浅野拓磨先発のパルチザン、ツルヴェナ・ズヴェズダとのダービー制しカップ戦決勝進出!《セルビアカップ》

2020.06.11 12:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルチザン・ベオグラードは10日、セルビアカップ準決勝でツルヴェナ・ズヴェズダと対戦し、1-0で勝利。決勝進出を決めた。浅野拓磨が所属するパルチザンとツルヴェナ・ズヴェズダによる“ベオグラード・ダービー”となった準決勝。浅野はこの試合で先発出場した。

序盤から積極的な攻勢を見せたのはパルチザン。浅野も積極的なドリブルからのシュートを見せていた。

後半に入るとツルヴェナ・ズヴェズダも攻勢を強めるが、先制したのはパルチザンだった。

58分、ボックス内左でサディク・ウマルがドリブルを仕掛けると、相手DFをかわし中央へパス。浅野が待ち構えたが、その後ろに現れたビブラス・ナトホが押し込み、パルチザンが先制する。

その後はツルヴェナ・ズヴェズダが積極的に攻め込むも、パルチザンが集中した守備でゴールを許さず。オープンな展開になるもゴールは生まれず試合終了。1-0でパルチザンが勝利し、ヴォイヴォディナが待つ決勝へ駒を進めた。
コメント
関連ニュース
thumb

アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。   前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。   リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。   試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。   開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。   すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。   その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。   フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。   それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。   前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。   この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。   苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

VARにも泣かされた冨安フル出場のボローニャ、ラツィオに惜敗で2連敗《セリエA》

セリエA第5節、ラツィオvsボローニャが24日に行われ、2-1でラツィオが競り勝った。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節サンプドリア戦ではインモービレを出場停止で欠いた中、0-3の完敗を喫したラツィオ。それでも、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。そのドルトムント戦のスタメンから3選手を変更。ミリコンビッチ=サビッチ、ルイス・フェリペ、GKストラコシャに代えてアキャプロ、ホード、移籍後初スタメンのGKレイナを起用した。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。オウンゴールで4失点目を献上した冨安はセンターバックで開幕から5試合連続スタメンとなった。 インモービレとコレアの2トップで臨んできたラツィオに対し、ボールを持つ立ち上がりとなったボローニャは13分に先制しかける。スベンベリが中央を持ち上がり、ボックス手前からコントロールシュート。正確なフィニッシュがゴール右に決まったがVARが入り、スハウテンのファウルがあったとしてノーゴールに覆った。 一方、受ける入りとなったラツィオは24分にルイス・アルベルトのミドルシュートでボローニャを牽制。 それでも、前半半ば以降も32分にパラシオが際どいミドルシュートを浴びせるなど、ボローニャがラツィオと互角以上に渡り合っていく。 流れの悪いラツィオは42分に早くも交代カードを2枚使う。ルーカス・レイバとマルシッチに代えてラッツァーリとエスカランテを投入した。 ゴールレスで迎えた後半、開始4分にラツィオに決定機。コレアのチャンスメークからボックス左でラストパスを受けたアキャプロがシュートに持ち込んだが、ダニーロの好守に阻まれた。 それでも54分、ラツィオが押し切る。ダニーロのパスをルイス・アルベルトが敵陣でカットして持ち上がり、ボックス中央へ侵入。豪快にシュートを蹴り込んだ。 リーグ戦38試合連続失点を喫したボローニャは61分にオルソリーニの強烈な直接FKがバーを直撃。 運にも見放されると、流れの中からシュートに持ち込めない状況を強いられる。そして76分、ラツィオに2点目が生まれた。 ルーズボールをボックス左のファレスがバイシクルで折り返し、インモービレが頭で押し込んだ。 2点を追う展開となったボローニャは、終盤にかけて途中出場のバロウとヴィニャートがオンターゲットの決定的なシュートを浴びせるも、GKレイナのファインセーブに阻まれてしまう。 そして追加タイムにはデ・シルベストリが古巣相手にゴールを奪ったが、一歩及ばず1-2で敗戦。リーグ戦2連敗となった。一方のラツィオはドルトムント戦で得た勢いをうまく繫げる格好となった。 2020.10.25 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバル、セビージャの要塞で今季2勝目を飾る!乾はフル出場で勝利に貢献《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節のセビージャvsエイバルが24日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-1でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀はベンチ入りも出場機会はなかった。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシー戦ををドローで終えたセビージャは、その試合から先発を5人変更。GKブヌやL・デ・ヨング、スソ、オカンポスらに代えてGKヴァツリーク、ムニル、エン=ネシリ、オリベル・トーレスらを先発で起用した。 一方、ここまで1勝2分け3敗で15位に位置するエイバルは、ゴールレルで終えた前節のオサスナ戦から先発を3人変更。武藤やアティエンサ、ビガスに代えてポソ、パペ・ディオプ、パウロ・オリベイラを先発で起用した。乾は7試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続いた一戦は、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、30分を過ぎても枠内シュートゼロ。そんな中、セビージャは34分にボックス右手前でパスを受けたムニルが反転から強烈なミドルシュートでエイバルゴールに迫ったが、これはGKドミトロビッチが弾き出した。 対するエイバルは、最初の枠内シュートで先制する。41分、パペ・ディオプのスルーパスのスルーパスに反応したキケ・ガルシアがボックス中央右から侵入すると、飛び出したGKのニアサイドにシュートを突き刺した。 1点を追うセビージャは、後半からセルジ・ゴメスを下げてオカンポスを投入。グデリをセンターバックに下げて試合に臨んだ。一方のエイバルは、62分にK・ロドリゲスを下げてセルジ・エンリクをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、セビージャは70分にオスカルとエン=ネシリを下げてスソとカルロス・フェルナンデスを投入。両サイドから攻撃を組み立てるセビージャだが、自陣ボックス中央を固めるエイバルの守備を攻略できず、なかなかシュートまで持ち込めない。 対するエイバルは86分、ボックス右手前でボールを受けた乾が相手GKとDFの間を狙ったクロスを供給。これにセルジ・エンリクが飛び込んだが、わずかに届かない。 後半アディショナルタイム、セビージャに最後のチャンスが生まれる。93分、ヘスス・ナバスの左クロスを飛び込んだカルロス・フェルナンデスがヘディングシュートで合わせたが、このシュートはGKドミトロビッチの好セーブに阻まれ、万事休す。 結局、試合は0-1のままタイムアップ。キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバルが、要塞“サンチェス・ピスファン”でセビージャを下し今季2勝目を飾った。 2020.10.25 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太が途中出場のウニオン、フライブルクにドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは24日、ブンデスリーガ第5節でフライブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は71分から出場している。 前節シャルケ戦では試合終了間際に登場し2戦連続出場となったウニオン・ベルリンの遠藤がベンチスタートとなった一戦。 1勝2分け1敗スタートのフライブルクに対し、ウニオンが良い入りを見せるも、34分に失点する。ボックス左からグリフォに巧みなダイレクトシュートを決められた。 それでも2分後にウニオンが追いつく。ゴール正面からのアンドリッヒのミドルシュートが決まった。 1-1で迎えた後半、71分に遠藤が左サイドに投入された中、ウニオンは終盤に決定機。まずは86分、M・フリードリッヒが際どいミドルシュートを浴びせると、89分にもFKからM・フリードリッヒが際どいヘディングシュートを放ったが、わずかに枠を捉えきれず。 結局、後半にスコアは動かず1-1でタイムアップを迎え、ウニオンは勝ち点1を積み上げるにとどまった。5試合を消化したウニオンは1勝3分け1敗スタートとなっている。 2020.10.25 00:39 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsフランクフルトが24日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は前半のみの出場となっている。 バイエルンは前節、ビーレフェルト相手に4発快勝として2連勝。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では4-0と快勝した。そのアトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。ドグラス・コスタとバックラインの3枚を入れ替え、負傷明けのサネがベンチに入った。 一方、前節ケルン戦では鎌田のPK奪取があったものの1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。ゴールに絡む働きが続いている鎌田と、長谷部はそれぞれ開幕から5試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]を継続したフランクフルトに対し、3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べたバイエルンは開始1分にアクシデント。アルフォンソ・デイビスが右足首を痛めてプレー続行不可能となり、リュカが投入された。 それでも10分、バイエルンが先制する。長谷部がコマンの対応に当たるためにレヴァンドフスキのマークを一瞬離すと、そのコマンのパスをフリーで受けたボックス中央のレヴァンドフスキが左足でゴール右に蹴り込んだ。 攻勢を続けるバイエルンはさらに26分、キミッヒの右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートが決まって追加点。 2点をリードして以降もバイエルンが主導権を握り続け、フランクフルトは前半にチャンスを作ることができなかった。 迎えた後半、鎌田とツーバーに代えてユネスとチャンドラーを投入したフランクフルトに対し、53分にリュカがGK強襲のシュートを浴びせたバイエルンは、60分にレヴァンドフスキがハットトリックを達成する。 ドグラス・コスタのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央に侵入し、DFに寄せられながらもシュートを決めきった。 余裕のバイエルンは68分、レヴァンドフスキ、ミュラー、ドグラス・コスタをお役御免とし、サネらを投入する。 すると72分、サネがボックス手前右からゴール左に蹴り込むファインゴールを決めて4-0。さらに終盤の90分にはミュージアラにもゴールが生まれ、バイエルンが5発完勝としている。 2020.10.25 00:27 Sun
twitterfacebook