FAカップ4強入りのペップ、CLとのダブル制覇に睨みを効かせる! 「今日、その第一歩を踏み出した」

2020.06.29 11:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がタイトルの可能性を秘めた今季の残るコンペティションでの優勝に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

シティは28日に敵地で行われた準々決勝でニューカッスルと対戦。37分に獲得したPKのチャンスからベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが先制点を挙げると、68分にイングランド代表FWラヒーム・スターリングもバイタルエリア左からミドルシュートを突き刺して、2-0の勝利で飾り、ベスト4に勝ち上がった。

カラバオカップこそ制したが、プレミアリーグのタイトルをリバプールに持って行かれてしまったグアルディオラ監督。FAカップ準決勝進出を決めたニューカッスル戦後、8月に予定するチャンピオンズリーグ(CL)も含めた残るカップ戦でのタイトル獲得を目指した。

「いつだってハングリーだ。ここ数シーズンにおけるタイトル数がそれを物語っている。(25日に行われたプレミアリーグ第31節で)チェルシーに負けた後、準決勝を戦うためにロンドンに舞い戻れて嬉しいよ」

「我々は勝つために戦う。この前にプレミアリーグを戦った後、我々は(来季の)CL出場権を獲得するためにあと2勝が必要だという話もした。しかし、優勝できる大会が2つもある。今日、その第一歩を踏み出した」

「ベストコンディションで(CL決勝トーナメント1回戦2ndレグの)レアル・マドリー戦に挑めるのは素晴らしい。このタイトルを獲得できれば、レアル・マドリー戦に向けた最高の準備になる」
コメント
関連ニュース
thumb

拍手なんて完全拒否!ベルナルド・シウバのガード・オブ・オーナー中の様子が話題に

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのリバプール戦前の様子が話題になっている。 6月25日のプレミアリーグ第31節でチェルシーと対戦したマンチェスター・シティが敗れたことで、30年ぶりのリバプール優勝を達成していたリバプール。2日のリバプールとシティの直接対決では、優勝が決まったリバプールの選手たちに対して、ピッチ入場の際にシティの選手たちが花道を作り、拍手で出迎える「ガード・オブ・オーナー」が行われる予定だった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ガード・オブ・オナーでリバプールを讃える<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> これについては、スポーツマンシップに則った敬意に溢れる行為であるとする見方が多い中、優勝した側であるリバプールのユルゲン・クロップ監督が「必要性を感じない」とコメント。強制されるべきでないとの懐疑的な見方もあるなど、意見の分かれるトピックとなっていた。 そんな中、リバプール戦の前には予定通りシティの選手による「ガード・オブ・オーナー」が行われたが、その際のベルナルド・シウバの様子が話題になっている。 この日ベンチスタートだったベルナルド・シウバは、「ガード・オブ・オーナー」には参加はしているものの、他の選手とは違い、拍手をする素振りを全く見せずにリバプールの選手たちを静観。さらに、途中で手に持っていたドリンクを飲むと、リバプールの選手たちが入場しきる前にシティベンチへ向けて歩き出す姿がカメラにとらえられていた。 ベルナルド・シウバが拍手を拒否した理由は定かではなく、もちろん強制されて行うことではないが、少し悪目立ちしてしまっている感が否めない結果となってしまった。なお、ベルナルド・シウバはこの試合で79分から途中出場を果たしている。 2020.07.03 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ザネがシティへ別れのメッセージ! 「ここでの日々を喜びと誇りと共にいつでも思い出す…」

マンチェスター・シティからバイエルンへの完全移籍が決定したドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)が、自身の公式SNSを通じて古巣とファンに向けて別れのメッセージを送った。 2016年夏にシャルケからシティに加入したザネは、公式戦通算135試合で39ゴール45アシストをマーク。在籍期間を通じてプレミアリーグ、EFLカップ連覇を始め、通算7個のタイトル獲得した。 また、個人としては2017-18シーズンにPFA年間最優秀若手選手賞を受賞するなど、稀代の名将ジョゼップ・グアルディオラ監督やワールドクラスのチームメートたちから多くを学び、飛躍を遂げてきた。 しかし、昨年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、今シーズンのリーグ戦出場は復帰戦となった6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦での11分間にとどまった。 そして、今月3日に予てより移籍が取り沙汰されたバイエルンへ総額5480万ポンド(約72億9000万円)と言われる移籍金で旅立つことになった。 チームメートやスタッフとは事前に別れの挨拶を交わせたものの、コロナ禍によって、これまで献身的なサポートを続けたファン・サポーターとは顔を合わせることなく別れることになったザネは、バイエルン移籍が発表された後、自身の公式SNSを通じて別れのメッセージを投稿した。 「これまでの4年間に渡る素晴らしい時間と、すべてのサポートに感謝しているよ」 「ここでの日々は本当に情熱的であり、数々の成功の瞬間はきっと忘れられないものになると思うよ」 「僕らは多くの試合に勝利し、数え切れないほどのゴールを挙げてきた。そして、幾つかの記録を更新し、7つのトロフィーを共に祝い合った」 「すべてのファン、スタッフ、チームメートに感謝したい! きっとここでの日々を大きな喜びと誇りと共に、いつでも思い出すことになると思うよ」 「同様に、僕を大きく成長させ、2018年のPFA年間最優秀若手選手賞を共に分かち合った監督にも感謝を伝えたい」 「ここでは本当にたくさんのことを学ぶことができた。そして、みんなと一緒に素晴らしい旅に参加できたことを心から誇りに思うよ」 2020.07.03 20:48 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン加入のザネが第一声! 「バイエルン行きは唯一の選択肢」

バイエルン加入が決定したドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)が、同クラブの正式な一員として第一声をあげている。クラブ公式サイトがファーストインタビューを伝えている。 バイエルンは3日、マンチェスター・シティからザネの完全移籍での獲得を発表。移籍金の総額は最高5480万ポンド(約72億9000万円)になる可能性があるという。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆シティ時代に見せたザネの輝き<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyZ2NrRDdCNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 昨夏からドイツの盟主への移籍が取り沙汰されてきた中、5年契約での加入が決定した元シャルケMFは、新天地でのファーストインタビューで今回の移籍の経緯を説明している。 「僕らの話し合いは最初の段階からとても良かったんだ。クラブが掲示した全体的なプランは、契約書にサインするうえで大きな後押しになったよ」 「バイエルンは本当に大きなクラブであり、大きな目標を持っている。その目標は僕の考えと合致するものだったから、僕にとってバイエルン行きは唯一の選択肢だったと言えるね」 また、U-21ドイツ代表時代に指導を受けた経験があるハンジ・フリック監督を含め、ザネにとってバイエルンは新天地とは思えないほど、旧知の選手が在籍している。そういった事情もあり、新たな同僚とのトレーニングを心待ちにしている。 「みんなに会うことを楽しみにしているんだ。僕らはユース時代の代表チームから長らく一緒にプレーしてきた。特に、(レオン・)ゴレツカはシャルケ時代の同僚でもあるからね。すでに知っているプレーヤーはみんな本当に良いヤツばかりなんだ」 「彼らからはこのチームには人間的にも素晴らしいプレーヤーが多いと聞いているよ。僕自身もこのチームは非常にバランスが良いと思っている。経験豊富なプレーヤーもたくさんいるし、多くの若手もいる。そして、、誰もがハングリー精神を持ち合わせている。だから、そういった仲間との仕事やトレーニングが待ち切れない気分なんだ」 「ハンジのことはU-21時代から知っているんだ。彼とは本当に良い関係を築くことができていたよ。お互いに知っている仲だし、(移籍に向けて)話をしたときも、彼が自分に何を期待しているかをすぐに理解することができたんだ」 「僕だけじゃなく多くの人たちが、彼の下でチームがどのように変化していったかを見ていたと思う。個人的に彼は本当に素晴らしい手腕を発揮したと思っているよ。彼は前向きな形でチームのムードを変えていった。だから、今後も彼の下で良い時期が続くと思うよ」 また、新天地での個人的な目標としては、シティ時代に成し遂げることができなかったチャンピオンズリーグ制覇を最大の目標に掲げている。 「個人的な目標はできるだけ多くのトロフィーを獲得することさ。その中でチャンピオンズリーグは最大の目標だ。個人的に手にできていないタイトルだし、誰もがチャンピオンズリーグ制覇を夢見ているからね」 2020.07.03 18:34 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、シティからザネを獲得! 「できるだけ多くのトロフィーを獲得したい」

バイエルンは3日、マンチェスター・シティからドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 イギリス『BBC』によると、移籍金は4470万ポンド(約59億5000万円)となり、ボーナス1010万ポンド(約13億4000万円)を含め、移籍金の総額は5480万ポンド(約72億9000万円)になる可能性があるという。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyZ2NrRDdCNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと元フランス代表FWフランク・リベリの退団に伴い、昨夏から熱心なアプローチを続けており、今回ようやくザネの獲得に漕ぎつけた。 そのため、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏も、“ロベリー”の後継者の獲得に満足感を示している。 「レロイ・ザネをバイエルンに迎え入れることができて本当に満足している。彼はここ数年に渡って並外れたプレーヤーであることを証明してきた。とりわけ、代表チームにおいてね」 「我々の目標は最高のドイツ人プレーヤーをクラブに集めることにあり、レロイとの契約はそれを強調する結果となった」 また、長期に渡る交渉の末に、意中の快足ウイングの獲得を実現させたスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は、「レロイがバイエルンのプレーヤーになることを嬉しく思う。彼は違いを生み出すプレーヤーであり、そのクオリティで我々のチームを強化してくれるはずだ。セルジュ・ニャブリ、キングスレー・コマンに加え、レロイの存在が試合において重要なワイドのポジションを非常に高いレベルで整備してくれる」と、コメント。 さらに、次期会長就任が内定しているオリバー・カーン氏は、「プレーヤーとしての彼のクオリティに議論の余地はない。彼のスピード、テクニック、得点に絡む能力こそが彼をトッププレーヤーたらしめている。そして、人間的にも我々のクラブにマッチしている。彼の契約によって我々はヨーロッパの第一線に留まり続けるという目標に向け、大きな一歩を踏み出した」と、ザネのタレントに太鼓判を押している。 最後に、2016年以来の母国復帰を果たしたザネは、新天地での意気込みを語っている。 「バイエルンは大きな目標を抱く本当に偉大なクラブだ。そして、彼らの目標は僕の抱くものと合致しているものなんだ。新たなチャレンジ、新たな仲間と一緒にトレーニングすることを今から心待ちにしているよ」 「ハンジ・フリックはU-21ドイツ代表時代から知っているんだ。当時、僕らは素晴らしい関係を築けていたよ。バイエルンでできるだけ多くのトロフィーを獲得したいと思っている。とりわけ、チャンピオンズリーグは最優先事項だね」 2016年夏に移籍金3700万ポンド(約49億2500万円)でシャルケからシティに加入したザネは、公式戦通算135試合で39ゴール45アシストをマーク。しかし、昨年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、今シーズンのリーグ戦出場は復帰戦となった6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦での11分間にとどまっていた。 また、2015年11月にデビューを飾ったドイツ代表では通算21試合に出場し、5ゴールを挙げている。 なお、ザネの選手登録は来シーズンからとなるが、来月にチャンピオンズリーグ(CL)を控えるチームの練習に来週から参加することになる。 <div id="cws_ad">◆バイエルン加入が正式決定!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/LeroySane19?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeroySane19</a>&#39;s first 24 hours in Munich <br><br> <a href="https://t.co/fJuZjGmKTv">https://t.co/fJuZjGmKTv</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ServusLeroy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ServusLeroy</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/YJ6o1Zx0VO">pic.twitter.com/YJ6o1Zx0VO</a></p>&mdash; FC Bayern English (@FCBayernEN) <a href="https://twitter.com/FCBayernEN/status/1278957516857192448?ref_src=twsrc%5Etfw">July 3, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.03 17:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップが監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮! 勝率は驚きの76.5%

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、リバプール戦で監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮した。イギリス『Squawka』が伝えている。 2008-09シーズンから古巣バルセロナでトップカテゴリーでの監督キャリアをスタートしたグアルディオラ監督は、バイエルンを経て2016-17シーズンからシティの指揮官に就任。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ペップが全てを勝ち取ったバルサでの4年間<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRNkhwNW9lbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その監督キャリアを通じて、通算8度のリーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇など、多くのタイトル獲得に導いてきた稀代の名将は、2日に行われたプレミアリーグ第32節のリバプール戦で監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮。 そして、今シーズンのリーグ戦で大差を付けられた新王者を相手に4-0のスコアで圧勝し、2連覇中の王者としての意地を見せることに成功。また、自身のメモリアルゲームに花を添えている。 なお、気になる400試合の戦績は、306勝40敗54分けという驚異的なものだ。もちろん、バルセロナ、バイエルン、シティと世界屈指の3クラブを指揮してきただけに、誰が指揮を執ってもある程度の数字は残せると思われるが、やはり76.5%という圧巻の勝率は稀代の名将の手腕あってこそだ。 ◆ペップ、リーグ通算400試合の戦績 ▽バルセロナ(2008年~2012年) 152試合 116勝11敗25分け ▽バイエルン(2013年~2016年) 102試合 82勝9敗11分け ▽マンチェスター・シティ(2016年~) 146試合 108勝20敗18分け 2020.07.03 15:00 Fri
twitterfacebook