ナニが中断期間で肉体改造!C・ロナウドばりのシックスパックを披露

2020.07.01 20:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ポルトガル代表MFナニ(33)が変貌を遂げている。

スポルティングの下部組織出身のナニは、2007年に加入したマンチェスター・ユナイテッドで8年間に渡り活躍。

その後は、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオを渡り歩き、古巣のスポルティングへ復帰した後、2019年からMLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティでプレーしている。

◆ナニのMLSでの輝き

MLSは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって3月12日から長期の中断に入っており、7月8日の再開に向けて動いている。

ナニはこの中断期間を利用してウエイトトレーニングに励んだようだ。自身のインスタグラム(luisnani)で上半身裸の写真を投稿している。

元々、テクニックやスキルを武器とするナニは、サッカー選手の中では比較的線が細い方であったが、今回の写真では、腹筋が見事に6つに割れており、肩や腕も明らかに逞しくなっている。

マッチョなサッカー選手と言えば、ナニの同胞であるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがいる。C・ロナウドはトレーニングギア『SIXPAD』のCMにも出演しているが、ナニもその座を狙っているのかもしれない。
この投稿をInstagramで見る

Day off vibes #MLSisBack #OrlandoCity #dayoff #relax

Luís Nani(@luisnani)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルの魔術師クアレスマが十八番のアウトサイドキックで代表初ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はカスムパシャに所属するポルトガル代表MFリカルド・クアレスマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆魔術師・クアレスマが魅せた衝撃アウトサイドシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxazBDaktteiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたクアレスマは、バルセロナやポルト、インテル、チェルシーを渡り歩き、2010年にベシクタシュ加入。その後、アル・アハリやポルトを経て、2015年夏にベシクタシュ復帰を果たすと、今シーズンからはスュペル・リグのカスムパシャでプレーしている。 また、ポルトガル代表としては、ユーロに3大会連続で出場し、2016年のフランス大会では初優勝に貢献。通算で80試合に出場し10ゴールを決めている。 中でも代表初ゴールだった2007年3月24日の欧州選手権(EURO)予選ベルギー代表戦でのゴールは見事だった。 ポルトガル2点リードの69分、カウンターのチャンスを得たポルトガルは、FWクリスティアーノ・ロナウドが敵陣右サイドのクアレスマへとパス。クアレスマはファーストタッチで大きく切り返すと、ボックス右端からそのままアウトサイドキックでゴールを狙った。 綺麗なアウト回転が懸かったシュートは、ゴール左隅に吸い込まれ、れには相手GKもただ茫然と見送るしかなかった。 クアレスマは、アウトサイドだけでなくラボーナや変幻自在のドリブルを得意としており、「魔術師」の異名を持っている。 2020.07.03 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表、サントス監督と2024年まで契約延長! ユーロ&UNL初制覇に導いた名将

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は16日、同国代表を率いるフェルナンド・サントス監督(65)との契約を2024年まで延長したことを発表した。 サントス監督の現行契約は2020年6月末となっていたが、今回結んだ長期契約により、来夏に1年延期されたユーロ2020、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に加え、ユーロ2024までポルトガル代表を指揮することになった。 これまでポルト、スポルティング・リスボン、ベンフィカと国内の名門3クラブの指揮官を歴任したサントス監督は、2014年9月にパウロ・ベント前監督の解任を受けてポルトガル代表監督に就任。2016年に行われたユーロ2016では同国に初優勝をもたらした。 2018年のロシアW杯はベスト16敗退となったものの、2018-19シーズンに新設されたUEFAネーションズリーグでは、再び初代王者に導く見事な手腕を発揮。ここまでの通算戦績は45勝12敗14分けとなっている。 2020.06.17 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ再開も、ホームゲーム開催のために島から1400km以上離れた本土へ移動するクラブが

リーグ戦再開が決定しているポルトガル・プリメイラリーガ。しかし、あるクラブにとっては、大きな困難が待ち受けていた。 ポルトガル・プリメイラリーガは、6月4日からリーグ戦を再開すると発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦がストップしていたものの、ヨーロッパではドイツのブンデスリーガが今週末から再開。ポルトガルも続きたい考えを持っている。 しかし、サンタ・クララはこの決定で大きな足かせをつけられることとなってしまった。 サンタ・クララの本拠地は、アゾレス諸島のポンタ・デルガタにある。アゾレス諸島は、大西洋の中央部に位置し、本土からは約850マイル(1368km)離れている。 離島になるため、アゾレス諸島に到着した人々は、新型コロナウイルスの感染防止のため14日間の隔離措置が取られることになる。そのため、ホームゲームが行えない事態が待っていた。 サンタ・クララは、ポルトガルサッカー連盟の本部でホームゲームを行うことを発表。ホームゲームながら、島から本部まで892マイル(約1435km)の移動を強いられることとなってしまった。飛行機ではおよそ2時間25分の移動となる。 クラブは「どこでプレーしても、常にアゾレス諸島の人々を心に抱き、アゾレス諸島の旗を胸につけ、よりポジティブなポルトガルのサッカーを見せます」と意気込んでいる。 なお、サンタ・クララの残りのホームゲームは5試合となっている。 2020.05.14 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのデビュー時は「5人相手にドリブルしていた」当時の指揮官が語る

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをプロデビューさせた当時の監督であるラースロー・ベレニ氏が当時のロナウドを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 現在ベルギーのアントワープを指揮するベレニ氏は、2001-02シーズンから2シーズンの間スポルティング・リスボンを指揮し、初年度にはチームをリーグ優勝に導き、2002-03シーズンにはC・ロナウドをデビューさせていた。 当時17歳であったC・ロナウドは、一つ下のカテゴリーであるBチームでもたった2試合しかプレーしていなかったが、ベレニ氏はデビューさせることにためらいはなかったという。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLYk81ZEllbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 「私はユースチームに行き、彼にファーストチームに一緒に来るよう頼んだ。なぜなら彼は非常にフィジカルコンディションが良く、とても速く、優れたテクニックを持っていたからだ」 「どれも驚きではなかった。彼がプレーしているのを観たとき、ユースチームに戻すことはないと決めた」 「彼は年を重ねた選手のようにプレーし、振舞っていた。ドレッシングルームでは冗談を言うこともあったが、ピッチでは並外れていた。彼は成熟していて、そのレベルはとても16歳や17歳のものではなかった」 「彼が史上最高の選手になることは分からなかったが、ケガがなければ非常に優れた選手になるだろうと感じた。当時、私は彼についてインタビューで尋ねられ、(ルイス・)フィーゴやエウゼビオを超えると言った。」 「若い選手をポルトガルのレジェンドである2人と比較することは波紋を呼んだが、C・ロナウドは私が正しかったことを証明した」 また、当時の体格からサイドでのプレーを求めたと語ったベレニ氏。その結果、C・ロナウドの持ち合わせている能力を発揮できたという。 「彼はユースチームでは9番の位置でプレーしていたが、彼は若くて体重が60キロしかなかったので、100キロのセンターバックと対峙した時にはボールを保持することが難しく、右サイドのウィンガーとしてプレーさせるようにした。サイドでは彼が持っていたスピードとドリブルは遥かに効果的だった」 「ただ、最初は簡単ではなかった。彼が最もやりたいことはドリブルだった。1人か2人の相手にドリブルすべきだと彼に教えたが、5人相手は多すぎる」 「私は彼にドリブルが役立つポイントを説明し、彼は頭が良かったので正しい道を進んだ」 また、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとC・ロナウドどちらが優れているのかという質問には、次のように答えている。 「どちらが優れているのか、私は公平に見ることはできない。C・ロナウドはいつでも私の息子だ。彼は私と一緒にスポルティングでキャリアを始めた。いずれにせよ、私たちは皆、2人のレジェンドが10〜15年の間戦うのを幸運にも楽しむことができたよ」 2020.04.27 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表の寄付はC・ロナウドが火付け役だった

新型コロナウイルス(COVID-19)はポルトガルにも及んでおり、感染者数は16000人を超え500名を超える死者も出ている。 ポルトガルサッカー協会(FPF)は13日、ユーロ2020の出場ボーナスの半分を、新型コロナウイルスの影響で経済的ダメージを受ける自国のアマチュアクラブに寄付することを発表していたが、その前にポルトガル代表の選手間でやり取りがあったようだ。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLbGhCUzNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> マンチェスター・シティのMFベルナルド・シウバが、寄付のきっかけはユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドだとイギリス『Bleacher Report』のインタビューで明かしている。 「実際のところ、彼(ロナウド)は数日前にボーナスを寄付するというアイデアをくれた」 「ユーロ2020の出場ボーナスだ。大会は2021年に延期したけどね」 「そして彼は僕たちに、ボーナスの一部を寄付するというアイデアをくれたから、代表チーム、選手は出場ボーナスの50%を寄付することになる」 「彼はとても積極的で、僕たちにメッセージを送ってくれる」 C・ロナウドは3月にも故郷のマデイラ島にある病院に医療器具を提供しており、ポルトガルの英雄は母国の支援を続けている。 2020.04.14 15:45 Tue
twitterfacebook