アウグスブルク、今季限りで契約満了を迎えた3選手をフリーで獲得!

2020.06.30 08:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクは29日、ボルシアMGからドイツ人MFトビアス・ストロブル(30)、シャルケからドイツ人MFダニエル・カリジウリ(32)、ウニオン・ベルリンからポーランド代表GKラファエウ・ギキェヴィチ(32)の3選手をフリートランスファーで獲得を発表した。

アウグスブルクによれば、ストロブルとカリジウリの契約期間が2023年6月30日まで、ギキェヴィチの契約期間が2022年6月30日までとなる。

2012年夏にホッフェンハイムのトップチームデビューを飾ったストロブルは、守備的MFとセンターバックをこなす守備のスペシャリスト。2016年の夏に加入したボルシアMGでは在籍3シーズンで公式戦83試合に出場。今シーズンはケガでの離脱もあり公式戦12試合の出場にとどまっていた。

2017年1月にヴォルフスブルクから加入したカリジウリは、ここまで公式戦122試合に出場するなど右サイドのスペシャリストとして主力に定着。今シーズンは2月初旬に内側側副じん帯損傷で離脱を強いられたが、公式戦30試合に出場し4ゴール5アシストを記録している。

2018年の夏にフライブルクから当時ブンデス2部に所属していたウニオン・ベルリンに加入したギキェヴィチは、すぐに守護神に定着。昨シーズンはブンデス2部で34試合に出場し、クラブ史上初の1部昇格に貢献すると、今シーズンもブンデスリーガ33試合に出場し昇格1年目のクラブの躍進を支えていた。
コメント
関連ニュース
thumb

3位フィニッシュを狙うライプツィヒに痛手…ザビッツァー&ヴォルフの最終節欠場が確定

ライプツィヒは25日、27日にアウェイで行われるブンデスリーガ最終節のアウグスブルク戦にMFマルツェル・ザビッツァーとFWハンネス・ヴォルフの2選手が欠場することを明かした。 クラブの発表によれば、20日に行われたドルトムント戦で左ヒザを負傷し途中交代したザビッツァーは、いまだにトレーニングに復帰できていない状況でアウグスブルク戦には間に合わないとのことだ。 一方のヴォルフは、25日に以前の骨折治療で埋め込んでいた金属プレートとネジを除去する手術を受けたとのこと。なお、術後の結果は良好だという。 ドルトムントとの上位対決に敗戦し、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫したライプツィヒ。3位でのフィニッシュを目指すチームは、27日に今季のリーグ最終戦で前節ブンデス残留を決めた15位アウグスブルクと対戦する。 2020.06.26 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PK失敗は無観客のせい? 今季11ゴールのアウグスブルクFWが弁明

アウグスブルクのドイツ人FWフロリアン・ニーダーレヒナーがケルン戦でのPK失敗を語った。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アウグスブルクは7日、ブンデスリーガ第30節でケルンと対戦。試合は1-1の引き分けに終わっていた。 今シーズンはブンデスリーガで11ゴールを記録し、チームの得点源となっているニーダーレヒナーだが、この試合の27分に獲得したPKのチャンスで、ゴール左を狙ったシュートを相手GKのティモ・ホルンにセーブされていた。 PKを失敗したニーダーレヒナーは、試合後にPKについて振り返り、無観客での開催が成否に影響したと語った。 「僕はPKキッカーとして最大のミスを犯した。無観客試合によってね」 ニーダーレヒナーによれば、PKを蹴る直前に、ケルンの選手がPKを右に蹴るとGKホルンに伝えているのが聞こえたという。 「実際、僕のPKはいつも右側に蹴る。あの状況が僕に大きな影響を与えた。僕はヒーローの時もあるが、今日は愚かだった」 無観客試合で観客の声援がなく、対戦相手の会話が聞こえたことがPKに影響を及ぼしたと主張したニーダーレヒナーだが、チームは後半43分にDFフィリップ・マックスのゴールで同点に追いつき、勝ち点1を獲得している。 2020.06.08 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがヴォルフスブルクからレンタル中の世代別ドイツ代表DFウドゥオカイの買取OPを行使

ヴォルフスブルクは4日、DFオイス・フェリックス・ウドゥオカイ(22)がアウグスブルクに完全移籍することを発表した。 ウドゥオカイは、1860ミュンヘンの下部組織で育ち、2016年1月に昇格。2017年7月にヴォルフスブルクへと完全移籍していた。 ヴォルフスブルクでは、公式戦37試合に出場し3ゴールを記録。今シーズンはアウグスブルクへとレンタル移籍すると、センターバックとしてブンデスリーガ22試合に出場していた。 また、世代別のドイツ代表を経験。U-21ドイツ代表として6試合に出場してた。 ウドゥオカイのレンタル移籍には買い取りオプションが付帯しており、アウグスブルクがこれを行使したとのことだ。 なお、買い取り額は900万ユーロ(約11億1300万円)とみられている。また、現時点でアウグスブルクからの公式発表はない。 2020.06.05 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

9戦未勝利のシャルケ指揮官ワグナー「全ては自信の問題」

シャルケは24日、ブンデスリーガ第27節でアウグスブルクと対戦し、0-3で敗れた。この結果、シャルケは中断を挟んで9戦未勝利となり、8位まで後退している。 なかなか浮上のキッカケが見えない状況だが、チームを率いるデイビッド・ワグナー監督は以下のように原因を語っている。 「我々は働き続ける必要がある。選手をサポートし、自信を与える必要がある。選手たちはもっと自信を持ってプレーしなければならない。我々が設定した目標を思い出して欲しい。今の状況は自信を持ってプレーすることを難しくさせる。結局、全ては自信の問題なんだ。だが、ネガティブな感情がチームを覆っていて自信を持つことが難しい状況だ。個々の選手たちの問題を明白にし、全てを改善する必要がある」 2020.05.25 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンチ入り禁止のアウグスブルク監督が猛省…「如何なる批判も仕方ない」

アウグスブルクのハイコ・ヘルリッヒ監督がベンチ入り禁止処分に「愚かだった」と猛省している。ドイツ『ビルト』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による約2カ月の中断期間を経て再開に漕ぎ着けたブンデスリーガだが、ヘルリッヒ監督はその初戦となった16日のヴォルフスブルク戦はベンチ入り出来なかった。 理由は宿泊先のホテルからの無断外出。歯磨き粉とスキンクリームを買いにスーパーへ出掛けてしまい、ブンデスリーガが定める検疫ルールに基づきヴォルフスブルク戦のベンチ入り禁止を命じられた。 『ビルト』の取材でヘルリッヒ監督は「愚かだった。何を言われても仕方ない」と猛省した。 「私は世間知らずで本当に愚かだった。だが、公的な衛生対策に違反したことは一度もないことを断言しておきたい」 「どんな批判も仕方ない。何を言われても受け止めるよ」 指揮官を欠いたアウグスブルクはホームで1-2で敗戦。次節は24日に行われるアウェイのシャルケ戦だが、ヘルリッヒ監督は2度のPCR検査で陰性だったため、ベンチ入りには問題ないようだ。 2020.05.21 16:01 Thu
twitterfacebook