FC東京がCKから渡辺剛の一撃、数的不利の柏を寄せ付けず開幕連勝《J1》

2020.07.04 22:17 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
4日、明治安田生命J1リーグ第2節の柏レイソルvsFC東京が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でFC東京が勝利した。

2月21日に開幕を迎えたJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、ついに再開となった。

J1に昇格したシーズンながら、開幕戦は北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴールを記録して勝利。スタメンは2人変更し、MF三原雅俊、FWクリスティアーノが外れ、MF大谷秀和、MFマテウス・サヴィオが入った。

対するFC東京は、清水エスパルス相手に3ゴールを記録し勝利。開幕から4人を変更し、DF中村帆高、MF橋本拳人、MF三田啓貴、FW田川亨介が外れ、DF小川諒也、MF安部柊斗、MF東慶悟、MFアダイウトンが起用された。

立ち上がりから、互いに主導権を握ろうとする展開を見せる中、[4-3-3]でスタートしたFC東京が、開始数分で[4-4-2]へとシステムを変更。柏の攻撃に対応していく。すると11分、すでにイエローカードをもらっているヒシャルジソンがディエゴ・オリヴェイラにアフタータックル。ディエゴ・オリヴェイラは右ヒザを痛め、一時ピッチ内が騒然となる。

徐々にFC東京がペースを掴む中25分、レアンドロの縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがヒシャルジソンと染谷を相手にドリブルで突破。GKキム・スンギュとの一対一となるが、シュートをキム・スンギュがセーブし、得点を許さない。しかし28分、ディエゴ・オリヴェイラはヒシャルジソンのタックルを受けたヒザの痛みを訴え、田川と交代する。

ポゼッションは柏が握っているものの、なかなかFC東京ゴールへ迫ることができない。一方のFC東京は、中盤でしっかり守備対応するも、そこから攻撃にうまく移ることができない。

前半はゴールレスで終えた試合。後半は柏が立ち上がりから攻め込む展開となる。49分、右サイドから高橋がクロス。これを中央で江坂が浮かせるとオルンガが合わせに行くが、わずかに届かず決定機とならない。

50分、瀬川と高萩の頭部が空中で激突。互いにピッチに倒れ込むが、無事にプレーに戻る。

53分には右サイドでボールを持った室屋が見せる。ドリブルでカットインと見せかけて縦へと仕掛けると、対応にきたヒシャルジソンをかわしボックス内へ。倒れ込むも、そのままシュートを放ちCKを獲得。そのCKから最後はアダイウトンがボックス中央へドンピシャヘッド。しかし、GKキム・スンギュがビッグセーブを見せて得点を許さない。

柏は56分にチャンス。東の背中に当たったボールがオルンガに渡ると、オルンガ独走。森重がカバーに入るも、そのままオルンガがシュート。しかし、枠を外れる。57分には東京陣内で柏がパスを回すと、江坂のクロスをオルンガがヘッド。しかし、これも僅かに枠を外れる。

押し込む展開が続く柏だったが60分、ヒシャルジソンがアダイウトンを後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらって退場に。このFKをレアンドロが直接狙うも、壁に当たりCKとなる。

このCKから小川がクロスを上げると、ファーサイドで森重が頭で折り返すし、最後は渡辺が飛び込んで押し込みFC東京が先制する。

先制を許した柏はマテウス・サヴィオに代えて戸嶋、大谷に代えて神谷を投入。すると74分にFKから神谷がGKとDFラインの間にクロス。これをオルンガが合わせに行くが、わずかに届かない。

FC東京はビッグチャンス。右サイドの室屋からのグラウンダーのクロスを田川が合わせたが、GKキム・スンギュが肩で止め、追加点を許さない。

その後もオルンガにボールを集めてゴールを目指す柏だったが、最後までFC東京の守備陣を崩せず。そのまま試合は終了し、0-1でFC東京が開幕から連勝を飾った。

柏レイソル 0-1 FC東京
【FC東京】
渡辺剛(後17)

関連ニュース
thumb

福岡、元カメルーン代表FWジョン・マリが完全移籍で復帰「アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして」

アビスパ福岡は7日、サウジアラビアのアル・シャバブから元カメルーン代表FWジョン・マリ(29)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「45」をつけることとなる。 ジョン・マリは、ブリーラム・ユナイテッド、バンコク・クリスチャン・カレッジ、クラビー、プラチュワップとタイのクラブや、ヴォイヴォディナ(セルビア)、ルダル・ヴェレニエ(スロベニア)と渡り歩くと、中国の梅州客家、深圳でプレー。2021シーズンは福岡へ期限付き移籍で加入していた。 アフリカ人選手特有の並外れた身体能力を持つジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで2試合2得点、天皇杯で1試合に出場した。 期限付き移籍満了となり福岡を退団すると、アル・シャバブへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では2試合に出場し1ゴールを記録していた。 半年ぶりに福岡に復帰するジョン・マリはクラブを通じてコメントしている。 「再び声をかけてくれたことを、私、そして私のファミリーも、とても嬉しく光栄に思っています」 「チームを勝利へ導くためにピッチ内外問わず、アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして戦っていきます。そしてファン・サポーターの皆さんとまた会えるのがとても楽しみです」 2022.07.07 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋MF阿部浩之が湘南へ期限付き移籍「とにかく勝つことにこだわる」

湘南ベルマーレは7日、名古屋グランパスのMF阿部浩之(33)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2023年1月31日までとなる。背番号は「49」。13日までは名古屋の活動に参加する予定とのことだ。 阿部は大阪桐蔭高校から関西学院大学を経て、2012年にガンバ大阪へと入団。6シーズンを過ごすと、2017年に川崎フロンターレへと完全移籍。3シーズンプレーし、2020年に名古屋へと加入していた。 これまで名古屋ではJ1通算50試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで8試合1得点、天皇杯で4試合2得点を記録。今季も公式戦23試合に出場し4得点を記録していた。 阿部は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「湘南ベルマーレのサポーターの皆さん、はじめまして阿部浩之です。とにかく勝つことにこだわり、皆さんと一緒に闘いたいと思います!よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「湘南ベルマーレに期限付き移籍することになりました。グランパスに来てすぐにコロナ禍になってしまい、制限の多い中でも常に応援してくれたファミリーのみなさんには感謝しています」 「ただ、満員の豊田スタジアムで自分のチャントを聞けなかったことが心残りです。2年半応援してくださり、ありがとうございました!」 2022.07.07 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

7年ぶり湘南復帰のMF永木亮太が名古屋へ期限付き移籍「一番は申し訳ない気持ち」

名古屋グランパスは7日、湘南ベルマーレのMF永木亮太(34)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2023年1月31日までとなる。背番号は「20」。 永木は東京ヴェルディ、川崎フロンターレの下部組織で育ち、中央大学を経て2011年に湘南へと入団する。 チームの中心選手として5シーズンにわたってプレーすると、2016年に鹿島アントラーズへと完全移籍。鹿島でも中盤で存在感を発揮し、6シーズンプレーした中、今シーズンんから湘南に復帰し話題を呼んでいた。 しかし、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで6試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で2試合に出場し1得点に終わっており、今回名古屋へと期限付き移籍することとなった。 永木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「このたび、湘南ベルマーレから期限付き移籍で加入することになりました、永木亮太です。自分の持っている力を100%出して、チームの勝利に貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、名古屋グランパスに期限付移籍をすることになりました。湘南に戻ってきて、なかなかチームの力になれずに、悔しさや不甲斐なさがたくさんありましたが、一番は申し訳ない気持ちです」 「ただ、湘南で過ごしたこの短い期間でもたくさんのことを学べましたし、成長できたところもありました」 「次のチームでまた元気にプレーしている姿を見せられるように頑張ります!本当に短い間でしたがありがとうございました」 なお、チームへの合流は9日に予定されている。 2022.07.07 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

活動停止中の鳥栖、新たに2選手が新型コロナ陽性…7日から活動は再開

サガン鳥栖は7日、トップチームの2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けることを発表した。 6日に選手1名が発熱の症状を訴え、医療機関にてPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 さらに、7日にトップチームの関係者が民間検査機関にてPCR検査を実施。新たに選手1名が陽性判定を受け、医療機関で陽性診断を受けた。なお、濃厚接触者はいないという。 鳥栖は、2日に選手2名が陽性、3名が濃厚接触者となると、4日に選手5名、スタッフ1名が陽性となり、チーム活動が停止。6日の川崎フロンターレ戦が中止となっていた。 なお、今回の陽性者でチームの活動に影響はなく、7日より再開しているとのこと。10日のホーム・柏レイソル戦に向けて準備を進めるという。 2022.07.07 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が福岡MF重廣卓也を完全移籍で獲得「持てる力を全て出し尽くす」

名古屋グランパスは7日、アビスパ福岡のMF重廣卓也(27)が完全移籍で加入することを発表した。チームへの合流は9日になる。 重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学を経て、2018年に京都サンガF.C.へと入団する。 京都では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで61試合に出場し5得点。天皇杯で1試合に出場し、2020年に福岡へ完全移籍した。 福岡では1年目に明治安だJ2で19試合に出場し1得点を記録。チームのJ1昇格に貢献すると、2021シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場。しかし、今季はここまで公式戦6試合の出場に終わっていた。 重廣は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さま、はじめまして。アビスパ福岡から加入することになりました重廣卓也です」 「名古屋グランパスという歴史あるクラブでプレー出来ることに感謝し、自分の持てる力を全て出し尽くし、クラブに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆アビスパ福岡 「この度、名古屋グランパスへ完全移籍する事になりました。アビスパ福岡に在籍していたこの2年半でJ2からJ1昇格という貴重な経験をさせていただき、僕にとってとても大きな財産になりました」 「そして、共に戦ったチームメイト、スタッフの方々にはすごく恵まれていて、とてもいい環境で毎日楽しくサッカーをする事が出来ました」 「また、いつも応援してくださった、ファン・サポーターの皆さん、試合で勝った時の喜びや興奮、負けた時の悔しさや悲しみを一緒に分かち合えたことは僕にとってかけがえのない時間となりました」 「大好きなこの福岡の地を離れるのは寂しいですが、ここでの経験を活かして、次のステージで頑張りたいと思います」 「最後になりますが、この2年半で僕を支えてくださった方々、そしていつも熱いエールを送ってくださったファンの方々、本当にありがとうございました」 2022.07.07 18:39 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly