浅野拓磨がトラブゾンスポルと2年契約で合意、代理人は訴訟が起きないと見解

2021.05.12 10:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
給料の遅延とクラブの不義理を理由にブログで退団を発表したFW浅野拓磨(26)だが、トルコのトラブゾンスポルと2年契約で合意に至ったようだ。トルコ『Fotospor』が伝えた。

浅野は2日、自身のブログで「給与の未払いやクラブの不誠実な対応」を理由に、パルチザン・ベオグラードからの退団を発表した。

突然の発表は大きな話題となり、パルチザンも追って声明を発表。浅野の退団を発表した一方で、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。

そんな中、浅野とトラブゾンスポルは予備契約にサイン。したとのこと。一方で、パルチザンは移籍金600万ユーロ(約7億9200万円)を求めるとしており、トラブゾンスポルへ書面を送ったとされている。

しかし、浅野の代理人は、パルチザンが起こそうとしている訴訟について、訴訟に発展する可能性が低いとトラブゾンスポルに保証したとのことだ。

FIFAの規則では、2カ月以上給与を支払われなかった場合、最短15日以内に解決する必要があるとのこと。この期間を超えても対応されなかった場合は、選手は契約を終えることができるというもの。フリーとなり、新たな契約にサインできるという規則がある。

FIFAの判断に委ねられる部分はあるが、問題が生じなければトルコが新天地になることは間違いなさそうだ。


関連ニュース
thumb

遠藤航、シュツットガルトの相棒に一目置かれる「改善できるところを見つけ、見習っていきたい」

シュツットガルトのドイツ人MFアタカン・カラソルが、相棒である日本代表MF遠藤航について語った。 カラソルはボーフムの下部組織で育ち、その後ドルトムントのセカンドチームに加入。2017年7月からホルシュタイン・キールでプレーすると、2019年7月にシュツットガルトへと加入した。 時を同じくしてシント=トロイデンから加入した遠藤とはボランチというポジションが重なることもあったが、遠藤がポジションを掴んだことで3バックの一角にポジションを下げていた。 昨シーズンはケガなどの影響もあり、出場機会が限られたが、今シーズンはボランチとして起用されることに。遠藤とダブルボランチを組むこととなっている。 2020-21シーズンのブンデスリーガのデュエル勝利数1位の遠藤とのコンビを組むカラソルは、ドイツ『ビルト』のインタビューで遠藤について言及している。 「ワタ(遠藤航)と一緒にプレーすることは、僕にとって大きなことなんだ」 「僕は6番(ボランチ)の選手だったけど、彼に先発のポジションを奪われてしまった」 「今はワタのプレーを見て、自分の改善できるところを見つけ、見習っていきたいと思う」 チームのキャプテンにまで就任した遠藤。ボランチでコンビを組む相棒からも一目置かれる存在だが、今季のチームはここまで苦しい状況に。カラソルとのコンビで相手の攻撃を封じ、チームに勝利をもたらせられるだろうか。 2021.09.24 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第6節プレビュー】日本人対決2試合、ウニオンvsビーレフェルト、ボーフムvsシュツットガルト

前節はバイエルンがFW浅野欠場のボーフムを7発圧勝として首位に浮上した。そして唯一の開幕4連勝としていたヴォルフスブルクがMF鎌田先発のフランクフルトに引き分け、2位に後退。ドルトムントはウニオン・ベルリンに4-2と打ち勝って3位をキープしている。迎える第6節、MF原口、MF遠藤渓太のウニオン・ベルリンvsMF奥川ビーレフェルトと、浅野ボーフムvsMF遠藤航、MF伊藤による日本人対決2試合が開催される。 まずは土曜開催のウニオンvsビーレフェルト。ウニオンは前節ドルトムント相手に2点を返す意地を見せたものの、2-4と打ち負けて今季リーグ初黒星。後半から途中出場の原口と遠藤は見せ場を作れずに終わったが、奥川の前でインパクトを残せるか。 対するビーレフェルトは前節、ホッフェンハイム相手にゴールレスドロー。右MFとして出場した奥川は何度かゴールに迫るシーンを作ったものの実らなかった。チームは未勝利が続くが、奥川が初白星をもたらすか。 続いて日曜開催のボーフムvsシュツットガルト。ボーフムは前節、バイエルン相手に0-7と粉砕された。復帰の可能性が報じられた浅野は引き続き欠場となったが、今節復帰なるか。 そしてシュツットガルトはレバークーゼンに1-3と敗戦し、3敗目を喫した。守備に綻びが見られる状況が続いているが、遠藤を軸に立て直しを図りたいところ。前節初スタメンの座を勝ちとった伊藤が引き続き先発するかにも注目だ。 上位勢ではバイエルンがグロイター・フュルトとのホーム戦を金曜に戦う。完勝の試合が続いている王者だが、FWコマンに加え、今節はFWニャブリ、ミュージアラらが欠場予定。苦しい陣容の中、格下を圧倒できるか。 派手な試合が続くドルトムントはボルシアMGとのアウェイ戦を戦う。ローゼ監督の古巣対決となるが、守備の立て直しを図った上で攻撃力を維持できるかに注目だ。そして連勝が止まったヴォルフスブルクはホッフェンハイムとのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。。 ◆ブンデスリーガ第6節 ▽9/24(金) 《27:30》 グロイター・フュルトvsバイエルン ▽9/25(土) 《22:30》 ウニオン・ベルリンvsビーレフェルト レバークーゼンvsマインツ フランクフルトvsケルン ライプツィヒvsヘルタ・ベルリン ホッフェンハイムvsヴォルフスブルク 《25:30》 ボルシアMGvsドルトムント ▽9/26(日) 《22:30》 ボーフムvsシュツットガルト 《25:30》 フライブルクvsアウグスブルク 2021.09.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英、自身インスタで負傷離脱を報告…10月の代表不参加も示唆

マジョルカの日本代表MF久保建英が23日、自身のインスタグラムを通じてチームからの離脱を報告したした。 久保は22日に敵地で行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦でも先発。攻撃陣の保有元のレアル・マドリーを相手にしたパフォーマンスが注目されたが、前半のみのプレーでピッチを後にして、マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにした。 そして、久保は現時点でクラブから負傷に関する発表がないなか、自身のSNSで「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました」と当面の戦線離脱を説明すると、こう続けた。 「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました。とても重要な時期にチームと代表の力になれないことはとても悔しいですが、今度はピッチ外から応援をしたいと思います。そして1日でも早く復帰をしてチームの力になれる様に今自分にできることを頑張ります」 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合を戦う10月の代表活動に参加できない見込みも示唆した久保は2年ぶりに復帰したマジョルカでラ・リーガ開幕戦から全試合に出場して、そのうちの5試合に先発。ゴール、アシストともにないものの、攻撃陣の軸として光るプレーを披露していた。 <span class="paragraph-title">【写真】モノクロ写真でケガを報告する久保建英</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUKwSvhMG05/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUKwSvhMG05/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUKwSvhMG05/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.24 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

好調ナポリ、吉田先発のサンプドリアに4発快勝で開幕5連勝!《セリエA》

セリエA第5節のサンプドリアvsナポリが23日にルイジ・フェラリスで行われ、0-4でナポリが勝利した。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 前節のエンポリ戦で今季初勝利を飾ったサンプドリアは、その試合と同じ先発メンバーを採用。吉田はセンターバックで5試合連続のスタメン出場となった。 一方、リーグ戦4連勝と絶好調のナポリは、直近のウディネーゼ戦からスタメンを2人変更。ポリターノとエルマスに替えてロサーノとジエリンスキをスタメンで起用した。 試合は開始早々の10分にナポリが先制する。中盤でアドリエン・シウバのパスミスからボールを奪ったオシムヘンが素早くサイドチェンジ。これを受けたインシーニェがボックス左手前からクロスを供給するとゴール前に駆け上がったオシムヘンがジャンピングボレーシュート。このシュートはGKアウデーロが弾くもボールはゴールラインを割っており、ゴールが認められた。 先制を許したサンプドリアは19分、細かなパスワークで相手ボックス内に侵入するとベレシュインスキの落としをボックス手前のアドリエン・シウバがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKオスピナがファインセーブ。さらに直後のCKでは吉田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これもGKオスピナの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだナポリは、直後の21分にザンボ・アンギサのスルーパスからDFの裏に抜け出したオシムヘンが決定機を迎えると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだ中、39分に追加点が生まれる。右サイドから仕掛けたロサーノがボックス右横から折り返しを供給すると、ボックス中央で受けたインシーニェが後方へ落とし、最後は走り込んだファビアン・ルイスがダイレクトシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅吸い込まれた。 迎えた後半、ナポリは開始早々の46分にアクシデントに見舞われる。不調を訴えたラフマニがピッチに座り込むと、プレー続行不可能なりメディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。マノラスが緊急投入された。 不運な形で交代枠を使ったナポリだったが、直後の50分にジエリンスキのパスをボックス右で受けたロサーノの折り返しをオシムヘンが流し込み、3点目を奪取。 さらに58分にも、ザンボ・アンギサのパスをボックス右で受けたロサーノがマイナスに折り返すと走り込んだジエリンスキが強烈なダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。 4点差となったサンプドリアは、71分にベレシュインスキとトールスビーを下げてデパオリとアスキルセンを投入。すると73分、カンドレーバのパスをボックス左で受けたカプートが折り返しを供給。ゴール前のクリバリに当たったボールを駆け上がったカンドレーバが押し込むが、VARの末にカプートのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。敵地で4ゴールを奪ったナポリがセリエA開幕5連勝を飾っている。 2021.09.24 03:31 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、今冬にイングランド2部へ移籍? シント=トロイデン会長が示唆

シント=トロイデンの日本代表FW鈴木優磨は、今冬に移籍する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えている。 昨季のジュピラー・プロ・リーグで34試合17ゴールを記録し、チーム最多得点者となった鈴木。シーズン終了後はステップアップ移籍を志願していた。 しかし、リーグ・アンやブンデスリーガ、セリエAなどの複数クラブから関心が寄せられるも、契約するまでには至らず。移籍市場最終日には、チャンピオンシップ(イングランド2部)の名門ノッティンガム・フォレストからオファーがあったものの、鈴木が拒否したと報じられていた。 それでも、シント=トロイデンのデビッド・ミーカーズ会長は、ノッティンガム・フォレストが今冬に再び移籍先の候補になるかもしれないとコメントしている。 「過去にはある程度の合意がなされており、いずれ移籍先の候補に挙がるだろう」 「(鈴木が)冬に売られるのか、来年の夏に売られるのか、我々は見守らなければならない」 なお、シント=トロイデンは470万ユーロ程の移籍金を要求しているようだ。 2021.09.23 20:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly