モラタ&コケ弾で久保擁するマジョルカ撃破のアトレティコが来季CL出場権確保に前進!《ラ・リーガ》

2020.07.04 07:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリーvsマジョルカが3日に行われ、3-0でアトレティコが勝利した。マジョルカの久保建英はフル出場している。

リーグ戦11試合無敗中の3位アトレティコ・マドリー(勝ち点59)が、奇跡の残留を目指す18マジョルカ(勝ち点29)をワンダ・メトロポリターノに迎えた一戦。

ミッドウィークに行われたバルセロナ戦をドローで終え、リーグ戦の連勝がストップしたアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。ジエゴ・コスタやコレア、トーマス、S・アリアスらに代えてフェリックスやモラタ、コケ、トリッピアーらをスタメンで起用した。

前節のセルタ戦で4ゴールに関与した久保が2トップーの一角で先発したマジョルカに対して、アトレティコは23分に最初のチャンスを迎える。フェリックスのスルーパスでボックス左横に抜け出したカラスコがマイナスに折り返すと、ボックス左に走り込んだフェリックスがワントラップからシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。

すると直後の25分、アトレティコはボックス右から仕掛けたモラタがセドラルに倒されてPKを獲得。しかし、モラタのPKはGKマノロ・レイナのファインセーブに阻まれたが、VARの結果、主審はGKマノロ・レイナの両足がゴールライン上から離れていたとしてやり直しを認めた。2度目のPKはモラタがゴール左上に突き刺した。

先制点を許したマジョルカは、久保のドリブルを活かして攻撃を組み立てるが、なかなか決定機まで持ち込むことができない。

このまま前半終了かと思われたが、アトレティコが終了間際に追加点を奪う。前半アディショナルタイム4分、相手ボックス付近でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コケのパスでボックス右で受けたM・ジョレンテがライン際まで持ち上がり折り返しを供給。セドラルの背後を取ったモラタがそのままダイレクトでゴールに流し込んだ。

迎えた後半、2点を追うマジョルカがボールを持つ流れとなった中、58分にボックス右深くから侵入した久保が左足でゴールを狙ったが、このシュートはホセ・ヒメネスのブロックに阻まれた。

その後も一進一退の拮抗した展開が続く中、アトレティコはクーリングブレイク直後に試合を決定づける3点目を奪う。79分、右サイドでボールを受けたトリッピアーがダイレクトで前線にロングパスを送ると、イドリス・ババの中途半端なクリアに反応したコケがボックス手前からダイレクトシュート。これがボックス内のサストレにディフレクトしてゴール左に吸い込まれた。

結局、試合は3-0でタイムアップ。ホームで3発完勝のアトレティコが、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に前進。一方のマジョルカは、残留ラインの17位セルタとの勝ち点差を縮められず残留に向けて厳しい状況が続いている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ会長、ハメスの獲得を否定「計画に加わると思えない」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長が、レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(29)の獲得を否定した。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、2年間のレンタル期間を過ごしたバイエルンを去り、マドリーへ復帰したハメス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と目されていたことから、アトレティコやナポリ行きの可能性も取り沙汰されたが、最終的には残留を決断した。 しかし、シーズン序盤戦こそ出場機会を手にしていたハメスだったが、昨年11月の負傷を機に出場機会が激減。ラ・リーガ第34節以降は自己志願でベンチ外となっていた。 今夏も退団が濃厚と見られ、新天地を探しているハメスだが、アトレティコ移籍の可能性が再浮上。コロンビアメディアでは移籍オペレーションが80%進んでいるとも報じられていたが、セレソ会長は「ハメスがアトレティコ・マドリーの計画に加わるとは思えない」と獲得の可能性を否定した。 なお、ハメスの新天地候補としてマンチェスター・ユナイテッドやエバートン、ウォルバーハンプトンが関心を示しているとみられている。 2020.08.06 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア、チェルシー関心のオブラクに「移籍する必要はない」

アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが同僚のスロベニア代表GKヤン・オブラクの残留を希望した。 長年、退団の可能性が取り沙汰されているオブラク。今夏の移籍市場でもスペイン代表GKケパ・アリサバラガのパフォーマンスに満足していないチェルシーが大金を用意しているとも報じられている。 スペイン『マルカ』の単独インタビューに応じたコレアは、オブラクを「彼のようなGKを見たことがない」と称え、残留を希望している。 「僕たちは彼と一緒にいられて嬉しいよ。彼はたくさん守ってくれている。僕らのために長年、多くのポイントを獲得してくれたGKだ。彼はここでとても幸せだし、マドリッドでの生活が大好きだと思う」 「彼は全てを兼ね備えているからNo.1だね。世界最大のクラブが彼を望んでいるけど、アトレティコにいるから移籍する必要はないよ」 また昨夏、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(現レートで約156億3000万円)でベンフィカから加入し、ラ・リーガ27試合で6ゴール1アシストを記録したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについても言及している。 「アトレティコ・マドリーのストライカーになるのは簡単ではないけど、彼には多くの才能がある。優秀で人の意見を聞けるグッドボーイだ。少しずつ実力を発揮するだろう。そして、アトレティコの人々をたくさん喜ばしてくれると思うよ」 2020.07.31 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得に貢献のホセ・ヒメネス「僕らは目標を達成できた」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスがスペイン『マルカ』のインタビューに応じた。 昨夏にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが旅立ったアトレティコは今シーズンのラ・リーガで得点力に苦しみながらも、勝ち点70で3位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16では前回覇者のリバプールを撃破している。 そうしたなか、守備の要としてここまで公式戦26試合に出場しているヒメネスは、今シーズンの結果について、目標を達成できたとコメントしている。 「多くの人が僕らを信じていなかったけど、リーグ戦での目標は達成できた。それはシーズンの最初に僕たち自身が設定したものだ。素晴らしいチーム力で達成できて、とても嬉しいよ」 「チーム全員、競争するためにここにいて、上手くやっている。お互いに競争することでチームとして成長する。試合でやりたいことをするために確実に役立つよ。全員同じ考えを共有している」 また、アトレティコは8月から再開するCLで勝ち残っている。ベスト8で対峙するライプツィヒについて、攻撃的なチームだと印象を語っている。 「非常に難しい試合になるだろう。準々決勝に残っているチームは非常にタフだ。ラウンド16では非常に難しい相手と対戦したが、我々の状態の良さを示した。ライプツィヒは非常に攻撃的なチームだ。ラインが非常に高い」 「我々がいつも示している強さを見せなければいけない。僕たち1人1人がやらなければならないいけないことに集中すれば、きっとうまくいくだろう」 2020.07.31 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元ポルトガル代表MFチアゴがヴィトーリア・ギマランイスの新監督に就任、ユベントスやアトレティコでプレー

ヴィトーリア・ギマランイスは29日、元ポルトガル代表MFチアゴ・メンデス氏(39)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年間となる。 チアゴは、ブラガやベンフィカでプレーした後、2004年7月にチェルシーへと完全移籍。その後、リヨン、ユベントス、アトレティコ・マドリーでプレーし、2017年7月に現役を引退していた。 引退後は、ディエゴ・シメオネ監督の下でアトレティコでアシスタントマネージャーを務めていた。 現役時代はラ・リーガで最もプレーし175試合に出場し17ゴール12アシスト。ポルトガル・プリメイラ・リーガでは61試合で8ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも52試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 また、ポルトガル代表としても66試合に出場し3ゴールを記録していた。 チアゴは、監督キャリアは初のこと。今シーズンはリーグ戦を7位で終えていた。 2020.07.29 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルのトーマス獲得は依然難航 アトレティコが61憶円の支払い要求譲らず

アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)を今夏のターゲットとして定め、獲得に動くアーセナルだが、2度目のオファーも不発に終わってしまったようだ。 アトレティコ下部組織出身のトーマスはマジョルカやアルメリアでの武者修行を経て、2015年に復帰すると、2017-18シーズンから本格的にレギュラー格に。アフリカ人特有の身体能力と確かな足下の技術を兼備したディフェンシブMFとして、今やアトレティコで欠かせない選手の1人だが、日を追うごとに移籍が噂されるようになり、今夏の移籍市場でアーセナルの根強い関心が取り沙汰されている。 イギリス『ガーディアン』によると、ディフェンシブMFのポジションを強化ポイントに挙げるアーセナルは推定5000万ユーロ(約61億7000万円)ともいわれる契約解除金の支払いを嫌い、2週間前に移籍金2500万ユーロ(約30億8000万円)+選手1人のオファーを打診して、アトレティコが拒否。新たに前回と同額の移籍金にフランス代表MFマテオ・グエンドウジ(21)の譲渡を含めたオファーを提示した模様だ。 しかし、2度目のオファーも27日に契約解除金を満たす条件でない限り、手放さない姿勢を取り続けるアトレティコから再び門前払いを食らったという。既報で新型コロナウイルス感染拡大による財政圧迫で限られた予算で立ち回る必要性も指摘されるアーセナルだが、トーマス獲得の策は残されているのだろうか 2020.07.28 17:45 Tue
twitterfacebook