久保建英のパフォーマンスをジダン監督が高評価「素晴らしい選手ということを示した」

2020.06.25 10:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、マジョルカの日本代表MF久保建英を評価した。クラブ公式サイトが伝えた。

マドリーは、24日にラ・リーガ第31節でマジョルカをホームに迎えた。

今シーズンからマドリーに加入し、マジョルカへとレンタル移籍中の久保はこの試合に先発フル出場。ドリブルでの突破やFKでゴールを狙うなど、積極的なプレーを見せたが、マドリーが2-0で勝利を収めていた。

レンタル中の久保のプレーについてジダン監督が試合後に言及。素晴らしいプレーだと高く評価。かねてから才能を評価していたため、パフォーマンスに驚くことはなかったと語った。

「とても良かった。素晴らしい試合だったと思う。我々は、彼が素晴らしい選手だということを知っている。そして、今日彼はそれを示した」

「とても熟練しているし、常にゴールに向かっており、彼が試合で見せたことは私を驚かせなかった。後でしっかり見たい。我々が持つ心配は、ここにいる選手たちと一緒にやっていることだけだ」
コメント
関連ニュース
thumb

モラタ&コケ弾で久保擁するマジョルカ撃破のアトレティコが来季CL出場権確保に前進!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリーvsマジョルカが3日に行われ、3-0でアトレティコが勝利した。マジョルカの久保建英はフル出場している。 リーグ戦11試合無敗中の3位アトレティコ・マドリー(勝ち点59)が、奇跡の残留を目指す18マジョルカ(勝ち点29)をワンダ・メトロポリターノに迎えた一戦。 ミッドウィークに行われたバルセロナ戦をドローで終え、リーグ戦の連勝がストップしたアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。ジエゴ・コスタやコレア、トーマス、S・アリアスらに代えてフェリックスやモラタ、コケ、トリッピアーらをスタメンで起用した。 前節のセルタ戦で4ゴールに関与した久保が2トップーの一角で先発したマジョルカに対して、アトレティコは23分に最初のチャンスを迎える。フェリックスのスルーパスでボックス左横に抜け出したカラスコがマイナスに折り返すと、ボックス左に走り込んだフェリックスがワントラップからシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 すると直後の25分、アトレティコはボックス右から仕掛けたモラタがセドラルに倒されてPKを獲得。しかし、モラタのPKはGKマノロ・レイナのファインセーブに阻まれたが、VARの結果、主審はGKマノロ・レイナの両足がゴールライン上から離れていたとしてやり直しを認めた。2度目のPKはモラタがゴール左上に突き刺した。 先制点を許したマジョルカは、久保のドリブルを活かして攻撃を組み立てるが、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 このまま前半終了かと思われたが、アトレティコが終了間際に追加点を奪う。前半アディショナルタイム4分、相手ボックス付近でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コケのパスでボックス右で受けたM・ジョレンテがライン際まで持ち上がり折り返しを供給。セドラルの背後を取ったモラタがそのままダイレクトでゴールに流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うマジョルカがボールを持つ流れとなった中、58分にボックス右深くから侵入した久保が左足でゴールを狙ったが、このシュートはホセ・ヒメネスのブロックに阻まれた。 その後も一進一退の拮抗した展開が続く中、アトレティコはクーリングブレイク直後に試合を決定づける3点目を奪う。79分、右サイドでボールを受けたトリッピアーがダイレクトで前線にロングパスを送ると、イドリス・ババの中途半端なクリアに反応したコケがボックス手前からダイレクトシュート。これがボックス内のサストレにディフレクトしてゴール左に吸い込まれた。 結局、試合は3-0でタイムアップ。ホームで3発完勝のアトレティコが、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に前進。一方のマジョルカは、残留ラインの17位セルタとの勝ち点差を縮められず残留に向けて厳しい状況が続いている。 2020.07.04 07:02 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南からスイスへ移籍したシオンFW若月大和が18歳で欧州デビュー!

スイス・スーパーリーグで日本人選手がデビューした。 シオンに所属しているFW若月大和が2日に行われた、スーパーリーグ第27節のルツェルン戦に61分から出場。シオンでのデビューを果たした。 若月は桐生第一高校から今シーズン湘南ベルマーレに入団。しかし、シーズン開幕前に海外クラブへの移籍で交渉をしており、1月28日に買取オプション付きの2年間のレンタル移籍で加入した。 2月のルガーノ戦で初めてベンチ入りを果たした若月は、6月のバーゼル戦でもベンチ入り。そして、2日のルツェルン戦でついにデビューとなった。 なお、試合は0-2でルツェルンが勝利している。 2020.07.03 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

涙で別れた長友佑都が感謝のメッセージ「幸せであり、悲しい」、クラブは感謝の動画を投稿

ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都が、クラブを通じて感謝の気持ちを述べた。 長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに移籍し、ここまで公式戦65試合に出場し、スュペル・リグ2連覇に貢献。今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録したが、シーズン終了後に失効する契約の影響もあり、今冬の移籍市場では放出候補に挙がっていた。 また、外国人選手登録枠の問題で後半戦の登録メンバーを外れたため、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期の中断を経て再開されたリーグ戦でプレー機会が与えられることはなかった 1日にクラブの最後の日を過ごした長友が涙を浮かべる写真がクラブのツイッターで投稿されたが、これに多くのサポーターが反応。長友との別れを惜しむ声が挙がっていた。 さらに、クラブは長友へチームメイトが別れを告げるメッセージ動画を投稿していた。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとうございました</a> <a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5?ref_src=twsrc%5Etfw">@YutoNagatomo5</a> <a href="https://t.co/NnOXO0jHgD">pic.twitter.com/NnOXO0jHgD</a></p>&mdash; Galatasaray SK (@GalatasaraySK) <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK/status/1278776082129391617?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 長友は、ガラタサライの公式サイトで2年半の日々を感謝し、複雑な心境であると告白。また、トルコへの感謝も述べている。 「今日は本当に混乱しています。僕は幸せであり、悲しいです」 「ここに2年半滞在し、2年半を成功に満ちて過ごしてきたので悲しいです。まず、監督に感謝したいです。僕をここに連れてきて、このチャンスをくれ、成功を収めさせてくれました」 「チームメイトやアシスタントコーチ、すべてのスタッフ、すべてのガラタサライファンに感謝します。忘れられない日々を過ごさせてくれた人たちを忘れません。ガラタサライは僕の心の中で最も美しい場所にあります」 「素晴らしい重要な目標を達成したので、とても幸せです」 「フットボールには始まりと終わりがあり、人生の様です。今日はガラタサライで最後の日となりますが、ガラタサライは僕の人生の最高の部分に居続けます」 「トルコの人々にも感謝したいです。ガラタサライのファンだけでなく、トルコのすべての人々にも」 「最初の日から僕と家族に興味を持ってくれてありがとう。僕の家族はここで信じられないほどの良い日々を過ごしました。次会う時には、トルコへ力強く戻ってきます。僕の家族と僕は、愛するトルコに住んでいます。とても寂しいです」 また、チームを率いるファティー・テリム監督も長友についてコメント。深い仲になれたことに感謝をし、長友に人間性を称賛した。 「イタリアの頃から彼を知っていたが、彼をよく知る事ができて良かった。ガラタサライには、サッカー、人間性、人格、プロ意識、家族、サッカーの様々な面で重要な印象を与えた。彼を知れて嬉しいし、幸せだ」 「クラブ、私、そして私の友人を代表し、サッカー選手であり友人であり続けることを感謝する。我々の友情は一生続くだろう」 「ガラタサライの名の下、彼は2年でそうしたが、ほとんどの選手は長い年月をかけてもできることではなかった。ガラタサライも我々も、そして私も決して忘れることはない」 2020.07.03 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ウエスカ岡崎慎司が決勝ゴール! ドンピシャヘッドで今季10発目《ラ・リーガ2部》

ウエスカに所属する元日本代表FW岡崎慎司が今季10ゴール目を記録した。 ウエスカは2日にホームで行われたラ・リーガ2部第37節でラス・パルマスと対戦。先発の岡崎は2トップの一角として68分までプレーした。 スペイントップリーグ昇格を狙うウエスカ。均衡が破れない展開が続くなか、前半アディショナルタイム1分に34歳のサムライ戦士が動かす。 左サイドのフェレイロが右足でクロスを供給すると、ボックス中央でフリースペースに抜け出した岡崎がヘッド。ウエスカが先制する。 岡崎の2試合ぶりとなる今季10得点目のヘディング弾でリードしたウエスカは後半もこの1点のリードを守り抜き、1-0の完封勝利を収めた。 ウエスカはこれで勝ち点61となり、1試合未消化のレアル・サラゴサと勝ち点同数で自動昇格圏の暫定2位に浮上している。 なお、ウエスカは5日に行われる次節、日本代表MF柴崎岳を擁するデポルティボと対戦する。 ウエスカ 1-0 ラス・パルマス 【ウエスカ】 岡崎慎司(前45+1) 2020.07.03 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、ホームでの1stレグはゴールレスドロー…《ブンデス昇格・降格プレーオフ》

大迫勇也の所属するブレーメンは2日、ブンデス昇格・降格プレーオフ1stレグでハイデンハイムと対戦し、0-0の引き分けに終わった。大迫は84分までプレー。 ブンデスリーガを16位で終えたブレーメンと、ブンデス2部で3位となったハイデンハイムの残留と昇格を懸けたプレーオフ。ブンデスリーガ最終節のケルン戦で6-1と大勝し逆転でのプレーオフ進出を決めたブレーメンは、その試合からスタメンを1人変更。フォクトに代えてバルグフレーデを先発で起用した。 [4-3-2-1]の2シャドーに大迫を配置したブレーメンは、積極的にボールへプレッシングをかけるハイデンハイムに対してなかなか決定機を作れない。それでも28分、左サイドで獲得したFKからラシツァがクロスを供給すると、ニアサイドの大迫がダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはゴール左に外れた。 その後、ポゼッションで大きく上回ったブレーメンだが、アタッキングサードでのプレー精度を足りず、集中した守りを見せるハイデンハイム守備陣からゴールチャンスを作りだすことができない。 後半も立ち上がりから一進一退の展開が続く中、枠内シュートのないブレーメンは65分にフュルクルクとクラーセン、バルグフレーデを下げてバルテルスとビッテンコート、グロスを投入する3枚替えを敢行。 すると78分、ドリブルで右サイドを持ち上がったバルテルスのクロスをニアに走り込んだ大迫がヘディングシュート。しかし、これも枠を外した。さらに83分には、左CKのこぼれ球をボックス内で拾ったバルテルスがゴールを狙ったが、このシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ゴールの遠いブレーメンは87分、グリースベックに両足でのスライディングを見舞ったモイサンデルがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的不利となったブレーメンは、後半アディショナルタイムにピンチ。92分、シュナッテラーの右CKをベールマンに頭で合わされたが、これはゴール左に外れ難を逃れた。 結局、そのまま試合はゴールレスでタイムアップ。7日にフォイト・アレーナで行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。 2020.07.03 05:36 Fri
twitterfacebook