ケガの原因は相手のタックル? アザール、23分に1回ファウルを受けていた

2020.06.30 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールにまつわる驚きのデータが判明した。スペイン『マルカ』が伝えている。

2019年夏に夢だと公言していたマドリー移籍を実現させたアザール。しかし、開幕前のケガをきっかけに調子を崩すと、その後も戦線離脱が重なり、ここまで公式戦19試合に出場して1ゴールと期待外れな結果にとどまっている。

しかし、アザールのケガの原因は自身だけではないのかもしれない。アザールは今シーズンここまでマドリーでラ・リーガ14試合に出場し1008分プレーしているが、その中で、44回ものファールを受けている。これは23分に1回はファウルを受けている計算だ。

その最たる例が、ラ・リーガではなかったものの、昨年のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのパリ・サンジェルマン(PSG)戦で代表のチームメイトであるDFトーマス・ムニエから受けたファールだろう。アザールはこのタックルで負傷し、右足の腓骨を骨折していた。

今月のエイバル戦でようやく完全復帰したアザールだが、その試合でもちょうどケガを負っていた足首を相手選手に蹴られて倒れるなど、再三のファウルに苦しんでいた。

これには、アザールのプレースタイルも関係しており、ボールと足をほとんど離さずにドリブルすることが可能なアザールのテクニックが、返って相手ディフェンダーからの被ファウル数を増やしてしまっているようだ。

また、アザールが得意とするプレーの1つである左サイドからのカットインは、分かっていても止められないプレーであり、ディフェンダーとしてはファウルでしか止められない場面もある。

前所属のチェルシーではケガも少なく、目立った長期離脱もなかっただけに、気になるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダンに緩みなし 「リーガ優勝が半分、手中に? 私は同意しない」

ラ・リーガ制覇に突き進むレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督に慢心はない。スペイン『アス』が報じた。 ラ・リーガ前節終了時で2位バルセロナと2ポイント差の首位に立つレアル・マドリー。3日に行われた第33節で30失点の堅守が際立つ5位ヘタフェをホームに迎え撃った。立ち上がりからヘタフェの堅い守りの攻略に手こずったが、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが79分にPKのチャンスを獲得。これをキッカーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが確実に決め切り、1-0の白星で飾った。 これで再開後全勝の6連勝となり、2試合連続ドローの2位バルセロナを4ポイント差に突き放したジダン監督。試合後、「彼らの良い守りに対して、冷静さが必要だった。フィジカル的にもメンタル的にも簡単じゃなかったがね。選手たちに賛辞を贈らないといけない」と選手を労うと、苦しい戦いを勝ち切った点を評価した。 「単なる3ポイントに過ぎない。しかし、勝たなきゃならず、それができたというのが我々にとって、非常に重要。まだ5つの決勝戦を残している今、最も重要なのはリカバリーして、次の試合に目を向けることだ」 また、「私は(リーグタイトルを半分、手中に収めたという意見に)同意しない。リーガの優勝争いを熟知しているからだ。リーグが終わるまで、我々の優勝を口にしない。チームの努力と団結力を誇りに思う」ともコメント。さらにこう続けた。 「まだ何も制したわけじゃなく、ただ正しい方向に進んでいるだけ。3日ごとに試合を戦うのも簡単じゃない。まだ多くのすべきことがあって、今の行いを続けていく必要がある。残る5つのファイナルでも、この堅実な姿勢を継続していければと思う」 2020.07.03 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェに辛勝のクルトワ「大切なことは勝ち点3をとれたこと」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、ヘタフェ戦についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 レアル・マドリーは2日、ラ・リーガ第33節でヘタフェをホームに迎えて対戦。現在リーグ6位のヘタフェ相手にマドリーは手を焼き、試合の終盤に入るまで0-0のまま推移した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ヘタフェ戦についてのクルトワのコメント<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSmRNWWloaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし78分、PKを獲得するとこれをスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが落ち着いて決め、1-0で勝利。これでマドリーはリーグ戦6連勝とし、2位バルセロナとの勝ち点差を4に広げた。 試合後インタビューに応えたクルトワは、難しい試合となることは分かっていたと述べ、勝ち点3を手に入れられたことに満足していると話した。 「ヘタフェのような良いチーム相手に、今日の試合がどのような展開になるかは予測できた。最後まで難しい試合になることは分かっていたし、実際にそうなったと思う」 「それぞれのチームが自分たちにあったスタイルでプレーしているが、ヘタフェがどんな試合をしてくるかも理解していた」 「ヘタフェを相手にするときは、彼らのフットボールやこちらをイライラさせるようなファールに動揺しないことがカギになる。彼らの狙いは相手チームに自分たちのフットボールをさせないこと。だからこそ自分たちのプレーをして、得点を決めることに集中しなければならないし、今日はそれができたと思う」 「今日が僕たちのベストの試合だったとは思わないが、大切なことは勝ち点3をとれたことだ。ヘタフェはインテンシティの高いサッカーを展開し、プレスをかけて試合の組み立てを上手く阻止してきた」 「彼らはそういったことがとても上手いし、良いシーズンを送っているのは彼らのそのスタイルが上手くはまっているからだろう。良いプレスと良いクロスで試合を勝っている」 2020.07.03 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

S・ラモスがレアルでのリーガ450試合出場を達成! 史上5人目

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(34)が2日に行われたラ・リーガ第33節のヘタフェ戦で、レアル・マドリーの一員としてラ・リーガ通算450試合出場を達成した。 450試合出場はラウール・ゴンザレス氏やマヌエル・サンチス氏、イケル・カシージャス氏、サンティジャーナ氏に次いで歴代5人目。また、レアル・マドリーの一員として公式戦通算646試合目となり、これはクラブ史上4番目に多い出場数だ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆セルヒオ・ラモスの芸術的ディフェンス集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGYTM2VFd6VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> S・ラモスは2005年にセビージャから加わり、これまでラ・リーガとチャンピオンズリーグを4度ずつ制するなど数々のチームタイトルに寄与。攻撃力を兼備する守備者として、先日にラ・リーガのDF歴代最多得点記録を更新した。 なお、S・ラモスはヘタフェ戦が今季リーグ戦31試合目の出場となり、フル出場。79分にPKのチャンスから決勝ゴールを挙げ、ここ4試合で3得点を記録している。 2020.07.03 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

S・ラモスのPK弾でヘタフェに競り勝ったマドリーがバルサとの勝ち点差を4に拡大!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは2日、ラ・リーガ第33節でヘタフェをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節エスパニョールに辛勝した首位レアル・マドリー(勝ち点71)は、勝利すれば今節アトレティコ・マドリーに引き分けた2位バルセロナとのポイント差を4に広げられる中、エスパニョール戦のスタメンから3選手を変更。アザール、バルベルデ、マルセロに代えてヴィニシウス、モドリッチ、F・メンディを起用した。 6位ヘタフェ(勝ち点52)に対し、立ち上がりからボールを握ったレアル・マドリーだったが、9分にピンチ。クロスボールがマクシモビッチの足に当たって枠に飛んだが、GKクルトワがファインセーブで防いだ。 すると、23分に最初の決定機。モドリッチのスルーパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスにヴィニシウスがスライディングで合わせたシュートが枠の右を捉えるも、GKソリアのファインセーブに阻まれた。 36分にはセルヒオ・ラモスの浮き球パスからイスコがボレーでオンターゲットを記録したが、ここもGKソリアに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もレアル・マドリーが攻め込む中、58分にモドリッチのミドルシュートでゴールに迫るも、直後にはメンディのクリアミスからマタのコントロールシュートでゴールを脅かされてしまう。 流れを掴みきれないレアル・マドリーは64分にヴィニシウス、イスコ、モドリッチに代えてアセンシオ、ロドリゴ、バルベルデを投入。 3枚替えでギアを上げにかかると、78分にPKを獲得する。右サイドを上がったカルバハルがボックス右に侵入したところで、マティアス・オリベラに倒された。 このPKをセルヒオ・ラモスが決めて先制したレアル・マドリーは、終盤にかけて危なげなく時間を消化。主将のゴールでヘタフェに競り勝ち、6連勝としてバルセロナとのポイント差を4に広げた。 2020.07.03 06:56 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ、バネガ、レギロン、ボノが今季終了までの契約にサイン

セビージャは2日、元アルゼンチン代表MFエベル・バネガ(32)、スペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)、モロッコ代表GKヤシン・ボノ(29)の3選手が今季終了までの契約にサインしたことを発表した。 来季からサウジアラビアのアル・シャバーブへの移籍が決まっているバネガは今季、公式戦35試合の出場で2ゴール7アシストと活躍。 レアル・マドリーからレンタル中のレギロンは今季、公式戦29試合に出場して1ゴール4アシストと主力として活躍している。 そしてジローナからレンタル中のボノは公式戦10試合に出場していた。 セビージャは33試合を消化したラ・リーガでチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に付け、8月にはヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦でローマと対戦するが、3選手をシーズン終了まで起用できることとなった。 2020.07.03 02:00 Fri
twitterfacebook