冬に獲得した元イングランド代表MFアシュリー・ヤングや元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスの活躍により新シーズンも構想外とみなされているラザロには、RBザルツブルクで一度指導を受けたマルコ・ローゼ監督率いるボルシアMGやRBライプツィヒが獲得に関心を示しているとされている。 そんな中、『ビルド』は新たにレバークーゼンも獲得レースに名乗りを挙げたと伝えた。同紙によれば、買取オプション付きのレンタル移籍での獲得を目指すボルシアMG、ライプツィヒに対し、完全移籍での獲得を目指すレバークーゼンは、チェルシーへの移籍が噂されるドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の移籍が完了次第、インテルが求める2000万ユーロ(約25億円)の移籍金を準備するとのことだ。 2020.08.14 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のギンター、ボルシアMG残留を宣言

ドイツ代表DFマティアス・ギンター(26)がボルシアMG残留を強調した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 20歳の時に若くしてドイツ代表に選出され、2017年夏に加入したボルシアMGでも不動の地位を築いているギンター。今季もブンデスリーガ31試合に出場し、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した190㎝のセンターバックには多くのビッグクラブが関心を示しており、インテルは4000万ユーロ(約49億7500万円)の移籍金と800万ユーロ(約9億9400万円)の年俸を用意しているとも伝えられている。 だがギンターは『キッカー』のインタビューで「間違いなくボルシアMGに残るよ」と、移籍の可能性を否定。クラブが秘める可能性に期待しているようだ。 「もちろんいろんなクラブが関心を持ってくれることには感謝しているよ。でもボルシアMGで幸せなことも何度も言ってきたよね」 「今のチームは凄いポテンシャルを秘めてるんだ。監督も僕たちにとって大きな存在だ」 「クラブは素晴らしいファンとこの環境で何かを成し遂げようとしている最中だ。その中で僕も大きな目標を持っているし、契約も残ってるからね」 2020.08.03 18:03 Mon
twitterfacebook