ナポリが今夏の注目株トーレスに関心か? カジェホンの後釜に

2020.06.10 18:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリが、バレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)に関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

ナポリでは、これまで公式戦通算330試合以上に出場している元スペイン代表FWホセ・カジェホン(33)が今夏に契約満了。契約延長交渉がまとまらず、退団することが濃厚となっている。

後釜獲得を目指すナポリは、バルセロナやレアル・マドリーなども目を光らせ、市場価値が4500万ユーロ(約54億9000万円)とみられるトーレスに注目している。

一方で、バレンシアは2021年夏までの契約を延長するために交渉を進めているものの難航中。話がまとまらなければ、今夏にも売却する可能性があるとされている。

また、ナポリはパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が取り沙汰されているアルジェリア代表DFファウジ・グラム(29)の後釜として、レギア・ワルシャワのU-19ポーランド代表DFミハエル・カルボニック(19)の獲得に興味を示しているという。

こちらに関してはナポリ上層部はすでに交渉をスタートさせており、移籍金500万ユーロ(約6億1000万円)を用意しているというが、レギア・ワルシャワは1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているとのことだ。

その他にも、ザルツブルクで注目を集めるハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(19)にも興味を示しているとされ、ナポリであh今夏に大きな選手の入れ替えが起こることになりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

メキシコの新星ウィンガー、ロサーノがユーベとの打ち合いの中で決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はメキシコ代表FWイルビング・ロサーノがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メキシコの“神童”ロサーノが決めたナポリ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZDFxSnAxbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年にメキシコの強豪パチューカでプロデビューを果たしたロサーノは、2017年に加入したPSVでブレイク。メキシコ代表として出場した2018年のロシアW杯での活躍も相まって、2019年夏にナポリへのステップアップを果たしている。 抜群のスピードと得点力を持つロサーノだが、記念すべきナポリ初ゴールとなったのは、自身のセリエAデビュー戦となった2019年8月31日に行われた、セリエA第2節、ユベントスとの試合で決めたゴールだった。 前半だけで2点のリードを許し、ナポリ劣勢の中迎えた後半、ロサーノが途中出場でセリエAデビュー。しかし、その後もユベントスの優勢は変わらず一時は3-0のリードを許す展開となる。 しかし、66分に反撃の狼煙を上げる1点を返したナポリは、68分にも決定機が訪れる。カウンターからチャンスを得たナポリは、相手の裏を取ったMFピオトル・ジエリンスキが左サイドを突破。ボックス手前までドリブルで進むと、中央で待っていたロサーノにパス。これをロサーノが、相手DFからのプレッシャーを受けながらもしっかりと決め、ナポリ初ゴールを記録した。 その後、80分にもゴールを奪ったナポリは、3点差に追いつき3-3に。しかし後半アディショナルタイムのオウンゴールにより、土壇場でユベントスに敗れている。 2020.08.06 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコの新星ウィンガー、ロサーノがユーベとの打ち合いの中で決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はメキシコ代表FWイルビング・ロサーノがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メキシコの“神童”ロサーノが決めたナポリ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZDFxSnAxbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年にメキシコの強豪パチューカでプロデビューを果たしたロサーノは、2017年に加入したPSVでブレイク。メキシコ代表として出場した2018年のロシアW杯での活躍も相まって、2019年夏にナポリへのステップアップを果たしている。 抜群のスピードと得点力を持つロサーノだが、記念すべきナポリ初ゴールとなったのは、自身のセリエAデビュー戦となった2019年8月31日に行われた、セリエA第2節、ユベントスとの試合で決めたゴールだった。 前半だけで2点のリードを許し、ナポリ劣勢の中迎えた後半、ロサーノが途中出場でセリエAデビュー。しかし、その後もユベントスの優勢は変わらず一時は3-0のリードを許す展開となる。 しかし、66分に反撃の狼煙を上げる1点を返したナポリは、68分にも決定機が訪れる。カウンターからチャンスを得たナポリは、相手の裏を取ったMFピオトル・ジエリンスキが左サイドを突破。ボックス手前までドリブルで進むと、中央で待っていたロサーノにパス。これをロサーノが、相手DFからのプレッシャーを受けながらもしっかりと決め、ナポリ初ゴールを記録した。 その後、80分にもゴールを奪ったナポリは、3点差に追いつき3-3に。しかし後半アディショナルタイムのオウンゴールにより、土壇場でユベントスに敗れている。 2020.08.04 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CLバルサ戦控えるインシーニェ、左長内転筋の損傷と診断

ナポリは3日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの負傷状況を報告した。 インシーニェは、1日に行われたセリエA最終節のラツィオ戦に先発出場。勝ち越し点となるPKも決めていたが、試合終盤にドリブルを仕掛けようとしたところでプレーを止めてピッチに倒れ込んでいた。 <div id="cws_ad">◆インシーニェ、2019-20シーズンのベストゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWcElTbEEzdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 3日にMRI検査を受けたインシーニェだったが、結果は左脚の長内転筋の損傷と診断。骨浮腫を伴うものだとのことだ。 なお、8日に控えているチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバルセロナ戦については現時点で出場できるかどうか不明。日々様子を見守るとしている。 インシーニェは、今シーズンのセリエAで37試合に出場し8ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグでも4試合で1ゴール1アシストを記録していた。 2020.08.04 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

離れ業!ナポリの若きGKアレックス・メレトがみせた圧巻のトリプルセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆メレトが見せた圧巻のトリプルセーブ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwMjVERTFCUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ナポリのイタリア代表GKアレックス・メレトが見せた圧巻のトリプルセーブだ。 2014年にウディネーゼでプロデビューしたメレトは、レンタル先のSPALのセリエB優勝に貢献するなど、活躍を見せると、2018年夏にナポリに加入。GKダビド・オスピナと正GKの座を争っている。 そんな注目の若手イタリア人GKメレトは、2019年10月19日に行われた、セリエA第8節ヴェローナ戦では、圧巻の離れ業を見せている。 0-0で迎えた18分、ナポリの左サイドを1人で崩したヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチがドリブルでボックス内深部まで侵入すると、角度のないところからシュート。メレトはこれを何とか弾くと、続いてこぼれ球に詰めたMFマッティア・ザッカーニのヘディングシュートも横っ飛びでブロック。そのこぼれ球をさらに詰めていたFWマリウス・ステピンスキのシュートも体を当ててブロック。圧巻のトリプルセーブでチームのピンチを救った。 メレトの活躍もあり無失点で試合を終えたナポリは2-0で勝利している。 2020.08.03 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「代理人とは会った」ナポリ会長、オシムヘン獲得でレアルFWヨビッチの獲得を否定

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、レアル・マドリーに所属するセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の獲得を否定した。 昨夏に推定移籍金6000万ユーロ(約74億7000万円)でフランクフルトからマドリーに加入したヨビッチだが、ラ・リーガ17試合で2ゴールと結果を残せず。さらにピッチ外でも周囲を賑わせる行為もあり、中断期間中は国際問題にまで発展する可能性もあったほどだ。 <div id="cws_ad">◆ヨビッチ、レアル・マドリーでお披露目<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ZkZ0emZLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その結果、わずか1年で放出候補に挙げられ、複数クラブからの関心が報じられており、その候補の1つとしてナポリが有力視されていた。 しかし、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)に代わるストライカーの獲得に動いていたナポリは、複数クラブによる争奪戦の末、にクラブ史上最高額でリールからナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の獲得に成功していた。 ヨビッチの獲得についてデ・ラウレンティス会長は、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』でコメント。代理人のファリ・ラマダニ氏と接触したことを明かしたものの、オシムヘンの獲得でヨビッチ獲得の可能性は無くなったと明かした。 「ラマダ二と会っていたからレアル・マドリーのルカ・ヨビッチ、ゼニトの(イラン代表FW)サルダール・アズムンの獲得に行くこともできた。だが、オシムヘンの話が具体化したから彼の獲得に向かった」 なお、ヨビッチには元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの去就が不透明となっているミランのほか、ニコ・コバチ監督が指揮官に就任したモナコが関心を示しているとみられている。 2020.08.03 13:55 Mon
twitterfacebook