快勝を喜ぶユーベ指揮官、3試合連続アベック弾のC・ロナウド&ディバラは「相互に利益をもたらしている」

2020.07.01 13:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、ジェノア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

セリエAで首位に立つユベントスは、6月30日に第29節でジェノアと対戦。前半こそゴールレスで終えていたが、後半にFWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドの3試合連続ゴールやMFドグラス・コスタのゴールで3-1と快勝した。

◆好調維持するディバラ、ボローニャ戦の技ありゴール

サッリ監督は試合を振り返り、「チームは上手く戦った。ボールも早く動いていた。大部分で、ゴールを与えずに最後まで戦い、良いチームパフォーマンスで3つの美しいゴールが決まった」とコメント。「コッパ・イタリアでの失望の後、我々はよく立ち直ったが、それはコンディションの問題だけだった」と語り、コンディションが上がったことで結果を残せるようになったと語った。

また、バルセロナへの移籍が決定したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチはこの試合も先発出場したが、「ピャニッチ?彼はとても元気で、チームと上手く連携し、心配はない」とコメント。また、同じく先発したMFアドリアン・ラビオについては「この時期に成長しているラビオのパフォーマンスを評価する」とし、パフォーマンスの向上を称賛した。

また、3試合連続で共にゴールを記録したC・ロナウドとディバラについても言及。C・ロナウドの交代は事前から予定されていたものとし、両者のコンビネーションについても手応えを明かした。

「前半のクリスティアーノはまだゴールを決めていなかったが、とても危険な存在で、調子が良かった。最も多くプレーした選手であり、彼を入れ替えることにしたが、試合の前にそのことについては話し合っていた」

「彼とディバラは以前よりもずっとお互いを探しあい、相互に利益をもたらしている。トレーニングでそれを見ていて、テストはゴールを決めることだけと感じていた」
コメント
関連ニュース
thumb

今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ckd6NXFKNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年にパレルモから加入し、公式戦通算227試合95ゴール38アシストを誇るディバラ。今季のセリエAでも33試合に出場して11得点7アシストを記録し、チームの9連覇に大きく貢献。2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いている。 多くのゴールを生み出してきたディバラだが、2017年10月25日に行われたセリエA第10節のSPAL戦では、見事なFKを決めている。 ユベントスが1点リードして迎えた22分、ゴール右約25mの位置でFKを獲得すると、キッカーを担ったのはディバラ。集中力を高め、短めの助走から左足を振り抜くと、絶妙にコントロールされたシュートが、カーブを描いてゴール右へと吸い込まれるように入っていった。 その後は、両チーム得点を重ね、4-1でユベントスが勝利している。 2020.08.06 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリアダービーでネドベド砲炸裂!ジュリオ・セーザルの牙城を破る【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネドベド砲がジュリオ・セーザルの牙城を破る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXRjNlVmhjaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代、無尽蔵のスタミナやチェコの大砲と呼ばれる強烈なシュートを武器に大活躍したネドベド氏だが、キック精度の高さにも定評があった。 2005年10月2日に行われたセリエA第6節のインテル戦では、ライバルであるインテル相手に直接FKを沈めている。 FWダビド・トレゼゲのゴールで先制したユベントスは34分、ゴールやや左、ペナルティーアーク手前の位置でFKのチャンスを獲得する。 雨が降りしきる中、FWズラタン・イブラヒモビッチとともにボールの近くに立ったネドベドは、助走から右足を一閃。巻いて落とすシュートを選択した。 壁をギリギリ超える低弾道のシュートは、スピードを落とすことなくゴールへと向かい、ゴール左に突き刺さった。 ネドベドの直接FKで貴重な追加点を獲得したインテルはそのまま2-0で勝利。イタリアダービーで勝ち点3を獲得している。 2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“トルネード”ことアッピアーが見せたキレキレのドリブルからの豪快な一撃!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ガーナ代表MFスティーブン・アッピアー氏がユベントスで見せた見事なゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アッピアーが見せた単独での打開力から生まれたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxQ3FwMDJFZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼやパルマ、ユベントスなど、主にセリエAで活躍したアッピアー氏。単独でチャンスを作る事のできる打開力の高さから“トルネード”の異名をとったが、2005年5月29日に行われた、セリエA第38節、カリアリ戦では、その打開力を活かした見事なゴールを決めている。 2-0とユベントスがリードして迎えた59分、ブロックを作って守る相手に対して、敵陣でボールを持ったアッピアーが、ドリブルで切り込んでいく。 相手DFとの駆け引きの中でボックス左に流れてきたアッピアーだが、2人に挟まれてしまう。しかし、華麗なボールタッチで相手を左右に振り、隙を作ると、2人の間を一瞬で抜き去る。そのままシュート体勢に入ると、豪快に右足を振りぬき、ボールをゴールネット上部に突き刺した。 アッピアーのゴールでさらにリードを広げたユベントス。この後カリアリに2点を返されるも、追加点を奪い、4-2で勝利している。 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスの新背番号「1」、シュチェスニーがミラン相手に見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆シュチェスニーがミラン戦で見せた素晴らしいセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZkxhVWNqcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがミラン戦で見せたスーパーセーブだ。 若くしてアーセナルへ移籍し、世界トップクラスの若手GKへと評価を上げたシュチェスニー。しかし、安定感を欠くパフォーマンスにより、徐々に出場機会を減らすと、2015年夏に心機一転ローマへ移籍。セリエAでは安定したセービングを見せ、再び評価を上げたシュチェスニーは、2017年にユベントスに加入。同クラブの伝説的GKジャンルイジ・ブッフォンから背番号「1」を引き継いでいる。 そんなシュチェスニーは、2019年11月10日に行われた、セリエA第12節、ミラン戦では素晴らしいセーブを見せている。 0-0と拮抗した展開の中で迎えた25分、ユベントスディフェンスの隙をつき、ボックス内で相手の裏で浮き球のスルーパスを受けたDFアンドレア・コンティが、これをユベントスDFの手前でフリーになっていたMFルーカス・パケタにダイレクトで折り返す。 パケタがこれを頭で合わせ、ゴール右隅に丁寧なヘディングシュートを放った。相手のワンタッチプレーの連続に反応が遅れたシュチェスニーだったが、そこから素晴らしい反応を見せ、ギリギリでボールに触る渾身のセーブ。ピンチを切り抜けた。 シュチェスニーの好セーブもあり、0-0のスコアが続いたが、試合は後半に決勝点を奪ったユベントスが1-0で勝利している。 2020.08.04 19:00 Tue
twitterfacebook