ナポリ、ミラン加入目前だった18歳FWポポビッチを確保へ

2024.01.20 00:00 Sat
Getty Images
ナポリパルチザンを退団していたU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)を確保したようだ。ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏やイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

マンチェスター・シティやユベントスが獲得に関心を示し、先日にはミラン加入が目前に迫っていたポポビッチ。しかし、代理人による条件面つり上げで移籍は破談に終わっていた。
そんな中、巻き返しを図る昨季イタリア王者が争奪戦を制したようだ。

ただ、ナポリはポポビッチに経験を積ませるべくフロジノーネに即レンタル移籍させる算段とのこと。

193cmの大型FWで、センターフォワードを始め前線の様々なポジションをこなすことができるポポビッチ。昨シーズンはユースリーグで24試合に出場し、20ゴールを記録していた逸材が昨季イタリア王者に加わることになった。

マティヤ・ポポビッチの関連記事

モンツァは25日、パルチザン・ベオグラードを退団したU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 なお、ポポビッチは来シーズンからナポリに5年契約で加入することが決定している。 193cmの大型アタッカーで、トップ下やセカンドトップを主戦場にセンターフォワードや左ウイングでもプレー可能なポポビッチ。昨シーズンはユースリーグで24試合に出場し、20ゴールを記録していた逸材がセリエAのステップアップすることになった。 マンチェスター・シティやユベントスが獲得に関心を示し、先日にはミラン加入が目前に迫っていたポポビッチ。しかし、代理人による条件面つり上げで移籍は破談に終わっていた。 そんななか、昨シーズンのセリエA王者への加入が内定したなか、今シーズン一杯はイタリアへの適応のためモンツァでプレーすることが決定した。 <span class="paragraph-title">【写真】逸材ポポビッチがモンツァと契約</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qme" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ACMonza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACMonza</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WelcomePopovic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelcomePopovic</a> <a href="https://t.co/JPuRH5LmIv">pic.twitter.com/JPuRH5LmIv</a></p>&mdash; AC Monza (@ACMonza) <a href="https://twitter.com/ACMonza/status/1750505623299486074?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.01.25 23:36 Thu
ユベントスがU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)と接触したようだ。 つい2日前までミラン加入が秒読みと現地イタリアで報じられていたポポビッチ。マンチェスター・シティを筆頭に欧州各国からオファーが殺到した193cmアタッカーは、熟考の末にミラン行きを選び、パルチザンとの契約が満了しているなか、すでにミラノへ到着したことが判明している。 ところが10日、加入交渉が大詰めを迎えていたなか、代理人が突如ミランに対して要求額を上乗せし、加入秒読みから一転、協議が暗礁に乗り上げたことが明らかに。イタリア『カルチョメルカート』によると、ポポビッチ自身の心はミランで決まっているものの、ミラン側に代理人の要求を呑む意向は一切ないという。 どうやらすでにミラン行きは破談へと向かっているようで、この情報をいち早く掴んだユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)、クリスティアーノ・ジュントリ氏が代理人へ連絡。迅速な行動でポポビッチ側との顔合わせを済ませたとみられている。 なお、セルビア国籍のポポビッチはEU圏外の選手だが、ミラン同様ユベントスもEU圏外枠に空きがあり、獲得に向けた支障はさほどないと考えられている。 2024.01.11 14:10 Thu
ミランはU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)との加入交渉が突如として暗礁に乗り上げた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミラン加入が決定的とここ数日報じられたポポビッチ。欧州王者マンチェスター・シティも欲しがったバルカン半島産の193cmストライカーは、すでにパルチザン・ベオグラードとの契約が満了しており、ミランとしては選手との協議さえ詰めれば手元に迎え入れることができる。 しかし、どうやらこの18歳を担当する代理人が、契約成立までもう少し…というところに来て突如条件面での要求を引き上げたようで、ミラン上層部は「高額すぎる」としてこれに難色…獲得断念さえも頭の片隅に置かねばならない状況だという。 欧州各国からオファーが殺到したなか、ポポビッチ自身が熟考した末に選んだのがミラン。すでに代理人とともにミラノ入りしていることが明らかにされているが、果たして…。 2024.01.10 21:25 Wed
ミランがパルチザンと契約満了となったU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)を迎え入れるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 193cmの大型FWであり、センターフォワードを始め前線の様々なポジションをこなすことができるポポビッチ。昨シーズンはユースリーグで24試合に出場し、20ゴールを記録していた。 そんなポポビッチとパルチザンの契約は昨年12月末までとなっており、ミランはかねてから契約満了後のフリーでの獲得を模索。『カルチョメルカート』によると、マンチェスター・シティも獲得に乗り出していたようだが、ついにミランとポポビッチの間で決着がついたようで、2028年までの契約を結ぶため本人がミラノに降り立っているという。 なお、ミランのEU圏外枠は残り1つとなっているが、これをポポビッチで埋めることになる模様。8日にはU-21イタリア代表DFフィリッポ・テラッチアーノの獲得を発表したミランだが、さらに新戦力を迎え入れる場合はEU圏内の選手に限られることになる。 2024.01.09 22:55 Tue
ミランのバンディエラ、元イタリア代表DFマウロ・タソッティ氏が古巣に教え子の獲得を推奨した。 低迷とまでは言い切れずとも、うだつの上がらない日々が続くミラン。現在セリエAは9勝2分け3敗の3位、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ最終節1試合を残してラウンド16進出はおろか、ヨーロッパリーグ(EL)にも進めない4位…停滞感が拭えない。 また、最終ラインではDFピエール・カルル、DFシモン・ケアー、DFマルコ・ペジェグリーノ、DFマッティア・カルダーラ、DFマリック・チャウが離脱中。タソッティ氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材に「ミランは来年1月にセンターバックを獲得すべき」と語る。 一方で、1月にパルチザンからU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(17)をゼロ円移籍で獲得すると報じられているミラン。ポポビッチは193cmの大型ストライカーで、もし獲得が実現なら、ゆくゆくはFWオリヴィエ・ジルーの後継者となることが期待される。 しかし、先行投資の意味合いが強いのは一目瞭然で、停滞感を吹き飛ばす起爆剤ではないのは確か。タソッティ氏は1月に加えるべき新戦力として、ウクライナ代表コーチ時代に指導した教え子、シャフタールのMFへオルヒー・スダコフ(21)を推奨する。 「私ならウクライナで指導したスダコフと契約する。面白いプレーヤーだよ。もちろん、連れてくるのは簡単ではないだろうがね」 スダコフは21歳にして名門シャフタールの攻撃を司る攻撃的MF。A代表デビューはアンドリュー・シェフチェンコ監督&タソッティコーチ時代の2021年であり、今季はCLでバルセロナからゴールを決めている。遅かれ早かれ欧州5大リーグへ進出するであろう若武者だ。 ここまでミランの補強戦略について進言してきたタソッティ氏だが、既存戦力にも言及。FWラファエル・レオンに関し、ケガから戻り次第、再びスーパーな活躍を披露してくれるだろうと期待を寄せた。 「筋肉系トラブルからまもなく復帰する予定だな。彼はいざピッチに戻れば、決定的な存在に返り咲けるだろうか…彼はそのリアクション、ボディランゲージのせいで批判されることもあるが、イコール彼が正しいコミットメントを示していない…というわけではない」 「結局のところ、どんな相手、どんな試合でもゴールを決められるということを証明するだろう。私は彼がまた一段と成熟したプレーヤーになることを確信しているよ」 2023.12.06 17:45 Wed

記事をさがす

マティヤ・ポポビッチの人気記事ランキング

1

停滞感拭えぬミランに偉大なるOBタソッティ氏がエール…21歳教え子の獲得も推奨「面白いプレーヤーだよ」

ミランのバンディエラ、元イタリア代表DFマウロ・タソッティ氏が古巣に教え子の獲得を推奨した。 低迷とまでは言い切れずとも、うだつの上がらない日々が続くミラン。現在セリエAは9勝2分け3敗の3位、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ最終節1試合を残してラウンド16進出はおろか、ヨーロッパリーグ(EL)にも進めない4位…停滞感が拭えない。 また、最終ラインではDFピエール・カルル、DFシモン・ケアー、DFマルコ・ペジェグリーノ、DFマッティア・カルダーラ、DFマリック・チャウが離脱中。タソッティ氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材に「ミランは来年1月にセンターバックを獲得すべき」と語る。 一方で、1月にパルチザンからU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(17)をゼロ円移籍で獲得すると報じられているミラン。ポポビッチは193cmの大型ストライカーで、もし獲得が実現なら、ゆくゆくはFWオリヴィエ・ジルーの後継者となることが期待される。 しかし、先行投資の意味合いが強いのは一目瞭然で、停滞感を吹き飛ばす起爆剤ではないのは確か。タソッティ氏は1月に加えるべき新戦力として、ウクライナ代表コーチ時代に指導した教え子、シャフタールのMFへオルヒー・スダコフ(21)を推奨する。 「私ならウクライナで指導したスダコフと契約する。面白いプレーヤーだよ。もちろん、連れてくるのは簡単ではないだろうがね」 スダコフは21歳にして名門シャフタールの攻撃を司る攻撃的MF。A代表デビューはアンドリュー・シェフチェンコ監督&タソッティコーチ時代の2021年であり、今季はCLでバルセロナからゴールを決めている。遅かれ早かれ欧州5大リーグへ進出するであろう若武者だ。 ここまでミランの補強戦略について進言してきたタソッティ氏だが、既存戦力にも言及。FWラファエル・レオンに関し、ケガから戻り次第、再びスーパーな活躍を披露してくれるだろうと期待を寄せた。 「筋肉系トラブルからまもなく復帰する予定だな。彼はいざピッチに戻れば、決定的な存在に返り咲けるだろうか…彼はそのリアクション、ボディランゲージのせいで批判されることもあるが、イコール彼が正しいコミットメントを示していない…というわけではない」 「結局のところ、どんな相手、どんな試合でもゴールを決められるということを証明するだろう。私は彼がまた一段と成熟したプレーヤーになることを確信しているよ」 2023.12.06 17:45 Wed
2

シティも狙ったセルビアの18歳FWポポビッチがミランへ… 現地到着で加入間近

ミランがパルチザンと契約満了となったU-17セルビア代表FWマティヤ・ポポビッチ(18)を迎え入れるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 193cmの大型FWであり、センターフォワードを始め前線の様々なポジションをこなすことができるポポビッチ。昨シーズンはユースリーグで24試合に出場し、20ゴールを記録していた。 そんなポポビッチとパルチザンの契約は昨年12月末までとなっており、ミランはかねてから契約満了後のフリーでの獲得を模索。『カルチョメルカート』によると、マンチェスター・シティも獲得に乗り出していたようだが、ついにミランとポポビッチの間で決着がついたようで、2028年までの契約を結ぶため本人がミラノに降り立っているという。 なお、ミランのEU圏外枠は残り1つとなっているが、これをポポビッチで埋めることになる模様。8日にはU-21イタリア代表DFフィリッポ・テラッチアーノの獲得を発表したミランだが、さらに新戦力を迎え入れる場合はEU圏内の選手に限られることになる。 2024.01.09 22:55 Tue

ナポリの人気記事ランキング

1

新たなエースとしてオシムヘン獲得望むPSG、ナポリにイ・ガンインら選手を含めたオファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)はナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)獲得に向け、選手を差し出す構えを見せているようだ。 昨シーズン限りで、チームのエースだったフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約満了により退団となったPSG。今夏の移籍市場では、後釜となるストライカー確保が急務となっている。 そんなPSGが獲得を望んでいるのがオシムヘンだ。ナポリの得点源として2022-23シーズンにはスクデットの獲得に貢献し、昨シーズンも公式戦32試合17ゴール4アシストを記録するなど、トップクラスの活躍を続けている。 2026年夏までナポリと契約を残すオシムヘンだが、1億3000万ユーロ(約226億円)の違約金が存在している模様。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、PSGは違約金減額を望み、選手を含めた交渉を模索しているようだ。 その候補となる選手は、韓国代表FWイ・ガンイン(23)、元フランス代表DFノルディ・ムキエレ(26)、スペイン代表MFカルロス・ソレール(27)の3名とのこと。15日の交渉で、その旨をナポリに伝えたという。 しかし、アントニオ・コンテ監督が新シーズンから指揮を執るナポリは、現段階でイ・ガンイン以外に関心を示さず。イ・ガンインに対しての関心も高いものではなく、難しい交渉になることが予想されている。 2024.07.16 10:05 Tue
2

ナポリがボンジョルノ獲得発表…新指揮官コンテ熱望の新DFリーダー

ナポリは13日、トリノからイタリア代表DFアレッサンドロ・ボンジョルノ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、移籍金総額は4000万ユーロ(約69億円)となり、年俸は250万ユーロ(約4億3000万円)となる見込みだ。 トリノの下部組織出身でカルピ、トラパニへの武者修行を経て2021-22シーズンからトリノのディフェンスラインの主力に定着した192cmのセンターバックは、一昨シーズンからその才能を完全に開花。屈強なフィジカルと守備センスを活かした安定した守備力に、左足から繰り出される正確な配球を武器に現代型のセンターバックとして国内外の強豪クラブの関心を集めていた。 ルチアーノ・スパレッティ監督が率いるアッズーリでも存在感を示す25歳は、アントニオ・コンテ新監督を迎えた新生パルテノペイのディフェンスラインのトップターゲットとなっており、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長がしっかりと新指揮官の希望を叶えた。 なお、ナポリは今夏ディフェンスラインにテコ入れを図っており、ボンジョルノはレオナルド・スピナッツォーラ、ラファ・マリンに続く3人目の新戦力となった。 2024.07.13 17:40 Sat
3

スロベニア代表CBビヨルは隠れた人気銘柄? インテルに続き6クラブから関心か

ウディネーゼのスロベニア代表DFジャカ・ビヨル(25)は隠れた人気銘柄か。 ビヨルは190cmのセンターバック(CB)。CBを主戦場にボランチも対応可能で、スロベニア代表では通算53キャップ。ユーロ2024はラウンド16敗退まで全4試合にフル出場した。 クラブキャリアは2018年夏に母国からロシアのCSKAモスクワへ。ハノーファーへのレンタル移籍を経験したのち、22年夏に現所属のウディネーゼへ完全移籍でやってきた。 23-24シーズンが終わったあたりからインテルの関心が報じられており、ユーロ2024での奮闘がさらに多くのクラブを惹きつけた模様。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ナポリ、ボローニャ、ラツィオ、シュツットガルト、ヴォルフスブルク、ノッティンガム・フォレストが新たに関心を寄せ始めたという。 『SportItalia』いわく、シュツットガルト、ヴォルフスブルク、フォレストについては、すでにビヨルとウディネーゼへアプローチ。 元々インテルによる関心は「さほど高くない移籍金」も理由のひとつと伝えられていたが、やはりウディネーゼの要求は1000万〜1500万ユーロ(約17.4億〜26.2億円)が目安とのことだ。 2024.07.10 14:05 Wed
4

ナポリ、マドリーDFラファ・マリンを完全移籍で獲得!マドリーは買戻しOPを保持

ナポリは10日、レアル・マドリーからU-21スペイン代表DFラファ・マリン(22)を完全移籍で獲得した。 ラファ・マリンはマドリーの下部組織出身。191cmの高さを誇るセンターバックであり、昨シーズンはアラベスへレンタル移籍すると、主力としてラ・リーガ33試合に出場した。 なお、詳細な契約は明かされていないが、イタリア『スカイ』によれば移籍金は1200万ユーロ(約21億円)になる模様。また、マドリーには買い戻しオプションが付随しており、2025年6月に行使する場合は2500万ユーロ(約44億円)、2026年6月に行使する場合は3500万ユーロ(約61億円)の金額で買い戻しが可能になる。 しかし、ナポリ側にもオプションがあり、2025年6月にマドリーに1000万ユーロ(約17億5000万円)を追加で支払うことで、買い戻しの金額を倍額にすることができるという。 2024.07.11 07:30 Thu
5

ジェノアがナポリのDFザノーリを買取義務オプションのレンタル移籍で獲得

ジェノアは11日、ナポリの元U-21イタリア代表DFアレッサンドロ・ザノーリ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、特定の条件が満たされた場合は、買い取り義務が発生するという。 カルピの下部組織で育ったザノーリは、2019年7月にナポリの下部組織に加入。2020年9月にファーストチームに昇格した。 その後、レニャーゴやサンプドリアへと武者修行に出ると、2024年1月からはサレルニターナへとレンタル移籍を経験していた。 右サイドバックを主戦場にセンターバックや右サイドハーフでもプレーするザノーリは、ナポリのファーストチームでも22試合に出場。これまでセリエAでは56試合に出場し、2ゴール4アシストを記録していた。 2024.07.12 14:45 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly