前人未到“デ・シマ"達成の布石となった2014年CL決勝AT弾をセルヒオ・ラモスとモドリッチが語る「歴史的でマジカル」

2020.05.26 20:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、2014年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝での劇的ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

マドリーは2014年5月24日、ポルトガルの首都リスボンで行われたCL決勝でアトレティコ・マドリー相手に4-1で勝利。前人未到となる10度目のCL制覇という偉業を成し遂げ、サッカー界の歴史に新たな1ページを刻んだ。

当時カルロ・アンチェロッティ監督(現エバートン)に率いられていたマドリーは、終始アトレティコを攻め続けていたものの、得点では後半アディショナルタイム2分まで0-1とリードを許していた。

しかし迎えたアディショナルタイム3分、コーナーキックのチャンスを得たマドリーは、モドリッチが絶妙なボールを上げると、セルヒオ・ラモスが見事なヘディングシュートを決め、土壇場で同点に。首の皮一枚繋がったマドリーは、延長戦でのFWガレス・ベイル、DFマルセロ、FWクリスティアーノ・ロナウドの得点で試合を決定付けた。

このゴールについて、セルヒオ・ラモスとモドリッチがクラブ公式のインタビューで振り返り、セルヒオ・ラモスはこのゴールを「歴史的ゴール」として改めて喜びを語った。

「一言で表すなら“歴史的"だ」

「“リスボン"という言葉を聞いてまず初めに頭に浮かぶのは、CLのトロフィーだ。それを目標に何年も戦ってきたし、僕にとって初めての決勝となったが、楽しむことができ、そして優勝することができた」

「家族のことや、それまでの長い間の努力や払ってきた犠牲について考えたよ。ついにトロフィーを掲げ、自分が築いた実績にCL優勝を追加できるという喜び。これこそがフットボールの美しいところだ」

「試合の最後まで戦うというレアル・マドリーのDNAについても考えたね。少しのチャンスさえあれば、1分であろうと1秒であろうと、可能だと信じて戦うんだ」

また、同点弾に繋がったコーナーキックについてもキッカーだったモドリッチが回想。何度も練習したプレーだったとして、落ち着いてボールを蹴ることができたと語った。

「(アディショナルタイムに入っても)僕らにボールが来ると信じていたから、とても落ち着いていた」

「セルヒオが良いエリアにいたし、ポジショニングも良かった。彼がジャンプしてゴールを決めた瞬間は歴史的瞬間だったよ」

「シーズン中あのコーナーは何度も練習していたんだ。CLのバイエルン戦でもやっていたし、リーガの何試合かでも成功していた」

「あのエリアに、良いボールを入れることが重要だったんだ。僕たちは何度も練習したよ。そこでセルヒオが素晴らしい走り込みを見せて、完璧なゴールを決めたんだ」

ラモス自身もこのヘディングについて振り返り、この歴史的ゴールの詳細についてコメントした。

「素晴らしいヘディングになったよ。思った通りに実行できた。ジャンプ、ゴールからの距離、ゴールを守っていたのがティボー(・クルトワ)だった」

「僕がヘディングで狙った場所が唯一ゴールに入る場所だったと思う。モドリッチのボールも素晴らしかった」

「バックポスト側でボールを待ったんだ。そっち側にほとんどの選手が集まっていたから、マークへのブロックが簡単にできるしね」

「僕のマークにはゴディンがついていて、ベイルやロナウドも近くにいた」

「僕はバックポストに走り出してから、インサイドに急転換したんだ。この1/10秒くらいの間にゴディンの前に出た。多くの選手がそこにいて、同時に動いていたから彼は僕の動きに反応できなかった」

「この時に生まれた1メートルのスペースによって僕はフリーでペナルティスポット付近まで入ることができ、ほぼフリーの状態でヘディングができた。完璧なゴールを93分に決めて、試合を振り出しに戻すことができたんだ」

「歴史的でマジカルな瞬間だった。マドリーはマジカルな世界だし、その一員になれて幸運に思うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

セルヒオ・ラモスが今季10点目のPK弾、レアルが5度目の無失点で再開後7連勝!《ラ・リーガ》

5日、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが行われ、0-1でマドリーが勝利。7連勝を飾った。 2連勝で上位フィニッシュへ勝ち点を重ねる8位のビルバオ(勝ち点48)と、再開後6連勝で首位を走るマドリー(勝ち点74)の一戦。ビルバオは、1日のバレンシア戦(0-2で勝利)から中3日、マドリーは、2日のヘタフェ戦(1-0で勝利)から中2日で迎えたデーゲームとなった。 マドリーはヴァランやアザール、ハメス・ロドリゲスらがメンバー外に。ケガから復活したマルコ・アセンシオが今季初先発となった。 マドリーは3分に決定機。アセンシオが直接FKで狙うと、GKウナイ・シモンがセーブ。こぼれ球をカルバハルが折り返すと、フリーのベンゼマがヘディングで狙うも、ボールが高くうまくミートできない。 22分には左に大きく展開すると、アセンシオのクロスに走り込んだロドリゴがヘッド。しかし、これはわずかに枠を越えていく。 互いに前節からの期間が短い上にデーゲームということもあり、徐々にペースダウン。前半はゆったりとしたボール回しから、チャンスを生かそうとする。 マドリーは前半アディショナルタイム、ドリブルで持ち出したアセンシオのクロスにベンゼマが飛び込むが、わずかに当たりが薄くヘディングシュートは枠を外れていく。 ゴールレスで前半を終えた両者。交代を行わずに後半戦に臨む。マドリーは54分、CKの流れからマルセロが持ち出すと、最後はベンゼマのクロスをDFがブロック。そこからビルバオがカウンターを仕掛けると、アーリークロスにイニャキ・ウィリアムズが合わせようとするも、GKクルトワがその前に抑える。 互いに攻勢を強めていく中、71分にマドリーがPKを獲得。マルセロがドリブルでボックス内に侵入すると、ダニ・ガルシアがチャージ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果PKの判定となる。このPKをセルヒオ・ラモスが左隅にしっかりと沈め、マドリーが先制。セルヒオ・ラモスはこのゴールでシーズン二桁ゴールとなった。 先制を許したビルバオは、サンセ、ビジャリブレを投入。攻勢を強めるも、マドリーがしっかりと守り無失点。終盤にかけてはカードが連発されたが、0-1で勝利し7連勝を達成した。 2020.07.05 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

過去にセレソンやマドリー率いたルシェンブルゴ監督がコロナ感染…無症状で健康状態に問題なし

パルメイラスを率いるヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督(68)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを明かした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 現在、ブラジルでは感染者150万人以上、死者数が6万人以上とコロナウイルスの被害が深刻化し、サッカー界でも多くの感染者が確認されている。 そういった中、過去にブラジル代表やレアル・マドリーに加え、ブラジル国内の多くの名門クラブの指揮官を歴任してきたルシェンブルゴ監督が、自身の公式『インスタグラム』を通じてコロナウイルス感染を明かした。 ただ、ルシェンブルゴ監督の説明によると、今回の感染は無症状での感染であり、健康状態に問題はないという。そして、現在は自宅での隔離生活を送っている。 なお、パルメイラスは6月23日にトレーニングを再開しているが、現時点で公式戦再開の目途は経っていない。 2020.07.05 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

難所サン・マメスで苦戦覚悟も、ジダンは現状に自信「正しい道のりを進んでいる」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、アスレティック・ビルバオとのアウェイゲームに向けた意気込みを語っている。クラブ公式サイトが前日会見のコメントを伝えている。 前節、ヘタフェとの自治州ダービーに競り勝って3年ぶりの優勝に向けて突き進む首位のマドリー(勝ち点74)。同節で3位のアトレティコ・マドリーと引き分けた2位のバルセロナ(勝ち点70)との勝ち点差は「4」に広がり、悲願達成に更なる追い風が吹いている。 再開後6連勝と抜群の安定感を誇るフランス人指揮官率いるチームは5日、7連勝を目指し、難所サン・マメスで行われるラ・リーガ第34節で8位のビルバオと対峙する。 リーグ再開後のすべての試合を“決勝戦”と評するフランス人指揮官は、「もう一つの非常に難しい試合」と、アスレティック相手のアウェイゲームに向け、苦戦を覚悟している。 「もう一つの非常に難しい試合。サン・マメスは全てのチームにとって難しいピッチで、我々はそれをよく理解している。素晴らしい試合をしなければならないが、その準備はできている」 「残り試合は少なくなっていて、3日ごとに試合があり、疲労回復やフィジカル、トレーニングでやっていることなど、あらゆる部分で高い集中力が必要だ。そして、最終的に大事なのはディテールだ」 「我々の状態は良く、プレーヤーたちと個々の練習を楽しんでいる。難しい試合になることは覚悟しているし、全てのエネルギーは明日の試合のためのものだ」 「ラ・リーガは非常にハードで、最後までそうなる。我々は正しい道のりを進んでいるが、まだ何も終わっていない。我々の前には5試合があり、これまで通りのことを継続していくつもりだ」 また、この一戦に向けては前節に続きベルギー代表MFエデン・アザール、ヘタフェ戦で負傷交代したフランス代表DFラファエル・ヴァランと主力2選手が招集外となっている。だが、ジダン監督は両選手をメンバー外としてのは、あくまで予防的な措置であることを強調している。 「アザールはここ数日間、違和感を訴えている。我々はリスクを冒すことを望んでおらず、彼自身もそう考えている。それが深刻なものではなく、リーグ終了前に再び彼のプレー見られることを願っているよ。早く戻ってきて欲しい。強い打撲を負ったことは確かだが、それ以上のことは私にはわからない」 「ヴァランは予防策として今回はプレーしないが、状態はだいぶ良くなっている。私としては彼に関してもリスクも冒したくない。これまで多くの試合でプレーしており、ここで少し休むのは悪いことではない」 さらに、ヴァランの欠場を受けて、DFセルヒオ・ラモスの相棒を務めるブラジル代表DFエデル・ミリトンに関しては、クオリティ不足を指摘する声が多く挙がっているが、ジダン監督は本領発揮まで長い目で見る必要があると、同選手への信頼を口にしている。 「彼は今年来たばかりで、ラモスとヴァランのレベルにたどり着くためにや努力を続けている。しっかりとトレーニングをしており、良い仕事をしたいという気持ちもある。したがって、明日は彼がプレーする番だ。個人的には彼に満足している。彼は現在、そして未来のためのプレーヤーなのだからね」 2020.07.05 15:22 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル移籍のハキミ、6歳から在籍のマドリーに「これはさようならではない」

インテルに移籍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)がレアル・マドリーに感謝を述べた。 マドリー下部組織出身のハキミは、順調にステップアップを果たし、2017年10月にトップチームデビュー。そして、経験を積むために2018年夏からドルトムントへと活躍の場を移した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆モロッコの超攻撃的新星DF、アクラフ・ハキミ<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0MTRMc3hiNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そのドルトムントでの活躍が認められ、2日に推定移籍金4000万ユーロ(約48億3000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億4000万円)でインテル入りが決定した。 そんなアクラフは自身のインスタグラム(@achrafhakimi)を3日に更新。「ありがとう。レアル・マドリー」と綴ったメッセージと共に、 マドリーに感謝するコメントを掲載した画像を投稿している。 「この瞬間が訪れるとは想像もしていなかった。別れを告げることはできない。さようならではないからね。離れるけど、ここは常にホームであり、幸せの場所であり、僕を成長させ、幸せと価値を見つけさせてくれた場所だ」 「僕の家はレアル・マドリーだった。ここで教育を受けたから今の自分になれた。レアル・マドリーはアスリートだけがトレーニングを受けているわけではない。6歳のとき、どれだけ幸せになるのかを想像もしていなくて、バルデベバス(練習場)のドアを開いた」 「クラブの全関係者、全てのコーチ、素晴らしい道を共に歩んでくれた全チームメイトに感謝する。最後に僕をサポートしてくれ、いつもチームをサポートしているファンに感謝する。僕もその1人だ」 2020.07.04 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンSD、ハフェルツの残留望むも…「オファー次第で移籍できる」

レバークーゼンのスポーツディレクター(SD)を務めるルディ・フェラーがドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)との今夏移籍協定を明らかにした。 2017年に17歳でトップチームデビューを果たして以降、すでに公式戦143試合43得点30アシストの堂々たる成績を誇り、ドイツを代表するアタッカーに成長を遂げたハフェルツ。レバークーゼンとの契約が2022年まで残っているが、レアル・マドリーやバイエルン、チェルシーといったメガクラブから人気を博しており、今夏の去就に大きな注目を集めている。 そうしたなか、ハフェルツの移籍金として1億ユーロ(約120億8000万円)を求めているといわれるレバークーゼンのフェラーSDがドイツ『ビルト』のインタビューで、一定の条件が満たすオファーが届けば、今夏の移籍を認める協定の存在を公言した。 「我々には合意がある。もし(レバークーゼンの意向に)沿うものであれば、彼はこの夏に移籍できる。とはいえ、今は我々の選手だ。我々にもアイデアがあり、彼に何ができるのかもわかっている。個人的にもう1年残ってほしい想いだ。もちろん、誰にも強制しない。ハフェルツもチームメイトやファン、クラブに対して何をすべきかを心得ていると思う」 2020.07.04 13:20 Sat
twitterfacebook