カジェホンが新型コロナ陽性に、症状はなし

2020.11.06 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは6日、元スペイン代表FWホセ・カジェホンが新型コロナウイルスの検査結果で陽性となったことを発表した。クラブによるとカジェホンは既に自己隔離に入ったとのことだが、症状はないとのことだ。

フィオレンティーナは7日にセリエA第7節パルマ戦を控えるが、カジェホンは欠場となる。ナポリを退団して今季、フリーでフィオレンティーナに加入したカジェホンはここまでセリエA3試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナ、元ロシア代表FWココリンを獲得

スパルタク・モスクワは21日、元ロシア代表FWアレクサンドル・ココリン(29)がフィオレンティーナに加入することを発表した。メディカルチェック完了後、2024年6月までの3年半契約を結ぶとのことだ。 ディナモ・モスクワやアンジ・マハチカラ、ゼニトなど母国のクラブでキャリアを積んできたココリンは、昨年8月にゼニトからスパルタク・モスクワに移籍していた。ロシアリーグでは通算で251試合に出場して67ゴール33アシストを記録。今季は負傷の影響もあってリーグ戦8試合の出場で2ゴールを挙げるに留まっていた。 ロシア代表としては48試合に出場し12ゴールを記録しているココリンは、2012年と2016年のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップでプレー。 18試合を消化したセリエAで14位と苦戦が続くフィオレンティーナ。今季ここまで18ゴールと得点力不足に苦しむチームの救世主にココリンはなれるだろうか。 2021.01.22 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがヴィオラに決定力の差を見せつける6発圧勝! インシーニェのドッピエッタ含め5選手がゴール《セリエA》

セリエA第18節、ナポリvsフィオレンティーナが17日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、ホームのナポリが6-0で圧勝した。   バカヨコの移籍後初弾でウディネーゼに辛勝とした6位のナポリは、12位フィオレンティーナ(勝ち点18)とのホームゲームで連勝を狙った。そのウディネーゼ戦からは先発4人を変更。出場停止のディ・ロレンツォ、新型コロナウイルスの陽性判定が出たファビアン・ルイス、GKメレト、ラフマニに代わってマリオ・ルイ、クリバリ、GKオスピナ、デンメが起用された。なお、対戦相手のフィオレンティーナでは古巣初対戦のカジェホンがスタメンを飾った。   試合は開始早々にナポリが動かす。5分、右サイド深くでボールを受けたロサーノからの折り返しをゴール前で収めたペターニャが丁寧にマイナスへ落とすと、待ち構えていたインシーニェが右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。   幸先よく先制に成功したホームチームは以降も積極的に背後を取る右サイドのロサーノを起点に良い形の攻撃を続ける。   だが、15分を過ぎた辺りからリベリを起点としたフィオレンティーナの攻撃が機能し始める。23分にはボックス左でビラギが放ったシュートが相手にディフレクトしてクロスバーを叩くと、27分には前線でのボール奪取からゴール前のリベリがGKオスピナにファインセーブを強いる。さらに、32分にもリベリの絶妙なタメからのスルーパスに反応したビラギがボックス左から左足を振り抜くが、これはわずかに枠の右に外れた。   いつ同点ゴールを奪われてもおかしくない劣勢が続いたナポリだが、これを何とかしのぐと、ハーフタイムにかけて圧巻のゴールショーの幕開けとなる。まずは36分、ジエリンスキが中央を持ち上がって左のスペースに走り込むペターニャに繋ぐと、ペターニャのシュートフェイントからの絶妙な折り返しに反応したデンメがゴール前に飛び込んでスライディングシュートを決め切った。   続く38分には左サイドでDF3枚を見事なドリブルで翻弄したインシーニェからの斜めのスルーパスに抜け出したロサーノが飛び出したGKと交錯しながらも先にボールを触ってゴールネットへ流し込む。さらに、前半終了間際の45分には相手陣内中央でマリオ・ルイからパスを受けたジエリンスキが対面したDFをうまくかわしてボックス手前から見事な右足のミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースへ流し込み、10分間の猛攻で一気に3点を追加した。   迎えた後半、4点のビハインドを追うアウェイチームはリベリを下げてクアメをハーフタイム明けに投入。立ち上がりから押し込む展開を作る中、55分にはゴール左に抜け出したヴラホビッチが飛び出したGKの脇を抜くシュートを放つが、これはDFクリバリの見事なゴールカバーにかき出された。   後半は省エネモードの戦いを見せたナポリだが、後半も先にゴールをこじ開ける。72分、バカヨコがボックス内で倒されて得たPKをインシーニェがきっちり決めてドッピエッタを達成した。   その後、ペターニャやジエリンスキ、インシーニェら主力を続けてベンチに下げて足首のケガが癒えたメルテンス、セリエAデビューの18歳FWチオフィをピッチに送り出す余裕の采配を見せると、試合終了間際の89分には途中出場のポリターノが見事な個人技からトドメの6点目を奪って試合を締めくくった。   そして、ヴィオラの決定力の差を見せつける6-0の圧勝を飾ったナポリが2連勝でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上を果たした。 2021.01.17 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

アルフレッド・ダンカンがヴィオラからカリアリへレンタル

カリアリは17日、フィオレンティーナからガーナ代表MFアルフレッド・ダンカン(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ガーナ出身で2012年にインテルでプロデビューしたダンカン。だが、インテルでの出場は4試合にとどまり、その後はリボルノやサンプドリア、サッスオーロを渡り歩いた。2015年夏に加入したサッスオーロでは、公式戦通算130試合に出場し、8ゴール17アシストの数字を残した。 フィオレンティーナには2020年1月のシーズン途中に移籍。すぐに主力に定着したが、今季は出場機会が激減。クラブが監督交代に踏み切るも、ダンカンの出番はほとんど回ってこず、ここまでセリエA4試合(161分)の出場にとどまっていた。 新天地のカリアリは、現状3勝5分け9敗で16位に位置。ダンカンのデビューが期待される18日のセリエA第18節ではミランとの対戦が控えている。 2021.01.17 20:52 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、控えGKテラッチアーノと2023年まで契約延長

フィオレンティーナは14日、イタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(30)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。 2019年の夏に完全移籍を果たしたテラッチアーノだが、フィオレンティーナではポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキのバックアップを担っており、在籍2シーズンで公式戦15試合に出場。今季はここまでコッパ・イタリア3試合の出場していた。 2021.01.15 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがルカクの延長後半弾でフィオレンティーナを下しベスト8進出《コッパ・イタリア》

インテルは13日、コッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で90分を終えた後の延長戦の末2-1で勝利した。 3日前に行われたセリエAのローマ戦を2-2で引き分けたインテルは4日後にユベントスとのイタリア・ダービーを控える中、7選手を変更。L・マルティネス、GKハンダノビッチ、シュクリニアル、ビダルが引き続きスタメンとなった。 L・マルティネスとサンチェスの2トップで臨んだインテルが徐々にポゼッションを高める展開となった中、37分に最初のチャンスでPKを獲得する。ビダルのミドルシュートをGKが弾いたところに詰めたサンチェスがシュート。 ボールは右ポストに直撃したが、VARの末にサンチェスに対してGKテラッチアーノのファウルがあったとしてPKとなった。このPKをビダルが決めてインテルが先制した。 直後の42分、今度はフィオレンティーナにPKが宣告される。ボックス内で仕掛けたクアメがシュクリニアルに倒されたとしてPKとなったが、VARの末にファウルはなかったとしてPKは取り消された。 インテルの1点リードで迎えた後半開始2分、追加点のチャンス。だが、ペリシッチの左クロスを受けたL・マルティネスがフリーで放ったシュートは枠を外してしまう。 すると57分、フィオレンティーナに追いつかれる。CKの流れからペナルティアーク中央でルーズボールを拾ったクアメに豪快なシュートを突き刺された。 追いつかれたインテルは69分、L・マルティネスとヤングに代えてルカクとハキミを投入。74分にはハキミが際どいシュートを浴びせると、86分にもハキミがGK強襲のシュートを放ったが1-1のまま90分を終了し、延長戦に突入した。 迎えた延長戦では前半12分にインテルに決定機が訪れるも、サンチェスのヘディングシュートはGKの守備範囲に飛び、15分にはエリクセンがミドルシュートでゴールに迫るも、GKにセーブされた。 さらに延長後半11分、CKからルカクのヘディングシュートが枠を捉えるも、ここもGKの守備範囲で勝ち越しゴールを割るには至らなかったが、PK戦直前の同14分に決勝ゴールが生まれる。右サイドからのバレッラのクロスをルカクがヘディングで押し込んだ。2-1としたインテルが延長戦を制し、ベスト8へ進出している。 2021.01.14 01:37 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly